わたしを離さないでの見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最終回)で視聴する方法

わたしを離さないで 国内ドラマ

わたしを離さないで(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『わたしを離さないで』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『わたしを離さないで』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

ドラマ『わたしを離さないで』予告集(♪八卦良/高橋優)

2016年1月15日から3月18日まで、TBSにて放送されました。

主演は綾瀬はるか。

カズオ・イシグロ原作の著書をもとに、日本を舞台にした展開でドラマ化されました。

ドラマ『わたしを離さないで』を無料で見る

ドラマ『わたしを離さないで』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『わたしを離さないで』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

わたしを離さないで(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『わたしを離さないで』のあらすじ
第1話『ドラマ史上最も悲しい運命…衝撃の結末へ愛しく儚い命の果ての希望とは』(視聴率6.2%)

山奥にひっそりと建つ陽光学苑に、保健体育教師の堀江龍子が赴任する。

子供達は、半ば監禁のような形でこの場所で集団生活をしていた。

恭子、友彦、美和もその中の生徒。

絵画のみを推奨し、その他の多くの情報を子供たちに与えないという、偏り過ぎている陽光学苑の教育理念に、龍子は不可解さを感じ始める。

第2話『因縁の再会…20年前の嘘が今、3人の運命を動かす』(視聴率6.2%)

「提供」という大切な使命が課せられていることを、恵美子は皆に説明し諭す。

陽光学苑では毎年恒例の展示会が催されたが、龍子から得た情報をもとに描かれた、サッカー選手の絵が多かったことが、学苑内で問題になる。

そんな中、外の世界に興味を持ち始めてしまった広樹と聖人は、好奇心を抑えきれずに塀の外に出てしまった。

皆への見せしめも含め、恵美子は規則を破った広樹と聖人は「提供」に出されたと告げる。

第3話『初恋の行方は…閉ざされた未来に見た儚い夢と希望』(視聴率7.7%)

成長と共に、生徒たちは陽光学苑の外で生活するようになる。

恭子は友彦と同じ施設に行きたいと考えていたが、次郎にフラれた美和は、その腹いせに2人の仲を邪魔しようと企んでいた。

一方、広樹や聖人の事件に責任を感じて心を病んでしまった龍子は、提供者は家畜同然だと喚きまくり、退職という理由で学苑から追い出されてしまう。

第4話『開かれた扉…新たな恋は希望か絶望か』(視聴率7.4%)

同じ施設で生活することになった恭子、友彦、美和は、介護人になるための研修を受けることになった。

まずは臓器を提供した者を介護する「介護人」になることが義務付けられているとのことで、恭子と友彦はショックを受ける。

美和は友彦に好意を寄せる恭子の気持ちを知りながら、友彦を誘惑する。

第5話『ついに見えた希望!!提供の”猶予”が導く波乱の恋』(視聴率7.7%)

介護人になることを受け入れ、恭子たちはコテージでの生活を始める。

8人の男女が暮らす中で、それぞれにカップルが成立し、友彦に失恋する形となってしまった恭子は浩介と付き合い出す。

クローンである恭子たちには、ルーツが存在するが、譲二は、実習先で美和のルーツらしき人を目撃する。

そのことを知らされた美和は…。

第6話『第2章完結!!求めた愛と希望の行末は…永遠の別れ』(視聴率6.8%)

恭子らコテージで一緒に暮らすメンバーは、美和のルーツらしき人を捜すために、譲二の実習先の「いまさこ」を訪れる。

友彦は、かつて陽光学苑の授業で教えてもらった「のぞみが崎」を近くに発見し、恭子と2人で向かうことに。

途中のリサイクルショップで、友彦は、かつて恭子にプレゼントしたが、なくなってしまったCDを見つけ、恭子に再度プレゼントする。

美和は、「のぞみが崎」に恭子と2人で行ってからの、友彦の微妙な変化に気づいていた。

第7話『最終章へ…再会の夢近づく終末に望むのは許しと愛』(視聴率6.7%)

時は流れ、恭子は美和と加藤の介護人を務めていた。

友彦からもらったCDを、美和が盗んでいだことを知らされた恭子は、その後も、とぼけるような不可解な美和の行動にどう対処して良いのか分からない。

そんな中、美和は、いきなりの3臓器同時提供を知らされる。

死が現実に迫りゆく中、美和子は恭子と友彦と共に、陽光学苑を訪ねたいと考えていた。

第8話『友との別れ…解ける因縁、託されたのは最期の希望』(視聴率6.2%)

恭子、美和、友彦は、かつて共に過ごした陽光学苑を訪れるが、現在は、単なる提供者を野放しに保護する施設になっていた。

周囲の森を歩きながら昔話を語る3人だったが、体調の悪さで倒れてしまった美和は、施設の警備員に保護され、3人はその場から追い返されてしまう。

提供を前にして、美和は恭子と友彦の仲を引き裂いてしまったことを2人に詫びる。

第9話『未来を取り戻す!!最後の希望の行方…全ての真実が明かされる運命の瞬間』(視聴率6.5%)

美和の思いを受け、付き合い出した恭子と友彦。

友彦は、以前届いた龍子の手紙に書かれてあったように、愛し合う者に与えられるという提供猶予を信じ、その証の絵を描きたいと希望を持っていた。

恭子と友彦は、やっと捜し出した恵美子の元を2人で訪れるが、そこで恵美子もクローンであること、そして猶予は存在しないことを聞かされショックを受ける。

最終話『愛と希望の結末は…生きること愛することそして生まれてきた意味とは?』(視聴率6.7%)

友彦に3度目の提供が伝えられた。

友彦は自分の最後を目前にして、持ち続けてきた夢は無駄だったと荒れ果てる。

そんな中、恭子は龍子と偶然に遭遇し、友彦と共に少年サッカーチームの応援に行くことに。

そこには、陽光学苑で一緒に過ごした広樹から臓器提供を受けたという、息子を応援する父親の姿を見かける。

友彦は、あらためて自分達の存在意義を感じ取り、恭子とともに最後の時を過ごす。

ドラマ『わたしを離さないで』の登場人物

保科恭子  (綾瀬はるか)

土井友彦  (三浦春馬)

酒井美和  (水川あさみ)

堀江龍子  (伊藤歩)

マダム   (真飛聖)

神川恵美子 (麻生祐未)

加藤    (柄本佑)

※相関図

(c)TBS

ドラマ『わたしを離さないで』の主題歌

ジュリア・ショートリード 『Never Let Me Go』

Yutaka Yamada – julia shortreed · Never Let Me Go • Watashi wo hanasanaide 「わたしを離さないで」Soundtrack

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

ドラマ『わたしを離さないで』の感想・まとめ

ドラマ『わたしを離さないで』の感想
女性20代
女性20代

英国で100万部を超えるベストセラー作品となった小説のドラマ化「わたしを離さないで」。

特別な使命を抱えて生きる男女が繰り広げる物語なのでキャストも豪華です。

綾瀬はるかさん、水川あさみさん、三浦春馬さんと今では観られない共演でもあるのでファンは必見でしょうね。

小説の世界観を忠実に反映しているので最後まで見応え充分です。

特に幼少時代から3人を描いているので複雑な想いや関係性が見どころだと思います。

世間から隔離された施設で育った3人の与えられた特別な使命の全容が少しずつ明らかになるのですが、今の時代ならどこかで秘密裏に進んでいそうな話だなぁとも感じます。

常に寂しさを感じながら育った3人だけに愛情や絆に対しての独特な考え方があるのも興味深いと思います。

またこの作品を通じて生きる意味を考えるきっかけにもなるでしょうね。作品でもがく彼らをどこか見守りながら観てしまうかも。

きっと自分の弱さや心の中で感じている不安と共鳴する部分を感じるのかもしれません。

その他の感想はここから見れます
女性50代
女性50代

ノーベル文学賞受賞作家カズオ・イシグロ原作のドラマとして話題を呼びました。
ヒトの命を別のヒトの命で救うとう倫理に反するような架空の設定ですが、いつのまにかその世界に引き込まれ、
あらかじめ定められた運命のもとで生きるヒトの悲哀、使命感、絶望、さらには社会の歪んだ成り立ちなどを
まるで自分自身に課せられた問題のように深く考えさせられるドラマです。
国や社会からの寄付金で運営されている世間から隔離された「陽光学苑」。
ここで特殊な教育を受けながら育つ子ども、青年たちは、成長の過程で自分たちの宿命を知ることになりますが、心の奥底で抗いながらも、
運命を受け入れ、「その日」を迎えるまで葛藤しつつ精いっぱい生き、愛し、涙します。
主演の綾瀬はるかさんの凛とした演技は秀逸。今思えば三浦春馬さんのはかなげな表情や黒い瞳にその後の実生活を重ねてしまいます。
あくまでもフィクションなのですが、観ていくうちにもしかすると世界の片隅でリアルタイムで進行しているノンフィクション
なのではないかと思うほど無視できないテーマです。
決して結論のでる問題ではありませんが、ひとりひとりが自身の課題として考えながら観るべきドラマだと思います。

男性50代
男性50代

森の中にある施設で育てられている子供達、皆んな親がいない一見養護施設に見える場所ですが、実はクローン?外界の世間一般の中で生活している人の代替品として育てられているという、考えると恐ろしい牧場みたいな子供達の世界ですが、一歩社会が間違えた方向に進めばない話しでは無いのかもしれないと考えさせられるドラマでした。三浦春馬さん、綾瀬はるかさん、水川あさみさんの3人がメインになってストーリーは展開していきます。

三浦さんはサッカー選手になりたい夢があり、水川さんは我儘な自己中心的な考えが強い女の子で、綾瀬さんは控えめですが芯のある女の子です。

施設では芸術的な評価に重きがおかれた教育を受けて育っていきますが、年齢を重ねていく内に異常性に気づきはじめます。

大人になってからは、三浦さをは臓器移植の為に手術を繰り返す生活になり、綾瀬さんは提供者に当たる三浦さん達のケアをする職務を与えられ、水川さんと三角関係の恋にも発展していきます。

そんな自分達に与えられた運命に苦悩し、自分達は何なのか?生きると言う事は何か?愛するとは何か?と、答えのない世界での生活を描いた、個人的にはセンセーショナルな題材のドラマでした。

女性40代
女性40代

まったくどんな内容なのかを知らずに第1話を観た後の感想は、こんなドラマこれからどんな展開になっていくのか?テレビ好き、ドラマ好きの私がこれまで観たことがない感じのドラマで驚きでした。

正直、金曜日の10時に放送するようなドラマじゃなくても…と、思ってしまいました。舞台でも上演されたようですが、もしかしたら少し、話の展開も違うのかもですが、どうやってまとめたのでしょうか。

臓器を提供するクローン人間のお話しでしたが、何かちょっと残酷で、お話しとは言え、色々と考えさせられえしまいそうなドラマでした。第1話から5話くらいまで観ましたが、私だけかもしれませんが、ドラマとは言っても金曜日にこれはさらに疲れが倍増しそうで、キツくなり、途中で観なくなり、最終回だけはやっぱり気になって観てしまいました。

登場人物がとんどんいなくなっていく中で、綾瀬はるか演じる主役だけが、最後までドナーに選ばれず、生きていたのが、救いでした(でも、いなくなったらお話しが続かなくなりますしね)。

その後、数年して原作者がノーベル文学賞を受賞したのには驚きました。

女性40代
女性40代

物語は、海外の寮制の学校を思わせるような場所から始まります。子どもたちはボロボロの服を着ているのですが、毎日体重などを計測され、健康面ではかなり丁寧に扱われている様子に違和感を覚えました。
そして、敷地外に出ることを固く禁止されています。先生たちは敷地外から通っているにもかかわらず。
謎と違和感が頭の中で増殖していく中、考えたくなかった結果がつきつけられます。
子どもたちは、臓器提供用の人間家畜として育てられていたのです。臓器提供が始まり、ベットから動けなくなっていく仲間の世話も彼らの仕事。生命を失い、抜け殻のようになった体を焼却するのさえ自分たちでするのです。
臓器を提供したり、提供者の世話をする頃になると、シェアハウスのような形で生活をし、逃げ出すこともできそうなのですが、GPSのようなもので管理されています。
ここで興味深いのが、子どものころに学習や芸術に触れる機会を与えられていた子たちと、与えられなかった子たちの差です。前者は、自分たちの命について考え、臓器を奪われる前に自ら命を絶つ者まで現れます。
人間のクローンさえ作り出されそうな昨今、実に重く考えさせられるドラマです。

ドラマ『わたしを離さないで』のまとめ

「提供」のために存在するクローン人間に焦点を当てた、今までにないとても重い内容のドラマでしたが、綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんの素晴らしい演技によって、言葉では説明しきれない溢れる感情が、痛切に伝わってきたと感じました。

行きつく先は「提供」であることが分かっていても、希望を持ち続けようとした友彦。そんな友彦を演じた三浦春馬さんの瞳が忘れられません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました