ワンダーウーマンの無料動画(映画)配信をフル視聴(2017年) 

ワンダーウーマン 洋画

ワンダーウーマンの見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『ワンダーウーマン』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『ワンダーウーマン』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

映画『ワンダーウーマン』本予告【HD】2017年8月25日(金)公開

2017年にアメリカン・コミックを実写化した、スーパーヒーロー映画。

2016年に公開された映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』の作品内で登場したワンダーウーマンを主役にし、映画で女性が主役のアクション映画としては初週歴代1位となった。

『ワンダーウーマン』を無料で見る

『ワンダーウーマン』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『ワンダーウーマン』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

ワンダーウーマンの作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『ワンダーウーマン』のあらすじ

・セミスキラ島

ある日、フランスのルーブル美術館で働く女性・ダイアナの元に一つのスーツケースが届けられる。

中には、彼女が百年前に戦士として第二次世界大戦で戦う戦場での姿が写った写真が入っていた。

そしてダイアナは、かつて暮らしていていたセミスキラ島での事を思い返していく。

彼女が生まれ育ったセミスキラ島は、女戦士アマゾン族が暮らす女性だけの平和な国だった。

その島で、女戦士になることに憧れていたダイアナは、母である島の女王ヒッポリタからいつか戦争の神”アレス”が復活したときに備え、私たちアマゾン族が存在するのだと聞かせられていた。

そしてセミスキラ島の宮殿に眠っているゴッドキラーと呼ばれる聖剣を見せてもらったダイアナは、ますます早く戦士になりたいという思いを強くしていく。

母の妹でもあるアンティオペ将軍から指導をうけ続けたダイアナは、メキメキと成長しいつしかアマゾン族の中でも有数の女戦士へと成長していた。

そんなある日、空から一機の飛行機が墜落し乗っていた男を助けたダイアナ。

生まれて初めて見る男の姿に、目を奪われていると空から次々と飛行機が入り込み、乗っていた兵士たちが島へ上陸してきたのだ。

銃を所持していた兵士たちとアマゾン族の女戦士たちは激しい戦闘を繰り広げる。

ダイアナに助けられた兵士は、そのままアマゾン族の味方として兵士たちと戦い見事アマゾン族が勝利する。

そしてダイアナが助けた男・トレバーは、スパイとしてドイツに潜入していた兵士で、秘密情報の書かれているノートを持ち出しドイツ兵士から逃げていた途中、だったというのだ。

トレバーは、外の世界で起きている実情をダイアナに伝え始める。

そこでは、戦争が世界中で勃発し女性や子ども関係なく何千万という命が奪われていると・・。

そんなトレバーの言葉を聞いたダイアナは衝撃を受けるとともに、戦争の神”アレス”の仕業だと考え、島を出ることをヒッポリタに告げるのだった。

しかし、外の世界との関りをさけたいヒッポリタは、ダイアナが島を出ることを許さなかった。

トレバーと他愛もない話をするうちに外の世界に行くことを決意したダイアナは、宮殿に忍び込み聖剣・ゴッドキラーと盾を入手するとトレバーと共に海岸に置かれていた小さなヨットへ乗り込もうとする。

そんな2人の前にヒッポリタが現れ、ダイアナに二度とこの島には戻れないと強く言いながらも彼女を優しく送り出すのだった。

『ワンダーウーマン』のネタバレ

・外の世界と人間の姿

そして、ダイアナはトレバーのもつノートに書かれた、ドイツ軍の将軍とある博士の毒ガスの開発に関する情報を頼りに、その兵器の破壊へと向かっていく。

ダイアナが到着した戦場。

そこに広がっていたのは、そこら中に傷ついた兵士たちが倒れているようなひどいものだった。

いざ前線へと繰り出したダイアナは、戦いながら前へと進み続け先にある一つの村を救うことに成功する。

そして、毒ガスの開発をしていた博士を捕らえるが、その瞬間一発の毒ガスが発射されてしまい、救った村が一気に壊されてしまったのだ。

怒り狂ったダイアナは、博士と共に毒ガスの開発をしていた将軍を”アレス”だと確信し、とどめを刺した。

そして”アレス”を殺せば、戦争は自然と終わると思っていたダイアナだったが、それでも終わらない戦争に困惑し始める。

そんなダイアナにトレバーは、「これは神の仕業などではなく、人間の本来の姿なのだ」と言い聞かせるのだった。

・アレスの正体

それを聞いたダイアナは、人間を救う価値がわかなくなってしまい戦う気力を無くしてしまう。

するとそんなダイアナの前に、一人の男が現れる。

それは、トレバーの仲間の一人・パトリック卿だった。

なんと彼こそが、人間に姿をかえた”アレス”だったのだ。

アレスは、人間を操って心の奥に潜む悪の部分を引き出し、人々を戦わせていた。

ダイアナは、アレスを聖剣・ゴッドキラーで殺そうと試みるが、神であるアレスには全く歯が立たず、ゴッドキラーは崩れ落ちてしまう。

そんなダイアナにアレスは、ダイアナこそが神が作り上げたゴッドキラーそのものなのだと告げ、一緒に人間を滅ぼさないかと誘惑してくるのだった。

一方、ダイアナと離れ、毒ガスの発射を防ごうとしていたトレバーは、毒ガスを地上で爆破させないためにある方法を思いついていた。

そして、トレバーは父の形見である腕時計をダイアナに渡し、爆撃機に乗り込んだ。

トレバーは、毒ガスを上空で爆発させるため、自らの命を犠牲にして毒ガスと共に上空へと飛んだのだった。

そんなトレバーの気持ちを察したダイアナは、一気に神としての力を発揮しアレスを倒す。

そしてダイアナは、トレバーから最後に受け取った言葉を胸に、また新しい戦場へと足を運ぶのだった。

『ワンダーウーマン』の登場人物

ダイアナ/ワンダーウーマン (ガル・ガドット)

スティーブ・トレバー (クリス・パイン)

アンティオペ将軍 (ロビン・ライト)

エーリヒ・ルーデンドルフ (ダニー・ヒューストン)

パトリック・モーガン (デヴィッド・シューリス)

ヒッポリタ (コニー・ニールセン)

『ワンダーウーマン』の主題歌

Sia 『To Be Human feat.Labrinth』

Wonder Woman Official Soundtrack | To Be Human – Sia feat. Labrinth | WaterTower

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

ワンダーウーマンの感想・まとめ

『ワンダーウーマン』の感想
女性20代
女性20代

今作の映画「ワンダーウーマン」では主人公のダイアナが如何にして世界の女性戦士ことヒーローになったかを描かれた作品でとにかくこの作品は「女性でも強いんだぞ」というメッセージ性が高かった様な気がします。

この映画の監督が女性でキャスト陣も女性が比較的に多いのでこの昨今の中で女性をヒーローとして描かれている作品は意外とハリウッドで珍しいと思います。

そして個人的に好きなシーンはダイアナが初めて外の世界で「バニラアイスクリーム」を食べてあまりの美味しさに感激するシーンはダイアナの好奇心とピュアさが伺えたシーンでもあったかなと思いました。

そしてアクションシーンではやはりあのワンダーウーマンのテーマソングをBGMにして戦うシーンは圧巻でかなりカッコいいです。

その他の感想はここから見れます
女性20代
女性20代

話が非常に分かりやすく構成されているので、ストーリー合計2時間以上もありましたが、途中で全く飽きることなく集中して最後まで見ることができました。

なによりも主人公を演じたガル・ガドットの美しさと演技力の高さに見惚れてしまいました。

アクションシーンは特にかっこよく、迫力がありすぎて見ていて関心の連続でした。

女の自分にとって強い女性がカッコよく見えて、自分も少しは動ける自分の意志を持った積極的な強い女を目指したいとも思いました。

これまで数々のヒーロー作品を見てきましたが、今まで見てきたものとは全く違う展開でストーリーが進み、雰囲気も独特だったので非常に面白かったです。

また何度も見返して勇気を貰いたいなと思います。

女性40代
女性40代

狭い世界である島で育ったのに、外でも通用するような強さを持ったダイアナは、すごいですね。

平和な島なのに、アルテミスのように、生まれ持って戦いの才能を与えられているのでしょうか。

軍神アレスとされているパトリックは、ダイアナこそ、ゴッドキラーであり、自分の行く手を阻むのだと示唆します。

そして、人間こそ滅ぼされるべきで、彼女の才能を、人間滅亡のために使おうとします。

しかし、かしこくもある彼女は、詭弁には乗らず、トレバーを見習って、アレスに立ち向かいます。

その底力は、どこから沸くのか、実に興味深いですね。

戦いは、やはり数がモノを言う世界かと思いますが、ダイアナの圧倒的な強さには、目を見張るものがありますね。

女性50代
女性50代

アメリカン・コミック原作のワンダーウーマンですが、スーパーヒーローものなのに、この映画全体を通して描かれるのは、戦いの虚しさと悲しさです。
神話時代よりアマゾン族は軍神アレスとの戦いのために備え、常に鍛え続けていました。しかし、科学が発達した近代、どんなに鍛え抜かれた肉体でも精神でも、殺戮兵器の前では力及ばず敗れてしまいます。アマゾン族の戦いのシーンはあまりに見事で美しく、それ故に観ている者の胸を締め付けます。
アマゾン族の女王は娘である王女ダイアナにこう言います。「戦いに希望はない」と。
最強の女戦士「ワンダーウーマン」と呼ばれる前、彼女の名前はダイアナでした。アマゾン族の王女ダイアナはピュアで怖いもの知らずでとても強く美しい女の子。
その美しさが物語の中で醜い人間の心や戦争という闇と対比して強い光となります。イスラエル出身の女優、ガル・ガドットがそんなダイアナを神々しいほどの美しさで好演しています。露出の多いワンダーウーマンの衣装ですら、鍛えられた肉体と隙のない美しさでいやらしさを感じません。
闇との戦いで、ピュアなダイアナは幾度も傷つき、ワンダーウーマンへと成長していきます。戦いの先、彼女には一体何が待ち受けているのでしょう。できればピュアなダイアナのままいてほしかった。ワンダーウーマンの活躍はとても胸躍る素晴らしいものですが、そんな風にも思ってしまうのです。

男性50代
男性50代

『ワンダーウーマン(2017)』は、見ごたえのあるアクション映画です。

主演ガル・ガドット演じるダイアナことワンダーウーマンの見せるアクションは、女性だけの戦士の村でのトレーニングシーンから敵のドイツ軍との戦闘シーンまで最後まで飽きることはありませんでした。

ガル・ガドットは美しく強くワンダーウーマンにぴったりでした。

ダイアナの恋人のスティーブも素晴らしく、ダイアナとの関係は最後までどうなるのだろうかと目が離せませんでした。

舞台は第一次大戦(1914年−1918年)のヨーロッパですが、当時の街並みやファッションなどもよく再現されていて楽しめました。

映画を理解するには学校の歴史で習った当時の国際情勢イギリスとドイツとの争い、毒ガス、戦車、飛行機などの新兵器の登場などをおさらいするとこの映画への理解も深まります。

アメリカを代表する最強女性戦士のワンダーウーマンの大活躍を最後まで楽しめる映画でした。

『ワンダーウーマン』のまとめ

アメリカン・コミックの大人気ヒーローを実写化した今作は、迫力のある戦闘シーンと人間の真の姿に焦点を当てたストーリーが魅力の一作。

戦いを終わらせるために戦う「ワンダーウーマン」のカッコいい姿を、ぜひ物語と共に楽しんでいただきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました