エール 無料動画配信を全話(再放送ドラマ)フル視聴

2020年ドラマ

エール(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『エール』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『エール』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

連続テレビ小説 エール 完全版 BOX1 PR動画
古山裕一のモデルである古関裕而は、明治の終期に生まれ、平成元年に亡くなりました。
手掛けた曲は、歌謡曲から応援曲、ご当地ソングなど多岐にわたります。
『紺碧の空』『六甲おろし』『ひめゆりの塔』『モスラ』
曲名を並べたリストがあれば、大抵の人は知っているものが見つかるはずです。
死後三十年経った今でも愛される曲を作った人物の音楽道。
ドラマを通して覗いてみたいと思いませんか?
ドラマ『エール』を無料で見る

ドラマ『エール』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『エール』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

『木村拓哉』の歴代作品

エール(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『エール』のあらすじ
第12週「アナザーストーリー」(20.3%)

裕一と音を取り巻く人達の3つのアナザーストーリー。
「父、帰る」は、音の亡き父・安隆があの世の宝くじに当たり、地上に一泊二日で帰れることになった物語。
まず安隆は吟に会いに行ってから、音のいる古山家を訪れ、安隆の初孫・華の顔を見ることができた。
最後に安隆は豊橋の梅と光子にも会いに行く。

「古本屋の恋」は、『バンブー』の店主・保と恵のなれ初め。
他人に興味のない古本屋の店主だった保と、ふわふわ自由気ままな恵。
保に行動を起こすことの大切さを説いた恋のキューピットは、とても意外な人だった。

「環のパリ物語」は、環がオペラ歌手を目指したパリ留学時代の恋と夢をめぐる物語。
芸術家同士の恋の光と影。
環が『蝶々夫人』のオーディションに合格してオペラ歌手になることと引き換えに失ったものとは。
いちおし場面:男の本音

第13週「スター発掘オーディション!」(20.5%)

裕一はコロンブスレコードと契約して5年が経ち、安定した生活をしていた。
廿日市から「コロンブス専属新人歌手募集」の話を聞いた裕一は、音楽学校卒業後まだ歌手デビューできていない久志に応募を勧める。
一方『バンブー』にはミュージックティーチャー御手洗が音を訪ねて来ていた。
新聞で新人歌手募集の記事を見て、ミュージックティーチャーを辞めてオーディションを受けに来たのだった。
久志と御手洗が二人共応募することになり、
裕一は久志を、音は御手洗をそれぞれ応援する。
久志と御手洗のライバル心がメラメラと燃え上がる。
プリンス久志vsスター御手洗の闘いの結果、オーディションに合格したのは…。
どうしても納得のいかない二人はコロンブスレコードに乗り込む。
いちおし場面:昨日は敵も今日は友

第14週「弟子がやって来た!」(18.8%)

「弟子にしてください」と五郎という青年がやって来て、裕一は何度も断ったが根負けして五郎を居候させる。
同じ頃、文学の新人賞を受賞した梅も上京し、古山家で執筆活動をしたいと言う。
古山家は賑やかになるが、五郎と梅はぎくしゃくしていた。
そこで二人の歓迎会を開いたところ、久志が現れて梅に一目惚れする。
梅は新人賞受賞式で、16歳で新人賞を取った幸文子(梅の小学校時代の同級生)と再会。幸文子は梅にライバル心を燃やしていた。
下駄の鼻緒が切れて転んだ梅を見て嘲笑う幸文子。五郎が梅をかばう。
一方、五郎の作曲は行き詰まっていた。
梅は自分の知らない世界を知るために久志とデートする。
帰ると下駄の鼻緒が直っており、音から五郎が直してくれたことを聞く。
原稿に向かっても何も書けない梅は、五郎と作曲や文学の話をするが、五郎は梅の核心をつき、梅は逃げるように部屋を去った。
五郎のことが気になって仕方ない梅は久志に相談し、久志は「それは恋だ」と教える。
梅は五郎に自分の気持ちを伝えるが、五郎は自分の才能に見切りをつけ、古山家を出て行ってしまう。
いちおし場面:素直な気持ち

第15週「先生のうた」(19.0%)

昭和12年、日中戦争勃発。
裕一は新聞公募に入選した『露営の歌』で曲を作り、廿日市に見せたところ採用され、久志が歌った『露営の歌』は、出征する兵士の見送りに歌われ大ヒットする。
裕一は音と華にオルガンをプレゼントし、音は音楽教室を始めた。
生徒の中で歌が苦手な弘哉は一旦音楽教室を辞めたが、裕一からハーモニカを習い、音楽教室に戻った。
吟の夫・智彦から陸軍の制作映画『暁に祈る』の主題歌の作曲を依頼されていた裕一は福島三羽ガラス始動を目論むが、鉄男は何度作詞しても智彦の上官からダメ出しをされ、すっかり自信を失くしてしまった。
そこで裕一は鉄男を連れて福島に帰ると、実家には久志が来ており、藤堂先生一家も来てくれた。
鉄男は藤堂先生に歌詞が書けないことを相談した。
藤堂先生は出征することになったことを明かし、「俺のことを思って書いてみて」と話す。
いちおし場面:恩師を思う福島三羽ガラス

第16週「不協和音」(18.7%)

昭和16年、太平洋戦争勃発。
裕一はニュース歌謡の仕事に追われていた。
世の中は物資不足で人々の生活は苦しくなっていった。
久志に召集令状が届いたが、身体検査で落とされ、福島に戻ることに。
鉄男は作詞の仕事を辞め、新聞社の仕事をすることになった。
一方、音は吟に強く誘われ婦人会に参加したが、その雰囲気に馴染めなかった。
音は音楽教室を閉め、音楽挺身隊で活動することにした。
梅は出版社から、関内家は特高に監視されているので「今後付き合いを控えたい」と言われる。
吟から婦人会参加を促された音は、音楽挺身隊の活動を理由に断った。
『バンブー』は店名を『竹』と変えて営業していたが、ついに閉めることになった。
本当の戦況が報道されていないことについて、鉄男と裕一は気まずい雰囲気になる。
音楽挺身隊の中で自分の意見を言った音は「非国民」と言われる。
いちおし場面:戦時色に染まる日常

第17週「歌の力」(19.1%)

裕一にも召集令状が届いた。
多くの曲を書いて人々を戦場へ送り出してきた裕一だったが、自分も召集されるとは想定してなかった。
海軍航空隊の予科練生をテーマにした映画『決戦の大空へ』の主題歌の依頼が来た裕一は、曲作りで国に貢献しているということ召集解除となった。
しかし自分だけが…と複雑な気持ちになる。
主題歌『若鷲の歌』を作曲し、披露するため裕一は予科練へ出発するが、自分の曲に納得できない裕一は、もう1曲書かせてほしいと頼み、予科練生達の生活を見学する。
予科練生の話に感銘を受け、裕一は一気に曲を書き上げた。
この曲が主題歌に決まり、映画『決戦の大空へ』も主題歌『若鷲の歌』も大ヒットした。
豊橋では五郎が馬具職人試験で7年かかって岩城からついに合格をもらった。
五郎と梅は結婚の報告をしに古山家を訪れるが、五郎が裕一に戦争の曲を作ってほしくないと言ったことから、二人は言い合いになってしまう。
一方、弘哉は予科練に合格したことを裕一達に報告に来た。
いちおし場面:裕一の歌の力

第18話「戦場の歌」(19.1%)

裕一はビルマに慰問で訪れたが、2ヶ月経っても戦地へ行けず焦る裕一のもとに従軍記者の大倉が訪れた。
藤堂先生がビルマにいて補給路整備と物資中継部隊の隊長をしていると知らされ、裕一はビルマで藤堂先生との再会を果たす。
慰問コンサートに向け、藤堂先生が作った楽団で、裕一がビルマに来てから作曲した『ビルマ派遣軍の歌』の練習をする。
「みんなで生きて帰ろう」と藤堂先生が言い、『暁に祈る』をみんなで歌った。
翌朝、裕一は藤堂先生から妻・昌子に宛てた手紙を託される。
慰問本番前の練習をしようとしたその時、銃撃があり多くの兵士が倒れ、藤堂先生は車の下に裕一を隠してくれたが、裕一の目の前で藤堂先生が撃たれる。
悲惨な戦争の現実を何も知らなかったと気付かされた裕一は福島に帰り、昌子に藤堂先生からの手紙を届ける。
福島に疎開していた音に裕一は再会するが、喜ぶ音に裕一は「一人にして」と言い、一人で東京に帰った。
豊橋では空襲で梅と岩城が戦火に巻き込まれる。
やがて終戦。
自分の曲のせいで多くの若者が戦争で命を落としたと裕一は作曲できなくなってしまう。
いちおし場面:戦争の現実

第19週「鐘よ響け」(19.3%)

終戦から3ヶ月が過ぎても曲が書けない裕一のもとへ劇作家・池田二郎がラジオドラマの音楽の依頼に来たが、裕一の心は動かない。
豊橋では五郎と梅が馬具に変わる革製品として、野球のグローブを作ろうと思い付く。
智彦は再就職ができず荒れていたが、軍人のプライドを捨ててラーメン屋で働き始め、闇市で知り合った少年・ケンと心を通わせ合う。
一方、依頼を断り続ける裕一に池田は「苦しんでいるこども達を勇気づけてほしい」と自分の書いた主題歌の歌詞を置いて行く。
歌詞を読んで一瞬頭の中で音楽が鳴った裕一は曲作りを始めるが、戦争のフラッシュバックでもがき苦しむ。
「もう自分を許してあげて」と裕一を抱き締める音。
苦しみの中から生まれたラジオドラマ『鐘の鳴る丘』は人々を勇気づけ、連続テレビ小説の礎となった。
さらに裕一は池田からの声掛けで、映画『長崎の鐘』の主題歌にも取り組んだ。
原作者の永田医師に会いに長崎へ向かったが、永田からヒントはもらえない。
永田の妹・ユリカが話してくれた長崎の鐘にまつわる話と、実際に現地を見たことで永田の思いに気付いた裕一は、一気に曲を書き上げた。
いちおし場面:どん底を知る者の強さ

ドラマ『エール』の登場人物

古山雄一役   (窪田正孝)

古山(関内)音役   (二階堂ふみ)

古山三郎役   (唐沢寿明)

古山まさ役   (菊池桃子)

古山浩司役   (佐久本宝)

関内康孝役   (光石研)

関内光子役     (薬師丸ひろ子)

関内吟役         (松井玲奈)

関内梅役         (森七菜)

佐藤久志役      (山崎育三郎)

村野鉄男役           (中村蒼)

藤堂清晴役     (森山直太朗)

双浦環役         (柴咲コウ)

木枯正人役     (野田洋次郎)

小山田耕三役  (志村けん)

※相関図

(c)フジテレビ

ドラマ『エール』の主題歌

GReeeeN      『星影のエール』

GReeeeN – 「星影のエール」MUSIC VIDEO

2002年の結成を経て『愛唄』『キセキ』などのヒット曲をもつ。4人組ボーカルグループ。

作詞・作曲ともにメンバー内で行っていることで知られる。

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

まとめ

あくまで自分でパワーを出さなきゃいけない。周りの人は、応援するしかできない。

相手に届く「エール」とは? 自分がもらった「エール」に応えるには?

朝ドラ『エール』では、その一つの答えを訴えているのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました