すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコの無料動画(アニメ映画)配信をフル視聴

すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ 邦画

すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコの見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』劇場予告(60秒)11月8日全国ロードショー!

2019年11月に公開されたアニメーション映画。

2019年に開催された日本キャラクター大賞で見事グランプリに選ばれたサンエックスの人気キャラクター『すみっコぐらし』が絵本の中で大冒険を繰り広げる作品となっている。

『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』を無料で見る

『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコの作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』のあらすじとネタバレ

・すみっコたち登場

すみっコを好む、しろくま・ぺんぎん・とんかつ・ねこ・とかげ・ふろしく・ざっそう・えびふらいのしっぽ・タピオカ・にせつむり達は、お気に入りの喫茶店の地下室で一冊の絵本を見つける。

「世界のお話」と書かれたその古い絵本を覗いてみると、突然しかけが動き出し気づくと絵本の中にすいこまれてしまった。

そして、気づくとそれぞれが不思議な格好していたのだ。

しろくまはおばあさんの格好をしていて、とんかつはおじいさんの格好をしていた。

すると、しろくまととんかつの前に桃が流れてきたので2人がその桃を割ってみると中から桃太郎になったねこがでてきたのだ。

なんとそこは、絵本の中にある桃太郎のお話の世界だった。

・ひよこ登場

そのまま、桃太郎のお話通りに犬・猿・キジが現れると一緒に一匹のひよこが現れる。

そして、ひよこに名前を聞いてもひよこは、自分のことがまったく分からなかったのだった。

そんなひよこの為に、すみっコ達はひよこの居場所を探すことにした。

皆で探している時、タピオカがぶら下がっている紐を見つけ引っ張ってみると突然、床が抜けすみっコたちは真っ逆さまに落ちていくのだった。

そして、マッチ売りの少女になっしろくま、一方別の場所では、とかげが人魚姫にとすみっコ達はそれぞれが違う場所で絵本の世界の人物になってしまっていた。

それぞれが、自分のいる絵本の世界でひよこの居場所を探し始める。

そんな中、桃太郎の世界で赤鬼に追いかけられていたねこは、逃げるためにあなを掘って隠れていた。

そして、その穴が全ての物語の世界をつなげてくれたことで、すみっコ達は人魚姫のお話の世界で再会することができるのだった。

しかし、ひよこの居場所をみつけられないすみっコ達は、困り果てる。

そこで今度は、誰かがそこにあったボタンを押してしまう。

するとすみっコの前に現れたのは、白鳥たちが休んでいる湖の世界だった。

・ひよこの正体

その世界を目にしたひよこは目の色を変えて、自分は「みにくいアヒル子」のひよこなのではないかと一瞬期待するが、それも違った。

そして自分が「みにくアヒルの子」のひよこではないとわかったひよこは、ショックで湖の中に沈んでいってしまう。

そこでひよこが見たのは、目の前に広がる真っ白な世界だった。

そしてその世界を見た瞬間、自分が白紙のページに書かれた存在なのだと思い出すのでした。

白紙のページに一人でいたひよこは、一人でいることへの寂しさを感じページを飛び出して彷徨っていたのだ。

すみっコ達が、落ち込んだひよこを励ましていると、突然空に外の世界と繋がっている大きな穴があく。

その穴を通って元の世界に戻ろうとしたすみっコたちは、ひよこに「一緒に行こう」と誘うがひよは一歩も動こうとしない。

ひよこは、絵本の世界にすむ自分が外の世界に出られないことを知っていたのだった。

そして元の世界に戻ったすみっコたちは、もう一度絵本をめくり白紙のページに描かれていたひよこを見つける。

すみっコ達は、そんな寂しそうなひよこのまわりに友達を、ページいっぱいに書いてあげるのだった。

『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』のナレーション

井ノ原快彦(V6)

本上まなみ

『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』の主題歌

原田知世『冬のこもりうた』

『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』主題歌PV(60秒)11月8日全国ロードショー!

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコの感想・まとめ

『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』の感想
女性20代
女性20代

未就学児の娘と鑑賞しました。

軽い気持ちで見たのですか結論から言うと、非常に良い内容の映画でした。
序盤はすみっコぐらし達のほんわかした雰囲気に癒されます。

井ノ原さんと本上さんの落ち着いた優しいトーンのナレーションも、作品にとてもマッチしていて良かったです。
中盤以降は誰もが知るおとぎ話をいくつかなぞりながら、ストーリーが展開していきます。

よく知ったお話であることと、場面展開がちょこちょこあることで、小さな子供でも飽きずに鑑賞できていました。
クライマックスでは、すみっコぐらしとひみつのコの行動に娘が涙を流して感動していました。そのくらい小さな子でも分かりやすく、かつ感動するストーリーであるのだと思います。

映画を見てしばらく経ちますが、今もすみっコぐらしを見ると、この映画を見た感動が心に残っているようです。
大人子供に限らず、誰が見ても楽しめて心に残る映画でした。

その他の感想はここから見れます
女性30代
女性30代

おなじみの、しろくまやねこといったキャラクターたちが勢揃い!
ひょんなことから色々な絵本の世界に入ってしまうのですが、その中で出会うお友達とのお話です。
はじめはほのぼのとした雰囲気でストーリーが進んでいくので、のんびりとした気持ちで鑑賞していました。
ストーリーの中盤から、お友達の正体が少しずつ明らかになっていき、このあたりから映画に釘付けになってしまいました。
お友達の正体がわかり、ストーリーが終わりに近づくと共に、ボロボロと涙が…。
子ども向けの映画だけれども、大人の方が感動するという噂を聞き、気になって観てみましたが…まさにその通りです!
お子さんがいらっしゃる方はもちろん、いらっしゃらない方にもおすすめの映画です。

女性20代
女性20代

キャラクターたちが絵本の世界に入り込んで、その世界の住人と仲良くなるお話です。

とても温かくて優しい世界観に癒されます。登場キャラクター全員、デザインも動きも可愛くて、ほのぼのしながら最後まで楽しめました。

喋らなくてもそれぞれの想いや目的が分かるのが素晴らしいと思いました。

井ノ原さんのナレーションも、この作品の雰囲気に合っていて優しい口調で良かったです。

所々に泣ける部分もあって、満足度が高い映画でした。1時間という長さも丁度良く、無駄が無くどのシーンも見ごたえ抜群でした。

すみっコぐらし自体が子ども向けのアニメではありますが、大人が見ても幸せな気持ちになれました。多くの人に見てもらいたい映画です。

女性40代
女性40代

みんなが良く知っているおとぎ話の世界に、すみっコのキャラ達が入り込むという大胆な設定です。

その上、それぞれの話の結末を予想の斜め上を行くアレンジにしてしまうところが斬新で面白いです。
特に赤ずきんの件は、まさかのオオカミに食べられないという衝撃の展開になっています。

ここには、食べ残されてしまったという、エビフライのしっぽととんかつの自虐キャラ設定が反映されているのですが、可愛いながらもブラックジョークを盛り込んでいるところが意外と深いです。
そして、冒頭ではそれぞれのキャラ設定をちゃんと紹介してくれるので、すみっコをよく知らない人でも安心して楽しめます。
全編にわたってナレーションのみで、キャラは一切喋らないのも特徴的ですが、動きだけでここまで物語を上手く表現できるところが素晴らしいと思います。

女性20代
女性20代

SNS上で子供向けだと思っていたら大人がみてもすごく泣けるということを書いている人を見つけてから見始めました。

とにかくすみっこたちは一切話さないしナレーションしか声がないところはすごくみていて心地よかったです。

途中でここで泣くんだろうなはいはいそんな泣けませんでしたとか思っていたのですが、気づいたらぼろぼろ涙が流れ始めてまんまとはまってしまいました。

すごくみんな心が綺麗というか優しいのが伝わってきて、大人が忘れかけている心を取り戻してくれるような気がしました。

あのアニメをみてみんなが心を打たれていじめとかなくなる世界が来たらいいなととても思いましたし、大人になるってすごく嫌なことだなと改めて思いました。

女性30代
女性30代

すみっコぐらしの面々は好きなキャラクターなので、映画も楽しみにしていました。

今回、みんなが絵本の世界に行くとのことで見てみると、みんなそれぞれ絵本キャラになっててすごくかわいかったです。

それにこころなしか、それぞれのキャラに合ってる絵本キャラになってた気がします。

お話は思った以上に泣ける話でした。

絵本の世界で迷子になってたひよこの居場所を探すというものなんだけど、このひよこが健気で、すごくかわいかったです。

でも、勝手に絵本の世界からも出ていけなくて、結局ひとりぼっちなのかなと思いきやの展開に涙が止まりませんでした。

すみっコのみんなは、いつもすみっこにいて、それぞれ、俺らの存在ってて思ってるコたちたがら、他のコの悲しみにも敏感なんだなと思いました。

女性40代
女性40代

感動できる映画と聞いてこどもと見ました。すみっこぐらしのキャラクターは言葉をしゃべらずナレーターの井ノ原快彦の声だけで物語がすすんでいくのですが、はじめはナレーションだけで1時間以上もストーリーがなりたつのかなと思っていましたが、ナレーターの声がストーリーとあっていてほのぼのしていてよかったです。

ストーリーはすごくシンプルでこどもにもわかりやすいと思います。

この映画の一番の魅力はやっぱりキャラクターだと思います。

キャラクターそれぞれが少し悩みを持っていて共感を持つことができ、でも仲間を思う優しい心があったりちょっとうっかりしていてかわいいところなど見ていてほっこり癒され見た後にちょっと優しい気持ちになる映画でした。

女性30代
女性30代

すみっコぐらし大好きな娘のため映画を見ました。
喫茶店のすみっこにすわるすみっこたちがとても可愛く、絵本の世界もとても可愛らしかったです。
絵本の中に吸い込まれてしまう時もハラハラドキドキしましたが、そこで出会うひよこちゃんのためにすみっこたちはお友達になろうとみんなで遊びます。どのすみっこたちもとても可愛くとても優しいこたちでした。最高にひよこちゃんも連れて元の世界に戻ろうとしますが、ひよこちゃんは絵本の世界のひよこのため一緒に帰ることができません。見ている娘も私も涙が止まらなく見終わる頃にはホッコリした気分になりました。
すみっコぐらしが好きな方はぜひ見て欲しいと思います。すみっこの歌もすみっこたちの動きも癒されます。
すみっこ一人一人の絵本のストーリーもとても可愛かったです。
すみっこぐらし2も映画が決まったようなので、ぜひ見に行きたいと思います。

女性30代
女性30代

冒頭ですみっコぐらしのキャラクター紹介を丁寧にしているので、まったくすみっコぐらしのことを知らない人が見てもまったく問題なくすんなり物語に入れるようになっています。

ストーリーは、すみっこたちがいつも集まっている喫茶店の地下から、絵本の世界に迷い込むというパラレルワールドストーリーで、出てくる絵本は、どれも日本人なら誰でも知っているようなおとぎ話と昔話なので親しみを持ってみることができます。

ストーリーは、絵本の話を取り混ぜながらいったり来たりしたりしてゆっくり進みますが、最後は思いもよらない少し悲しい展開になるので、涙を誘われてしまいます。
登場するキャラクターたちは一切セリフがなく、井ノ原快彦さんのナレーターがとても心地よいです。

女性30代
女性30代

娘と一緒に自宅で楽しみました。
すみっコぐらしのキャラクターはぼんやり知っている程度の知識しかなかったので、各キャラクターの設定をきちんと最初に説明してくれてとても分かりやすかったです。

絵がらもふんわりしていてとても可愛く、動きも緩やかで良かったです。
桃太郎やマッチ売りの少女など、絵本の世界にすみっコ逹が迷いこむ、というお話しでv6井ノ原さんのナレーションが優しい声でとても合っています。

すみっコたになりの方法で、ハプニングを解決していく様子がとても可愛いです。

大人も観ていてとても癒させるのですが、最後が近づくにつれて少しずつ悲しい予感が…。
結末は少し寂しく、でもとっても心暖まる親子でしっかり楽しめる作品だと思います。
作品が終わる頃にはすみっコの中から推しがみてけられるはずです。

『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』のまとめ

こども向けのアニメーション映画のように思えるが、ストーリーはしっかりしていて大人も一緒に楽しめる作品になっている。

お家時間をこどもと一緒に楽しむには、おすすめの一作となっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました