私をスキーに連れてっての無料動画配信をフル視聴する方法

私をスキーに連れてって 邦画

私をスキーに連れてっての無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

JR SKISKI 原田知世&三上博史 1987年の映画”私をスキーに連れてって”が30年振りにCMで蘇った件

1987年11月21日バブル絶頂の日本で公開されたホンチョイ・プロダクション原作、原田知世主演の映画。

通称「ワタスキ」

少し古い作品だが、ユーミンが歌う「恋人がサンタクロース」は日本人なら誰もが聴いたことがあるだろう。

この歌が作品の挿入歌として採用され、映画は大ヒット。そして日本に大スキーブームを起こす。

映画公開から何十年経った今でも、スキー場に行くとこの曲が流れていることからも

スキー映画の代表格であることは間違いないだろう。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

私をスキーに連れてって(映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『私をスキーに連れてって』のあらすじ

冴えない男、矢野文男

東京の安宅物産株式会社に努める矢野文男。26歳サラリーマン。

会社では冴えない男だが、ゲレンデに出れば誰もが見とれるスキーヤー。

そんな矢野は自社のスキー用品ブランド『SALLOT』の新製品の試験を兼ねて、クリスマスイブにスキー仲間の小杉、泉、真理子、ヒロコら男女5人で奧志賀のスキー場へ来ていた。

めっぽう女に奥手な矢野のためにと小杉らは彼女をつくれと女をあてがうが、やはり上手くいかない・・・

いい男を探しにゲレンデへやって来た優。

会社の同僚恭世に連れられ、いい男を探しにゲレンデへやって来た優。

いい男か・・・と周りを見渡すと、そこへかっこよく滑る矢野を見つけうっとり。

ここで名シーン『バーン』

すると、打ち抜かれた矢野はその場で転んでしまい、仲間達が駆けつける。

笑顔の優と、優を見つめる矢野。これが二人の最初の出会いでした。

その後もひょんな事から再度出会い、矢野は一目ぼれ。

仲間たちがそれに気付き、二人をくっつけようと協力し一緒に滑ることに。

スキーバカな矢野と優の恋の行方は?

一緒に滑っていい感じに見えた二人だったが、小杉らがあてがった女性のことを

矢野の彼女だと勘違いしてしまう優は

矢野から電話番号を聞かれるも嘘の番号を教えてしまう。

矢野のことが気になるものの、彼女がいながらナンパをする矢野への嫌悪感。

東京へ戻ると冴えない自分に自信が無いのだが、何とか優との繋がりが欲しくて大胆な行動に出る矢野。

すれ違う二人の出会いがどのようにつながっていくのか・・・

肌寒い冬にキュンとするピュアなラブストーリーです。

『私をスキーに連れてって』のネタバレ

奇跡の再会!

楽しい奥志賀でのスキーも終わり、東京へ戻った矢野たち。

優にもらった嘘の番号に電話をするも『現在使われておりません』と繋がらず

「番号間違えちゃった」と何度も掛けなおすが結果は同じ。

番号を聞き間違えたのか、連絡を取りたくなかったのか・・・落ち込む矢野。

そんな中ある日、会社でのミスで呼び出された矢野。

ふとお茶くみの顔を見ると・・・そこにいたのはゲレンデで出会った優。

なんと優は矢野と同じ安宅物産株式会社の秘書課のOLだったのだ。

これは運命と真理子協力のもと、お昼休みを狙って秘書課へ行き

大晦日一緒に万座にスキーへ行かないかと誘いに行くも

矢野に彼女がいると思っている優は、恭世と一緒に志賀高原へ行くからと誘いを断る。

大晦日に想いを伝える

その後も、ヒロコ達の協力で優と矢野の距離は間接的に近づいていく。

そしてゲレンデで一緒だった女性は矢野の彼女では無いことを知る。

そんな中迎えた大晦日。矢野は仲間達と万座スキー場に居た。

矢野はいてもたってもいられず、「5時間かけて振られにいくなんて馬鹿だよな・・・」と言いながら

優に会いに志賀高原まで車を走らせる!

そのころ優はというと、志賀高原で皆が盛り上がっているのに浮かない顔。

とっさに「車のキー貸して」と、矢野たちのいる万座まで向かおうとする。

車を走らせると、むこうから1台の車がやってきた。そう、矢野だ。

お互いの会いたい気持ちが繋がり、二人は会うことができた。

その日からお付き合いが始まった。

またしてもすれ違う二人

何度かデートを重ねる二人だったが、矢野は残業が増えデートをすっぽかしてばかり。

仕事だからしょうがない。と待ちぼうけする優。

矢野は会社の先輩・田山が手掛けるスキー製品「SALLOT」の新製品発表会が2月14日に迫り、忙しい日々を送っていた。

そんなすれ違う二人を見かねた真理子たちの提案で、2月14日バレンタインデーに

みんなで志賀高原へスキーに行くことになる。

2月14日は新製品の発表会・・・矢野は迷いながらも優たちとの約束を優先した。

ピンチ到来

2月14日矢野たちはSALLOTの新しいウェア用品一式を借り、

仲間たちと志賀高原でのスキーを楽しんでいた。

そのころ、社内でSALLOT企画に反発心を持つ社員の陰謀で

発表会用のウェアが届かないというアクシデントが起こった。

社員から「今すぐにウェアを届けてほしい」と連絡を受けた優。

車で向かおうとするも「矢野の帰りを待ちな」と、真理子とヒロコが代わりに車に乗り込み

無茶な運転で万座へと向かって行った。

車では発表会に間に合わないかもしれない。

万座へはスキーコースを直進すれば間に合う。

そう思った優は、矢野を待つことなく一人でコースを滑り万座へと向かって行った。

それに気付いた矢野はすぐに優を追いかけるが、辺りはどんどん暗くなっていく。

難所が多く、冬には滑れないとされているコース。

矢野は優と合流することが出来たが、コースを大きく外れてしまったことに気づく。

もう無理か・・・と諦めかけたその時、ライトを持った小杉と泉が駆け付けてくれたのだ。

辺りは真っ暗。このままテントで朝を待とうと準備する横で

どうしてもSALLOTの成功させたい矢野は、ライトを背負い万座へ向かう。

小杉、泉、優も「乗りかかった舟だ」と、ともに出発した。

ステージ上でのバレンタインチョコ

必死の想いで到着した万座は無人だった。

「間に合わなかった」と肩を落とすが、ふと外を見てみると・・・

なんと先に向かった真理子とヒロコがウェアを着たままモデルとなり、撮影をしていたのだ。

間に合った!と大喜びしステージへ向かうと、「大成功だよ」と言っているかのような満足そうな先輩・田山の顔。

すると記者に「アベックのモデルもいるぞ!」と、矢野と優はそのままステージに上がることになり

写真撮影をされている中で優は矢野にバレンタインチョコを渡すことができた。

『私をスキーに連れてって』の登場人物

矢野文男     (三上博史)

池上優      (原田知世)

佐藤真理子    (原田貴和子)

小杉正明     (沖田浩之)

羽田ヒロコ    (高橋ひとみ)

泉和彦      (布施博)

Twitterでの反応

 

クーさん
クーさん

『私をスキーに連れてって』はこんな方におすすめです。

・寒い冬にキュンとしたい人

・これからスキーへ行く人

・昔を懐かしみたい人

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ30日間無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『私をスキーに連れてって』の感想
女性20代
女性20代

冴えないサラリーマンがスキー場では素敵な男性に見えるという「ゲレンデマジック」を納得させる映画だと思います。
颯爽とした滑りで目の前に現れる矢野と優との出会いのシーンは必見で、お約束ではありながらも、思わず照れてしまいそうなトレンディ感満載のロマンスが今の時代では逆に新鮮で魅力的に映ります。

また、友人同士のやりとりもクスリとするものが多く、気軽に観れるところがいい点です。

特に仲間同士でスキーを楽しむシーンは本当に楽しそうで、思わずゲレンデに出向きたくなってしまうこと間違いなしです。
最後にかけてのハラハラ感も、飽きさせない構成になっていると思います。

結末も、誰も傷つけないハッピーエンドで、冬のスキーシーズンに観るにはぴったりです。

最近の若者はスキーよりもスノボ派が多いようですが、この映画を観れば、誰かにスキーに連れて行ってもらいたくなることでしょう。

男性60代
男性60代

1987年に公開された時は、主役の俳優さんの中では、原田知世さんと沖田浩之さん以外の方はあまり名前は知られていなかったように思われますが、この映画がヒットしてからは、特に三上博史さんと布施博さんは、もの凄い人気俳優となっていきました。

とにかく楽しい映画です。

製作されたホイチョイ・プロダクションのスタッフが、小さい頃見た「アルプスの若大将」が好きだったそうで、スポーツと恋をメインにした明るく楽しい作品を作りたいという製作陣の思いが色濃く出ていました。

そんな縁なのか、若大将シリーズで青大将役だった田中邦衛さんも出演されていたのがまた良かったです。

演技上手な田中さんが、若い俳優さんと絡み合うところは、青大将を思い出し、懐かしかったです。

スキーのシーンはとても丁寧に撮影されていて見ていてワクワクしました。

映画の影響で、実際に「トレイン走行」の真似をしていたことを思い出します。

そして、この映画の魅力は、ユーミンの楽曲が効果的に使われていることです。

まるで、画像を見ながら作ったんじゃないかと思える程、曲と映像が驚くほどマッチしていました。ラスト、原田さんと三上さんが抱き合うでもなく、微笑みながら、見つめ合うところも、メルヘンチックで印象に残りました。

女性30代
女性30代

冬になると観たくなる映画の代名詞のような映画だと思います。今では誰もがスマホを持っていて、気軽に連絡しあえます。

しかし、それが出来ない時代にアマチュア無線を駆使して連絡を取り合う主人公たちの姿が、とてもカッコよく、スタイリッシュに感じました。

また、原田知世さんの真っ白いスキーウエアは、白銀のゲレンデにあっては、逆に映えて見え、彼女の透明感がなおさら際立ちます。

一方の三上博史さんは、スキーは上手だけど、女性には奥手で冴えないサラリーマンです。

三上博史さんが会社の自席で煙草を吸うシーンがあり、昔見た時は違和感はありませんでしたが、今ではあまり見られない光景だと思いました。

スキー仲間と、その恋人たちとの会話のテンポが良く、大人のラブストーリーだけれども、スポーツ映画のような爽快感さえ感じます。

さらに、映画のBGMにはユーミンの曲がとてもマッチしていて、この映画を語るには欠かせないものになっています。

中でも私が好きなのは「サーフ天国、スキー天国」です。この曲を聴くだけでワクワクするし、映画の主人公にでもなった気がします。

初めてこの映画を観たのは小学生の頃ですが、今でもお気に入りの映画のひとつです。

当時は恋人とスキーに行くことは、ファッショナブルなことであり、ステータスでもあるのだと思いました。

時代は変わりましたが、今でも大切な人とスキーに行くことは楽しいものです。

この映画を観ると、友人を、恋人を、家族を誘ってスキー場に出かけたくなります。

そして、原田知世のように、手でピストルを作り、滑っている人にバーンとやりたいです。

男性50代
男性50代

スキーブームの火付け役になった映画です。

私も年齢的に同世代です。原田知世さん、三上博さんが主役を演じた作品です。

挿入歌は松任谷由美さんの「恋人はサンタクロース」です。映画にマッチした曲でこちらも、相当ヒットしました。

内容は全面的にスキーの楽しさを伝えたシナリオであったと思います。

「ゲレンデ」での、各々のスキーの楽しみ方やグループ走行の方法など、スキーの素晴らしさがつたわりました。

決まり文句になったスキー場に向かう際の凍結した路面で「凍っているね」は決まり文句になりました。

スキーはスキー場で滑るたのしみはもちろん、スキーを始めるまでの楽しみをこの映画では教えていただき、青春時代をおくらせていただきました。

男性40代
男性40代

時代を象徴する映画の一つだと思います。

主題歌、ストーリー、出てくる車や俳優陣などすべてがバブルな雰囲気を出しています。

下手をすると嫌味な映画になってしまいそうな雰囲気なんですが、原田知世のかわいらしさや清純な雰囲気によって映画として嫌味なく楽しめるものにしています。

そういう意味でも原田知世を起用して大正解です。

車やスキーにこだわったシーンが多いので、これを見るとスキーに行きたくなります。

スキーシーンはかなり迫力もありますので、映画の見どころの一つだと思います。

今見ると、懐かしいなぁと感じることが多いですし、時代を振り返るという意味でも貴重な作品です。

三上博史のカッコよさと原田知世の可愛さを存分に味わってください。

女性30代
女性30代

この映画は1987年に公開された、原田知世さん主演の映画です。
タイトルにスキーとあるように、この映画はスキー場がメイン舞台になっているのでウインタースポーツ好きな方や、そのシーズンに見てほしいおすすめ映画です。
会社では冴えない日々をおくっている三上博史さん演じる矢野文男はスキーに関しては才能をもっている役柄のため、ゲレンデのコース外の斜面を滑るなどアクロバティックなシーンもこなし見ていて気持ちいいです。
そんな文男と原田知世さん演じる池上優が恋をするストーリーになっています。
この優の友達の高橋ひとみさん演じる羽田ヒロコと原田貴和子さん演じる佐藤真理子なんですが、車の運転が得意という役柄で、その運転シーンが豪快です。
ちょっとしたアクション映画になっているくらいです。
そんな個性あるシーンにも注目して見てもらいたい映画です!

『私をスキーに連れてって』のまとめ

スキー映画の代表格とも言われる今作品。

ユーミンの歌う「恋人がサンタクロース」のイメージが一番強いかもしれませんね。

この作品は公開後大ヒット。1980年代のスキーブームの火付け役とも言われています。

話自体はベタな恋愛作品ですが、仲間内でトランシーバーを使い連絡を取り合っていたり、楽しそうにスキーを滑るシーン、

仲間の恋愛に首を突っ込みすぎていたり。この時代こその楽しさもちりばめられていて、素敵な作品です。

また、志賀スキー場や万座温泉スキー場の広大な雪景色とともに流れるユーミンの名曲も必聴。

寒い冬、仲間たちと集まりたくなるような今作品。是非楽しんで観てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました