ワンダフルライフの見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最終回)視聴方法のまとめ

ワンダフルライフ 国内ドラマ

ワンダフルライフ(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『ワンダフルライフ』の動画はお試し無料期間を利用すればFOD premiumで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『ワンダフルライフ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

プロ野球選手という子供にとって夢のような仕事をしている憧れの人に監督になってもらうという夢のような話。

その中で、選手として一流の中にいた男の本人の世の中を知らない行動は、子供たちとかかわることによって素晴らしい化学変化を起こします。

ドラマ『ワンダフルライフ』を無料で見る

ドラマ『ワンダフルライフ』は

見放題作品数No1の動画配信サービスFOD premium

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『ワンダフルライフ』の視聴をする/

今すぐ31間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

ワンダフルライフ(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『ワンダフルライフ』のあらすじ
第1話 運命の出会い

桐島明はプロ野球の世界で知らない人のいない、ホームラン王にも輝く年俸も2億年有名選手です。

彼は、スター選手して東京パイレーツに在籍していたが家庭を顧みず日々を過ごし、お金にうるさく、自己中心的で、傲慢チームメートから慕われることのない男です。

一方、時を同じくして、ショッピングモールの為に、寂れるものの木商店街の焼肉屋に暮らす伊佐山翔は、少年野球チーム桃の木ジャガーズで万年補欠の少年でした。

チームは年老いた監督は昼寝ばかり、一度も勝利を味わったことのないチームです。

翔は、負け続けることがくやしくて、憧れの桐山選手に手紙を書きます。ジャガーズの監督になってくださいと書いて送ります。

明は、傍若無人の振る舞いを続け、サインには従わなず、ファンは大切にしない、そのくせテレビの取材の前では、心にもない事を話します。マネージャーの妻坂にも、金額が低ければ契約するなと威張り散らします。
試合が終わると、愛人とホテルで過ごしそこに妻の咲子から電話が入ります。取材と誤魔化しますが、ドアの向こうには咲子が立っています。怒りをぶつける咲子を避けて、バスルームに逃げ込みますが、明はそこで、滑って転びます。
病室に咲子は離婚届をもってやってきます。明は、けがのせいで、右肩の怪我は現役を続けられないものだと告げられます。

翔は、ジャガーズの監督が亡くなってしまい、このままでは、ジャガーズがなくなってしまうことを書き込み監督になってくださいと手紙に書き願います。

姉のみずきは、弟の翔の桐島に何度も願っている事を不憫に思います。

みずきと翔は、叔父の家に住まわせてもらっています。

叔父は龍苑という焼肉店を桃の木商店街で経営しています。

翔の大好きな野球ができなくなることは、みずきはかわいそうでしか型がありません。

桐島選手は、翔と同じ背番号23をつけていることみずきは、翔がどれだけ好きなのかがわかります。
桐島は、契約交渉の時に解雇を言い渡されます。

オーナーも社長も、怪我が理由で解雇にするわけではないと戦力外通告をします。

球団からも見放され、借金取りからも追われます。

妻は全ての財産を手に入れ離れていったため、無一文に近い状態に陥ります。

翔は、とにかく、1勝したいと桐島に手紙を書きますが、明はファンレターに目を通す人間ではありませんでした。みずきも、翔のために桐島に監督要請の手紙を書きます。

自分の貯金を切り崩してもなんとかしてあげたいと綴りました。
桐島は家に帰ると、そこには借金取りが待ち構えています。

早く返せと迫られる中、マネージャーから最後の頼みの綱の球団からも、必要ないと断られたと告げられます。

もう、どこも桐島を必要としてくれる球団は無いと妻坂は話します。

唯一は、桃の木ジャガーズという少年野球の監督の話だけだと明に伝えます。

日々、借金取りの取り立ては強くなり、明は、桃の木商店街を訪ねます。

第2話 運命の出会い

桃の木ジャガーズは解散の危機に陥っています。翔とみずきが、必死の思いで手紙を送ったおかげで桐島がやったきたのかと思いましたが、明は、ジャガーズのことなど気にかけません。マンションに戻ると妻の手に渡ったマンションには、次に入る家族が来ており、内見をしています。
仕事も失い、住むところも失った桐島は途方に暮れるが、留守電にみずきからのとにかく試合を見てほしいとうったえています。

子友達はまた、惨敗した試合後に、一点だけ取れた事を龍苑でお祝いとして焼肉をご馳走になりっていました。
口々に桐島の事を褒め称えるのですが、みずきは、お金にきたない明のことを誠実なスポーツマンとは思えない部分がありました。

明は、行くところもなくみずきと20万で手を打つ代わりに住むところを用意しろと命令します。みずきは困り果て、町内会で話し合いました。

明が、スーツケースを持って現れると、みずきは龍苑に案内します。そして、その店の裏の自宅の小さな部屋を使ってほしいと話します。明は拒否しますが、焼肉も食べ放題だしと絆され渋々暮らし始めます。

一方マネージャーだった妻坂が明を訪ねます。彼は、J`リーガーの代理人に就任したのですが、代理人の立場を利用し横領を行なったため、弁護士免許を剥奪され、脱税も発覚したため、全財産を没収されました。無職だから一緒に居させてくれと言います。

商店街のジャガーズの存続についての会議から、保は帰ってきて、明に今度の試合でジャガーズが負けたら解散ということになったと話します。妻坂は桐島に負けると仕事と家を失いますよと詰め寄り、桐島は勝て
ばいいんだろと言います。

試合は結果的にはジャガーズが勝ちました。
しかし、桐島の取った方法は、子供達に卑劣な方法で勝ちをもぎ取ったのです。反則ではなくても、子供達はその行為を憧れていた桐島選手から言い渡され、嫌な気持ちになりました。そして、あれほど尊敬していた翔もあんなのは野球じゃないと言いました。

みずきは桐島に20万円を渡し明日出ていってほしい言います。信じていたのにともいいます。桐島は自分にとっての少年野球時代を思い返します。自分が憧れた選手のつけていた背番号23をつけます。
その思い出を振り返り、野球を好きになった頃の気持ちを思い出します。
桐島は翌朝グラウンドをたった一人で整備します。
石を取り除き、ローラーをかける姿を、翔とみずきは目の当たりにします。

第3話 どん底

みずきは、子供達から見放される姿を見て、悪かったら謝るのが筋だと話します。桐島は子供達の沈んだ表情を思い出し、みずきのいう通り選手の家を訪ね謝りたいと話します。
残念ながら誰もあってはくれません。
みずきは、そんな桐島の姿を見ている翔にあなたに初めてホームランを打たせてくれた人を簡単に見放していいのか問いかけます。翔は、心から野球が好きで、みずきから言われた通り、桐島のことを尊敬する気持ちは失われていません。

土曜日になると、翔と要だけが練習に来ています。他の子達はボイコットしており、二人を待ち伏せし、「なぜ自分たちだけで裏切って練習に参加しているのか?」と詰め寄られます。二人は、他のメンバーから仲間外れにされます。

桐島はみずきから、町内会のためになる事をするべきだと進言せれます。桐島は渋々、サイン会を開くことにしますが、もともと寂れ始める商店街に人がいないため、人があつまりません。途方にくれグランドに戻り、翔と要と練習を始めようとすると、ボイコットしているメンバーがやってきて、ミットを投げ捨て野球をやめると宣言します。
そして、新聞に報じられた記事によって、桐島がすでに球団を解雇され行く場所がないこと、妻坂は横領し弁護士資格を剥奪されていることが町内会の全員に知られます。
桐島は、判断するのはあなた方とばかりに、決めてほしいと伝えました。

要がなぜみんなに嫌われても野球を続けたかったかをメンバー達は知ります。その理由は、母親の離婚という要にはどうしようもない事で、父親は野球嫌い。
間も無く、要が引っ越さなければいけない日がきます。
そこに桐島は現れます・・・・

第4話 あきらめきれない

翔は、片想いで物事が手につかない。姉のみずきは、塾の講師をしながら、司法試験を受験していて、すでに4回も落ちている。叔父の家に住まわせてもらっている身なのに、アルバイトの塾講師では迷惑がかかると悩んでいます。みずきは、試験が近づき毎日勉強に励み、元弁護士の妻坂に教えを請いながらがんばります。しかし、合格レベルには・・・

翔は、片思いの子を桐島にみせます。とても、かわいい子です。しかし、その子の彼氏は試合相手のピッチャーです。ショックの翔に桐島は、チームの練習に力を入れます。
そして、いよいよ、みずきは司法試験の当日を迎えます。しかし、自己採点してやはり合格に程遠いことを感じたみずきは深夜になってもなかなか帰ってきません。すっかり泥酔しているみずきは、決心した表情で、もう司法試験はあきらめると宣言し、塾の専任講師にしてもらえるように頼むと話します。
桶川に話すと願ったりかなったりと大喜びで承諾します。みずきが連日で酔っ払って帰ってくると翔と桐島は野球の特訓をしています。みずきに桐島は司法試験あきらめるなといい、諦めた時が終わりと話します。

翔の片思いの子の彼氏のチームとの試合です。チームはとにかくその彼氏の球をを打てません。
0行進のジャガーズは全く歯が立ちません。9回表最後のバッターとして代打で翔は起用される。
桐島は、翔にとにかく最後まで食らいつけ。とアドバイスをおくります。
翔は練習の成果と、大好きな片思いの子のことを思い必死に食い下がります。誰も当てることが出来なかった、球をファールにし続けます。しかし、最後は三振してしまいます。がっかりする翔に桐島はいつか打てる。とはなし、彼女が翔を見ていたところを確認します。お前に惚れるのも時間の問題と翔に言います。
そして、おくれて応援に来たみずきはその姿を見て・・・

第5話 お金がない!!

桃ノ木商店街では、仲間が数件夜逃げをしていた。その陰には近所にできたショッピングモールの親会社の銀行からお金を融資してもらいその返済が苦しくなり夜逃げに至ったことが、耕介の父親次郎の話から妻坂は怪しいと疑います。銀行に乗り込みましたが全く要領を得ません。直接責任者の竜崎に直談判に向かいます。なんと竜崎は桐島と野球で闘いなんと、全打席三振に打ち取っていた選手だったのです。
そして、竜崎は商店街の件に関して全く意に介さずその場を去ります。

みずきは、練習中に病院からジャガーズの練習を真剣に見る子供を見かけました。そして、ミカを見舞いに行った際にその少年を見かけます。野球を見入る少年に、話しかけます。みずきはジャガーズの練習を見においでと誘います。みずきは桐島にお願いして一緒に病院に行ってくれるように頼み真哉にサインボールをプレゼントしてもらいます。真哉はうれしそうな顔をしていていました。
龍苑では、みんなが集まり次郎の事について話し合っています。次郎たちは、小さいころに一緒に少年野球をやっていた仲間だから、助けてあげようと保ははなします。とそこに、なんと竜崎がやってきます。そして、桐島に話しかけます。サインボールを取り出しこんなことはやめてほしいと突き返す。
竜崎は桐島が、今回の融資の返済の件で、竜崎の息子に手を回して利用しようとしていると勘違いしていた。桐島は竜崎に頭にきてもう一回勝負しようといい、もし自分が買ったら次郎の借金をもてといいます。そして、負けたら桃ノ木商店街は好きにしろと伝えます。しかし、竜崎はそんな賭けには乗らずに店から去ります。

桐島は、竜崎の事を気にせず真哉をジャガーズのグランドに連れてきます。真哉は担当医から、内向的なために、症状の良化見られないといわれます。ただ、桐島の誘いには同意しグランドに向かいます。
真哉は、夢中でグランドのジャガーズに見入ります。そこへ、竜崎が母親と血相を変えてやってきました。
そして、桐島につかみかかります。そして、桐島に勝負を挑みます。桐島はマウンドに立ち、
とうきゅ準備にかかります。
そして、勝負が始まります・・・

第6話 昔の女

試合はいつも通りの大差での敗戦。しかし、チームはあと少しで逆転できたなど、全く悔しさが感じられません。そんなチームメイトに真哉は、あんな試合では絶対に勝てない。チームメートのダメ出しをいう。
桐島は、店に戻ると幸枝が高熱で寝込んでいます。保は、心配の裏返しでイライラします。そんな時に、桐島が不注意でタレを全てこぼしてしまい、妻坂のせいにします。保は幸枝がいないとタレができないから店は休みだといいふてくされます。
そこに、咲子がやってきます。咲子は桐島に再婚の報告をしにきたのです。しかし、桐島は、チームの中で真哉が浮き始め、嫌われ出している事を感じます。その事で頭の中は一杯です。

保は、幸枝が心配で苛立ちはおさまりません。みずきは、妻坂に桐島はどうだったのかを聞くと妻坂は、プレゼントすら受け取ってもらえないほど嫌われていて、未だに自分のへやにそごプレゼントのグローブを渡せずに置いている事をみずきに話します。
みずきは、それとなく桐島に家族のことを聞くが、桐島は、取り返しが付かない事をしてしまったと反省している事を聞きます。

みずきを偶然見かけた咲子は、喫茶店に誘います。そして、桐島がどんな男かをみずきに話したかったといいます。咲子は桐島のことをみずきが好きなのではと考えたからです。そして、人は変わらない。と言い切り、席を立ちますが、みずきは、桐島が咲子の知っている人間ではなくなっていることを伝え子供の本当の親として確かめておいて欲しいと頼みます。

桐島の不安が現実となり、真哉はチームの中ではみ出してしまいます。そして、チームから抜けると挨拶をして去っていきます。桐島はそれでは、ダメなんだと試合中に病院に真哉を迎えに行きます。
グラウンドに現れ、メンバーを呼びます。
みんな、なんでやめた真哉をつれてきたのかと不満を表しますが、桐島はみんなに真哉のノートを見せます。そこには、毎試合ごとの記録が鮮明に書き込まれ、ジャガーズを励ます言葉が書き込まれています。
そのノートをみて、翔は真っ先に真哉に「僕はどうすればいいの?」と真哉に聞くのです。真哉は桐島に促され、アドバイスを伝えます。そして、その通りになることをみた耕介も真哉に聞くのです。すると、数ヶ月前の試合でできたプレーを思い出すように指示し勇気づけます。その通りの結果が出るとチームは一気に勢いづきます。

そんな、姿を遠目から咲子は見続けます・・・

第7話 告白

グラウンドでは、どんなボールもフェンスオーバーする龍二がいます。とうとう、練習の成果が現れ打撃開眼をします。しかし、桐島はそんな龍二にバントの練習をするように指示しますが、いうことを聞きません。桐島は、自分の悪い時代を思い出していました。
そんなとき、桐島のもとに過去のスター選手の現在を取り上げる番組からの出演依頼が舞い込みます。
妻坂はそんな番組には桐島はでないと言いますが、桐島は売上が低迷する龍苑を助けるためにも、出演を受ける。

収録に来たのは、かつてのチームメイトの村井さんでした。5年前に引退したあと、TVの解説を始めて頑張っていました。久々の再会です。桐島は、少し罰が悪そうです。そんな収録も無事に終わり、村井と食事をして、飲みに行き桐島は、自分を恨んでいないかと村井に聞きます。しかし、村井はすでに泥酔状態で眠っていて聞いていません。みずきは、妻坂に桐島に5年前何があったのかを聞きますが、妻坂ははぐらかします。

ジャガーズはブラックスに負けています。そんなときランナーが溜まり、龍二が打席に向かうとき桐島は呼び止めバントを指示します。

しかし、龍二はサインを無視し強振しホームランを打ちます。そんな龍二を桐島は交代させます。不満をあらわにする龍二に敵チームの監督は、自分のチームに来ないかと誘います。そして、桐島が5年前にやったことを伝えます。

妻坂のもとに、テレビ局から、解説にならないかというオファーが舞い込みます。そして、後日打ち合わせに行くと、なんと契約は破格の金額を提示される。
しかし、その解説する担当日は村井が担当していた曜日。桐島がその仕事を受けると村井は仕事を失います。桐島は気にかかります。

みずきは、再び5年前の事を妻坂に聞くと、桐島が監督の指示を無視し優勝を逃した事、そして、その試合の敗戦投手が村井である事、そのためだけでないにせよ、村井は引退した事を知ります。
ある日、龍二に桐島は守備練習を命じますが、龍二はいう事聞きません。

その上、5年前の桐島が八百長をしたと大声で話し、立ち去ります。
桐島はそんな龍二をみて自分とかぶせます。

ついに、解説になる日がきます。
しかし、放送中に桐島は突然思わぬ事を話しだすのです・・・

第8話 小さな命が消えた

ジャガーズに馴染みだした真哉の容態が悪いと聞き、桐島とみずきは駆け付けます。竜崎は、今の状態は、前からもあったと二人に伝え、責任を感じないように話します。
二人は帰途につきます。桐島は自分が無理をさせなければと自分を責めます。
そして、いよいよ、地区予選が始まります。桐島はチームメイトに真哉の病状を話します。そして真哉の丁寧に書かれたノートと一緒に、闘うことを誓います。初戦を逆転勝利で飾ります。真哉のノートは、素晴らしい精度をもっていて、相手チームの闘い方が手に取るようにわかり、チームは一丸となります。処理を喜ぶために真哉を見舞います。そして、試合の様子をビデオに収め真哉に渡します。
ジャガーズが勝ち続け真哉も選手たちも一丸となって戦い続けます。

一方、商店街の敵であるショッピングモールは着々と計画を進め拡張計画を進めていきます。竜崎は、息子の大好きなジャガーズの練習する場であるグランドの買収などの中で、息子の生き生きとしている姿を奪うかもしれないという悩みの中で葛藤します。そして、弱小ジャガーズはとうとう決勝戦までコマを進められました。チームメイトが夜まで練習する中、真哉も必死でジャガーズが勝てるためにビデオを見ながら研究します。そして父親の竜崎に欲しいものがあるとお願いします。

決勝戦を控えたグランドにみずきが現れ、なんと、真哉が死んだ事を伝える。病院に駆けつけるがベットはもう片付けられ、真哉はすでに家に帰ったと聞く。桐島は以前にも増して自分の責任だと感じつつ、志半ばで潰えた命に深夜にバットを振り続けます。故障した肩の痛みに耐えながらずっと振り続けます。
翔は食事も喉を通らないほど落ち込んでいると、桐島は、しっかり食べなければダメだと怒ります。
そんななか、竜崎がビデオを返しにやってきます。そして、桐島に体力もついて、ドナーを待っていたが、見つからないために命を落とした事を告げます。でも、ジャガーズの一員として楽しんで戦う息子は幸せだったと、桐島に告げます。そして、おねだりされて購入したバットを決勝戦に一緒に連れて行ってくれと桐島に託します。桐島は自分のせいで真哉の命を奪ってしまったと、決勝には行けなみずきに話します。そんな桐島に、みずきは竜崎が返しに来たビデオをみて欲しいと言います。そこには、真哉の顔が映し出され、ジャガーズが絶対優勝する事、そして、手に持ったバットを見せながら来年はこのバットでバッターボックスに立ちます。とビデオレターとして宣言していました。
桐島は、決勝戦を戦う事そして、チームメンバーに真哉の願いを伝え、バットをベンチに置き試合に挑みま
す・・・

第9話 落ちこぼれの奇跡

ジャガーズの選手たちが全員通う学習塾でみずきは、アルバイトとして講師をしています。その進学塾の中でも桶川の運営する塾の成績は最低の成績です。
本部は、桶川の塾がの成績が上がらない限り、今後グループからは出て行って欲しいと伝えられます。
ジャガーズの選手たちは、全員勉強嫌いで成績は後ろから数える状態。本部から有能な美人講師が送り込まれます。ジャガーズの選手たち成績の悪い生徒は、親を呼び出され、今後の人生についてを話されます。
生徒たちは、全国模試までは野球の練習は禁止され、勉強づけになります。
桶川は香山と二人でとにかく成績を上げるための授業を進めます。みずきはその様子をみながら、違和感を感じます。そんな中、模試が始まり、野球を辞めたくない翔は、カンニングを見つかってしまいます。

香山は、塾に通う資格がないと怒りをあらわにします。桐島はそのなかで、ジャガーズのメンバーが素質もなく落ちこぼれていて、野球なんかする資格がないと思っていた事。そんな中でも日々努力しとうとうリーグ戦を制覇した事を話します。そのお陰で、素質より努力が尊い事を彼らに教わった事を話します。一週間後にテストをして彼らの本当の力を見せると宣言します。

自信のない選手たちに桐島は一緒に勉強をして苦労を共にします。そして、自分が努力して達成した話をし励まします。努力が裏切らない事を選手たちに伝えます。一週間とにかく一緒に勉強をする桐島を見て桶川はなんであいつが勉強するのかをみずきに尋ねます。
みずきは、あれこそが桐島のやり方だと話します。
そして、テストが行われます・・

第10話 別れの予感

みずきは、密かに桐島に対して心を寄せます。
そんなとき、偶然食事しているとかつてのチームメイトと逢い、桐島はその選手の不調の原因がフォームの乱れだと伝えます。
みずきの気持ちが大きくなるにつて幸枝に気付かれてしまい、保に桐島への想いがバレてしまいます。
当然猛反対をします。

一方、妻坂にも恋が忍び寄ります。要の母から相談を受けたりしているうちに、少しづつ距離がちかづきます。ある日、母親から父親が話があるから帰ってくるように連絡を受けます。
勘当同然に家から離れていた妻坂は父親から、戻ってきて、結婚して父親の会社に入れといわれ困惑します。

日下部が切羽詰まって桐島のところへやってきました。フォームを見て欲しいとたのみます。桐島は熱心にコーチします。その結果、その晩の試合で、スランプだった日下部は、最終打席にホームランを打ちます。一緒に応援していた龍苑のみんなが、桐島がコーチした事を知っているので、店は大騒ぎになります。
日下部は、桐島にお礼がしたいといい食事に行きます。そこで、日下部は桐島にパイレーツのコーチになって欲しいと頼みます。
一緒に食事に誘われたみずきは、複雑な夜を過ごすのでした。

そんなある日、球団から電話が入ります・・・

第11話 こんなつらい別れ

パイレーツからの打撃コーチのオファーが本格化します。そんなとき、ジャガーズの全員から桐島は始めてユニフォームを受け取ります。その背中には23番の数字が。桐島はパイレーツにはリーグ戦が終わるまで考えさせてくれと話します。

妻坂は両親からの強引なすすめで、お見合いをします。可奈子という申し分のない女性でした。桐島に相談しても、冷たい回答で突き放します。日下部は、みずきのもとに訪れます。そして、オファーを保留している事をみずきに伝え、桐島が球界の宝なんだと懇願します。

桐島は今までにないピリピリしたムードで選手たちにゲキを飛ばします。そんな悩みの中にいる桐島に、みずきは、パイレーツ行きを進めます。
そんな大切な試合の中、妻坂は人生の帰路に立ち悩みます。
ジャガーズのリーグ戦はとうとう、決勝まで進めました。龍苑で祝杯をあげているところに、新聞記者が入ってきて、桐島が打撃コーチを受けたと暴露し子供たちもびっくりします。子供たちは不安になります。
子供たちにみずきはあなた達が同じ立場だったらどうするの?とたずね、すでにあなた達は監督をしてもらえている幸せ者だと話しました。

決勝戦当日、妻坂は実家につれていかれいません。
緊張する選手達に桐島、思いっきり投げて打つそれを楽しんでやってきただろうと話します。
選手達の緊張はほぐれ、いつものプレーに戻ります。
最終回の山場に桐島はあがる事と燃える事は同じ事だと話します。兎に角楽しんでやれと。今までたくさんのピンチをチャンスに変えた桐島の言葉は選手に響きます・・・

第12話 奇跡を呼ぶ男

激動のジャガーズから、3ヶ月が過ぎました。
桐島は打撃コーチに就任し、パイレーツの成績もうなぎ上りです。そんな中、スポーツ紙には桐島のゴシップ記事が掲載され、龍苑ではみずきの目に入らないように気を使います。みずきは、日びを過ごす中で思い出さないように振る舞います。
ある日、要がみずきに妻坂と母親のミカのことで相談にきます。
妻坂は実家の決めた婚約相手よりも、ミカに気持ちを寄せており、偶然を装いながら遊びにきます。
二人になぜそんな事をするのかとがめます。
妻坂は桐島にアドバイスをせがむが、桐島は、ハンデを乗り越える覚悟があるのかと突き放します。

桐島は龍苑にわざわざタクシーでやってきます。なんでこんな遠くまで焼肉食べに来るのかと周りは追求します。食事を終えて桐島は帰ろうとするが、みずきが釣りを持って出てきた。お互い微妙な空気が流れ始めます。 妻坂はミカからもう友達付き合いはやめようと言われます。

桐島の最後にあった表情が気になり、みずきはパイレーツの球場を訪れます。日下部が球場に入れてくれ桐島に何を悩んでいるのか聞くのでした。そして、やりたい事をやるのが、あなたでしょうと話します。桐島は、悩みなんかないというのですがみずきには分ります。そして、パイレーツからは、監督の要請があります。桐島は悩みが深まった表情です。

一方妻坂は、とうとう父の紹介の婚約者に婚約破棄を申し出ます。そして、ミカのもとに奔ります。
妻坂は、ハンデを背負う覚悟があると話し、桐島からもかっこいいほめられます。
そんな妻坂の勇気や気にかけてくれていみずきの言葉を桐島は力に、みずきに俺はやりたいことをやる。と宣言するのでした。

そして、桐島はパイレーツでオーナーと社長に選手としてもう一度やりたいことを話します。
自分の望みはそれだけと伝えます。

そしてスーツケースをもって龍苑に訪れます。
手術をして、リハビリを必死に行う桐島は本当に現役に復帰できるのか

ドラマ『ワンダフルライフ』の登場人物

桐島 明    (反町隆史)

伊佐山 みずき (長谷川京子)

妻坂 正義   (八嶋智人)

伊佐山 保   (西村雅彦)

伊佐山 幸枝  (濱田マリ)

ドラマ『ワンダフルライフ』の主題歌

平井堅  『キミはともだち』

平井 堅 『キミはともだち』MUSIC VIDEO

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

ワンダフルライフ(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『ワンダフルライフ』の感想
女性20代
女性20代

落ちぶれてしまったプライドの高い元プロ野球選手という役が反町隆史さんにぴったりなドラマでした。

最初は反町さん演じる明のことが大嫌いでしたが、子どもたちとせっしていくことを通じて変わっていく明を見ていると段々嬉しくなり、いつの間にか大好きになっていました。

反町さんが元野球選手役というのはなんだかリアリティーがあって違和感がなかったため、ストーリーがしっかりとはいってきました。

そして少年野球の子どもたちがとても可愛らしかったです。

特に翔を演じる川口翔平くんは、表情が豊かでとても可愛らしかったです。ついつい応援したくなってしまいました。

他のメンバーもキャラクター設定がしっかりとしていて面白かったです。

チーム自体も段々とまとまっていく様子を見ているとわくわくしました。彼らがその後どうなったのかという続編もやってほしかったです。

その他の感想はここから見れます
男性20代
男性20代

反町隆史さんが演じる主人公で元プロ野球選手であり、奇跡の男と呼ばれるスーパースター桐島明が弱小少年野球チームの監督となり、子供たちに野球を指導する中で自分を見つめ直し、己自身も成長していくという超王道青春ストーリ作品になります。

ドラマの前半は主人公の己の欲を満たすこととお金のことしか考えない姿に視聴者も憤りを感じ正直フラストレーションが溜まる展開ですが、その自己中心的な考えや性格が子供達との野球の練習を通じて改まっていく姿が描かれた後半はその分見ていて気持ちが良くなります。

また、弱小少年野球チームも、桐島の指導によってみるみる強くなっていき、子供たちの成長を感じ、感動することもできる作品となっております。

ドラマの前半をぐっと堪えて視聴出来れば後半はとても気持ちよく、爽快感のある作品となっております。

女性40代
女性40代

反町隆史さん主演の「ワンダフルライフ」。

役どころが絵にかいたような転落人生なので、反町さんがどう演じるのか気になっていましたがいい意味で悪さやいい加減さが出ていて好演だったと思います。

干されてしまった人間がどん底から復帰する大変さも感じました。

やはり才能があっても人柄が良くないとダメですよね。

元プロ野球選手が商店街の少年野球の監督を務めるなんてなかなかプライドが許さないと思いますが、無一文状態なら仕方がないし、仕事を紹介してくれるひとがいただけ良かったのではと思います。

こちらの印象も最初は最悪なだけに心を入れ替えていく様子を感じるたびに応援したくなりました。

最後は反町さん演じる霧島が選手としても復活しいいラストだったと思います。

また霧島だけでなく、長谷川京子さん演じるヒロイン、みずきやそれを取り巻く人間関係も絡んだ話になっていたので、みんながそれぞれぶつかり合いながらも成長していく人間味のあるドラマになっていたので見応えがありました。

 

まとめ

とてもいいドラマです。

とても単純なストーリーです。

でもそこが泣かせます。

私は、何度も泣きました。

ぜひともお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました