スタンドバイミー 無料動画配信(映画 吹き替え)フル視聴/2021

洋画

スタンド・バイ・ミー の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『スタンド・バイ・ミー 』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『スタンドバイミー』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

『スタンド・バイ・ミー』日本版劇場予告編

スティーヴン・キングの短編集のひとつの物語を原作として制作された『スタンド・バイ・ミー 』は、名作中の名作と言っても過言ではないでしょう。

あのベン・E・キングの歌声と共に今もなお愛され続けており、また、早逝した主要キャストのリヴァー・フェニックスさんを惜しみ、多くの方々が涙したことも大きな話題となりました。

それでは、ノスタルジックな青春物語をご紹介いたします。

『スタンド・バイ・ミー 』を無料で見る

『スタンド・バイ・ミー』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『スタンド・バイ・ミー 』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料でお試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

劇場版『名探偵コナン』作品

時計じかけの摩天楼(1997年)

天国へのカウントダウン(2001年)

ベイカー街の亡霊(2002年)

異次元の狙撃手(2014年)

純黒の悪夢(2016年)

紺青の拳(2019年)

『名探偵コナン』の作品を視聴できる配信サービスはTSUTAYA TV/DISCAだけ

『名探偵コナン』作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ディズニー』作品

 

 

アナと雪の女王(2013年)

塔の上のラプンツェル(2010年)

トイストーリー1234

ファインディング・ニモ(2012年)

モアナと伝説の海(2016年)

TSUTAYA TV/DISCASでは多数のディズニー作品がお楽しみいただけます。

『ディズニー』作品をお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

スタンド・バイ・ミー の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『スタンド・バイ・ミー 』のあらすじ

小説作家のゴードン・ラチャンスは新聞のある記事に目を留めた。

「弁護士クリストファー・チェンバーズ刺殺される」。

そんな彼は目を瞑り少年時代を思い出すのだった。

1959年、12歳だったゴードン、通称ゴーディは仲間のクリス、テディ、バーンの3人といつも一緒で、性格も見た目も違う4人なのだが、何となくウマが合い、ある種の特別な友情で結ばれていた。

ある日、彼等はたまたま耳にした話を真に受けて、野ざらしされているという死体を探す旅に出るのだった。

そんな4人で過ごしたひと夏の冒険を振り返るゴードンにとって、刺殺されたクリストファー・チェンバーズは当時の、いや、今でもかけがえのない友人だったのだ。

『スタンド・バイ・ミー 』のネタバレ

思い出の夏の始まり

道の脇に車を止め助手席の新聞に目をやる男性は、「弁護士クリストファー・チェンバーズ刺殺される」という記事を見つめながら、ゆっくりと少年時代の思い出を振り返るのだった。

彼は作家のゴードン・ラチャンス。

この事件で亡くなったクリストファー・チェンバーズとは親友だったが、もう何年も会っていなかった。

1959年オレゴン州の田舎町キャッスルロックで暮らしていたゴードンあだ名はゴッディと、クリスことクリストファー・チェンバーズ、そしてテディ本名はセオドア・ドチャンプとバーン・テシオ呼び名はバーンの4人はいつも一緒で仲間だった。

ゴーディは内気で真面目、クリスは頭が良く皆のリーダー、テディは無茶が目立ち、バーンは太っちょの弱虫でヘソクリの在処を忘れるなどおっちょこちょい。

そんなバラバラな個性の4人だったが、不思議と気が合い、何か特別な絆で結ばれているようだった。

いつものように秘密基地で遊んでいると、バーンの兄ビリーたちの話を聞き、4人は汽車に轢かれて放置されているというレイ・ブラワーの死体を探しに行こうと決める。

そして彼等は線路伝いに30㎞先の森にある「バック・ハーロウ・ロード」を目指して出発するのだが、列車に轢かれそうになるなど様々なトラブルが待ち受けていることは、この時は知る由もなかった。

そんな4人にとっては、この人口1281人の小さな町「キャッスルロック」という町は世界のすべてだったのだ。

 

・親友クリス

果てしなく続くように見える線路を歩き続けていく4人は、うんざりしながらも鼻歌交じりに楽しそうに歩くバーンとテディを先頭に、後ろのクリスとゴーディはこれからのことを話していた。

きっと中学に上がるとそれぞれがバラバラになるだろうとクリスが話し出すと、ゴーディは何故と問いかける。

クリスは「お前は進学コース、俺たちは就職コースに進む事になるからだ」と答え、そして、そこで新しい友達と付き合うようになると告げる。

すると、寂しがるゴーディは「僕はそんな連中とは付き合わない」と言うが、クリスはそれを否定し「お前は俺達と一緒だとその頭がどんどん鈍くなってしまう」と忠告する。

そんなクリスは、周りから評判の悪い自分達と付き合っているゴーディの事をずっと気にしていたのだった。

そんな時、鉄橋が見えてきた。

このまま鉄橋を渡ればかなり近いが、谷底が見えて怖さを感じるうえに危険だった。

そして、4人が怯えるバーンを何とか説得して鉄橋を渡り始めると、後ろから汽笛を鳴らしながら汽車が迫ってきた。

慌てて逃げる4人だが、臆病者のバーンは途中で這いつくばってしまい動けなくなる。

先にクリスとテディが渡りきるも、ゴーディはバーンを急かしながら進んでいくので、どんどん汽車が迫ってきてしまう。

そんな二人は本当にギリギリのところで線路脇に飛び込んで汽車を躱すが、土手を転げ落ちてしまったのだった。

しばらく進むと夜が更けてきて、彼等は火を焚いてキャンプを始める。

他愛もない会話を楽しんでいるとゴーディが書いている小説の話になり、彼はブタけつと呼ばれる主人公のあらすじを語っていく。

だが、ラストのオチの部分が無いと騒ぎ出し、楽しい時間は続くが誰もレイ・ブラワーの死体について触れることはなかった。

きっと、心の中では何かしら考えていたのだろうけど、そのまま会話は続いたのだった。

その後、コヨーテみたいな獣の叫び声が響くので、交代で見張りをしながら眠りについた。

すると、クリスが見張りの番の時にゴーディがうなされだし叫び声をあげて目を覚ます。

そんなゴーディは、事故で死んだ兄の夢を見ることがあるなど語り始め、ひとしきり落ち着くと昼間の話の続きに戻り「クリスも進学コースにすれば、頭が良いんだから」と告げる。

クリスは断られるよと話し、あのミルク代盗難事件の真実を打ち明けるのだった。

確かにクリスはミルク代を盗んでしまった。

しかし、罪悪感に苛まれ直ぐに先生に返したが、先生はそのお金で新しいスカートを買い、有無を言わさずクリスは停学となってしまった。

先生が自分自身の為にクリスの盗難事件を利用するとは思っておらず、かなりのショックを受けたクリスは「この町に居ても、所詮自分は不良のままだ」と嘆き、ついには自分の事を誰も知らない街で暮らしたいと涙を流すのだった。

 

・レイ・ブラワーの死体

翌朝、再び線路を進んでいた4人は目的地のそばを流れるロイヤル川に辿り着く。

森を抜ける近道を提案するクリス。

その話に賛同するテディとゴーディとは裏腹に、バーンは危険だからやめようと反対する。

だが、結局は近道を進む事になり、4人は沼を渡ろうとするもハマってしまう。

そして、ふざけながら岸にあがると体中に大きな蛭が吸い付いており、皆はパニックになりながら取っていくがゴーディはパンツの中にも蛭が入り込んでいて、大事なところに張り付いていた。

何とか我慢しながら蛭を取り外したゴーディだが、血糊のようにべっとりと手に広がった血を見て気を失うのだった。

ゴーディが目を覚ますと、彼を心配したクリスは引き返そうと言い出すが、テディとバーンはここまで来たのにと文句をつけ、言い争いになってしまう。

すると、ゴーディは止めろと制止して「僕は引き返さない」と真剣な面持ちで言い放つと、立ち上がって歩き出すのだった。

一方、ビリーたちから同じくレイ・ブラワーの死体の事を聞いた不良グループとそのリーダーであるエースも、その場所へ車をかっ飛ばして向かってきていた。

その後、歩き続けていた4人はようやく目的の「バック・ハーロウ・ロード」に到着し、手分けしてレイ・ブラワーの死体を探し始める。

すると、少し離れた場所で木に隠れるように横たわっていたレイ・ブラワーを見つけ、本物の死体を目の当たりにした4人は息を呑み言葉を失ってしまう。

クリスは死体を運ぶための担架を作ろうと考え、長い木の棒を集めるように皆に声をかけ動き出すが、ゴーディだけは死体を見つめたまま動かない。

心配したクリスが話しかけると「何故死ななきゃならないの…何故兄さんが死ななきゃならなかったの」と泣き出し、「自分が死ねば良かったのに」と今まで心に貯めてきた気持ちを吐露するのだった。

そんなゴーディにクリスはそんなことはないと励まし、そして「お前は必ず将来小説家になる。だからこの冒険と俺達の事を書けばいい」と告げ、ゴーディはいつか必ず書くと約束する。

その時、エースたち不良グループが現れ死体を渡せと詰め寄ってくるが、クリスは渡さないと譲らない。

すると、エースはナイフを出して脅し始めテディやバーンは逃げ出すが、それでもクリスは頑なで一歩も退かなかった。

そんなエースは更に詰め寄ろうとするが、その時、ゴーディが空に向かって銃を撃ち、そのまま銃口をエースに向け「死体は渡さない」と告げるのだった。

ただの脅しだろとバカにする彼に向かい「本当に撃ち殺す」とゴーディが口調を強めると、エースは表情を変え、全員撃つのかと問いかける。

ゴーディは「いや、お前だけだ」と強い眼差しで静かに答えるのだった。

その様子に気圧されたエースは「この借りはいつか返す」と捨て台詞を残して去っていく。

結局、4人は死体を運ばずに匿名で通報して、その後レイ・ブラワーの死体は発見された。

 

・結末

ハシャギながらやって来たのとは裏腹に帰り道は無口で歩き続け、キャッスルロックに着いたのは労働記念日の前日の朝だった。

たった2日間だが、あまりにも色々な事を味わった冒険を終えた4人には、この町がとってもちっぽけに見えていた。

そして、バーン、テディの順で家へと帰っていくが、クリスとゴーディの二人は町の見渡せるあの秘密基地の所へ向かう。

そんな二人は振り返るように話し続け、クリスが「俺はこの町を抜け出せないのかな…」と呟くと、ゴーディは「イヤ何だって出来るよ」と告げる。

すると、そうだなと答えたクリスは握手を求め、ゴーディも手を出して「また会おう」と別れるのだった。

その後、中学に入るとバーンとテディとは次第に会わなくなり、卒業するとクリスも町を出ていった。

バーンは4人の子供を持ち、製材所で働いているらしく、テディは目と耳が原因で軍隊への入隊は叶わず、一度服役するも今はこの町の近くで働いているとのことだった。

クリスは持ち前の負けん気と努力でゴーディと同じ進学コースに進み、更に大学を卒業して弁護士になっていた。

そして、偶然立ち寄ったファーストフード店で喧嘩の仲裁に入り、ナイフが運悪く喉を刺してしまい亡くなってしまったのだ。

まさに、正義感に溢れていたクリスらしい最期だった。

そんなクリスとは10年以上も会っていなかったが、ゴーディにとってはかけがえのない親友で、この先も忘れることはないだろう。

だから、約束通りゴーディは、あのひと夏の大冒険を小説に綴ったのだ。

その小説の最後は「あの頃以上の友人は、もう二度と出来ることはない」と締め括られていたのだった。

『スタンド・バイ・ミー 』の登場人物

・ゴーディ・ラチャンス・・・ウィル・ウィートン

・クリス・チェンバーズ・・・リヴァー・フェニックス

・テディ・ドチャンプ・・・コリー・フェルドマン

・バーン・テシオ・・・ジェリー・オコンネル

・エース・メリル・・・キーファー・サザーランド

・アイボール・チェンバーズ・・・ブラッドリー・グレッグ

・ビリー・テシオ・・・ケイシー・シーマツコ

・デニー・ラチャンス・・・ジョン・キューザック

・ゴーディ(大人)/ナレーション・・・リチャード・ドレイファス

『スタンド・バイ・ミー 』の主題歌

『スタンド・バイ・ミー』 ベン・E・キング

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『スタンド・バイ・ミー 』の感想

・「人口たった1281人 だが私には全世界だった」という言葉が、とても印象的だった。

・自然とノスタルジーに浸れる作品。

・誰にでもある少年時代のような世界観が良かった。

・子供の頃に憧れたものや気持ちを思い出せた。

・あらためて観返すと、この子たちを立派な大人に育てるためにどうすればいいのかと考えてしまう。

・とにかくめちゃめちゃ良かった。

・学生の時に心に響いた映画は、大人になっても面白い。

・おそらく大人の方がグッとくる映画だと思う。

・もし自分のそばにあのような子たちが居たら、しっかりと寄り添って考えてあげないとダメだと感じた。

・思わず鳥肌が立ってしまうほどだった。

・こんなにも素晴らしい友情映画は、なかなか観られない。

・現代の人が観ても、きっと心に響く映画だと思う。

・家庭環境に悩む少年たちが、徐々にその心の葛藤を打ち明けていくところが印象に残った。

・色々な事への悩みが尽きなかった頃や当時の仲間と会わなくなった事など、重なりあうことが多くて、何もかもが眩しく感じられた。

『スタンド・バイ・ミー 』のまとめ

悩み尽きない青春時代を思い出してしまう様な世界観がとても印象的な本作品は、世代を越えて心に響く名作だと思われます。

高い年齢層の方には古き良き時代を思い出させ、若い世代の方にはノスタルジックな雰囲気を感じさせてくれる、とても貴重な作品のひとつです。

あの名曲『スタンド・バイ・ミー』をバックにラストへと繋がる所が、またすごくお洒落で、心地良い余韻がいつまでも続くことでしょう。

ご家族そろって温かい友情の世界を味わってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました