トップナイフ 天才脳外科医の条件の見逃し無料動画配信を全話フル視聴方法/ドラマ1話〜最終回

トップナイフ 天才脳外科医の条件 国内ドラマ

トップナイフ 天才脳外科医の条件(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『トップナイフ 天才脳外科医の条件』の動画はお試し無料期間を利用すればhuluで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『トップナイフ 天才脳外科医の条件』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

トップナイフ 天才脳外科医の条件 緊迫のオペシーン映像を盛り込んだ【オペ編】公開

今作は林宏司原作の小説が元になっています。

主演は天海祐希が務めました。

ドラマ『トップナイフ 天才脳外科医の条件』を無料で見る

ドラマ『トップナイフ 天才脳外科医の条件』は

見放題作品数No1の動画配信サービスhulu

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ2週間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

2週間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『トップナイフ 天才脳外科医の条件』の視聴をする/

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

トップナイフ 天才脳外科医の条件(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『トップナイフ 天才脳外科医の条件』のあらすじ
第1話『脳神経外科医・深山が部長から押し付けられたのは3人のクセ者ドクターのまとめ役だった…』 《13.0%》

東都総合病院の脳神経外科に女帝と呼ばれている女医・深山がいた。

深山は脳神経外科部長の今出川に今日から赴任する3人の医師のまとめ役を押し付けられた。

3人とは、新人の小机、無口で愛想がない西郡、アメリカから来たプライド高い黒岩だった。

急患がやってきて、どうすることもできなかった小机に苛立ちを感じた深山。

脳の手術は傷をつけたら終わりの医師の腕がすべてであり、トップナイフと呼ばれている。

脳腫瘍の患者の妻が来たばかりの黒岩の執刀を拒否、もっとちゃんとみてくれる医師にということで深山が担当することになったが、妻の様子がおかしい。

妻は、お金が稼げるようになって夫の性格が変わり、暴力を振るわれていたので、脳腫瘍のお陰で暴力を振るわなくなった夫がまた戻ることを恐れていたのだ。

手術の結果、脳腫瘍ではなく、ベトナム旅行で食べたものによる卵が脳にできていたからだと判明。

不安な妻に深山は、手術や大病で人生観が変わる人もいると諭した。

第2話『医者からのストーカー被害を訴える女性。黒岩、西郡、そして今出川までもが身に覚えが…一体誰だ!?』 《12.4%》

深山は1年前に事故で脳挫傷をした後から頭痛が取れないという女性を診た。

そして、その女性がこの脳神経外科の男性医師からのストーカー被害を訴えてきた。

女性がストーカーだと言う相手は黒岩だったが、廊下ですれ違っても無反応だったことを深山は気にしていた。

そして、事故の後遺症で顔の識別ができなくなっていることを判断し、手術は成功する。

西郡は自殺未遂をした女性を診察し、彼女が10年前から顔に痛みを感じる三叉神経痛なのだが誰もこの痛みを理解してくれないと話す。

西郡は脳腫瘍ではないかと判断し、手術を進め、執刀をしようとした西郡だったが、手が突然痺れてしまい深山と交代して無事成功。

三叉神経痛も治り、喜んでいた。

第3話『元患者が「深山のオペで殺された」と主張!”殺人容疑”で深山が連行される事態に!?』 《12.9%》

黒岩に突然自分の子供だという少年がやって来る。

黒岩は、外傷性くも膜下出血になった後東京人なのに、関西弁しかはなせなくなった患者を診察した。

そして、関西弁の嫌いな彼女になるべく標準語でプロポーズをしたが、倒れてしまう。

関西弁の原因が甲状腺グリーゼだとわかり手術をして、無事成功した。

関西弁の彼を受けいれた彼女はプロポーズを承諾した。

深山は、西郡が連日手術に入っていることと手の震えが関係があるのではないかと考えていた。

そんな時、深山に殺されたというコタール症の患者が自分は死んでいるのだからと自殺未遂をした。

一命を取り止めてもまだ、死んでいると思っていた。

黒岩の子供らしき少年と動画を見て笑えている彼に、生きていることを告げ納得させた。

第4話『身元不明で搬送された女性は、かつて西郡の手術が原因で記憶をなくした患者だった。さらにその正体はーー。』 《10.6%》

緊急搬送された身元がわからない女性は西郡の母親だった。

西郡の母は、心臓外科の第一人者で、2年前に脳腫瘍で息子によって手術をされていたが、記憶をなくして徘徊するようになっていた。

黒岩は、西郡が手術で取りきれなかった腫瘍が逆向性健忘になっているのではないかと診察した。

そして、西郡に頼まれた黒岩が手術を成功させた。

60代の男性幼馴染み二人組が診察にやって来て、一人が記憶が3分しか持たず、自分を33歳だと思っているともう一人が話す。

しかし、病気ではない方の鞄にはなぜか包丁が入っていた。

彼は、病気の男の父親の経営する旅館を買収して潰していたので、自分に復讐をしようとしているのではないかと思っていた。

すべてを聞いた深山は、記憶を無くしても感情の記憶は残っていることを話し、二人に友情があることを諭した。

第5話『黒岩の実力を前に自信をなくした西郡だったが、今出川は難しいオペをあえて西郡を指名するー。』 《9.1%》

黒岩の手術の腕前を目の当たりにした西郡は自信を無くしていた。

今出川は、聴神経腫瘍と診断されたピアニストの手術に西郡を指名するが、かなり難解な手術であった。

何回もシュミレーションをした甲斐があって、無事手術は成功したが、ピアニストの手術を飲食もせずに待っていたマネージャーがくも膜下出血で倒れてしまう。

西郡が担当したがどうすることもできず黒岩が成功を治めていた。

自殺を図ったピアノ講師は西郡の診察を受けていくうちに仲が良くなる。

ピアノ講師に脳腫瘍が発覚したが、手術を拒んだため放射線治療をしていた。

ピアノ講師は脳腫瘍によるサヴァン症候群になっていて、聞いた曲を自分が作った曲だと錯覚していた。

手術によってサヴァン症候群が消え自分の才能がないことがわかってしまい、どうしたらいいのかと問うピアノ講師に西郡もまた自分の才能がないことを気にしていたため何も答えられなかった。

第6話『自分の幻”ドッペルゲンガー”が見えると診察に来た大澤は、かつて深山に病院をクビにされた医者だったー。』 《10.1%》

西郡は、10年前深山の部下として脳神経外科の医師だったという男のドッペルゲンガーを診察していた。

自分と会ってくれない深山に対して病気の影響で殺意が生まれ、エレベーターで事件を起こした。

そのエレベーターで、自分の足がいらないと思っている女性が足を縛ったことによるうっ血で倒れ、その場で手術が行われた。

手術中、どうして自分をクビにしたのかを聞いた男に深山は、神経が図太く何事にも動じない人でなければ医者は勤まらないと告げた。

エレベーターから降りた途端、男が倒れ手術の結果、ドッペルゲンガーがなくなった。

事故で左手を無くした青年が幻肢痛を訴えていたが、脳神経外科では治す術がなかった。

しかし、青年は高校生の時の野球で、甲子園目前の試合でのミスが関係しているのではないかと

黒岩は考えていた。

黒岩は高校生の時の野球の仲間を病室に呼び、幻肢痛を改善させた。

第7話『”人の顔が認識できない”患者・祥子を巡り、院内で事件が勃発!さらに、深山の娘・真実が病院に潜入!?』 《10.6%》

深山は酔って階段から落ちたエステサロンの経営者の血腫を取る手術をした。

そして、経営者の病室にたくさんのお見舞いがやってくるが、毎日訪れる2人の男性が特に気になった。

経営者は人の顔がわからない相貌失認になっていた。

深山と話しているうちに、階段から落ちたのは突き飛ばされたからだと思い出し、よく病室に通っていた2人のどちらかであった。

そして襲われた時に、顔はわからなくても彼氏の弱い性格を熟知していたので、強い方を捕まえることに成功した。

男は、フラれた嫉妬からの行動だった。

第8話『自分の麻痺した左腕を”愛する女性”と思い込む患者・前川。妻・純子は、手術の同意書へのサインを拒絶する!』 《11.0%》

小机は自分の麻痺した腕を他人だと思い込むエイリアンハンドと診断された男性を担当していた。

献身的に看病してくれている妻が目の前にいるのにも関わらず、若い女性という自分の腕のとりこになっていて、妻は苛立ちを隠せず、手術の同意書をサインしないと言い出す。

小机は妻からの手術の同意書をもらうために愛人がいなくなる実験をしたが、1分ももたなかった。

しかしその愛人が、妻の若い時の自分だったことがわかり、同意書を書いて渡してくれた。

手術の結果、愛人はいなくなり、また元の夫婦に戻っていった。

第9話『妻・里美の治療の為に全てを捨てる覚悟の今出川から、深山は脳外部長の後任を託されるが…。』 《11.4%》

転院されてきた女性は、今出川の妻で、重度の脳腫瘍患者であった。

今出川は自分の妻を助けるために黒岩と西郡を病院に呼んでいて、自分は病院を辞めるつもりだった。

妻は、脳腫瘍による感情の起伏が激しくなっていた。

工事現場の鉄筋が落ちてきて頭を貫通した少年が運ばれ手術が行われた。

手術を終え目覚めた少年は、母親にやられたのだと証言した。

最終話『妻の治療の為に全てを捨てた今出川の下、トップナイフ達が結集し最難関のオペに挑む…!』 《11.6%》

少年の証言は血流が逆になって脳出血を引き起こしたのが原因とわかり、手術を行った。

今出川の妻の手術もチーム全員の力を合わせて無事に成功。

今出川は病院を辞め、後任に深山を推薦した。

深山は部長にはなるけど手術も行うと宣言した。

ドラマ『トップナイフ 天才脳外科医の条件』の登場人物

深山瑶子(天海祐希)

黒岩健吾(椎名桔平)

小机幸子(広瀬アリス)

西郡琢磨(永山絢斗)

今出川孝雄(三浦友和)

※相関図

(C)日本テレビ

ドラマ『トップナイフ 天才脳外科医の条件』の主題歌

JUJU『STAYIN’ALIVE』

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

トップナイフ 天才脳外科医の条件(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『トップナイフ 天才脳外科医の条件』の感想
女性20代
男性50代

天海祐希さん演じる天才脳外科医の話でいつみても天海さんの仕事のできる役どころは元宝塚というだけあってはまり役でした。病院の話なのでどうしても堅い印象になりやすくなりますが、随所にツッコミどころのある部分があり特に広瀬アリスさんがギャグっぽい感じの役なのでそこもはまり役で全体的に話しのバランス・キャストのバランスが優れていた印象のドラマでした。他には椎名桔平さんが演じる基本軽い発言が多い女好きな役ですが、世界的に有名なドクターで腕は抜群で仕事に対してはプライドを持ってやっていて実は過去にはいろいろと苦労しており普段はそれを感じさせない引き立て役です。永山瑛斗演じる一見そんな印象がなかったですが手術大好きで不器用な役ですが、意外と人間味がある役を演じていました。その中でも特に印象に残っていて他のドラマでも存在感を出し続けている三浦友和さん演じる部長が厳しい病院の現場で働くドクターやナースなどを抜群の安心感と優しさで包み込んでいる役柄が非常に好きでした。正直病院ドラマではありきたりな難病の手術を全員で力をあわせて解決していきますが、役者さん個人個人の個性がしっかりと活かしてあるドラマだと思います。あとは毎回違うドラマ主題歌の流れるところでキャストが毎回違うダンスを踊るというのも話題でした。

その他の感想はここから見れます
女性50代
女性50代
深山遥子役を天海祐希さんが演じており、女帝天才脳外科医らしいサバサバした性格で、仕事が出来る役どころがとても似合っていて、カッコ良かったです。又研修医の幸子役で出演している広瀬アリスさんは、そのままのキャラか楽しい役所で、笑わせてもらいました。院長の出川役で出演している三浦友和さんは、院長らしい貫禄と、仕事を深山に任せて信頼しているところが、役にぴったりです。深山に色々なこてを任せて、自分がいなくても脳外科が回るように采配していたのは、自分の妻が、病気の為、仕事を辞める決意があってやっていたことを最後に知り、こんな妻思いの医師も世の中には、いるんだな、という、素直な感想で、この行動に感動しました。また、仕事以外のプライベートで、深山は、離婚していて娘がいた事を知り、深山の切ない思いを感じました。娘は、はじめは、母親に捨てられたと、反発しながらめ、母親のマンションで生活し、やがて、母親の気持ちもわかる関係になり、難しい年頃の子供との関係を修復することが出来き、安心しました。仕事をしながらも、プライベートを悩みながら生きる、医師達を描いたこのドラマとても楽しく見れました。また、自分の子供かもしれないと心配する黒岩の様子と、子供の関係も面白かったです。
女性40代
女性40代
よく「上司にしたい芸能人」の上位にランクしている天海祐希さんが、脳外科医という役で、しかも管理職というポストは、まさにハマり役だなと思いました。これまでに、医療ドラマはたくさんありますが、脳外科というのは珍しく、とても興味深い内容でした。毎回、異なる症状の患者さんがゲスト出演していて、脳の手術を受けて成功しても、やはり人間の身体の多くの部分をつかさどる機能があるため、様々な後遺症が残ってしまうことがあるものだなと思いました。そういう意味では、とても勉強にもなるドラマでした。そして、共演者の椎名桔平さんは、かなりマイペースな感じの医師でしたが、あのちょっとクールなところが良かったです。また、広瀬アリスさんは、研修医をとても自然に演じていて、天海祐希さんのことを本当に上司のように慕っているのだろうなということが伝わってきました。ちょっとおっちょこちょいというところも、微笑ましく見えましたが、自分が患者だったら、担当医になられると、ちょっと不安になるかもしれないと思いました。永山絢斗さんは、周囲と距離をとりたがる役だったせいか、あまり親しみは持てませんでしたが、鬱屈した精神状態をうまく演じていたと思います。
女性30代
女性30代
脳神経外科医として働く人達の話しでしたが主人公の天海祐希さんの演じる深山が脳動脈瘤のスペシャリストでたくさんの患者さんやその家族の人に寄り添いながら診察や手術をしているカッコイイ姿、昔家族を捨てて別れた旦那さんの所にいる娘さんに対して時々見せる母親の優しい姿がドラマを見ていてピッタリだったと思います。
ドラマを見ていて印象に残っているのは第6話です。ドッペルゲンガーが見えるという入院患者さんは脳神経外科医を目指し深山の下で働いていた過去があり、その深山に脳神経外科医になるための認定試験を受けさせてもらえず恨んで殺そうとしていました。ですが実際は働いていた時に担当していた患者の女の子が手術したあとに血栓が飛び亡くなり精神的不安になりその弱さから向いていないと判断されたからでした。その回を見た時深山は周りから冷たい人だと思われていましたが実はきちんと人を見て判断しその人に合う言葉や行動を示してくれる優しい人だったんだと感激しました。
どの回もそうなのですが手術シーンはリアルで脳神経外科医は繊細で技術のいる大変な手術をするんだと感じることができました。
医療系ドラマは見るのは好きですが、ただ手術をするだけでなく医者の周りにありそうな家族の姿もこのドラマでは描かれていたと感じました。
男性40代
男性40代
いまだ未知のことが多い脳。その脳を手術する脳神経外科医の活躍を描いたドラマです。東都総合病院脳神経科に新たに呼ばれた3人の医師。彼らと主人公・深山が協力したり反目したりと状況によって変わっていく人間関係が魅力となりました。3人の医師それぞれにの性格や特徴がバラバラなので振り回される深山の大変さも面白さの一因です。氷の女帝と呼ばれていた深山でしたがドラマを見る限りでは表情豊かでそんな気配はありません。同僚や患者、そして娘に振り回されながらも必死に仕事をこなしていくのが彼女の魅力と言えます。このドラマで特に力を入れたのが患者と医師のやり取りです。脳神経外科という馴染みが薄い診療科を舞台にしていますのでレアケースの症状を持った患者が多く登場しました。患者が病院内で起こす数々の騒動をどう解決していくのかも見所で、それぞれの医師が悩みながらも患者と関わっていく様子が面白さを生み出しました。そして医療ドラマといえば手術シーンです。脳の手術なので際どいシーンを映像化するのは難しいのかなり工夫がありました。詳細な手術シーンは無理ですのでセリフや状況で緊迫感をうまく出していたのが印象深いです。医師の中でも選りすぐりの人材である脳外科医達の凄さと苦悩をうまく組み合わせたのは見事でした。派手な展開も見られましたが設定や伏線をうまく配置し視聴者を惹き付けた作品にだったと感じます。
女性50代
女性50代
天海祐希さんにぴったりの役どころ、きれすぎる女医。その中でも手術で頂点をとるほどの技術を持っているのが「トップナイフ」と呼ばれるドクター。それが天海さんだなんて正に適役でした。あの切れ長の目と、あまり笑顔としてみせない赤い口紅を塗ったくちびる。背が高くてすらっとした容姿にもあっていたけど、天海さんは立ち居振る舞いが綺麗で医者にぴったりなのです。そして冷たく見えがちな女医という役であったりしていてもどこかに優しい気持ちが見え隠れするようなところが天海さんにはありました。特に新人女医の広瀬アリスさんをその名字、「小机~」と強く呼んでいたりしてもバーで会えばちゃんと見てあげたりしていて何もかもを突っぱねるトップナイフではなくて良かったです。ただその広瀬アリスさんの使い方には勿体なさを感じました。広瀬さんも天海さん同様キリっとした役が合っているように思っていたので、ドジな、すぐ酔っぱらってしまうような役で残念でした。でも天海さん率いるような感じでそこの外科がまとまっていくようで最終的には全体にまとまっていた終わり方でとても良いドラマだったと思います。天海さん始め、椎名桔平さんや永山絢斗さんもそれぞれに合った役柄で、いえ、それぞれとても上手かったんだと思います。
女性30代
女性30代
「トップナイフ」は天海祐希さん主演の脳外科医の物語です。天海祐希さん演じる深山瑤子が凛とした佇まいで、信念をもって医師として働く姿は終始、とてもかっこいいです。そして脳外科という奥の深い分野での医療現場のリアル、医師としての葛藤なども見どころのドラマです。脳といっても、機能は一つではなく、身体の様々な機能をつかさどっている場所なので、それゆえの医療技術の難しさにも注目しているドラマです。さらに身体機能だけでなく、記憶、情緒、認知面などの人とのコミュニケーションに影響する部分でもあるので、患者さんの苦悩や医療者の繊細な関わり方の必要性などにもフォーカスしている作品でした。シリアスな場面もありながらも、医師たちが行きつけのバーで飲むシーンなど、ユーモアのある楽しい場面もあり、医師も一人の人間であるということと、働く人たちが自分に戻れる場所の大切さなども伝わるドラマです。広瀬アリスさん演じるちょっと抜けた医師・小机幸子や永山絢斗さん演じる真面目で無愛想な医師・西郡琢磨らが医療現場で仲間や患者さんとのやりとりを通して医師としても一人の人間としても成長していく姿には感動します。JUJUさんの曲で皆で踊るエンディングは軽快でとても楽しく、番組をより魅力的にしています。
女性20代
女性20代
このドラマは脳神経外科の医師たちの話ということで、始まる前は「難しそう」「わかるか不安」という気持ちがありました。しかし、実際に見始めるとしっかりその疾患や症状についての説明がされており、逆に勉強になる作品だったように思います。わたし自身医療系の仕事についていますが、ここまで脳について考えることもなかったので新鮮でした。また聞いたことのないような症状の疾患が出てきたのがよかったです。実際の現場ではここまで患者さん1人に時間を割いてくれる医師はいないように思いますが、そこはドラマなので仕方ないと思いました。このような医師がたくさんいると良いなと思いながら見ていました。また、今回のドラマの中でキャストの皆さんは、実際の手術の現場を見学して医療器具についても勉強したということでした。中途半端な知識ではなくしっかり勉強した上で演じられていたからこそ、手術シーンの緊迫感がリアルで見ているこちらも思わず祈ってしまうようでした。また、ドラマの内容とは少し外れますが、エンディング映像で普段はクールな表情の多いキャストの皆さんが、みんなで笑顔で踊っている姿がギャップがあり現場の楽しさが伝わってきてほっこりしました。
男性40代
男性40代
東都総合病院の脳神経外科医師の深山に脳神経外科部長の今出川が無理やり押し付けて、黒岩医師と西郡医師に加えて頭は良いが実技は失敗続きの小机研修医。
この3人がバラバラで協調性がなく、深山は毎回まとめるのに苦労していた。小机研修医は何度も失敗を繰り返すが、深山はなぜか?見捨てることができない。
口調は荒いが小机研修医の成長を期待してのものだと感じました。小机研修医は恋愛経験が26歳になって初めての恋をした。
その相手が東都総合病院の近くにあるBARカサブランカのオーナー来島が好きになった。
まだ医療の技術もまだまだ覚えることが多い段階で、来島を好きになってしまった。
BARカサブランカには、医師たちが集まる場所なので、小机研修医が来島オーナーのことを好きだということは、ほとんどの医師はわかっていると感じました。
あんな素敵なBARがあれば毎日でも飲みに行きたいと思いました。
来島オーナーの肌がプリプリで、美肌で女性に人気があると思いました。
西郡医師は誰とも群れないで一人で手術を成功させる。
意気込みは素晴らしいですが、協調性がなく同僚を信じることができない。
これは大きな欠点です。プライドが高く他の医師の意見を聞かない。
黒岩医師は確かに能力は高いが、言葉が軽い。今風でいうとチャラい。年相応のどっしりとした姿勢で手術をしてほしかった。
きっと黒岩医師は、手術を重く考えないようにしているから、言葉が軽いように感じたと思います。
女性40代
女性40代
天海祐希が脳外科医というのがこれまでになく、しかし彼女らしさもよく出ていてとてもおもしろいドラマでした。
キャストも豪華で、三浦友和が演じた部長のような事情を抱えた人も少なくないだろうと思えましたし、永山さんが演じた役どころのようにトラウマを抱える医師も少なくないだろうと思います。
それぞれのプライベートも丁寧に描かれていて、医者という人たちに親近感が持てる内容でした。
天海祐希のドラマらしいコミカルさもきっちり入っていたし、エンドロールの天海祐希たちキャストのダンスも毎回楽しみでした。
椎名桔平の演じたような医者もけっこういるらしく、リアリティがあるドラマだったと思います。
終わってしまってものすごく残念だったので、シリーズ化してほしい作品のひとつです。
広瀬アリスの役はどういう風に成長していくのだろう、と興味もありますし、もうちょっと突拍子もない彼女のストーリーが観たかったなぁ、と思います。
今回はおおむね痛々しいシーンが多かったので、残念じゃないお医者さんに成長する姿はぜひ観たいと思います。
また、永山さん演じた役の母が中尾ミエだったのにはびっくり!彼女が元気になって、また登場してくれたらいいのにと期待しましたが、今回はラストまで再登場はなかったので、それだけが残念。後日談がとっても期待されるドラマでした。
ドラマ『トップナイフ 天才脳外科医の条件』のまとめ

ドラマの冒頭でナレーションされていますが、脳はまだ解明がされていない未開の場所で、まだ見ぬ未来があるとされていますので、是非、その一部をこのドラマを通して知ってほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました