海猿 無料動画配信(ドラマ・映画)フル視聴/続編再放送

国内ドラマ

海猿 (ドラマ・映画)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

『海猿 』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

作者佐藤秀峰さん、原案・取材小森陽一さんによる人気漫画を原作とした『海猿』は、4本の映画化と2局によるTVドラマが制作され、その両方が幅広い世代から高い支持を受け、今も尚愛され続けています。

今回ご紹介するのは、劇場版映画第1作目からの続編となるフジテレビ制作のTVドラマ『海猿 UMIZARU EVOLUTION』です。

主要キャストを映画版から引き継ぎ、主人公の潜水士としての成長と周囲の人間模様が描かれています。

キミがいたから勇気を知った。アイツがいたから命をかけた。

このキャッチコピーのような、熱き心の物語を振り返っていきましょう。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

海猿 (ドラマ・映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『海猿 』のあらすじ

・新たなバディ

念願の潜水士となった仙崎大輔は、1年間勤務した第7管区福岡海上保安部から第三管区横浜海上保安部へ異動し、巡視船「ながれ」の乗組員として任務に就く事になった。

そこで出会ったのが特殊救難隊から出向として一時的に「ながれ」に着任していた池澤真樹。

普段から寡黙な池澤は、特殊救難隊の任務に強い拘りを持っており、その拘りゆえに自身の処遇についての悩みを抱えていた。

そんな彼が仙崎の新しいバディだった。

 

・痛感

座礁したタンカーの乗組員救援の為、出航した巡視船「ながれ」。

池崎と共に救助に向かった仙崎だが、船長内田の救助が間に合わず死なせてしまう。

今回の救助任務に於いての落ち度などが問われるなか、仙崎は池崎が若い乗船員を優先して救助していた事に疑問を感じていた。

しかし、池崎の真意を知った仙崎は自身の浅はかさと未熟さを痛感する。

池澤がそうしたのは、経験の少ない仙崎とではパニック気味の船長と若い乗船員すべてを一度に運ぶことが危険と判断したからだった。

更に、彼は後から救う船長の事を考えて、わざと緊張感を保たせるために安心させるような言葉を一切口にしていなかった。

だが、その時の使命感だけで仙崎は必ず助けると告げてしまっていた。

この事で仙崎は後悔の念に押しつぶされそうになるが、その後の訓練と人命救助の現場で様々な経験を味わい、潜水士として成長していくのだった。

『海猿 』のネタバレ

・新天地

第7管区福岡海上保安部で潜水士として1年の経験を積んだ仙崎大輔は、第三管区横浜海上保安部に所属する巡視船「ながれ」の乗船員として任務に就くことになった。

その事を真っ先に遠距離恋愛中の伊沢環菜に連絡した仙崎。

だが、その事を聞いた彼女は、驚きを見せるが特に嬉しそうな感じでもない。

何故なら恋人だと思っている仙崎に対して、環菜の方は親しい友人の一人としか考えていなかったからだ。

その後、この微妙な距離感を新天地にやってきた仙崎は感じる事になるのだった。

 

・出会い

ながれの船長勝田孝太郎からバディと紹介されたのは、無愛想で無口な池澤真樹。

彼は特殊救難隊から一時的にながれに出向してきており、まだまだ半人前の仙崎に握手を求められると「お前に助けられることはない」と苦笑いを浮かべて立ち去っていくのだった。

その夜、出航命令が発せられタンカー座礁現場へ駆け付けた仙崎たちは直ちに救助へ向かうが、そこで池崎が船長を後回しにして若手クルーを優先する事に疑問を抱き、仙崎は残された船長に「必ず助ける」と優しい言葉をかける。

だが、救助は間に合わず船長の内田は遺体で発見されるのだった。

この件について警備救難課長の津田から仙崎の未熟さと救助時の不手際について問われると、勝田は「ミスをしない新人はいない」と表情を変えることなく答え、首席航海士で隊長の下川嵓は「状況が刻々と変化する現場に100%を求めるのならロボットを使ってください」と告げる。

その後、下川と池澤の会話を偶然耳にした仙崎は、あの時の池澤の真意を知った。

池澤が若いクルーより動転していた船長の内田を後回しにしたのは、未熟な仙崎がバディだったので、双方を一度に救出するのは危険と判断したからだった。

更に、その後直ちに救出しようと考えていたので、あえて緊張感を持たせるために安心させるような言葉を告げなかったということも知り、仙崎は自分がその時の使命感だけで浅はかな一言を口にしていたことを後悔する。

そして、翌日この事を池澤に謝罪し厳しく叱責されると、周囲は二人のぎこちない関係を心配するのだった。

 

・意外な横顔

池澤と仙崎、二人の確執を心配する周囲の目があるなか、互いの装備を交換して浮上する潜水訓練が始まる。

訓練が開始される前に内容のレベルアップを下川に告げていた池澤は、仙崎のボンベの空気を全て抜き、残圧僅か20のボンベ一つで二人が浮上することを試みた。

しかし、予想外のことに仙崎がパニックに陥ると池澤もそのあおりを食らい、二人共減圧症にかかって入院してしまうのだった。

そんな二人の病室に妊娠8か月の池澤の妻である尚子がお見舞いに訪れ、普段の寡黙な表情からは想像できない柔和な横顔を仙崎は目にする。

すると、そこに環菜が姿を見せ、今度は恋愛に悩む不器用な仙崎の様子に、池澤が思わず笑みを浮かべてしまう。

そうして、互いの違った側面を感じた二人は少しずつバディとしての距離を縮めていくのだった。

 

・池澤の決断

その後、幾つかの任務と訓練を続けてきた仙崎は、池澤から少しずつ潜水士として認められ始めていた。

ある日の遭難者救出訓練に於いて、仙崎はマニュアルにはない自分の考えた方法で救出して見せる。

すると、意表を突かれた池澤は、常に変化する状況を念頭に置き、独自で考えた行動を示した彼の姿勢を評価するのだった。

池澤との訓練は日々厳しいものだったが、彼から認められることが仙崎にとって何よりも嬉しかった。

そんな中、仙崎は潜水士仲間の永島と別所から頼まれ潜水のインストラクターとして、ダイビングスクールを手伝うが、あまりの女性の多さに驚くもその場は大いに盛り上がった。

その後、行きつけのオーシャンで別府から「あのスクールでインストラクターになるから潜水士を辞める」と打ち明けられ、別所のバディである永島は何も知らず怒りだすのだった。

ながれに戻った仙崎はこの事を池澤に伝えると、実は自分もながれを離れる事になると告げられる。

驚いた仙崎は何故辞めてしまうのか理由を問うが池澤は答えず、特殊救難隊にも戻らず潜水士を辞めるのと伝えるのだった。

池澤が潜水士を辞めようと決意した理由は、中心性網膜症を患ってしまい、彼自身が命を救うべき潜水士としての責任の重さを誰よりも強く感じており、その為に足枷になってはいけないと考えていたからだった。

その事は仙崎を始めとしたクルーには伏せられており、下川など一部の人間しか知らなかった。

だが、任務の中で成長していく仙崎の姿を目の当たりにした池澤は、彼を育て上げることに価値を見出し、ながれに残る事を決める。

そして、仙崎の更なる成長を期待して、厳しい檄を飛ばすのだった。

 

・潜水士の妻

一方、ながれのイベントで潜水士という仕事の厳しさに直面した環菜は、仙崎との恋愛について深く悩んでいた。

以前のようなどっちつかずの距離感ではなく、彼の事を本当に想い始めていたからこその悩みだった。

そんな環菜は偶然、池澤の妻尚子と出会う。

潜水士の妻として池澤をサポートしている彼女に、環菜は自分の悩みを打ち明けるが納得できるような言葉は返ってこなかった。

その後、環菜と仙崎は互いに忙しく、合えば口げんかを繰り返していたが、ある日の仕事中に尚子が入院したと環菜の元へ連絡が入る。

更に、切迫流産の可能性もあり危険な状態だと知らされてしまう。

だが、今、池澤や仙崎に連絡することは困難な状況にあった。

それは、ながれが不審船を追っているというニュースが報じられていたからだった。

 

・罪悪感

緊迫感に包まれるなか不審船を追い続ける巡視船ながれ。

威嚇射撃を開始すると不審船から攻撃され、止むを得ず正当防衛として応戦すると、ながれの射撃により不審船は爆発し沈没するのだった。

その頃、緊急治療を受ける尚子に付き添っていた環菜は、そのニュースを見つめていた。

一方、命令とはいえ自らが引き金をひき不審船の船員を殺めてしまい、罪悪感に囚われながら帰港した仙崎は、携帯に着信していた尚子の入院についてのメッセージを聞いて驚き、池澤と共に病院へ急ぐ。

そして、尚子と赤ん坊の無事に安堵した池澤だが、あまりの罪悪感からお腹の赤ん坊へ触れることなく病室を後にするのだった。

 

・池澤の死

あの不審船の事件を受けて排他的経済水域での警備が強化される事になり、ながれも2週間の海上警備の任務に就いていた。

池澤は、生まれてくる子供の名を決めておくように尚子から言われており、頭を悩ませていた。

すると、あまりの珍しい姿に仙崎はからかい、その様子を下川たちは優しく見守る。

そんな時、池澤に尚子から陣痛が始まったと連絡が入るが、ながれの他のクルーが漂流者を発見し保護するのだった。

保護した漂流者は武装海賊に襲われたと言っており、彼等が乗っていた船「トリスターナ」の捜索を開始する。

程なくしてトリスターナを見つけ、潜水班は海賊から逃げた船長の救助を果たすが、その時銃声が鳴り響き池澤の首に弾丸が命中してしまう。

そして、銃弾を受けた池澤はそのまま息を引き取るのだった。

その頃、尚子は無事に女の子を出産していた。

それでも、潜水士として人命救助を続けなければならない仙崎や下川たち。

皮肉にも救助する連中はすべて人質を装った海賊たちで、仙崎はやり場のない怒りから救助作業を放棄してしまうのだった。

 

・再起

下川にとってもこの憤りは同じだが潜水士としての責任を果たし、救助した海賊に掴みかかるも、ただ哀しみだけが増していった。

ながれが遺体となった池澤と共に帰港する頃、尚子のいる病院に海上保安庁の幹部が姿を見せ池澤の殉職を伝えていた。

その後、葬儀を終え尚子の元へむかった仙崎は、悲しみを抑えながら彼が遺したメモを手渡し「死なせてしまって、すみません」と頭を下げるのだった。

池澤は自身の名である真樹から真を、妻の尚子から子を、それぞれから一文字ずつとって「真子」と名付けていた。

ながれに戻った仙崎は、あまりの悲しみと理不尽さに潜水士としての意義を失っていて、訓練にも身が入らず覇気をなくしてしまう。

そんな彼に、勝田は呉にある海保大学校に潜水研修の助手として任務に就くように命ずる。

そこには仙崎の言葉にたきつけられ潜水士を目指している吉岡がおり、また、かつて下川のバディだった矢吹とも出会うのだった。

呉に着いて昔の自分の姿を思い出すも、完全にモチベーションを失っていた仙崎。

そんな彼に吉岡はいつまで引きずっているのかと詰め寄り、自分にハッパをかけてくれと話すが答えてもらえない。

潜水士としての復帰を目指す矢吹にとっては、今の仙崎は目障りでしかなく「リングを降りようとしている奴に話すことはない」と言い放つのだった。

すると、ある日の課外訓練中に仙崎は環菜と出会い、池澤が潜水士を辞めようとしていた本当の理由と、ながれを離れなかった経緯を聞かされる。

環菜が聞いた尚子の話はこうだった。

かつての池澤だったら目を悪くした時点で辞めていたはずだが、仙崎に残りの潜水士人生を全て賭けてみたいと思ったからだと…。

それを知った仙崎は池澤の姿を思い返し、もう一度自分の気持ちと向き合い始める。

そんな中、最後のプール実習が行なわれ、実習生が次々と合格していくなか吉岡と矢吹だけが残ってしまう。

吉岡はプールサイドで佇むまだ覇気のない仙崎を見て諦めかけるが、矢吹は潜水士をリタイアせざるを得なかった古傷の痛みに耐えながら課題をクリアし合格を果たす。

そんな矢吹が「あいつが待っているから…」と口にしたのを聞くと、仙崎は振り切ったように吉岡に「諦めるな!」と声をかける。

そして、プールに入ってまで声をかける仙崎に触発されるように、吉岡は合格するのだった。

 

・結末

すっかり立ち直った仙崎は、新たなバディに吉岡を迎え訓練に励んでいた。

一方、離婚した元妻である里江子から近々再婚するため娘の唯との面会はこれまでにしてほしいと言われた下川は、身を切られる思いで最後の面会日に「もう会えない」と告げる。

だが、唯はどうしても会いたくて下川を訪ねてきたが、仙崎の目の前で下川と会わないうちに里江子に連れ戻されてしまうのだった。

後日、プレジャーボートが転覆したとの報せを受けてながれが出航し、漂流していた乗員を保護するとその女性の話からそのプレジャーボートに唯が乗っていた事が判明する。

更に、他の船に保護された乗員を確認すると、行方がわからなくなっている最後の1名が唯だった。

転覆したプレジャーボートと見られる現場へかけつけた巡視船ながれだが、この船の装備では救出が難しく、潜水班が先んじて現場に向かう。

到着した仙崎が船底から確認すると、中から唯の声が返ってきて士気は上がるが、危険な状況に変わりはなく、刻々と潮の流れが激しくなり、このままでは水没してしまう。

その時、仙崎らの呼びかけに応えるように下川は船底を電動カッターで切断する救助方法を試みるが、ゆっくりとボートが沈み始めるのだった。

すると、常に冷静沈着な下川が堰を切ったように海へ潜り、仙崎が船底を切断し終え剥がすとほぼ同時に、海の中から唯が抱え上げられる。

無事に唯は救い出されたが、下川は意識不明となり心停止してしまうのだった。

病院へ緊急搬送された下川は蘇生に成功するも、心停止していた時間が10分程と長く、このまま意識が戻らない可能性があると診断された。

そんな下川にずっと付き添っていた仙崎は、検査中の唯の元へ向かうと、理江子に下川の現状を説明し、唯と合わせて欲しいと頼み込む。

そして、唯が下川に呼びかけ続けていると、微かに下川の手が動き、奇跡のように目を覚ますのだった。

潜水士の仲間たちと矢吹が喜び安堵する中、仙崎は下川に無茶を言ったことを詫びていた。

だが、下川は「詫びることはない、逆に感謝している」と告げ、潜水士を引退すると話し出す。

今回、父親としては正しい選択だったが、潜水士としては失格だと説明。

潜水士にとって最も大切なのは「必ず生きて帰る」ということで、命に代えてもという気持ちで潜った自分は潜水士として続けていくわけにはいかないとの事だった。

その言葉を聞いた仙崎は、寂しくも本物の潜水士の覚悟を知ったのだ。

そして、引退することが決まっていた巡視船ながれの廃船式の日を迎え、この日に引退する下川と入れ替わるように奇しくも矢吹が潜水士に復帰し、この船での経験を糧とした仙崎は更なる成長を決意するのだった。

『海猿 』の登場人物

・仙崎大輔・・・伊藤英明

・池澤真樹・・・仲村トオル

・吉岡哲也・・・佐藤隆太

・下川嵓・・・時任三郎

・別所健次郎・・・三宅弘城

・山路拓海・・・平山祐介

・伊沢環菜・・・加藤あい

・肥後大作・・・伊武雅刀

・光森千佳・・・佐藤仁美

・池澤尚子・・・芳本美代子

・矢吹真一・・・布施博

・大野里江子・・・奥貫薫

『海猿 』の主題歌

『海猿 UMIZARU EVOLUTION』(ドラマ) 主題歌

『OCEAN』  B’z

B'z / OCEAN

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『海猿』の感想

・とにかく熱い。そこが大好き。

・キャストがハマっていて、夢中になれた作品。

・実際の海上保安庁がどうかは別として、カッコよかった。

・ベテラン俳優の方々の演技力と存在感に圧倒された。

・キレイごとだけではなく、人間味あふれる部分も描かれていたのが良かった。

・エンディングテーマを聞けば、海猿という感じが印象的。

・後半に向けて涙するシーンの連続で感動したけど、ズルいと思った。

・一人の人間の成長がメインなのですが、色々なドラマが語られていて感動した。

・あの師弟関係というかバディは最高だった。

・TVドラマなのに映画のようだった。

・海難救助隊という特殊な世界を覗き見ることが出来て良かった。

・ちょっとベタ過ぎて、物語に深みを感じられなかった。

『海猿』のまとめ

映画の続編となった本作品は、全シリーズ同様に海上保安庁の全面協力によって制作されており、この特殊な世界における、熱い人間ドラマが見どころとなっています。

また、迫力のある映像も心に残ります。

そして、『海猿』といえば伊藤英明さんといった印象も定着しており、彼の代表作といっても過言ではないでしょう。

幅広い世代から愛され続けている『海猿 UMIZARU EVOLUTION』おススメいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました