探偵 由利麟太郎の見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最終回)フル視聴する方法

探偵 由利麟太郎 国内ドラマ

探偵 由利麟太郎(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『探偵 由利麟太郎』の動画はお試し無料期間を利用すればFOD premiumで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『探偵 由利麟太郎』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

ドラマ『探偵・由利麟太郎』は、2020年6月16日スタートした火曜21時〜フジテレビ系ドラマです。

出演者が吉川晃司さんや志尊淳さん、木本武宏さん、田辺誠一さんなど豪華なことも見どころです。

「金田一シリーズ」など数々の作品を世に送り出した有名な人気ミステリー作家の横溝正史さん。

その横溝さんが金田一よりも前に生み出していた名探偵「由利麟太郎」シリーズを原作に、時代設定を現在にした全5回のドラマになります。

ドラマ『探偵 由利麟太郎』を無料で見る

ドラマ『探偵 由利麟太郎』は

見放題作品数No1の動画配信サービスFOD premium

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『探偵 由利麟太郎』の視聴をする/

今すぐ31間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

探偵 由利麟太郎(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『探偵 由利麟太郎』のあらすじ
挑戦状

由利麟太郎は、元捜査一課長の経歴を持つほど優秀だったのですが、ある事件をきっかけに警察の職を離れ探偵になります。
ある日、そんな由利のもとに「花髑髏」と名乗る人物から殺人予告の手紙が届きます。
助手である三津木俊助は「これは挑戦状だ!」と興奮した様子で由利に捜査に行くことを進め、興味を持った由利も俊助と一緒に手紙の指定場所へと向かいます。
指定されていた場所はリサイクル処理場でした。
業者によって運ばれてきた冷蔵庫の隙間から血のようなものが流れていたことに気づいた由利は中を開けてみると、中には若い女性が血まみれで縛られていました。

殺人事件

由利は冷蔵庫の持ち主である日下瑛造を尋ねることにします。
その道の途中に瑛造に呼ばれていたという研究者の湯浅と会います。
その時、俊助が2階で人影のようなものを見ます。
由利の友人であり京都府警の等々力警部も合流し、2階へ上がってみると長男の瑛一の部屋に大量の血が付いたコートを発見します。
その直後湯浅の叫び声がして研究室に走っていくと、ナイフで刺されている瑛造の死体があり、そのすぐ側には真っ赤になった頭蓋骨とキンセンカの花が置かれていました。

人体実験

病院での治療を終えて戻ってきた瑠璃子が現れます。
瑠璃子は瑛造の実の娘ではなく、養子に引き取られ育てられていました。
そのことを知らずに過ごしていたのですが、瑠璃子は実の兄弟ではないことを知った瑛一は瑠璃子に結婚を申し込み、瑛造に反対されて1年近く家を出ていたのです。
久しぶりに戻ってきた瑛一は再び瑛造と大喧嘩をしていました。
湯浅は瑛造に「協力してほしい実験がある」とのメールで呼び出されていたと言います。
由利は真犯人は湯浅を第一発見者にして、犯人の容疑をかけようとしていたのではないかと考えました。
さかのぼって20年前、湯浅は瑛造と共に超音波で暴力性を抑える実験をしていました。
そんな時、強盗犯の八十川藤吉が運び込まれてきます。
瑛造は八十川の脳を超音波で刺激し、その結果暴力性を消すことに成功します。
しかし、数日後にその副作用のせいか精神に異常をきたして自分の首を折って死んでしまいます。
八十川の家族と連絡がつかないことを良いことに、瑛造たちは実験が明るみに出ないよう遺体を引き取ります。
瑛造の家にはもう一人、「魅太」という12歳の男の子がいて、ずっと引きこもってゲームばかりしている子供だったようです。
魅太の部屋に行ってみると誰もおらず、「デビー」と描かれた絵が飾られていました。
由利たちが帰った後、瑠璃子のもとに来た瑛一は「魅太が瑛造を殺したんじゃないか」と言います。
一方、研究室に行った由利は頭蓋骨が置かれていた棚が動くことに気づきます。
その先には部屋があり、中で何かの実験がされていた形跡がありました。
瑠璃子に聞くと、魅太の叫び声を聞いたことがあると証言されたことから、魅太は実験の対象にされていたことが想像されます。
そんななか、八十川に「アキラ」という息子がいたことを掴んだ由利は、その行方を捜します。
そのとき等々力から電話がかかってきて、リサイクル処理場から血の鉄くずが発見され、圧縮された魅太ではないかと連絡を受けます。
リサイクル処理場の物置小屋には「game over」と書かれていたこともあり、魅太が自殺する前に書いたものだと考えられました。

魅太は、瑛造が瑠璃子に乱暴した後に生まれた子供でした。
瑛造によって実験体にされている魅太を見た瑠璃子は、止めるために瑛造をナイフで刺したのです。
その後、瑠璃子は「行きたい場所がある」と言い、瑛一を連れ出します。
一方、由利は八十川の子供の「アキラ」は女の子で、名前を変えた瑠璃子であることを突き止めます。
瑠璃子の部屋に隠されていたノートには20年前の八十川の実験の事が書かれていました。
瑛一を連れ出した瑠璃子は首にひもを巻きつけて瑛一を殺そうとします。
瑛一は瑛造から自分が瑠璃子にしたことも、その結果魅太が生まれたことも知り、魅太を殺そうとしていました。
それを知った瑠璃子は魅太を守るために、死んだように見せかけてゲームの入った箱に魅太を隠していたのです。
まさに首を締めようとしたときに由利が駆けつけ、瑠璃子の殺害を止めました。
魅太は無事に保護されることを由利から聞いた瑠璃子は安心し、逮捕されるのでした。

ドラマ『探偵 由利麟太郎』の登場人物

由利麟太郎    (吉川晃司)

三津木俊助    (志尊淳)

等々力警部    (田辺誠一)

波田聡美     (どんぐり)

山岸克平     (木本武弘)

日下瑠璃子    (新川優愛)

※相関図

(C)フジテレビ

ドラマ『探偵 由利麟太郎』の主題歌

吉川晃司   『焚火』

Brave Arrow

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

探偵 由利麟太郎(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『探偵 由利麟太郎』の感想
女性20代
女性20代

本格的ミステリーとはこのことだというのがドラマ由利麟太郎です。
冗談を言いあう場面がほとんど無く真剣な謎解きだなと感じました。
だからこそ由利麟太郎を演じるのが吉川晃司というのはベストキャストだと感じました。
吉川晃司本人が余計な話をしそうにないし無口で必要最低限のことしか話をしないという感じに見えています。
あくまでもインタビューなどを見ていてのイメージなんですが…。寡黙なイメージの吉川晃司は由利麟太郎という存在にフィットしているなと感じています。
由利麟太郎の助手の三津木俊助を演じる志尊淳にも注目してもらいたいです。
あまり知らない存在だったんですが心優しさが伝わる演技に女性は惚れてしまうんじゃないかと感じました。
犯罪でのトリックや伏線もレベルが高くてついていくのがやっとです。今後も楽しみにしているドラマです。

その他の感想はここから見れます
女性30代
女性30代

第2話も由利先生がかっこよくて見惚れてしまいました。
オムライスにケチャップで顔を書くところがかわいすぎです。
今回の事件も恐ろしい内容で見ていて怖かったです。エマさんの見ている幻覚が血みどろで嫌な映像でした。
殺され方もエグかったですね。
犯人の井出さんのイカレっぷりもなかなか迫力がありました。
いつもはおとなしい人が思い詰めるとより怖いですね。
事件の真相は由利先生がミニシアターで井出さんの父親が監督の映画を見た、ということが解明のきっかけになりますが、そんな偶然あるものかな?と思ってしまいました。
また、五月さんが死んだことに意味はあるのか、と少し唐突に感じました。
エマさんの幻覚も精神的なものかと思いましたが、まさか井出に作り出されていたものなのも驚きでした。ものすごい技術を持っているのに違うことに使えれば良かったですね。

男性30代
男性30代

謎の男の悪夢に取り憑かれていた、クラブ・マダムシルクの従業員吉岡エマ。
周囲の人間は、エマがおかしくなったと嘲笑っていましたが、とても恐ろしい事実が隠されていました。
エマは店の客の井出に監視され、恐ろしい事件へと巻き込まれてしまいます。
井出が悪魔の顔を持つようになったきっかけは、父親の仕打ちにありました。
父親に認められず、見下される毎日。日々、とてつもないストレスを感じていたのだと思います。
そんな井出の癒やしの存在であったエマ。しかし、彼女には愛する恋人の翔太がいました。
翔太さえいなければ、どんどん井出の中に歪んだ感情が湧いてきます。
こうして、2人もの人間を死に追いやるという、事件が起きてしまいます、
井出の身勝手さにより、未来を奪われてしまった2人。井出には、人の命の重さについて考えて、きちんと罪を償って欲しいなと思いました。

女性30代
女性30代

日本のドラマですが、アメリカっぽいような、韓国っぽいようなグロテスクな映像を、原作の横溝正史の妖気な雰囲気を、ぎりぎりの線まで最大限に見せているのが、新鮮です。
一作目の血塗られたドクロや二作目のバスタブの遺体など衝撃の映像が脳裏を離れません。
推理が好きで、ホラー好きの刑事ドラマファンにお勧めです。
主人公の由利を連ドラ初の吉川光司が、言葉少なにボデイランゲージで、無言で視聴者に語りかけるのも、一層、不気味です。
元捜査1課長の由利はアメリカで学んだトレース技術を生かして、秘密の隠し部屋を発見したり、絵のキャンバスの裏から秘密の実験記録を見つけたり、被害者が亡くなったバスタブの傍から犯人の足跡を見つけたり、犯人の心の闇を推測して、真犯人の姿を暴いていくのです。
由利のバデイの志尊 淳演じる作家の三津木が由利を助けるのですが、由利は三津木よりも深読みができるので、ラストの局面は想定外の犯人が出て来て、あっと驚かされます。

女性20代
女性20代

毎回、事件の内容が、不気味で、恐ろしいところが、惹きつけられます。
でも、ただ怖いだけではなくて、その背後には、人間ドラマがあり、人間の悲哀がしっかりと描かれていて、見ごたえがあります。
由利が、ただ事件を解決するだけではなくて、犯人の心理的な側面に迫るところが、人間的で、見ていて共感できます。
毎回、観察力や推理力などの、事件に対する由利の能力の高さに驚かされます。由利の助手である、俊助が、一見するとシリアスになりがちな内容を、柔らかくしてくれる役割を果たしていると思います。
そのため、このドラマが、見る人にとって、とても見やすくなっていると感じます。
毎回の事件の内容以上に、由利の過去に何があったのかも、とても気になります。
由利が事件に接する過程で、それが少しずつ明らかになっていけばいいなと思います。
話数が5週分しかないことが、とても残念です。それくらい、面白いと感じるドラマです。

男性30代
男性30代

このドラマの主人公のミステリアスな雰囲気が、吉川晃司さんとバッチリ合っていて良いと思いました。
事件を目の前にかなり頭の切れる推理をする秀才なのですが、どこか変人ぽい感じがするのも、また孤高の探偵らしくて素敵です。
そしてこのドラマの雰囲気が、どこかレトロで大人の色気を感じさせます。
ファミリー層向けの子供っぽい推理ドラマはもう飽きた、という方にとっては待望の本格的な推理ドラマと言えるのではないでしょうか。
少々、過激な描写もあり昨今のコンプライアンスのギリギリを行っているところが、また攻めていて好印象です。
そして主人公のバディ役を志尊淳さんが演じているのも注目ポイントです。
彼の若さがいい感じでドラマにフレッシュ感を与え、変人な主人公に振り回されている相棒を見事に演じています。
このように、抜群の雰囲気と渋さと若さが混合したキャストが高次元で融合した、本当にレベルの高い探偵ドラマの誕生と言えるでしょう。

女性30代
女性30代

現代風にアレンジはしていますが、見事なまでに原作者である横溝正史さんらしい、ドロドロとした因縁に溢れる内容です。
横溝さんといえば「金田一耕助」シリーズですが、横溝作品が大人気だった時代にもなぜかこの「由利麟太郎」シリーズは、ドラマ化も映画化もされませんでした。
でも別につまらなかったからではなく、幾重にも積まれた因縁の数々や人間の狂気にも似た欲望などが描かれた内容は、まさに横溝さんならではの世界であり、令和の時代には濃すぎるじゃないかと心配したくなるほどです。
主役の由利を演じるのは吉川晃司さんで、横溝作品らしさを出そうとしたのであろうレトロな雰囲気にまとめられた舞台や風景に合わせ、古風であるのに個性的な服装を見事に着こなし、感情を抑えた冷静沈着な感じをうまく表現しています。
まさにナイスミドルですね。志尊淳さんの軽さがほどよく重さを中和し、見ごたえのあるドラマに仕上がっています。
横溝ファンだけでなく、昭和の伝奇めいた推理がお好きな人にはお勧めです。

https://twitter.com/0305shison_jun/status/1280484907068747782
まとめ

横溝正史さんの「由利・三津木シリーズ」は全32作品あるそうなので、そのなかの選りすぐりのものを5作ドラマ化するようですね。

主演を務める吉川晃司さんの「由利先生」の佇まいも素敵です。

是非、犯人を予想しながら推理を楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました