サマーウォーズ 無料動画配信(映画)フル視聴/2021金曜ロードショー

邦画

サマーウォーズを全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『サマーウォーズ』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『バケモノの子』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

「サマーウォーズ」 劇場用予告

本作品『サマーウォーズ』は、細田守監督が初めて手掛けた長編オリジナルアニメーション作品です。

電脳世界における仮想空間を舞台とした設定が大きな話題となり、更に、Twitter公式アカウントと連動したアプリが公開されるなど注目を集めました。

また、本作中に取り上げられる問題は、とても12年前に発表されたストーリーとは思えないほど現在ではとてもリアルに感じてしまいます。

それでは、キャッチコピーにもある新しい戦争を描く物語を振り返っていきましょう。

『サマーウォーズ』を無料で見る

『サマーウォーズ』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『サマーウォーズ』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料でお試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

『スタジオ地図』の概要

2011年に、アニメーション制作会社マッドハウスでプロデューサーをしていた齋藤優一郎さんを代表取締役として、細田守監督と共に設立したアニメ制作会社で、今年、創立10周年を迎えた。

スタジオ地図制作作品及び、細田守監督代表作品の紹介

『時をかける少女』(2006年)

2006年、マッドハウス制作。

細田守監督により再構築された、筒井康隆さんの小説が原作の作品。

1997年に実写映画された世界の20年後を舞台とした青春物語。

今年の4月には、スタジオ地図の創立10周年企画として4DX版が劇場公開された。

『サマーウォーズ』(2009年)

2009年、マッドハウス制作。

細田守監督が初めてインターネット上の仮想空間を描いた作品。

これからの世界を予見するようなキャッチコピーが話題となった。

ちなみに、ディザー版とポスター版がある。

「これは新しい戦争だ。」・・・ディザー版

「つながりこそが、ボクらの武器。」・・・ポスター版

『おおかみこどもの雨と雪』(2012年)

2012年、スタジオ地図制作。

スタジオ地図制作として初めての作品。

細田守監督が初めて自ら脚本も手掛けた長編アニメーション作品で、興行収入42.2億円を記録し、大ヒットした。

異種族間の親子愛や疎外感を綴ったこの物語は、様々な世代と状況により捉え方が変わり、まさに人間の本質に迫った作品との声も多く聞かれました。

『バケモノの子』(2015年)

2015年、スタジオ地図制作。

スタジオ地図制作の第2弾作品。

今作品も脚本を細田守監督が手掛け、最終的な観客動員数が400万人を突破し大ヒット作品となりました。

異世界の生き物との家族の絆と友情を描き、今もなお愛され続けている作品です。

豪華キャスト陣と社会的メッセージ性の強さが話題となりました。

『未来のミライ』(2018年)

2018年、スタジオ地図制作。

スタジオ地図制作の第3弾となったこの作品は、海外での評価が高く、第91回アカデミー賞長編アニメ映画賞などにノミネートされた。

細田守監督にとって初めて時空間を題材としたオリジナル脚本となり、その演出からまるで絵本を見ているような作品と言われる事も多く、大人からの好評の声が多かったのも特徴的です。

細田守監督作品を視聴できる配信サービスはTSUTAYA TV/DISCA

細田守監督作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

スタジオジブリ作品

風の谷のナウシカ(1984年)

となりのトトロ(1988年)

魔女の宅急便(1989年)

耳をすませば(1995年)

もののけ姫(1997年)

千と千尋の神隠し(2001年)

猫の恩返し(2002年)

ハウルの動く城(2004年)

ゲド戦記(2006年)

崖の上のポニョ(2008年)

借りぐらしのアリエッティ(2010年)

ジブリ作品を視聴できる配信サービスはTSUTAYA TV/DISCAだけ

ジブリ作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ディズニー』作品

 

 

アナと雪の女王(2013年)

塔の上のラプンツェル(2010年)

トイストーリー1234

ファインディング・ニモ(2012年)

モアナと伝説の海(2016年)

TSUTAYA TV/DISCASでは多数のディズニー作品がお楽しみいただけます。

『ディズニー』作品をお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

サマーウォーズの作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『サマーウォーズ』のあらすじ

・仮想空間OZ(オズ)

世界中の人々が利用しているインターネット上の仮想空間OZは、ユーザー登録者が10億人を超えており、現実社会にも大きな影響を与えていた。

当然、この世界の中では公共料金の支払いをはじめ、様々な行政機関ともリンクしており、ユーザーは自身のアバターを使って、現実世界と同じように暮らす事も可能であった。

また、あらゆる世界の言語が一瞬で翻訳されるため、世界中の誰とでも繋がることが出来、むしろ現実世界よりも遥かに広い世界で交流を深めることが可能だった。

 

・アルバイト

東京都内にある久遠寺高校に通う高校2年生の小磯健二は、同級生の佐久間敬とOZの保守管理のアルバイト中に憧れの先輩である篠原夏希から、アルバイトしないと声をかけられる。

何のアルバイトかと問いかけると、一緒に実家に行くだけと言われ、健二は引き受けてしまう。

しかし、これがただのバイトではなかった。

夏希に連れていかれたのは、長野県の上田でそこはとても大きなお屋敷だった。

その大きさに驚いていると、大広間のテーブルにはずらりと20名以上の親族が集まっており、その大家族の前で夏希の婚約者として紹介され、健二は更に驚き言葉を失ってしまう。

そんな健二が夏希に視線を向けるとゴメンという仕草を見せており、何となく事態を察知すると、とりあえず婚約者に成り済ますしかないと腹を括るのだった。

 

・容疑者

その後、夏希から事情を聞き理解した健二だが、本当は健二自身がずっと夏希に好意を持っていた。

でも、気持ちを伝えたことはなく、夏希も気づいてはいなかったのだ。

その夜、健二の携帯に謎のメールが送られてきた。

一見するとただの数字の羅列だが、数学が得意な彼には何らかの暗号問題に見えて、その問題を解き返信するのだった。

すると、翌日OZが謎の人工知能「ラブマシーン」に乗っ取られたと報道されており、しかも健二がその犯人とされていた。

まるっきり身に覚えのない健二は否定するが、周囲の疑いを完全に晴らすことが出来ない。

そんな時、あの謎のメールの解答がOZの管理権限を奪取できる暗号だったとわかり、更にそのメールの送り主こそがラブマシーンだということも判明する。

そして、健二はOZの混乱の犯人という濡れ衣を晴らす事と、その混乱を収束させる為に、皆と力を合わせてラブマシーンとの戦いに臨むのだった。

『サマーウォーズ』のネタバレ

・仮初め(かりそめ)の婚約者

ここは長野県の上田。

目の前には見たこともないような立派なお屋敷があった。

憧れの夏希さんの誘いにのってアルバイトに来た健二は、何かの歴史番組で見たような大きなお屋敷にただ驚いていた。

数日前、夏休みなのに学校でOZの保守管理のアルバイトを同級生の佐久間としていると、夏希さんからアルバイトしないと声をかけられ、内容を聞くと本家の曽祖母の90歳の誕生祝いに一緒に来てほしいとの事だった。

しかも、募集定員は1名で4日間のお泊り付き。

元々、夏希の事が好きだった健二はすぐに引き受け、実際にやって来たら想像もしていなかった大屋敷に度肝を抜かれてしまったのだ。

よくよく話を聞けば戦国時代から続く由緒ある家系で、この陣内家の16代目当主が曽祖母との事だった。

緊張しながら中へ入っていくと案内された場所には、20人以上もの人が集まっていて、それが全部親戚だというではないか。

とんでもない大所帯に健二がまた驚いていると、その家族の人たちはとても温かく迎えてくれ、ホッとひと息ついて安心できるかと思った瞬間、耳を疑う話が飛び込んできた。

「夏希とはいつ結婚するの?」、「この先はどうするの?」など。

何のことだかわからず戸惑っていると、主役である曽祖母の栄さんの口から「この人が夏希の婚約者…」と言葉が発せられた。

その横で夏希がゴメンと云う感じで合図をしているので、ようやく健二はすべてを理解した。

彼は、夏希の仮初めの婚約者としてアルバイトに来たということだったのだ。

そんな陣内家の人たちの温かさを感じながらも圧倒されていると、一人の男性がやって来て空気が一変してしまう。

彼は侘助さんといって先代の隠し子と噂されており、あれだけ温かく親しみやすい人たちが距離を置き始め、そんな中、夏希だけがはしゃぐように話しかけているのだった。

そうして夜を迎えると、午前0時25分に健二の携帯に謎のメールが届いた。

一見するとただの数字の羅列だったが、健二にとっては暗号解読の問題にしか見えなかった。

健二は、数学が得意で数学オリンピックの日本代表を目指したほどの実力の持ち主だった。

そういう人間は、意図せず反射的に問題に入り込み解答してしまうもので、健二も例外なくその暗号を解読し解答を返信してしまう。

後に、この事が大問題になると云うことを、健二はまだ知る由もなかった。

 

・OZの混乱と疑い

現在、この世界ではインターネット上の巨大仮想空間OZの中であらゆることが可能で、ユーザー登録数は全世界で10億人を超えており、健康管理から買い物、公共料金の支払や行政機関への手続きなど、生活に直結するほぼすべての事がOZに委ねられていた。

そんな時、大きなニュースが全世界を騒然とさせた。

健二があの謎のメールを解読した翌朝、世界一のセキュリティーを誇るOZが乗っ取られ、交通機関や偽の情報が飛び交うなど、世界が大混乱に陥っていると報道されていたのだ。

しかも、そのセキュリティーを解いた犯人として映し出された写真は、目に線が引かれているものの紛れもなく健二自身だった。

身に覚えのないことで手配されてしまった健二だが、思い当たるのはあのメールで、解答した暗号はどうやら2000桁以上にもなるOZのセキュリティーコードだったようだ。

そこで健二は、佳主馬からパソコンを借り仮アバターで調べていくと、あのメールの送り主が今回OZを乗っ取った人工知能のラブマシーンで、健二の解答は最後の一文字がタイプミスで誤答となっていたことも判明する。

しかし、そのメールが複数名に送られており、他にも解答者がいた為、最終的にセキュリティーが解除されてしまったのだ。

 

・ラブマシーンと侘助

そんなラブマシーンは、乗っ取ったアカウントを使って小惑星探査機を核施設に落とそうとしていた。

健二は自分がすべての原因ではないと訴え、佳主馬と共にその計画を阻もうと動き出し、その話を聞いた曽祖母も幅広い人脈を使い、現実世界の混乱の収拾にむけて働きかけるのだった。

その甲斐あって事態は収束しはじめたが、その時、侘助は自分がラブマシーンの開発者のひとりである事を打ち明ける。

それに激怒した曽祖母は腹を切れなどと侘助を責め立てるが、自らが開発に携わっていただけにその人工知能について熟知しているので、この件はラブマシーン自身が勝手に引き起こした事だと告げると立ち去っていった。

それでも、収束するように見えて皆が安心しはじめるが、ラブマシーンの暴走は止まらず、更に、曽祖母も倒れてしまうのだった。

 

・曽祖母の死

結局、そのまま亡くなってしまった曽祖母は、普段の健康管理をOZに委ねており、ネットワークが正常に稼働していなかった為、心臓発作が起きてしまったのだ。

曽祖母の急逝に悲しみ落胆する陣内家の人たち。

そんな状況でも、ラブマシーンと立ち向かおうと諦めない健二。

その姿を見て陣内家の一族も、何とか対抗しようと準備に取り掛かるのだった。

女性陣が葬儀の準備を進める一方で、男性陣は曽祖母の敵討ちや被害拡大の防止のために出来る限りの手段を用いて対抗措置を講じる。

そして、何とかその作戦が功を奏してラブマシーンを封じ込めることに成功するが、スーパーコンピューターの冷却に使用していた氷を誤って使われると、スパコンが熱暴走を起したスキに逃げ出されてしまう。

一度は収束するように見えたこの騒動だが、脱出したラブマシーンは乗っ取った4億を超えるアカウントを使い、小惑星探査機の核施設への落下を再び開始させる。

こうしてラブマシーンの計画が順調に進んでいくなか、曽祖母の遺言を知った陣内家一族は、再び結束して立ち上がると、ラブマシーン討伐の為に得意の花札で大勝負を仕掛けるのだった。

 

・花札勝負

曽祖母に花札の「こいこい」を仕込まれてきた夏希を筆頭に、ラブマシーンとの勝負に挑む陣内家と健二。

この世界を背負ったプレッシャーと闘いながら、一度はラブマシーンのチートにより窮地に追い込まれるが、次第に形成を覆していく。

そして、全世界の人々の好意により得られたアカウントを使って、ラブマシーンが乗っ取っていたアカウントの解放に成功し、この勝負を制するのだった。

 

・結末

しかし、ラブマシーンの抑止からは解放されたが、小惑星探査機の核施設への落下はまだ防げていない。

そこで、健二たちは落下地点をこの陣内家の敷地内に変更しようと画策し、健二は暗号解除の為の計算を急ぐ。

一方、侘助はラブマシーンへのクラッキングを試み、佳主馬は奪い返した自身のアバターであるキングカズマによる攻撃でGPSの軌道を変えようと準備していた。

健二は暗号解読に何度も失敗するも、諦めず計算し続けセキュリティー解除に成功し管理塔へ侵入すると、軌道変更を指示し、侘助と佳主馬の力で軌道修正を果たす。

すると、小惑星探査機は思惑通り陣内家の敷地内に落下し、住居の半壊は免れなかったが一族全員の命は無事だった。

こうしてOZは正常に稼働し、平穏な世界が戻って来た。

ちなみに、陣内家の落下地点からは温泉が噴出しており、この先の安泰を予感させていた。

そんな中、本来ならば今日は亡くなった曽祖母の90歳の誕生祝いの日ということで、陣内家一族揃ってお祝いしようとなり、今回の騒動解決の功労者でもある健二もその輪の中に加わっていく。

そして、本当の意味で急接近しはじめた健二と夏希を、家族皆が温かく見守るのだった。

『サマーウォーズ』の登場人物

・小磯健二・・・神木隆之介

・篠原夏希・・・桜庭ななみ

・佐久間敬・・・横川貴大

・池沢佳主馬・・・谷村美月

・陣内栄・・・富司純子

・陣内侘助・・・斎藤歩

・篠原雪子・・・谷川清美

・篠原和雄・・・佐々木睦

・陣内万理子・・・信澤三惠子

・陣内理香・・・玉川紗己子

・陣内理一・・・桐本琢也

『バケモノの子』の主題歌

『僕らの夏の夢』 山下達郎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『サマーウォーズ』の感想

・夏が近くなると、必ず観たくなる。

・暑苦しい夏を爽快な気分にさせてくれる。

・面白い作品は、何度観ても面白い。

・公開当時はただ面白いだけだったけど、今観ると何気ない日常のシーンで泣きそうになってしまう。

・結末もストーリーも知っているのに、それでも鳥肌が立つ。

・アンタなら出来る。このセリフは今でも自分にとって励ましの言葉。

・SNSをOZ(オズ)という仮想空間で表現しているところが、とても面白い。

・花札で決まるって、笑っちゃうほどぶっ飛んだ設定。

・家族の温かさを描いていて、とても素敵な作品だと思う。

・初めて見たけど、思っていた以上にバカらしくて、すっごく面白かった。最高!

・あまりにも大袈裟で、ご都合主義かなと思った。

・これから色々なものが発達していったらどうなるのかと考えさせられる社会的な作品だと感じた。

・どうしても設定に違和感を抱いてしまうが、必死に頑張っている姿はグッときた。

・仮想世界におけるアカウントの乗っ取りって、今なら現実的にあり得る事だ…。それを10年以上前に考えているなんてスゴイとしか言いようがない。

・まさに、二つのキャッチコピーの通り、未来の世界ではこれが新しい戦争の形で、繋がりこそが武器となるのだなと思わせてくれた壮大な物語だった。

『サマーウォーズ』のまとめ

本作品『サマーウォーズ』は夏になると観たくなる作品として、公開から12年経った現在でも愛され続けています。

割と好き嫌い両方の意見が見られる細田守監督作品の中では、高評価の方が多い作品のひとつと云えるでしょう。

また、何年経っても面白い、もしくは繰り返し観ても面白いなど、リピーターが多いというのも大きな特徴だと思われます。

突拍子もない発想が織りなす物語は壮大で、最後には心温かい余韻が残ります。

夏休みを前に、親子そろってこの世界観を味わってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました