闇金ウシジマくん シーズン1 2 3の見逃し無料動画配信(ドラマ1話~最終回)フル視聴

闇金ウシジマくん 国内ドラマ

闇金ウシジマくん シーズン1(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『闇金ウシジマくん シーズン1』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『闇金ウシジマくん シーズン1』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

dTVドラマ「闇金ウシジマくん」スーパータクシーくん編 第1話

2010年10月14日から12月9日まで、TBS、MBSにて放送されました。

主演は山田孝之。

真辺昌平作、漫画『闇金ウシジマくん』に基づいて制作されたドラマです。

ドラマ『闇金ウシジマくん シーズン1』を無料で見る

ドラマ『闇金ウシジマくん シーズン1』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『闇金ウシジマくん シーズン1』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

 

闇金ウシジマくん season1(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『闇金ウシジマくん season1』のあらすじ
第1話 (視聴率1.8%)

元AV女優の大久保千秋は、面接のため、ヤミ金融「カウカウファイナンス」の事務所に入るが、社長の丑嶋の前で、パンツ1丁の男がジャンプしている姿を見て唖然とする。

丑嶋は、千秋に入社試験を行うことに。先ほどジャンプしていた男が、なぜパンツ一丁になっていたのか質問する丑嶋。「逃げられないため」と答えた千秋は合格する。

第2話 (視聴率2.4%)

OLの村田久美子はお金に困ってはいるが、周囲には見栄を張り続け、「カウカウファイナンス」でお金を借りることで何とか取り繕っていた。

更に恋人の健介からもお金をせびられ、黙って希望通りの金額を渡す。

久美子の借金は既に200万円を超えていた。

丑嶋は、久美子の会社に取り立てに向かう。

第3話 (視聴率2.2%)

久美子の生活は変わらず浪費はかさんでいく。

久美子はお金のために風俗で働き始め、その仕事にハマっていく。

一方、久美子の恋人の健介も、実は「カウカウファイナンス」の債務者だった。

丑嶋たちは、借金返済から逃げ回っていた健介を、久美子の部屋で発見し、借金返済を迫る。

第4話 (視聴率3.3%) 

丑嶋は月15%の高利で、貸付金を金主・大原から借りながら、「カウカウファイナンス」を賄っている。
そんな中、ある程度仕事に慣れて来た千秋は、店にやってくる客との信頼関係構築に努めようとする。
しかし、千秋が信用して10万円を貸した男性客の個人情報が、すべて偽造であることに気づく。

第5話 (視聴率2.9%)

客に騙されたことに落ち込む千秋。

丑嶋は、あらゆる闇金業者をだまして金を奪い取る「闇金狩り」の首謀者を捜す。その後、千秋の働きもあり、丑嶋たちは首謀者を追い詰めることに成功する。

一方、「カウカウファイナンス」の債務者の板橋は、返済に追い詰められ、友人の小堀からお金を借りることに…。

第6話 (視聴率2.5%) 

さきざきローンの社長・鷺咲は、経営不振脱却のために、他社の顧客名簿を手に入れるよう、部下の芳則に命じる。

芳則は身分証明書を偽造し、「カウカウファイナンス」への潜入を試みて成功。

芳則は「カウカウファイナンス」で丑嶋と共に働くことになる。

第7話 (視聴率2.0%) 

鷺咲は、「カウカウファイナンス」で働き出した芳則に、再三、顧客名簿を早く持ってくるよう要求。

芳則はプレッシヤーを感じていたたまれない。

一方、更に借金に追い詰められた板橋は、偽の銀行の融資申込書を作り、小堀を保証人にすることを考える。

第8話 (視聴率1.4%) 

丑嶋は、芳則が「カウカウファイナンス」の顧客名簿を盗み取るために、鷺咲が送り込んだスパイであることを見破り、逆に「さきざきローン」の顧客名簿を盗んでくるよう、芳則に指示する。

八方塞がりの芳則は、エロリアーノで働く元恋人、杏奈のもとへ向かい…。

最終話 (視聴率2.0%)

エロリアーノで働く瑞樹は、丑嶋の力を借りて、盗まれた3000万円の行方を追う。

一方、板橋は銀行からお金をだまし取ることに失敗し、怒った它貫は、板橋の友人の小堀に目を向ける。

板橋を見捨てず、約束の場所に現れた小堀。

板橋は、小堀をこれ以上裏切ることは出来ないと、ロシアのマフィア漁船に乗ることを選ぶ。

ドラマ『闇金ウシジマくん season1』の登場人物

丑嶋馨(山田孝之)

柄崎貴明(やべきょうすけ)

高田(崎本大海)

大久保千秋(片瀬那奈)

小百合(西條るり)

大原正一(徳井優)

板橋清(山中崇)

小堀豊(中村靖日)

(c)TBS

ドラマ『闇金ウシジマくん season1』の主題歌

鴉  『巣立ち』

鴉『巣立ち』

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

闇金ウシジマくん season1(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『闇金ウシジマくん season1』の感想
女性20代
女性50代

闇金の社長、ウシジマを演じる山田孝之さんが、とにかくはまっていて衝撃を受けました。
お目々キラキラの好青年のイメージの山田君が、坊主頭に、もみあげと繋がった髭を生やし、とても柄の悪い風貌になっています。
そんな悪人キャラクターが、ドラマの中では、全く違和感がなく、「きっと、闇金の社長さんてこんな見た目なんだろうなあ」と納得してしまいます。
全く笑顔を見せず、淡々と違法な金利でお金を貸し、ひどい取立てをする。実世界で言えば、とても悪い反社会的な人間です。
でも、ウシジマは、筋が一本通っていて、自分の責任は自分で取ることを徹底しています。約束は守るし、一生懸命な人間には、時には情を見せたりもします。
一般人には通用しませんが、裏社会にも もちろんルールがあり、皆、ルールを守って裏の社会も成り立っています。そこからはみ出したものは制裁を受けます。
とても怖い制裁で、画面を見ていられないこともあります。
ウシジマは、表も裏も関係ない、自分がはみ出した時は、きちんと自分で責任を取ることを教えてくれます。
そして、表と裏の境界は ほんの小さな小川程度のもので、表社会で間違いを起こすと、簡単に裏社会へ飛び越えていく人間の姿も描きます。
自分の責任を他人におしつけたり、嘘をついたり、そんな事を重ねていると、あっという間に闇へ落ちていくのだということを、怖い怖い風貌のウシジマが教えてくれます。

その他の感想はここから見れます
女性30代
女性30代

まずは、面白く見れた!ウシジマくん演じる山田孝之さんが、思いっきり良かった。

表情を全く変えることなく、ウチはトゴだけど、いくらほしいの?と、無造作に引き出しから10万円の束を取り、渡すシーンは闇金なのに格好良くさえ感じられた。

こんな演技力を持つ山田孝之さんが最高の見どころ。そして、事務員として勤めることになった片瀬那奈さんが、毎回自分の一般概念との差に疑問や、情けなど色々な感情をウシジマくんに抱くのも、闇金融ドラマらしくないソフトな感じで、見ていて飽きなかった。簡単に借りるタクシー運転手や、真面目に借金を返しながら個室クラブ、ソープで働く女性など、様々な客がいて貸し付けた後も、さり気なく様子を見ているようなシーンは印象的だった。

勿論、回収する為なのだろうが、貸すだけではない感じがウシジマくんの表情に出ていたように感じる。

野菜を全く食べない、オムライスばかりのウシジマくんに、貝割れを食べさせた片瀬さんのシーンも記憶に残った。

刺激的な環境だけれど、いつまでもいる世界ではないと、片瀬さんは思い続けていながら、ウシジマくんを気遣う優しさも、ドラマのアクセントになっていた。

やべさんのウシジマくんに抱く信頼感も、長年の付き合いという見どころだった。

他の闇金ドラマに比べて、圧倒的に楽しみながらみれる構成だったので、ハマってしまいました。

女性30代
女性30代

闇金ウシジマくん、とっっても面白かったです。
普通に生きているとあまり知ることの出来ない闇金のシステムや実態を、現実とは違っているかもしれませんが、ドラマを通して少しだけ垣間見る事が出来るので、とても面白くてハマりました。
闇金ってどんな人が借りるんだろう?と思った事があったので借りる人のバックグラウンドや性格が細かく設定されていてなるほどー!っと妙に納得しましたし、闇金を借りて返せなくなった人がドラマの中でもえらい目に遭っていたので、恐ろしくて今後の人生で闇金だけは絶対に使わないでおこうと肝に銘じました。
またタイトルを見た時に暴力的なシーンなどを懸念しましたが、問題なく、思ったよりクリアな感じだったのでそれも良かったです。
ドラマとしても面白いし、社会勉強になるいいドラマだと思いました。
また本来なら恐ろしい仕事をしている人達ですが、ドラマを見ているととてもカッコよく見えるので不思議でした!
ウシジマくん一向が行っている可愛い物しりとりなど、キャッチーなゲームもドラマで行われていて、ついついマネしてしまいます。まぁ何せ山田孝之さんがウシジマくんを演じているので役もハマっていますし、カッコいいに決まってはいるんですが、それでも闇金業者すらカッコよく見せるストーリー構成や演出は凄いなぁと思いました。

男性20代
男性20代

ウシジマくんを演じる山田孝之さんの見た目や、話し方に関しては多くの原作を知る方々も納得できるものであったように感じます。

ウシジマくんは原作で40巻弱ありますが、season1では概ねコミックス1桁巻の債務者に関する内容を同時並行する形で物語が進んでおりました。

意外にも原作の遠慮のない、かつむごい表現も特に改悪することなくそのまま表現されていたように感じます。

原作を知らない人目線で評価する場合は、素直に原作を読んでみたいと感じられる仕上がりになっているように感じます。

見所としては、闇金という大前提として犯罪である行為を取り扱うもののウシジマくんが時折発言する内容には深みがあります。

例えば、やれるかじゃないやるんだよ。

という恐喝。

これに関しても、一見根拠のない発言に思えますが債務者が、闇金というところにまで普通の人が脚を運ばないコンテンツに進むまでの労力と比較した言動です。

確かに、僕が仮にお金に困りに困っても闇金という名前に恐怖を覚え、脚を運ばないでしょう。

このように、ウシジマくんの発言は前提が悪行ながら論理的であるのです。

残念なところを挙げるとするならば、加納という原作では重要な従業員の存在がないこと、片瀬那奈さんが女性従業員として参入している点です。

女性20代
女性20代

このドラマを観たときに、人間って汚いもので欲望だらけなんだなと思ったのが印象でした。
ウシジマくんにお金を借りている人は、本当にお金に困っているわけじゃなくて自分の着飾りたい欲望がや見栄を張って偉大な自分を装うためだったり、遊びたい欲望ばかりが充満しているお客さんが多くて、そんなことしなくたって普通に健康に平和に生活できてること自体が感謝なのに、なんて自分が苦しむことを分かっていてこんなことをしているんだろうと思いながら見ていました。私の中ではあまり理解できませんでした。
だからこそ、凄く面白く感じたしお金って怖いんだなとある意味勉強になったし、ウシジマくんやそこの事務所の人達も鬼に見えるけど、
こういう人たちに情なんてもったら貸していたお金なんて回収できないよな。。と凄く思ったし、本当に努力してお金を稼いでいる人に対しては、それなりに処置をしてくれているシーンもあったので、本当は優しくて良い人なんじゃないかなんて思ってしまいました。実際ウサギには優しいもの。
ウサギと関わっているシーンはギャップがあって好きです。そして、このドラマを観ていると、色々勉強になるし時々見返したくなるドラマなので大好きな作品の1つでもあります。

女性30代
女性30代

現代の裏社会の闇を描いたドラマでもあり、原作に比べるとライトに描いているので観やすいです。原作にあった怖さが薄まっているし、1話の時間も短いのもあり気軽に観ることができる部分も良い点です。主演のダーティーな山田孝之さんがとても魅力的でカメレオン俳優と言われるだけあります。

ただ、やっぱりアンダーグラウンドのお話なので痛々しい描写もあります。なので心が止んでたり、血とか観たくない人は観ない方が良いかもしれないです。原作とは見た目に違いがあるものの、山田孝之さんの持ち前の演技力で、原作の様な雰囲気と迫力を出しています。オリジナルキャラクターとして大久保千秋が登場していますが、思ったよりも悪くはなかったです。

片瀬那奈演さんじる千秋が変化がある中、ブレない芯を持ち続ける部分で丑島社長と重なるとこもある部分も良かったです。あんなに散らばってた話がどうして最終話でこうも綺麗にまとまるのかも良い意味で不思議ではありましたが、社会勉強になる作品でもあったしある意味、闇金に手を出して返せなくなったらどうなる可能性があるのかを教えてくれる親切な内容でもあります。個人的には、エンターテインメントとしても、とてもよくできていたと思います。

男性20代
男性20代

まず、原作の丑嶋社長と、俳優の山田孝之さんがベストマッチしており漫画実写ドラマとしてとても再現度の高いものだと感じました。
柄崎や高田はぴったりのキャラクターとなっていましたが、俳優のやべきょうすけさんが「クローズ」のケンさんのイメージが強すぎ、最初に見たときは芹沢とケンさんでした。
千秋の「逃げられないように」のなまり言葉は面白く、所々で千秋のAVを探す柄崎と高田も毎日色々なタイトルのものを調べており、真顔で話すところが面白かったです。
話の内容として、借金を返せなくなった女性を風俗へ紹介し、売上金から利息を巻き上げていく手口が本当にありそうで少し怖い部分もありますが、丑嶋は闇雲に依頼人へお金を貸すのではなく、その人柄を瞬時に判断し、信用してお金を貸すところにおいては、人間味のあるいい人なのかもと錯覚してしまうことが魅力だと思います。
しかし、飛んだ場合の最終手段などもしっかりと押さえ、相保証などを取らせるあたりが、やはり闇金は怖いものだと感じさせるものでした。
女性に金を要求するクズ男や、逃げ切れると思っている闇金狩り、友人の通帳や印鑑を盗んだりする本物のクズたちが登場しますが、特に板橋については本当にため息が出るほど呆れてしまいました。しかし、最後には「自分のことがこれ以上嫌いになりたくない」と小堀を売らなかったので少し見直しました。
一番最後にモコちゃんが病院の看護師になっていたのは驚きもあり、しっかりと社会復帰できていて安心しました。
普通に考えると10日で5割、ギャンブルへの使用であれば1日3割の利息はかなりの暴利ですが、それを承知でお金を借りに来る様々な人たちの生き様が描かれていて本当に次々と見たくなるドラマでした。

女性30代
女性30代

人間の闇であったり、誰もが陥りそうな世界をまざまざと見せてくれるこのドラマ。主演の丑嶋を演じた山田孝之さんがかなりリアルで怖かったです。
そこにパートとして田舎娘っぽい女性がやってくるところから始まるストーリー。「こいつら人間じゃねぇ」というセリフが全てを物語っている通り、金貸しとはこんな世界であり、絶対に関わらない方が良いなと感じさせる物語ばかりでした。
その話が本当にありそうな話で、実際に自分もいつそちら側に落ちてもおかしくない平均台にいるんだな、と感じさせるリアルさがあり恐怖を感じます。しかし怖いものみたいさでどんどん先を見てしまうのがこのドラマの面白いところです。
ところどころで出てくるギャグのような丑嶋や出演者たちの格言のような言葉をかなり誇張する演出はかなり笑いました。風俗系の話も多く、こんなにも困っている女性が多いのか、と感じる話もありました。風俗店勤務の瑞希に付きまとうストーカーの話はリアルで気持ち悪く、丑嶋が少しマトモに見えました。人間は何かに狂うととても怖い存在になるんだな、と思わせてくれる内容です。パチンコ然し、風俗然り女性然り。その人間の闇の部分がかなり見どころです。毎回変わるゲストたちの行く末を覗くかのような構成が面白いです。

女性20代
女性20代

まず最初に、ドラマオリジナルキャラクターである、片瀬那奈演じる大久保千秋(26)が、まず何よりも見どころだと思います。完成されたウシジマくんワールドに、どのようにオリジナルキャラクターが入り込んでいくのか、見ていてとてもドキドキしました。

あくまでも犯罪が許さない態度は最初から最後まで変わらないものの、それよりも曲がった事が許せない彼女の性格は、カウカウファイナンスにぴったりだと思います。彼女の1番の特徴は、良い意味でも悪い意味でも、人を信じすぎるところです。債務者を信じて裏切られ、ウシジマに叱られても、それでも債務者や助ければ地獄を見るであろう周りの人を信じ、最終的には、ウシジマとの賭けに勝ちます(私が勝ったら、野菜を食べてください、という小さな賭けですが)。

彼女の真っ直ぐさ、人を信じる強さは、カウカウファイナンスで1番ではないでしょうか。また、原作でいうところのフーゾクくん編において、原作では瑞樹が貯めた2980万円を同僚のアサミに盗まれ、店もクビになるという結末ですが、ドラマ版ではウシジマとの取引のもと、無事に彼女の手に半額ではありますが、お金が戻ってきます。このように、漫画版では救いのない終わり方だったものが、多少救われたり、よかったねと言える結末になっているものがあるのが、とても良かったです。

まとめ

ヤミ金融「カウカウファイナンス」を経営する丑嶋馨。様々な理由で、お金を借りるために訪れる人々。

ヤミ金でお金を借りる人の末路や、闇社会の怖さが結構リアルに描かれています。

山田孝之さんの演技が、主人公、丑嶋にぴったりはまっていました。

闇社会のダークさの中、片瀬那奈さん演じる千秋の存在にも救われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました