黄色い涙 無料動画配信(嵐5人出演映画)をフル視聴

黄色い涙 邦画

黄色い涙の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

映画『黄色い涙』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

Kiiroi Namida (yellow tears) trailer by by csadeoc on dailymotion

2007年にアイドルグループの「嵐」が出演した日本映画。

1960年代に夢に向かって突き進む人達を嵐の5人が演じ切りました。

「夢」と「現実」の狭間で葛藤する5人の生き方を描いています。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

 

黄色い涙(映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『黄色い涙』のあらすじ

・1960年代の東京

1963年の東京の杉並区阿佐ヶ谷の街では、それぞれの「夢」を叶えるために奮闘する若者達が居ました。

彼はそれぞれの夢を追いかけていましたが、上手くいかない日々を送っていたのです。

ある日、村岡栄作が地元の母親を東京の病院に入院させるために3人のアルバイトを雇います。

その後、村岡栄作はアルバイトで知り合った「井上章一」・「下田圭」・「向井竜三」と共同生活をすることになるのです。

個性的な性格の彼らはそれぞれの夢を叶えようとしますが、徐々に現実と夢の狭間で苦しむようになります。

・ 5人が進む道

アルバイトをきっかけに村岡栄作は「向井竜三」・「下川圭」・「井上章一」と知り合いました。

その後、井上章一の友人・勝間田祐二が現れて、5人が集まります。

勝間田祐二以外は夢を追っていましたが、時間が経つにつれて彼らの気持ちに変化が現れるのです。

夢を叶えた人間と夢を叶えられなかった人間の人生を両面から見られるでしょう。

『黄色い涙』のネタバレ

・夢を追う若者達

1963年、1年後にオリンピック開催の準備で活気付いている東京は、次々と建物が完成して、交通網が整備されています。

着々と街の雰囲気が変わる中、杉並区の阿佐ヶ谷界隈に漫画家の村岡英介という人物が居ました。

栄介は漫画家として活動をしていましたが、パッとしません。

大きな仕事はありませんでしたが、なんとか漫画家として生活を送っています。

 

ある日、村岡英介は母親・きぬの病気を治すために東京の病院に入院させようと考えます。

しかし、1人では母親を東京の病院に入院することができずに、他の人の力を借りようと計画する栄作。

そして、医者に変装してくれるアルバイトの求人を出して、協力していてくれる人を探します。

すると、その求人を見ていた「小説家・向井竜三」・「画家・下川圭」・「歌手志望・井上章一」の3人に栄作は声を掛けました。

3人ともお金が無い状態で、アルバイトを行うことを決めます。

その後、栄作は3人の協力を得て、母親を無事に東京の病院に入院させることに成功するのです。

母親を入院させることに成功した栄作は安堵しました。

 

栄作は「竜三」・「圭」・「章一」の3人にアルバイト代を渡して、再び日常生活に戻ろうしますが予期せぬ展開が待っていたのです。

アルバイト代を貰った「竜三」・「圭」・「章一」でしたが、1人で生活するほどお金が無くありません。

そこで、3人は栄作の家に居候することを決めて、4人で暮らすようになりました。

 

・現実と夢に苦しむ若者達

栄作は「竜三」・「圭」・「章一」と一緒に暮らすことになりました。

しかし、3人は癖が強く度々問題を起こしてしまうのです。

栄作は彼らのことを嫌いにならず、友人として対等に接していきます。

夢を叶えるために奮闘する彼らでしたが、それぞれが現実と夢の狭間で苦しむことになります。

小説家の竜三はプライドが高い人で、思うように執筆活動が上手くいきません。

さらに好意を抱いていた女性には振られてしまい、公私ともに良い結果が出せずにいました。

歌手として活動を続ける章一は失敗が続いてしまい、仕事が軌道に乗りません。

画家の圭も成功への道は険しく、3人とも現実逃避をする日々を送ります。

彼らは夢を追うばかりで地道に働くことから逃げていたのです。

 

ある日、栄作達が住む町に章一の友人の勝間田祐二が現れます。

彼は米屋で働き始めた真面目な若者でコツコツと働いていました。

章一とは真逆の性格でしたが、祐二は芸術論を語る章一達に対して、嫌な顔をせずに話を聞きます。

自分とは違う生き方をしていた章一達のことを祐二は新鮮に感じていたのでしょう。

 

栄作達は仕事面だけではなく、恋愛面でおいても上手くいきません。

仕事や恋愛で結果を残すことができなかった彼らの時間は、あっという間に過ぎてしまうのです。

そして、彼らは現実を少しずつ受け入れるようになって、今後のことを真剣に考え始めます。

栄介以外の3人はそれぞれの夢を諦めて、地道に働くことを選んでいくことを決意しました。

その後、栄作の元から3人は居なくなってしまい、それぞれが別々の道を歩むことになります。

 

数年後、栄介達は再会する機会がやってきました。

米屋で働いた祐二は順調に出世をして、以前よりも責任のある仕事を任されます。

プライベートでは章一と交際していた時江と結婚をして、幸せな生活を送っていたのです。

 

漫画家を続けている栄作に対して、地道に働き始めた3人はアドバイスします。

夢を諦めて、現実を見るように諭しますが、栄作からは意外な言葉が返ってきました。

栄作は「漫画が好きだから」と今後も執筆をし続けことを口にしたのです。

その言葉に3人は自分達には同じことができないことを行っていると気付きます。

自分達にはない「夢」を栄作が持ち続けていることを知って、過去を思い出して寂しさを感じました。

そして、3人は友人として栄作を応援し続けることを決意します。

自らが叶えることができなかった夢を栄作には、叶え続けて欲しいと願っていたのです。

『黄色い涙』の登場人物

村岡栄介 (二宮和也)

井上章一 (相葉雅紀)

向井竜三 (櫻井 翔)

勝間田祐二(松本潤)

下川 圭 (大野智)

時 江  (香椎由宇)

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『黄色い涙』の感想
女性30代
女性30代

2007年「黄色い涙」は上映されました。

嵐のメンバーが総出演している映画です。

漫画家の栄介、小説家の卵の竜三、画家の卵の圭、歌手を目指している章一と夢を追いかけている4人と米屋で働く祐二の人生が描かれていて、夢を追いかけるのは大変だと思いました。

働いていた祐二は現実を見ることができて幸せを掴み取っているのですが、みんなが夢を追いかけている時は1人だけ現実世界にいるので、どう思っていたのだとうと疑問が残りました。

現実を受け止められない4人を冷ややかな感じで見ているのか、夢があって幸せだと思っていたのか、知りたくなりました。

夢に敗れてしまった竜三、圭、章一の3人ですが、栄介がずっと頑張っているのをみて、昔の自分たちを思い出したのだと思います。

夢があると眩しく見えるので、栄介には漫画を嫌いになるその日まで描き続けてほしいと思いました。

夢を続けていくのは苦しい時もあると思いますが、諦めるよりも楽しいはずなので栄介には頑張ってほしいです。

その他の感想はここから見れます
女性60代
女性60代

14年前「黄色い涙」は上映されました。

嵐のメンバー5人が夢を最初から最後まで追い続ける栄介がかっこ良かったです。

売れない時は確かに苦しくて辛い時期ではありますが、好きなことをしてお金を稼ぐということは辛くて苦しいことをやり続けるということなので栄介には頑張ってもらいたいと思いました。

竜三や圭、章一は続けることを諦めてしまっただけで、嫌いになったわけではないと感じました。

時代というのもあり、夢を持っているのがカッコいいという時代だったのだと思います。

夢を語っているときの竜三や圭、章一はお金がなくて残念ですが、かっこ良かったと思います。

唯一、仕事をしていた祐二は堅実な気がしました。

みんなが夢を見る中、コツコツと仕事をこなして昇進していくのも一つの夢な気がしました。

仕事で上を目指すのもかっこいいです。

栄介はコツコツ描き続けているので難しい世界ではありますが、売れるといいと思いました。

いつか成功する姿が見たいです。

『黄色い涙』のまとめ

1960年代、オリンピックの開催で活気がある東京を舞台に5人の若者達の奮闘する姿が描かれています。

彼らは自らの夢を叶えようとしますが、現実と夢の狭間で苦しむのです。

夢を叶えるために奮闘する彼らの生き様を注目です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました