となりのトトロ 無料動画配信(映画)をフル視聴/地上波2021

となりのトトロ 邦画

となりのトトロの無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

映画『となりのトトロ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

「となりのトトロ」は田舎へ引っ越してきた家族と不思議な生き物・トトロとの出会いを描いたスタジオジブリによるファンタジー映画です。

時は昭和30年前半、「松郷」という場所が舞台となっています。

トトロの大きな身体・口や目。猫のバス。一見不気味なようで、どこか親しみやすいフォルムが私たちの心を惹きつけます。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

スタジオジブリ作品

風の谷のナウシカ(1984年)

となりのトトロ(1988年)

魔女の宅急便(1989年)

耳をすませば(1995年)

もののけ姫(1997年)

千と千尋の神隠し(2001年)

猫の恩返し(2002年)

ハウルの動く城(2004年)

ゲド戦記(2006年)

崖の上のポニョ(2008年)

借りぐらしのアリエッティ(2010年)

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

ジブリ作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

となりのトトロ(映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『となりのトトロ』のあらすじ

新しいお家はお化け屋敷?

たくさんの荷物を載せたトラックに乗り、新しい家へ引っ越してきた草壁家。

メイとサツキはお化け屋敷とはしゃぎ、お風呂場へ行くと、黒い物体が四方八方へ移動するのが見えました。

父はまっくろくろすけではないかと話します。

2階でどうにかまっくろくろすけを捕らえようと目を凝らし、両手で挟んだメイ。

隣家でこの家を管理しているというおばあちゃんは手足が真っ黒なメイとサツキを見て、古くて人のいない家にでる「ススワタリ」ではないかと話しました。

・あなたはだぁれ?

ある日、病気で入院している母のお見舞いへ向かった父・サツキ・メイ。

母はお化け屋敷が好きなので新しい家に住むのが楽しみだと話しました。

翌日、サツキは学校へ行き、父が仕事する中、メイは庭で遊んでいます。

木の実を拾う中、不思議な小さな白い生き物とそれより少し大きな青い生き物を見つけたメイ。

興味津々に追いかけると、大きな楠木の幹の穴から下へと落ちてしまいます。

そこには、鼠色でふわふわの大きな生き物が昼寝していました。

メイが名前を尋ねると「トトロ」と言います。トトロのお腹で心地よく眠ってしまったメイ。

サツキが帰宅するとメイは木のトンネルで寝ていました。

トトロに会ったと話すメイの後に続いたサツキと父ですが、そこは庭への一本道でした。

父は嘘じゃないと話すメイを優しく諭し、3人で塚森の大きな楠木に挨拶をしたのです。

・カンタの優しさ

ある朝、父が大学へ行くため隣家にメイを預けに来たサツキ。

しかし、サツキがふと学校で窓の外を見ると門に立つおばあちゃんとメイの姿が。

先生に事情を話し、結局サツキと一緒に学校で過ごすメイ。

雨が降る帰り道、お地蔵さんの前で2人が雨宿りをしているとおばあちゃんの孫でサツキと同級生のカンタが傘を差しだします。

カンタは戸惑うサツキの前に傘を置いて走り去っていくのでした。

家に着いた2人は傘を持っていない父をバス停まで迎えに行くことに。

バス停へ向かう途中、サツキとメイはおばあちゃんの家にカンタの傘を返しお詫びとお礼を伝え、バスを待つのでした。

『となりのトトロ』のネタバレ

・トトロと電報

メイをおぶって父のバスを待っているサツキの元へトトロが現れます。

サツキが父の傘を貸すと、雫が傘に落ちる音を気に入ったトトロ。

そこへ猫のバスが到着し、メイに包みを渡し、傘を持ったままバスへと乗り込みました。

包みに入っていた木の実を庭に植えますが、中々芽が出ません。

ある夜、サツキが目を覚ますと木の実の周りを大・中・小のトトロが歩いています。

サツキはメイを起こし、トトロたちの後に続くと、みるみる大きな楠木になったのです。

翌朝、木はなくなっていましたが芽が出ていると喜ぶ2人。

その後、おばあちゃんの畑で収穫を手伝うメイとサツキ。

メイは一時帰宅する母にとうもろこしをあげると話します。

そこへ草壁家の電報を預かったカンタが来て…。

・メイがいない。トトロ、力を貸して

母の病状により一時帰宅は見送りになったとメイに伝えるサツキ。

メイが駄々をこねたため喧嘩し、2人は落胆します。

メイは泣くサツキを見て、とうもろこしを抱えて1人家を出ました。

村中の人がメイを必死に探す中、サツキはカンタから新池でサンダルが見つかったと聞き、不安を抱きます。

しかし、サンダルがメイのものでなく安堵する一同。

その後、すがる思いでトトロの元へきたサツキ。

トトロはサツキを抱え、木のてっぺんで猫バスを呼びます。

そしてサツキが猫バスに乗り込むと行き先が「めい」と表示されるのでした。

・お母さんにとうもろこしを

一方、メイは途方に暮れる中、微かにサツキの声が聞こえ、おねえちゃんと叫びます。

そこへ、猫バスと共にサツキが現れ、2人は抱き合いました。

メイがお母さんにとうもろこしを渡そうと思ったと聞き、

猫バスの行き先は七国山病院へと変更。病室の母の様子を見て安心した2人。

母は、メイとサツキが笑っているような気がしたと話します。

父が窓を見るとおかあさんへと刻まれたとうもろこしが置いてあるのでした。

『となりのトトロ』の登場人物

草壁サツキ (日高のり子)

草壁メイ  (坂本千夏)

草壁タツオ (糸井重里)

草壁靖子  (島本須美)

トトロ   (高木 均)

猫バス   (龍田直樹)

おばあちゃん(北林谷栄)

カンタ   (雨笠利幸)

カンタの母 (丸山裕子)

カンタの父 (広瀬正志)

学校の先生 (鷲尾真知子)

ミチ子   (神代智恵)

Twitterでの反応

https://twitter.com/kinro_ntv/status/794521355584536576
クーさん
クーさん

『となりのトトロ』はこんな方におすすめです。

・子供におすすめ

・ジブリファンの人

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『となりのトトロ』の感想
女性30代
女性30代

となりのトトロはもう何度もテレビで放映されてますが、何度見ても、新鮮な気持ちで見れるというか、毎回楽しくて大好きな作品です。

最初、さつきたちがお化け屋敷を掃除するところも楽しいですし、川に水を汲みに行ったり、ポンプ式の井戸をキコキコしたり、私もしたいと思えるところがいっぱいです。

めいが、一人で庭で遊び、そこでトトロと出会う場面も愉快ですし、そのあとのお父さんのめいに対する対応もすごくよくて、めいの言ってることを否定せず、今トトロに出会えなかったことの説明をしていて、こんな親になりたいなと思いました。

全体的に楽しい作品なのですが、さつきら家族には母親が入院しているという悲しい背景があり、それ関係のエピソードは悲しいものでした。

さつきは、お母さんのことでわがままを言うめいに、めいのばかって言ってましたけど、あの年齢ではあれが普通の反応だと思います。

ほんとめいもさつきもすごい我慢していて、そのことが伝わってくるから、母の一時退院が中止になってからの展開にはハラハラしました。

めいが迷子になって、それをさつきはどう解決するのか、めいはどこに行こうと思っていたのか、見どころです。

トトロという題名ですが、トトロ以外にも不思議な生物がたくさん登場する作品です。

お気に入りのキャラクターを探しながら見るのもいいかもしれません。

その他の感想はここから見れます
女性30代
女性30代

子どもの頃、鑑賞したときはトトロがかわいくてわくわくした気持ちになっていました。大人になって改めて見ると、メイとサツキの姉妹の純粋さ、特に姉のサツキのけなげな姿に泣ける映画だと感じました。

まず、田舎の風景、古い民家、みずみずしい自然のアニメーションがすばらしいです。

序盤で特に有名なのは、メイとサツキとお父さんが引っ越してきた民家にまっくろくろすけが出てくるシーンだと思います。さびれた民家が細やかに描かれていて、そこにかわいいけど怖いおばけが出てくるところは本当に楽しくてたまりません。

そして、トトロが初めて登場するシーンもすてきです。

メイとサツキが、森の中で大トトロが寝そべっているところを発見するところは、冒険心がおさえきれなくなる感じです。

この後、メイとサツキがトトロと何度か出会ってその不思議な行動や力を知っていくというように展開していきます。

細かいエピソードがいちいちかわいらしくほっこりする展開が続きます。

でも、木の実をくれたり、サツキたちの願いをかなえてくれたりする姿に胸がきゅっとなるようなせつなさも感じてしまいました。

一番の盛り上がりは、サツキと喧嘩をしたメイが行方不明になってしまうという場面だと思います。

困り果てたサツキをトトロたちの力を借りて、メイを探すのですが、トトロが助けに呼んだ猫バスが村を駆け抜けていくシーンは本当に壮大です。

メイを探し当ててほっとする気持ちと同時に興奮もします。起承転結がはっきりしていて、情緒もとても豊かでありながら、ハリウッド映画のような派手な見せ場もあります。

いろいろな要素に本当にすぐれたすばらしい映画だと感じます。

女性30代
女性30代

幼いころから何度も見ています。

子供ころと大人になってから見るのでは、内容が違って見えるところが面白くとても不思議な映画だと思います。

ジブリの森が三鷹市にあるのですが、舞台は埼玉の狭山だということをつい最近埼玉に引っ越してきて知りました。

たしかにあの田舎で自然豊かな雰囲気は三鷹ではなく、埼玉ですね。

幼いときには、大きい楠木を見つけるとトトロの穴を探してしまったりしました。
数々のジブリ作品の中でも、人気の高い本作品ですが、トトロだけでなく真っ黒くろすけなど可愛らしいキャラクターがたくさん出てくるところもその人気の高さのポイントだと思います。

そしてストーリーがシンプルなので、幼い子も分かりやすく見やすいんでしょうね。
また可愛い姉妹のサツキとメイ。

お母さんが入院してしまい、お姉さんのサツキが母代わりに頑張っているところが素敵だと思います。

姉妹の絆だけでなく、家族愛もところどころに感じられて、心暖まる作品だと思います。

特にクライマックス的なシーンはありませんが、のんびりストーリーが展開されていく感じがまたいいです。
日本を代表するアニメだと思いますし、あのサントラも頭に残ってついつい口ずさんでしまいます。

男性30代
男性30代

私が子供の頃の上映された映画ですが、30年以上たった今でも、たまにテレビで放送されています。

きっとそれだけ素晴らしい作品なのです。

子供の頃みても面白かった記憶がありますが、大人になっても楽しめ、そして何度見ても飽きないところも長年人々に愛されるゆえんだと思います。

とにかく幻想的で子供にしか見えない世界の設定もワクワクし、ときめきを覚えます。

大人になって幼少の頃を振り返ると、子供の時に持っていた純粋な心がいつの間にか失われてしまったことに愕然とします。

子供特有の感覚やモノの見方とらえ方というのは、はっきりとは思い出せませんが、確かにあったように何となく思い出せる程度です。

トトロにはもちろん会えませんでしたが、子供だからこそ見えること、出会える出来事はあったのだろうな、そんな気がします。

映画を見終わった後はノスタルジックにもなりますが、子供の無限の可能性を感じられ、子供の頃の記憶が胸の中で騒ぎ出すような気持ちになり、もう戻れない懐かしい過去は貴重な時間であることが今更ながらも痛感させられます。

サツキ・メイ姉妹も可愛らしく、純粋かつ表情豊かで思わず抱きしめたくなります。

不朽の名作『となりのトトロ』はこれからもきっと大勢の見る人の心を熱くしてくれるはずです。

女性30代
女性30代

幼い姉妹が出会った、不思議な森の妖精であるトトロとの交流を描いた作品であり、かなり有名な作品ではありますが、沢山見どころがあります。
一番好きで見どころなのは、メイとさつきが父をバス停まで迎えに行き、そこでトトロと出会うシーンです。

トトロはフキを傘にしており、鼻先に水滴が落ちるシーンはとても可愛らしいです。

そんなトトロに父の傘を貸したところ、傘に当たる水滴の音が面白かったトトロのジャンプするシーンがとても可愛らしいです。
その時のにやっとした表情もとても可愛くて大好きです。

こんな存在に出会うことができたら、とても面白いだろうなと感じます。
他にもメイがトウモロコシをもってヤギの前に行ってしまった時。

トウモロコシと言えず、とうもころしと言っているシーンがあり、とてもリアルで面白かったです。

子供の頃の言い間違いがそのまま反映されていてとても良かったです。

他にもまっくろくろすけを手で押し潰してしまうメイのシーンもとても面白く、少し羨ましかったです。
確かにお化け屋敷っぽくはありますが、こんなに色々な体験のできる家はなかなか無さそうなので、そこがとても面白く、怖くもあり、その家を面白おかしくしようとする父と姉妹の風呂シーンはかなり良かったです。

実際にありそうで懐かしさも感じる映画です。

男性30代
男性30代

何度見ても見飽きないハートフルなアニメ映画でした。公開されてもう30年以上たちアニメの中の世界と現実との生活感がかけ離れていますが家族愛があふれる場面がたくさんあり面白かったです。

そしてトトロの活躍。しかしトトロはあんまり出てこないんですよね。

でも存在感だけはなぜかある謎の生物。メイやサツキのシーンがほとんどなのになぜかトトロの印象が強く残ってしまいます。

でも大人には見えなくて子供にしか見えない妖精という設定はなんだか夢があって自分は好きでした。

小さいの中くらいの大きいのそして猫バス。みんなキャラ濃過ぎてそれもまたこの映画の見どころです。

個人的に好きなシーンが雨の日雨宿りしていたサツキにカンタが傘を渡すシーンです。

それまではお互いいい印象を持っていなかった同士がそれをきっかけに仲良くなっていくワンシーンすごくすっきりしました。

しかも渡し方や渡した傘がボロボロだったこと。

カンタはずぶ濡れになって帰る結果になりおばあちゃんに怒られたこと。

いったんは雨宿りしているサツキを追い越しながらわざわざ戻って渡したこと。

一つのシーンでこんなにもいいシーンがあるので自分ではここが物語の分岐点になってると思っています。

ストーリーわがままなメイ、しっかり者のサツキののんびりとした日常やハラハラドキドキがあったりといい映画でした。

女性30代
女性30代

となりのトトロは、さつきとめいがお父さんをバス停まで迎えに行くところが見どころです。

めいしか会ったことのないトトロにさつきが初めて会うシーンはドキドキもので、雨が降ってきてさつきの横にトトロが並ぶところはついにさつきも会ったねと、こちらまで嬉しくなります。

寝ためいをおんぶしてしてトトロに傘を手渡すところはトトロの何だろうという顔が興味深いです。

さつきが傘の使い方を教えてあげると、とても人間ではおもいつかない使い方をしてさつきもめいも、ビックリな場面があります。

でも二人ともとても楽しそうでみているこちらも楽しくなります。

子供も一緒にはみられるトトロは本当に楽しいです。
トトロがねこのバスに乗って帰るところも見どころです。
足がいっぱいあるねこのバスに乗って帰るトトロ、自動ドアというところがとてもすごいと思いました。

私もあんなバスに乗ってみたいと何回も思いました。
お母さんにめいがとうもろこしを届けるシーンではねこのバスが探すのを手伝ってくれ、最後さつきとめいが出会えた場面ではとても安堵しました。
そこからお母さんの病院まで二人でそのバスに乗って行くところがとても楽しそうで、嬉しそうで、不思議なトトロやねこのバスに会ってみたいと思いました。

男性40代
男性40代

私がこのアニメで好きなシーンは以下の3点です。
一つ目は何と言っても「引っ越し」のシーンですね。「さつき」と「めい」が引っ越し早々新居に対して「ボロ!」と言い放つところが良いですね。古い家がゆえの建て付け悪さなどが丁寧に描かれていますね。
そしていろいろ家財道具を家に入れたり掃除をしたりするのですがめいが良い意味で邪魔になっているのに微笑ましさを感じました。
またお風呂や2階の部屋での「まっくろくろすけ」との出会いも良いですね。それに対してさつきとめいの「まっくろくろすけ出ておいで!出ないと目玉をほじくるぞ!」は名曲ですね。
2つ目は「めい」の存在ですね。とにかく可愛いの一言ですね。さつきの作ってくれた弁当を提げて家の庭の周辺を散歩している様子なんか微笑ましいですね。

諸事情でさつきが通っている小学校に厄介になったときもめいの自然な様子がよかったですね。
またお母さんの退院が延びてしまった時もお母さんにあげるための「とうもころし(めいいわく)」を抱えて必死になって病院に向かおうとするシーンには胸が熱くなりましたね。
3つ目はやっぱり「ネコバス」ですね。

行方不明になっためいを探すため「方向幕」が「めい」となったシーンはいまだに忘れられないですね。

女性30代
女性30代

幼い頃の無垢で純粋な心を思い出し、どこか懐かしさを感じさせるアニメで、全てを見終わると心がほっこりする映画です。
サツキとメイの新居は、日本の古き良き時代を思わせる自然豊かな田舎にありました。

水は井戸から汲み、お風呂のお湯は竹の筒を使って火を起こして温めます。

こんな風景を直接見たことの無い方でも、何故か懐かしさを感じるのがこの映画の不思議なところです。

常に時間に追われ、ストレスを感じながら生活している現代の私たちは、こんな生活を見ると心が和むのだと思います。
この映画の見所その1は、サツキとメイがトトロに捕まって空を飛び、オカリナを吹いて遊ぶ所です。

トトロから木の実を貰った2人、早速庭に蒔いてみるものの目は出ません。

するとある日の夜、トトロが庭をグルグル回っている所をサツキが発見します。

2人はトトロの後について一緒に回り始め、木の実に念を送ります。

するとあら不思議、植えた木の実はみるみる大きく成長し、1本の巨木になります。

そして2人とトトロはコマに乗って空へと浮き上がり、オカリナを吹いて遊びます。

この光景に、幼い私は一体何度憧れたことでしょう。

夜に外を見たらトトロがいるかも!と、起きて様子を見に行ったことを思い出しました。
もう1つの見所は、メイがとうもろこしを持って、入院するお母さんに会いに行こうとするも行方不明になった場面です。

メイを心配するサツキのことを察したトトロがネコバスを呼び、メイを見つけてくれます。

そしてネコバスは、2人をお母さんの所まで連れて行くのでした。

このネコバスは、大人たちには見えません。

超高速でみんなの傍を走り抜けるも、彼らは突風が吹いたようにしか感じられないのです。

とってもフカフカして気持ち良いネコバス。私も乗ってみたい!!と、何度も思ったものです。
その後、サツキ、メイが無事にお母さんに再会できた場面には、思わず涙が流れます。
暫く忘れていた心を、この映画が思い出させてくれました。

女性30代
女性30代

スタジオジブリのアニメ映画で、宮崎駿さんが監督をつとめた作品で一番好きな映画です。
これまでも何度となくテレビで再放送され、そのたびにかかさず見ているために、セリフも何となく頭にあるくらい何度も見ています。
ある田舎の古い家に引っ越しきてきた家族を描いた作品で、私が生まれるよりもずっと以前の日本の風景が描かれているのですが、どこか懐かしくて愛おしく感じながら見ています。
主人公のサツキとメイの姉妹がとにかくかわいくて、きっと日本中に誰もが彼女たちのファンだと思うくらい、真っ直ぐで愛おしい彼女たち。
とくにメイはわがままなところもありますが、お姉ちゃん思いでキャラとしてもメチャクチャ面白くて大好きです。
しかし何といってもこの映画の魅力と言えば、不思議な生き物・トトロだと思います。
トトロとの交流を通して、メイとサツキが成長する姿は感動的で、毎回涙を流しながら見ています。
それと共に元気もくれる作品で、生きるパワーももらえます。
テーマ曲もエンディングの曲も耳に残るもので、大人になって今でもたまに歌っているくらい、楽しくて明るくて、元気をくれる曲です。
自然が多く描かれた作品ですが、さすがジブリ作品で、細かいところまでこだわっているのが伝わる、日本を代表するアニメだと思います。

『となりのトトロ』のまとめ

ジブリ映画の中でも人気の高い「となりのトトロ」。

何度観ても癒されます。

トトロの丸くてどこか安心するフォルム、そして自然がたくさんの風景、メイの子どもらしい自由さ、サツキの大人と子どもとの葛藤、顔は迫力あるけどふわふわの猫のバス…。

そして、子どもの世界を周りの大人が誰一人として無下にせず、大切にしているというところもこの作品の愛される理由かもしれません。

子ども時代にどっぷりとトトロの世界にハマるのも良し、また、成長してもトトロの世界を大切にできる大人でありたいとも思える映画です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました