時をかける少女 無料動画配信(映画 実写アニメ)フル視聴/2021地上波

邦画

時をかける少女の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『時をかける少女』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『時をかける少女』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

青春を体感!細田守『時をかける少女 4DX』予告
「時をかける少女4DX」予告 【2021年4月2日より公開】
映画『時をかける少女』予告編

SF御三家と称される筒井康隆さんの小説を原作に、細田守監督が再構築した長編アニメーション映画となる『時をかける少女』は、今もなお幅広い世代から愛され続けている人気作品です。

全国で僅か6館の公開から始まった本作品は、多くの視聴者からの好評を得て8カ月を超える異例のロングラン上映となりました。

あの懐かしの実写映画から約20年後の世界を舞台とする青春物語をご紹介していきましょう。

『時をかける少女』を無料で見る

『時をかける少女』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『時をかける少女』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料でお試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

『スタジオ地図』の概要

2011年に、アニメーション制作会社マッドハウスでプロデューサーをしていた齋藤優一郎さんを代表取締役として、細田守監督と共に設立したアニメ制作会社で、今年、創立10周年を迎えた。

スタジオ地図制作作品及び、細田守監督代表作品の紹介

『時をかける少女』(2006年)

2006年、マッドハウス制作。

細田守監督により再構築された、筒井康隆さんの小説が原作の作品。

1997年に実写映画された世界の20年後を舞台とした青春物語。

今年の4月には、スタジオ地図の創立10周年企画として4DX版が劇場公開された。

『サマーウォーズ』(2009年)

2009年、マッドハウス制作。

細田守監督が初めてインターネット上の仮想空間を描いた作品。

これからの世界を予見するようなキャッチコピーが話題となった。

ちなみに、ディザー版とポスター版がある。

「これは新しい戦争だ。」・・・ディザー版

「つながりこそが、ボクらの武器。」・・・ポスター版

『おおかみこどもの雨と雪』(2012年)

2012年、スタジオ地図制作。

スタジオ地図制作として初めての作品。

細田守監督が初めて自ら脚本も手掛けた長編アニメーション作品で、興行収入42.2億円を記録し、大ヒットした。

異種族間の親子愛や疎外感を綴ったこの物語は、様々な世代と状況により捉え方が変わり、まさに人間の本質に迫った作品との声も多く聞かれました。

『バケモノの子』(2015年)

2015年、スタジオ地図制作。

スタジオ地図制作の第2弾作品。

今作品も脚本を細田守監督が手掛け、最終的な観客動員数が400万人を突破し大ヒット作品となりました。

異世界の生き物との家族の絆と友情を描き、今もなお愛され続けている作品です。

豪華キャスト陣と社会的メッセージ性の強さが話題となりました。

『未来のミライ』(2018年)

2018年、スタジオ地図制作。

スタジオ地図制作の第3弾となったこの作品は、海外での評価が高く、第91回アカデミー賞長編アニメ映画賞などにノミネートされた。

細田守監督にとって初めて時空間を題材としたオリジナル脚本となり、その演出からまるで絵本を見ているような作品と言われる事も多く、大人からの好評の声が多かったのも特徴的です。

細田守監督作品を視聴できる配信サービスはTSUTAYA TV/DISCA

細田守監督作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

スタジオジブリ作品

風の谷のナウシカ(1984年)

となりのトトロ(1988年)

魔女の宅急便(1989年)

耳をすませば(1995年)

もののけ姫(1997年)

千と千尋の神隠し(2001年)

猫の恩返し(2002年)

ハウルの動く城(2004年)

ゲド戦記(2006年)

崖の上のポニョ(2008年)

借りぐらしのアリエッティ(2010年)

ジブリ作品を視聴できる配信サービスはTSUTAYA TV/DISCAだけ

ジブリ作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ディズニー』作品

 

 

アナと雪の女王(2013年)

塔の上のラプンツェル(2010年)

トイストーリー1234

ファインディング・ニモ(2012年)

モアナと伝説の海(2016年)

TSUTAYA TV/DISCASでは多数のディズニー作品がお楽しみいただけます。

『ディズニー』作品をお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

時をかける少女の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『時をかける少女』のあらすじ

・7月13日

やりたいこともなく、ただ楽しく高校生活を送っていた高校2年生の紺野真琴。

そんな真琴にとって、今日はとことんついていなかった。

いや、既に前日から悪い兆候は始まっていた。

とっておきのプリンを妹に勝手に食べられた前日。

そして、朝寝坊からほぼ遅刻の朝から始まり、いきなりの抜き打ち小テストでは悪い点数を取り、調理実習では大失敗する始末。

とにかく7月13日は良くない一日だった。

そして、日直の仕事をしていると理科室にノートを提出するのを忘れていて、慌てて向かった真琴は、理科準備室に気配を感じて中に入っていく。

すると、点滅するクルミのようなものを見つけ拾おうとした時、背後に誰かが居て驚いた真琴はそのクルミのようなものの上に背中から転んで頭を打ってしまうのだった。

一瞬、何だかわからない感覚にとらわれた真琴だったが、その後、仲良しの間宮千昭や津田功介に転んだことを馬鹿にされる。

そして、二人と別れておつかい先へ急いでいると自転車のブレーキが効かない。

踏切を目前に焦る真琴だが間に合わず、やっぱり今日は最悪だったと思いながら電車に轢かれた瞬間、不思議なこと起きた。

少し前に時間が戻っていたのだった。

・魔女おばさん

電車に轢かれたはずの自分が、轢かれる前の坂道を下る時に戻った事に驚いた真琴は、あまりにも信じられない体験に不安になりながらも、おつかい先の絵画修復師である叔母の働く博物館へ急ぐ。

叔母さんの顔を見た真琴は、この叔母さんがちょっと不思議だというのを思い出し、さっき起きた事を話してみる。

すると、親戚から魔女おばさんと言われている叔母の和子は、「それはタイムリープね、その年頃にはよくあるわ」と話すのだった。

真琴はそんなの信じられないと聞き返すが、おばさんは珍しいことじゃないよと意にも介さない様子。

帰宅した真琴は、少し考えると河原へ出かけて、助走をつけてタイムリープを試みるのだった。

『時をかける少女』のネタバレ

・やり直せる7月13日

高校2年生の紺野真琴には、ちょっとチャラい転校生の間宮千昭と真面目で秀才の津田功介という二人の仲良しの同級生が居て、野球をするなどいつも一緒だった。

7月13日。

真琴は、今日は朝からツイてない。

寝坊して慌てて登校するといきなり抜き打ちで小テストしかも点数は最悪、更に調理実習では失敗して皆に迷惑をかけ、中庭でふざけ合っていた男子に巻き込まれるなど、嫌な事ばかりが続いていた。

そんな真琴は、放課後になり日直の仕事をしていると、理科室にノートを持っていくのを忘れていて急いで向かう。

すると、何となく黒板に書かれていた「Time waits for no one」に目が留まるも、理科準備室から気配を感じて中に入ると、光が点滅するクルミのようなもの見つける。

それを拾おうと屈んだ時、背後の方で誰かが動きビックリした真琴はひっくり返るように転んでしまう。

何がなんだかわからないが、急いで日直の仕事を終わらせ野球をするのに待ちくたびれていた功介と千昭と合流すると、いつものようにグラウンドでキャッチボールを始めるのだった。

その最中、お母さんからおつかいを頼まれていたのを思い出し、絵画修復師である叔母の働く博物館へと向かうが、踏切前の坂道を下っていると自転車のブレーキが効かず電車に轢かれてしまう。

だが、次の瞬間、時間が逆戻りされ坂道でおばさんとぶつかるのだった。

何が起きたかわからないでいると、真琴を轢いたはずの電車が通り過ぎていく。

そんな真琴は、とりあえず博物館に着くと叔母の芳山和子に自分が生きて存在しているかを確かめて、さっき体験した不思議な事を話してみた。

この和子叔母さんは親戚中から魔女おばさんと云われる変わった人で、真琴の話を聞くと何にもなかったように、「あぁ、それはタイムリープね」と軽く答えるのだった。

真琴がタイムリープなんてと驚くと、「そんなのはその年頃なら誰にでもよくある事よ」とお茶を飲みながら話す。

帰宅しても何だか腑に落ちない真琴は、意を決したように河原へ向かうと助走をつけて飛び出してみる。

すると、何か不思議な空間というか感覚にとらわれ、気づくと妹にプリンを食べられる前の7月12日に戻る事が出来た。

そして、もう一度7月13日をやり直すことにするのだった。

 

・すべてが上手くいく

先に起きることが分かっていた真琴は、寝坊もせず、小テストもバッチリ、調理実習もクラスメートの高瀬にグループを変わってもらい、中庭では投げ飛ばされてきた男子を華麗に躱すのだった。

すべてを順調にクリアしてきた真琴は、功介と千昭と一緒に野球ではなくカラオケに行き、何回も時間を戻して10時間位遊んだ。

それ以降も、自分の都合の良いようにタイムリープを使いまくり完全に浮かれていた真琴は、ある日、和子叔母さんを訪ねて、その浮かれまくった日常の話をする。

すると、叔母さんは「真琴が良い思いをしている分、きっと悪い思いをしている人がいる」と話すのだった。

だが、真琴は叔母さんの話を気にせず、都合の良い日常を謳歌し続けていく。

そんな時、功介が後輩から告白され、その話をしていると千昭が真琴に告白してきた。

突然のことに驚いた真琴は、いつも3人で居る時間が失われると思い、何度もタイムリープを繰り返して、その告白をなかった事にするのだった。

 

・狂いだす関係

あの告白の一件から戸惑い続ける真琴は、千昭との距離を意識的に置き始める。

そんなある日、調理実習で真琴に代わり失敗した高瀬がクラスメートからその事が原因でいじめに遭っていた。

その時は千昭が仲裁に入って収まるが、高瀬は真琴のせいだと文句を言って立ち去っていく。

すると、後日そのいじめに耐えかねた高瀬は、とうとう消火器を噴射して暴れまわり、その様子に止めなよと割って入った真琴は消火器を投げつけられると千昭に助けられるが、親友の友梨が怪我をしてしまう。

ずっと千昭の事が好きだった友梨は、この一件をきっかけに距離を縮めて千昭と付き合い始めるのだった。

その事を知った真琴は、複雑な気持ちになって動揺するといつもより夕食を食べ過ぎ、お風呂では湯船に頭まで浸かるなど変な行動を取ってしまい、その時に左腕に数字が刻まれていることに気づく。

その数字が何なのかわからないまま日々を過ごしていると、自然と功介との時間が増えていき、その事を叔母さんに相談すると付き合ってみればいいじゃないと言われてしまう。

それを聞いて真琴が人の気持ちを弄ぶようなことはしたくないと答えると、叔母さんから「今まで散々タイムリープして好き放題してきたでしょ」と指摘されるのだった。

 

・タイムリープと千昭

叔母さんの言葉が胸に刺さったままの真琴は、ある日学校で功介に想いを寄せる後輩の果穂の友人たちに言い寄られ、その果穂の告白を断った功介の理由が、自分のタームリープが関与していたことを知る。

そして、何度かタイムリープを繰り返し、果穂と功介が話し合うきっかけ作りに成功するが、腕に刻まれていた数字に変化があり、これがタイムリープの出来る回数だと気づく。

真琴に残されたタームリープの回数は、あと1回だった。

その後、功介が果穂と付き合い始めることをメールで知った真琴。

そのメールには自転車を借りるとも書いてあり、ブレーキが壊れている事を思い出し、慌てて二人を追いかけていくのだった。

しかし、踏切についてみると特に騒ぎもなく穏やかだったので、近くの人に自転車事故が起きていないか確認すると、何もなかったので安心して真琴は引き返す。

すると、千昭から電話が来て何気ない会話をしていると、千昭から「おまえタイムリープしてないか」と聞かれ動揺してしまう。

真琴はタイムリープについて知られてはいけないと考え、最後の1回を使いこの質問をなかった事にするのだった。

その時、真琴の横を自転車で二人乗りした功介と果穂が通り過ぎていき、商店街のモニュメントが動き出すのを見た真琴は、慌てて二人を止めようと必死で追いかける。

しかし、懸命に追いかけるが間に合わず、躓いて転がり落ち怪我をした真琴の叫び声も虚しく、功介と果穂は電車に轢かれてしまう。

泣きながら俯く真琴が顔をあげると周囲の時間が止まっており、自身も怪我をしておらず、少し前の何もなかった時のように踏切のそばに立っていた。

すると、あのブレーキの壊れた自転車を押しながら「やっぱりオマエだったか」と千昭が近づいてくるのだった。

千昭は、自分が未来人であることを話しはじめ、その世界ではある装置を使って自由にタイムリープする事が出来るとあのクルミのようなものを見せ、その装置を落としてやっと見つけた時には、既に使用済みだったと握り壊して見せるのだった。

真琴がタイムリープ出来るようになったのはこの装置が原因らしく、千昭はある目的の為にこの時代にやって来たが、真琴や功介と過ごす時間が楽しくて長く滞在してしまったと話す。

そんな千昭の目的は叔母さんが修復した絵画を見ることで、この時代のこの時期にしか存在していないとの事だった。

そして、もう元の世界に戻る事が出来なくなったと話すと、自分は姿を消すと告げる。

その話を聞いた真琴が絵の修復もすぐ終わることを教え、今まで通り一緒に過ごそうと引き留めるが、千昭は「未来人は過去の人にタイムリープの事を話してはならないというルールを犯した」と告げ、動き出した時間と共に姿を消してしまうのだった。

 

・結末

翌日、学校では千昭の自主退学について悪い噂ばかりが飛び交っていた。

功介は自分にはともかく真琴に何も告げずに去るなんてと話し、その話の中で千昭が真琴の事を好きだったと云う言葉を耳にすると、真琴は自分が最低な事をしたと後悔するのだった。

放課後、叔母さんの元を訪れ、すべての事情を打ち明けた真琴。

落ち込む真琴の姿を目にした叔母の和子は、自分が高校時代に好きだった人の事を話しだすと「真琴は待ち合わせに遅れた人を迎えに行くような人でしょ」と励ます。

帰宅しても考え続け落ち込んでいた真琴だったが、ふと左腕の数字が戻っていることに気づく。

すると、千昭が使ったタイムリープの狭間にいたことが原因だと考えた真琴は、千昭が最後のタイムリープを使用する前に戻ろうと、再びジャンプするのだった。

7月13日の理科準備室に戻った真琴は、そこにいた友梨に千昭のことを好きだという自分の正直な気持ちを打ち明け、功介に果穂たちを野球に誘うように話すと、自転車を使ったら5000円の罰金だとクギを刺して千昭の元へ急ぐ。

いつものグラウンドで千昭を見つけた真琴は、彼の手首の数字を確認すると、あの装置を見せながらすべてを話すのだった。

驚いている千昭に、真琴はこの絵画が必ず千昭の時代でも見られるようにすると約束する。

そして、自分の時代へ帰る千昭が「未来で待っている」と告げると、涙を見せながら真琴は笑顔で「すぐ行く、走っていく」と答え、離れていく千昭を見送るのだった。

翌日、突然留学を決めて学校を去っていった千昭のことを愚痴る功介に「きっとやりたいことが見つかったんだよ」と話した真琴は、自分もやりたいことを見つけたけど秘密と告げるのだった。

『時をかける少女』の登場人物

・紺野真琴・・・仲里依紗

・間宮千昭・・・石田卓也

・津田功介・・・板倉光隆

・芳山和子・・・原沙知絵

・藤谷果穂・・・谷村美月

・早川友梨・・・垣内彩未

・紺野美雪・・・関戸優希

・上杉盛子・・・横張しおり

・野分析美・・・松岡そのか

・高瀬宋次郎・・・松田洋治

・真琴の父・・・桂歌若

・真琴の母・・・安藤みどり

『時をかける少女』の主題歌

・主題歌

『ガーネット』 奥華子

奥 華子/ガーネット(弾き語り)

・挿入歌

『変わらないもの』 奥華子

奥華子-変わらないもの (Live '08) (Oku Hanako – Kawaranai Mono)

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『時をかける少女』の感想

・昔の実写版を知っている世代ですが、このアニメの方が青春というものを大切にしているように感じました。

・主人公の喜怒哀楽が、現代の高校生といった感じがして清々しかった。

・相手の想いを受け止める事の大切さを教えてくれた。

・映像が綺麗で内容も謎めいた感じが味わい深く表現されていて良かった。

・大林宣彦監督の実写映画をリアルタイムで観ていた方が、どのように感じているのかとても気になる。

・主人公の声がイメージとかけ離れていて、キャラクターもタイムリープを馬鹿みたく私用していたのが気に入らなかった。原作を壊された感じがして不愉快になった。

・青春という儚いものが、淡く彩られていて切なく感じた。

・主人公の明るさと元気さが好印象だった。

・等身大の高校生という感じで、感情移入できるほど魅力的な主人公だった。

・何かを修正すれば、何かが変化するといった、この世のバランスに気づかされた作品。

・ご都合主義で生きていってはいけないと思った。

・時間をひとつひとつ大切に使っていこうと、考え直しました。

・テンポ良く進む前半とじっくり展開していく後半で、メリハリのある作品で好感が持てた。

・タイムリープという作品って、不思議とワクワクしてしまう…何故だろう。

 

『時をかける少女』のまとめ

筒井康隆さんの小説で初のアニメーション作品となった本作品『時をかける少女』は、原作と実写映画のファンからも好評を得られています。

それは、どの世代や時代でも楽しめるように、制作側が意識して表現を工夫しているからでしょう。

そして、各キャラクターの感情の移ろいがわかりやすく、また良い意味で玄人っぽさのない声が親しみ易さを感じさせてくれているように思えます。

細田守監督の代表作品のひとつとなる本作品は、彼の所属する制作会社『スタジオ地図』の創立10周年の記念企画として今年4DX版も公開されました。

これからも時代に合わせて愛され続けていく物語をお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました