弱虫ペダル 無料動画配信(実写映画)フル視聴

邦画

弱虫ペダルの無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

映画『弱虫ペダル』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

映画『弱虫ペダル』(8.14公開)予告編

コミック刊行部数2500万部を超える大人気漫画を原作とした本作品『弱虫ペダル』は、豪華なキャスティングで初の実写映画化となり話題を呼びました。

今までアニメや実写ドラマは制作されていた『弱虫ペダル』ですが、あらためて映画制作されるほどの人気作品で、公開後わずか3日間で観客動員19万5,030人を記録し大ヒットとなりました。

King & Princeの永瀬廉が主演を務め、伊藤健太郎や橋本環奈といった人気の若手俳優が顔を揃えた注目作品でもあります。

自転車ロードレースを題材としたチームメイトとの絆を描く、青春ストーリーをご紹介していきましょう。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

弱虫ペダル(映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『弱虫ペダル』のあらすじ

・小野田坂道

ママチャリで千葉から秋葉原へ通うアニメオタクの小野田坂道は、高校で念願のアニメ研究会に入部しようとしたが、休部と知り落胆してしまう。

休部を解除するには5人以上の部員を集めなくてはならず、友達のいない坂道は途方に暮れていた。

そんな時、秋葉原へ向かう坂道の自転車の走りから才能を感じた同級生の今泉は、負けたらアニメ研究会に入る条件で自転車レースの勝負を申し込むのだった。

・自転車競技部

今泉との勝負に負けた坂道だったが、初めて感じた自転車の楽しみと勝負の清々しさから自転車競技への興味を持ち、秋葉原で出会った同級生の鳴子に誘われると入部を決断するのだった。

運動が苦手で友達もいない坂道だったが、チームメイトに恵まれ自転車の才能も開花し、頭角を現していく。

直向きに練習に取り組んだ坂道たちは、インターハイ出場を目指し千葉県予選へ臨むのだった。

ネタバレ

・自転車競技の才能

千葉県立総北高校に入学した小野田坂道は、友達のいないアニメオタクでアニメ研究会に入部したかったが、部員減少で休部と知りショックを受けていた。

活動再開するには5人以上の部員が必要で、坂道にとっては絶望的状況だった。

放課後、いつものように鼻歌交じりで千葉からママチャリで秋葉原へ向かう坂道。

自転車競技部へ所属する今泉俊輔は、急坂を軽快に走る坂道の姿を目の当たりにして自転車レースのクライマーとしての才能を感じる。

そして、負けたらアニメ研究会に入る事を条件に、今泉は坂道へ自転車勝負を挑むのだった。

・入部を決意。

坂道は今泉との自転車勝負に負けてしまうが、今まで知らなかった清々しさを感じていた。

その後、秋葉原へ向かった坂道は同級生の鳴子章吉と出会う。

遠慮なく話しかけてくる鳴子は、サドルポジションが適切だと褒めてくるのだった。

そんな鳴子と登校時に再会した坂道は、彼が今泉と同じように自転車競技部で選手を目指していると聞き興味を抱くが、体育の成績の悪い坂道は臆してしまう。

それでも仲間と走ってみたいと思った坂道は、鳴子の強い誘いに乗り入部を決意するのだった。

自転車競技部に行くと、今泉、鳴子、坂道の他に杉元照文と川田拓也がいて、入部希望者は5人。

そして、坂道の自転車を直してもらった自転車屋の娘、寒咲幹がマネージャーだった。

・1年生ウエルカムレース

部長の金城真護は1年生にウエルカムレースと称し、全長60㎞のコースを走るように命じる。

今泉をはじめ1年生は全員スタートに着くが、坂道だけストップがかかってしまう。

先に出発した今泉たち。

自分も走りたいと焦る坂道の前に、寒咲サイクルの車がやって来て、その荷台にはロードレーサーが積まれていた。

そのロードレーサーは坂道の為のもので、遅れて今泉たちを追って出発するのだった。

かつて今泉が衝撃を受けた時のように、坂道は急坂をものともせずスピードを落とさずに登り、今泉たちを猛追していく。

そんな坂道に、車に同乗して追いかけてきていた金城部長がアドバイスすると、更に加速し鳴子を追い抜いていくのだった。

そして、今泉を追い抜き先に山頂へ到着した坂道は倒れてしまう。

ゴールはまだまだ先だったが、金城部長から言われた目標を達成して満足するのだった。

『弱虫ペダル』のネタバレ

・強化合宿

結局、川田以外の1年生は自転車競技部へ入部。

坂道は今泉や鳴子たちと共に練習に励み、巻島、田所らといった先輩たちにレースへの心得を指導してもらうのだった。

間もなく強化合宿に入った自転車競技部。

坂道は巻島先輩にマンツーマンで指導を仰ぐ事になったが、互いに人見知りで上手く意思の疎通が取れない。

でも、巻島先輩の優しさに触れ、坂道は次第に打ち解けていくのだった。

一方、鳴子は田所先輩と一喜一憂しながら練習に励み、今泉は金城部長と組んでいた。

そんな今泉は、勝負の中で勝ちにこだわる事が出来ず、中学校時代に苦杯を喫した経験があり、金城部長からも勝つための執念の足りなさを指摘されるのだった。

今泉は、自分が何の為に走るのかという事に明確な答えを見つけられずにいた。

そして、坂道に「何故走るのか」と疑問をぶつける。

「自分は一人ぼっちだけど、誰かの役に立ちたいから、みんなの為に走る」と坂道の言葉を聞くが、それでも答えは定まらないままだった。

・インターハイ千葉県予選

インターハイ常連校として名の知られた千葉県立総北高校の一員として、千葉県予選に臨む坂道たち。

金城部長は、この予選に今泉、鳴子、坂道の3人の1年生をメンバーとして起用し、他校から常連校の余裕と揶揄されてしまう。

一方、有力ライバル校の南総高等学校では、不動という1年生が注目されていた。

緊張する坂道に金城部長は不安になる事はないと話し、予選はチームワークが大事と円陣を組み、鼓舞するのだった。

総北高校の作戦は、チームメイトで援護して最終的には1年生エースの今泉を勝たせることだった。

予選のスタートが切られ、それぞれが役目を果たそうとするが、作戦を見抜いていた他校は今泉を執拗にマークしてくる。

坂道の役目は上り坂の強さを活かしたクライマーで、今泉を引っ張って行く事だったが、ラスト20㎞の所で集団転倒に巻き込まれるのだった。

・結末

トラブルに巻き込まれ負傷した坂道。

しかし、リタイアを拒否し、坂道はマネージャーの寒咲に追いつくことが出来るか問いかける。

「大丈夫、上り坂で100人抜きなさい」の言葉を聞き、ペダルを漕ぐ足に力を籠めていくのだった。

クライマーの坂道を欠いた総北高校は、他校からの厳しいマークに遭い窮地に追い込まれていた。

それでも、坂道は必ず追いついてくると信じて、必死にペダルを漕ぐ今泉たち。

すると、坂道はぐんぐんと加速しながら追いつき、今泉を先導してトップを走る不動を追っていくのだった。

不動は、坂道と今泉が追いついてきたのを感じると、焦ってペースを乱し、早めにスパートをかけてしまう。

しっかりとクライマーとして先導してきた坂道は、不動たちを追い抜き、坂の頂上で今泉をトップへと押し上げるのだった。

坂道やチームメイトからの想いを受け継いだ今泉は、今までの自分とは違うと懸命にラストスパートをかけ、そのままトップでゴールする。

幼馴染のマネージャー寒咲にロードレースの楽しさを思い出したと話す今泉は、勝てたのはアイツのおかげと坂道の方へ視線を向けるのだった。

初めて人の為に自分の役割を全うした坂道は、皆と共に優勝の喜びを分かち合っていた。

しかし、まだインターハイ予選が終わっただけで、全国の強豪が本選で待ち受けている。

坂道たち総北高校自転車競技部は、更なる闘志を燃やすのだった。

『弱虫ペダル』の登場人物

・小野田坂道・・・永瀬廉 (King & Prince)

・今泉俊輔・・・伊藤健太郎

・寒咲幹・・・橋本環奈

・鳴子章吉・・・坂東龍汰

・巻島裕介・・・栁俊太郎

・田所迅・・・菅原健

・杉元照文・・・井上瑞稀

・金城真護・・・竜星涼

・寒咲幸司・・・皆川猿時

『弱虫ペダル』の主題歌

『Key of Heart』 King & Prince

映画『弱虫ペダル』主題歌スペシャルPV映像

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『弱虫ペダル』の感想
その他の感想はここから見れます

 

『弱虫ペダル』のまとめ

いくつかアニメ作品や実写ドラマとして制作されていた『弱虫ペダル』ですが、実写映画ならではの爽快感やスケールの大きさが見どころだと感じました。

スピーディーな展開が、原作を知らない方にも受け入れられやすい要因の一つだと思います。

しかし、原作を知る方にとっては物足りなさを感じてしまうこともあるでしょう。

それでも、自転車競技を舞台に描いたチームメイトとの絆と、主人公をはじめとしたキャストの成長していく姿と心情の移ろいは、観る者の心を熱くさせてくれます。

老若男女問わず楽しめる、正統派の青春映画『弱虫ペダル』必見です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました