ヴァイオレットエヴァーガーデンの見逃し無料動画配信(アニメ映画再放送)をフル視聴

ヴァイオレットエヴァーガーデン アニメ

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

映画『ヴァイオレットエヴァーガーデン』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

5分で分かるアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第1回

公開されている劇場アニメが、フィナーレとなる『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。

数々の苦難を乗り越えてきたこの作品が、大ヒットしています。

初めて耳にする方も、既に知っている方も改めて知ってもらいたい、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の世界をご紹介していきましょう。

概要

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、作者 暁佳奈(あかつきかな)さんのライトノベルが原作のアニメになります。

第5回京都アニメーション大賞の、大賞受賞作品です。

現在まで行われた第10回までの中で、唯一の大賞受賞作品になります。

受賞の際にアニメーション製作が発表され、TVアニメを皮切りに期間限定の劇場アニメでは、凄惨な事件を乗り越えての公開となり話題となりました。

今作品がシリーズのフィナーレとなりますが、大ヒットを続け、ますます目が離せません。

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYATV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(アニメ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の年表

・2014年       第5回 京都アニメーション大賞 大賞受賞。

アニメーションの製作も同時に発表される。

・2015年12月  『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 上巻』 刊行

・2016年12月  『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 下巻』 刊行

・2017年  6月    京都アニメーションより、PV第一弾公開。

2018年1月よりTVアニメ放送開始と全世界同時配信が発表される。

・2017年  7月   アメリカ・ロサンゼルスで開催されたAnime Expo 2017にて第1話がプレミア

上映される。

・2017年12月   全国5大都市の劇場にて、先行上映(第1話~第3話)。

・2018年  1月     TVアニメ放送開始・世界同時配信開始。

・2018年  3月  『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝』 刊行

・2019年7月18日  京都アニメーション放火殺人事件。

・2019年  9月   劇場アニメが事件を乗り越え、3週間限定で公開される。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形』

製作関係者に7月の事件被害者がいましたが、エンドロールにてその方も含めて

流す旨を発表しております。

新作 劇場アニメの公開日を、2020年1月から2020年4月に延期発表。

・2019年11月     劇場アニメの公開日を2020年4月24日と発表。

・2020年 3月  『ヴァイオレット・エヴァーガーデン エバーアフター』 刊行

・2020年 4月   劇場アニメの公開日の再延期を発表。

・2020年 6月   再放送中のTVアニメ最終回にて、劇場アニメの9月18日公開を発表。

・2020年 9月   劇場アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公開。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のあらすじ

それでは、ストーリーをわかりやすく解説していきましょう。

孤児であった少女は、名もなく言葉も知りませんでした。

ある日、戦場で拾われた少女は ヴァイオレット と名付けられます。

軍人のギルベルトにより女子少年兵に育てられた彼女は、次第に戦場では 武器 と呼ばれていくのです。

4年も続いた大戦の中、重傷を負ったギルベルトを守るために両腕を失ったヴァイオレットは、最後に彼から「心から愛している」と告げられ離れ離れになります。

しかし、彼女は 「愛している」 この言葉の意味がわかりませんでした。

戦場を離れ、負傷していたヴァイオレットは、軍の診療所で療養する日々を過ごしていました。

そこに、ギルベルトの友人であるホッジンズが現れるのです。

ホッジンズに連れられた街で手紙を代筆する仕事 自動手記人形(ドール)と出会います。

ヴァイオレットは「愛している」の意味を知るために、自分もそうなることを決意するのです。

仕事を通して人の心を育み、「愛している」の意味を見つけていく、そんな彼女の一生が壮大に美しく描かれていきます。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の登場人物

・ヴァイオレット・エヴァーガーデン  声優 石川由依

主人公。

ヴァイオレット(すみれ) 花言葉は「愛」。

金髪で青い瞳を持つ可憐な少女。

声の特徴として、玲瓏(れいろう)というこの言葉が作品を通じて使われます。

透きとおるように美しい という意味のこの言葉は、作中の彼女の心を表すようにも感じられます。

名もなく言葉も知らない少女が、女子少年兵として過ごした後に美しい一人の女性として魅力的に成長していく姿に注目してほしいです。

又、「愛している」の意味を知るために、人の心に触れて揺れ動く感情が繊細に描かれているので、彼女の声と共に自然と心に響いてきます。

・クラウディア・ホッジンズ 声優 子安武人

C.H郵便社の社長。

クラウディア 花言葉は「思いやり」。

赤い髪が特徴の男性。

ヴァイオレットを育てたギルベルトの親友で元軍人。

戦時中に彼女のことを頼まれており、家族のように見守っていくのです。

物語は、彼がヴァイオレットを訪ねたところから大きく動いていきます。

普段は物静かであるが、感情的な部分も見せて人間らしいところが魅力です。

花言葉のように、思いやりで彼女を見守っていく様子がとても暖かく感じます。

・ギルベルト・ブーゲンビリア  声優 浪川大輔

主人公の上官で、彼女にとって大切な人。

ブーゲンビリア 花言葉は「情熱」「あなたしか見えない」。

エメラルド色の瞳が特徴、ヴァイオレットを育てた陸軍少佐。

道具のように育てろと、兄に言われていたが次第に彼女に惹かれ愛していくのです。

そして、別れ際に彼女に残した「自由になれ、心から愛している」が、物語の始まりになります。

生きているのかわからない状況で物語は進むのですが、名を変えて生きていることがわかります。

原作とアニメでは違ってきますが、ヴァイオレットとの再会シーンは必見!

最終的には、ずっと彼女の幸せを考えていた彼の行動すべてに心をうたれます。

・クラーラ・マグノリア  声優 川澄綾子

依頼主。

マグノリア 花言葉は「自然の愛」「持続性」

重い病に犯されている為、やせこけた印象が特徴。

娘のアンへ向けた、50年分の手紙を依頼する。

死期が近いことを悟った彼女は、娘の誕生日に届くように言葉を残します。

人には届けたい思いがある。

フィナーレへつながる重要な依頼主に注目してください。

ヴァイオレットの生涯全てを、出会ってきた人々との物語で繋いでいるので、登場人物はかなり多いです。

その登場人物ほぼすべてに、花の名が使用されており、花言葉の意味にあわせているのが魅力の一つだと思われます。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の主題歌

TRUE 『Sincerely』

TRUE「Sincerely」 MV Full Size 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』OP主題歌/"violet-evergarden" Opning Theme「Sincerely」

作品関連情報

・TVアニメ  2018年1月~4月放映。

現在はNetflixにて、全世界配信中です。

・映画  2019年9月に3週間限定で劇場公開。

現在はNetflixにて、全世界配信中です。

最新作は、2020年9月18日より公開中。

・書籍関係

・『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 上巻』(KAエスマ文庫)

・『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 下巻』(KAエスマ文庫)

・『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝』(KAエスマ文庫)

・『ヴァイオレット・エヴァーガーデン エバーアフター』 (KAエスマ文庫)

・音楽

・TVアニメ主題歌『Sincerely』 TRUE

・TVアニメエンディング『みちしるべ』 茅原実里

2018年1月にリリース、絶賛発売中。

・ボーカルアルバム  石川由依(主人公声優)

『Letters and Doll ~Looking back on the memories of Violet Evergarden~』

・劇場版オリジナルサウンドトラック

『VIOLET EVERGARDEN : Echo Through Eternity』

2020年10月21日リリース、絶賛発売中。

・BD/DVD

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』 1~4 発売中。

4枚目には、Extra Episodeが収録されています。

最新ニュース

・観客動員 114万人、興行収入 16億円突破(10月29日現在)。

・11月13日から、全国7館のドルビーシネマでの公開が発表されました。

これは日本の新作アニメとしては初めての事と報道されています。

(ドルビーシネマとは、映像・音響にこだわった特殊なシアター)

その為、ドルビーシネマ用に新たなフォーマットとして公開する事になります。

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ30日間無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

アニメ『転生したらスライムだった件』の感想
女性20代
女性20代

人間らしい感情を持たない女の子が”愛してる”の感情を理解したいがために、手紙を代筆する仕事に就き、色々な人の心に触れて人間らしい心を取り戻していく、というストーリーですが、正直最初はつまらないだろうなと期待はしていませんでした。
しかし見進めていくうちに、こんなに泣ける話はないのではないかというくらいに切なくて悲しくて感動するお話でした。
ヴァイオレット・エヴァーガーデンの想い人が生きているか死んでしまっているか、それすらもわからないまま一人の人を純粋に思い続けて、悲しみに暮れながらも生き続けていくのを見ているのはアニメでも心が締め付けられました。
また、仕事で色々な人に出会って人の心に触れて、最初は人の心がわからず失敗も多かったのが、徐々に心もほぐれて成長していくヴァイオレットにも感動しました。
余命が短い病気の母親が残される幼い子供に、誕生日がくるたびに渡すために残した手紙は、本当に心が苦しくなり、また感動してすごく泣けました。
このアニメはただのアニメ好きだけではなく、今の生活に疲れてしまった人、心が疲れている人にも是非見ていただきたいしオススメしていきたいなと思います。
心が洗われるアニメです。

その他の感想はここから見れます
男性20代
男性20代

“一つの作品で何度も涙を流した素晴らしいアニメ作品”
私はヴァイオレットエヴァーガーデンという作品をCMで知りました。そのCMでは暴力的なまでに美しい作画で、一度見ただけで私はこの作品に引き込まれました。本感想はTVアニメと映画を鑑賞したうえで記載させて頂きます。

主人公は戦災孤児で少年兵とい過去があります。戦時中、軍属家系のギルベルト少佐と出会い、彼に引き取られます。少佐からヴァイオレットと名付けられ、共に戦場に身を投じていきます。終戦後、ヴァイオレットは自動手記人形という職に就きます。この作品は電話がなく、読み書きも当たり前という時代ではありません。自動手記人形とは手紙の代筆を行い、相手に届ける、いわば人の想いを届ける仕事です。自動手記人形という仕事を通じて、ヴァイオレットは人の想いに触れ、成長していきます。

作品の見どころ
・登場人物の成長
この作品の根幹である”愛している”という言葉の意味をヴァイオレットは探しています。この作品は親から子へ、子から親へ、気になる異性へ、様々な形の愛しているが描かれています。時にはハッピーに時には残酷に。多くの”愛している”に触れることでヴァイオレットは苦悩し、成長していきます。ヴァイオレットのみならず、周囲の登場人物たちも様々な経験を通じて、成長していきます。登場人物たちの成長が見どころです。

・圧倒的な作画
冒頭でも述べましたが、この作品の魅力の一つは思わず息をのむような美しい作画です。製作は京都アニメーションが手掛けています。美しいアニメーションを製作することで有名なスタジオですが、このヴァイオレットエヴァーガーデンは特に美しい作品ではないでしょうか。登場人物の表情が繊細に描かれ、セリフのないシーンでも視聴者の心に訴えかけてるのが見どころの一つです。

まとめ
出演キャストは素晴らしいの一言です。他のキャストさんなど考えられないほどのはまり役と熱演です。OP,EDも作品にマッチした素晴らしいものですので、フルで聞いてみてください。歌詞を見ながらがおすすめです。映画について、開始10分で涙を流したのはこの作品が初めてでした。映画を見る際はぜひアニメを視聴してからにしてください。この映画はヴァイオレットエヴァーガーデンという作品の集大成です。これまでの話があって一つの作品となります。ぜひアニメを見てから映画を鑑賞してください。お願い致します。

男性40代
男性40代

ヴァイオレットと名付けられ戦争に出兵し多大な戦果を上げた少女。戦後になって上官であり後見人であったギルベルト少佐の願いにより彼の友人であったクラウディア・ホッジンズの郵便社で働く事になります。

戦争しか知らない少女だったヴァイオレットが”自動手記人形”と呼ばれる手紙の代筆屋として成長していく姿を中心に物語は進んでいきます。

ギルベルトのこと以外全く表情の変わらなかった彼女ですが、同僚や手紙の依頼人との交流を通して次第に人間らしくなっていく様子がこの作品の見所です。

依頼人がどんな思いを手紙に書いて欲しいのか。それを試行錯誤しながら書いていく作業、そして依頼人の人生が悲しみから喜びに変わるシーンがすごく印象に残ります。

毎回重い展開はありますが、それでも様々な人の気持ちが伝わってきて生きるとは何なのかを表現しています。

そして仕事を通して成長していくヴァイオレットがどんどん素敵になっていくのが見ていて感じられました。ギルベルトが彼女に最後に「愛している」と言ったことの意味をずっと考え続けながら彼の帰りをずっと待っている健気な姿には物悲しい気持ちになります。

それでも多くの人との出会いを通して生きていることのすばらしさを実感できるはずです。

完成度の高さと抜群のストーリーで誰にでも勧められる作品です。

女性30代
女性30代

このアニメの素晴らしいところは様々だが、やはり一番素晴らしいと思うのは、ストーリーがすすむにつれて、主人公ヴァイオレット・エヴァーガーデンが人間的な心を取り戻していくことだと思います。
彼女が幼い時に少佐から言われた言葉「愛してる」を、手紙の代筆の仕事で出会う色々な人たちの愛情から学んでいき、「愛してる」を知っていくことで実際の表情はあまり顔に出ずとも、行動から取れる表情が豊かになっていくことを見ていくと、成長に喜び、救われます。感動します。
このアニメのキーポイントとして、『手紙』が重要な役割をしていて、手紙を書くことで普段伝えられない素直な気持ちを伝えることや、自分が死んだ後も娘に言葉を伝え続けたり、色んな役割をしていますが、『想いを伝える』ことの大切さ、尊さをこの作品は教えてくれます。
また、残念なことに現在は色彩の監督をされていた方が亡くなられてしまいましたが、本当に色合いが素晴らしいです。毎話、映画や芸術作品でも見ているかのような気にさせられます。こんなにも世界は色鮮やかに見ることが出来るのか!と思うほどの作画を見るだけでも十分に楽しめます。
主題歌が茅原実里さんが歌う『みちしるべ』も作品の雰囲気、ヴァイオレットの持つ優しさや寂しさみたいなものを感じることができて最高です。

男性60代
男性60代

京アニの素晴らしい作品です。設定が、外国でありながら何の違和感も無く観れるのは不思議としか言いようがありません。

前回の外伝を観た時から、大ファンとなりこの映画も観ました。

とにかく、ヴァイオレットエヴァーガーデンが愛おしくて仕方がありません。

クールで大人しいかと思えば、ユーモアたっぷりの表現をするところもあり、観るたびに惚れ込んでしまいます。

観終わった時は、決して冗談ではなくて、この世で一番素晴らしいものに触れたから、あとは何もいらないと言うよな気持ちさえなった作品です。

ユリスという少年が、彼女に家族に向けての手紙を書いてもらうストーリーは、この映画の中でも一つの重要な部分をなしています。その少年が、親友と和解して亡くなっていく時のシーンは、まるで美しい一幅の絵のようで、感動は禁じ得ません。

もちろん号泣します。

その少年のために彼女は最大限に尽くし、同僚たちの力を借りて、無事安心しての霊山への旅立ちを支援します。

彼女自身もとても精神的にボロボロ状態なのに、尽くす姿は天使としか言いようがありません。

大切な人・ギルベルト少佐はかなりポンコツになっていましたが、彼を奮い立たせたのは彼女の心のこもった手紙でした。一度は拒絶した彼と彼女が結ばれるシーン、これ以上の美しいものがあるのでしょうかと思うくらい感動しました。

ただただ京アニに感謝の花束を捧げる思いです。

 

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のまとめ

わかりやすく、簡単にまとめてきましたがいかがでしたか?

吸い込まれてしまう映像と、主人公の玲瓏な声が心地よく、「美しい」とはこういうことか…と感じる作品になっています。

手紙をテーマに、無機質に感じてしまう 自動手記人形 という職業を、今は懐かしいタイプライターを用いて言葉にある裏側の気持ちを代筆することで、ぬくもりを表現しているのが魅力的です。

SNSが当たり前の現在において、言葉の重さを感じさせてくれるこの作品は貴重で、「愛している」 この一言がどれほど大きく、大切で儚いものなのかとあらためて考えさせられます。

人には届けたい思いがある…美しい世界の中で、言葉の力と人の心を感じてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました