ソロモンの偽証 無料動画配信(韓国ドラマ・映画)フル視聴/2021

海外ドラマ

ソロモンの偽証(ドラマ)の動画配信を無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『ソロモンの偽証』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『ソロモンの偽証』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

【予告編】ソロモンの偽証
映画『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』第2弾予告編

韓国でドラマ化された『ソロモンの偽証』は、作家宮部みゆきさんの代表作の一つを原作とした作品で、日本では2015年に映画化されており数多くの若手俳優を輩出しています。

今秋にはwowowでもリメイクがドラマ放送される注目の話題作です。

韓国ならではの世相を反映させた設定となっており、日本同様に若手俳優の登竜門となりました。

大人に委ねることに疑問を抱き、生徒たち自らが裁判を開き真相究明に臨みます。

ドラマ『ソロモンの偽証』を無料で見る

ドラマ『ソロモンの偽証』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『ソロモンの偽証』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

主演「増田貴久さん」の出演作品は、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴する事ができます。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

『木村拓哉』の歴代作品

ソロモンの偽証(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『ソロモンの偽証』のあらすじ

・告発状

学校内裁判が開廷し、検事コ・ソヨンは、チェ・ウヒョクをイ・ソウ殺人の罪で起訴すると宣言した。

しかし、ウヒョクの弁護人であるハン・ジフンはすべて空想によるものだと否定する。

すると、ソヨンはウヒョクの取り巻きの一人であるキム・ドンヒョンに、彼の事件当時のアリバイについて確認する。

ドンヒョンは、嘘の証言を強要されたと答えるのだった。

事の発端は2か月前まで遡る。

特進クラスでイ・ソウとチェ・ウヒョクが喧嘩し問題となったが、ウヒョクの父親の権力を怖れる学校側の対応により、その後ソウの転校が決まった。

だが、2週間後のクリスマス、学校の花壇でソウの遺体が発見される。

発見者であるペ・ジュンヨンとコ・ソヨンは調書に応じ、現場状況から警察は自殺と断定したがSNSのチョングク高校の番人では様々な憶測が飛び交う。

表向きには発言できない者でも、個人が特定されないSNS上では好き勝手に発言しており、そこにはソウがウヒョクに殺されたのではというコメントも残されていた。

実際、学校では暴力対策委員を父親に持つウヒョクの起こす問題に関わることはタブーとされており、彼の悪事のほとんどは権力により揉み消されていたのだ。

ソウとの喧嘩もその一つで、一方的に彼が加害者でウヒョクが巻き込まれたと云う事になっていた。

そんな中、ソウの告別式が終わるとソヨンの元に手紙が届く。

そこには「2016年12月25日ソウは、ウヒョク、ソンミン、ドンヒョンの3人に学校の屋上で殺された。ウヒョクに屋上から突き落とされるのをこの目で見た。」と記されており、それは、紛れもなくイ・ソウ事件における告発状だった。

 

・報道と騒動

告発状の差出人はイ・ジュリとパク・チョロンの二人。

この告発内容を書いたのはジュリで、彼女を慕うチョロンが話を信じて付き添ったのだった。

そんなジュリは皮膚炎をきっかけにコンプレックスを抱くようになり、ウヒョクたちからも酷いいじめを受けており、彼等を恨んでいたのだ。

一方、この告発状はテレビ局のニュース担当のパク記者にも届いており、彼はこの事件に興味を示し、警察もSNSのコメントを無視できないと他殺の線も含めて改めて捜査を開始する。

担当であるオ刑事の調書は心理相談という名目で行われ、ジュリはソウの自殺に疑問を感じると話してしまう。

そのことでオ刑事に不審がられるが、彼女は人には興味ないとその場をごまかすように凌いだ。

放課後、チョロンとジュリが帰り道にウヒョクたちにいじめられていると、そこにパク記者が現れ事件について聞かれる。

後日、モザイクと声を変えることを条件にインタビューに応じたジュリは、ウヒョクたちについて洗いざらい証言するのだった。

どんどん取材を進めていくパク記者はウヒョクの父親への取材も敢行しており、学校の校長にはあるものを突き付けて話をしていた。

それは、校長が破り捨てたとされる告発状で、パク記者は同級生が殺害した事実を学校側と警察が結託して隠蔽しようとしていると追及するのだった。

そして、この事件は大々的にニュース番組で報道された。

放送を見たチョロンは不安になり、ジュリの元を訪れ目撃証言が真実なのかを改めて確かめる。

ジュリが本当だと答えると、私たちが正しいことをしているのなら正々堂々と警察で話をしようとチョロンは訴えるが、彼女は聞き入れない。

ジュリはそもそもウヒョクがソウを殺したからだと話し、この事が知られたら私たちも殺されると復讐を恐れていた。

すると、チョロンは警察が守ってくれると答え、私がジュリを守るとさえ言い切るのだった。

だが、その言葉を聞いて逆上したようなジュリは何様のつもりと話し出すと、チョロンを友達と思ったことは一度もないと言い放つ。

ショックのあまり泣きながら駆けだしていったチョロンは、飛び出してきたトラックに轢かれてしまうのだった。

 

・募る不信感

意識不明となったチョロン。

学校ではジュリが告発状を書いたのはチョロンと発言したことに対して、非難が集中し不登校になると失語症になってしまう。

そんな中、全校生徒一斉にチョングク高校の番人からメールが届く。

「ホコリだらけでも青い紙は青色だ。どんなホコリもその色を変えられない」。

真実は変えられないと訴えるようなメッセージを送ったのは、このサイトの管理人であるハン・ジフンだった。

その後も過熱する報道と、不利益のないように都合よく動く学校関係者たち。

ソヨンは取材に来たパク記者に騒動が大きくなり、あの報道のせいで二人の生徒が犠牲になったことを責める。

だが、彼は悪びれることなく事件を解明したいだけと話す。

どんどん大人への不信感が募り、ソヨンは仲間たちと共に何かできないかと考え始め、裁判について調べていく。

そんな時、一連の騒動について全校朝会があり、私語の注意をきっかけに女教師と揉め始めると、ソヨンは暴力を振るわれ、その動画がSNSに拡散されてしまう。

そして、大人たちは信用できないと奮起すると、自分たちの手で真相を解明しようと裁判クラブを立ち上げ、提案書を提出するのだった。

 

・学校裁判実現へ

提案書を提出しても生徒過半数にあたる500枚の署名同意書が集まらなければ、学校内裁判は実現できない。

あらゆる手段を用いて生徒たちに呼びかけるが、署名はなかなか集まらず頭を抱えてしまう。

そんな時、財閥の御曹司で他校の生徒であるジフンが裁判への参加を申し出て、ソヨンは疑問に感じるが、結果として彼のライブ活動によって525枚も署名同意書が集まった。

実は、精神科での入院歴のあるジフンは、そこで亡くなったソウと知り合い、友人となっていたのだ。

原告をソウ、被告人ウヒョク、検事ソヨン、弁護人ジフンとした裁判の準備が始まっていった。

一方、不登校中のジュリは告発状の件でウヒョクの母親から名誉棄損で訴えられ、チョロンが差出人と主張し続けるが参考人としての出頭要求が届く。

ジュリの母親は娘と一緒の動画を撮影すると、目撃した友人に協力しただけなのに容疑者の母親から告訴され、学校では集団でいじめを受け、更には学校内裁判で晒し物にされると訴えるのだった。

こうして、大人からの様々な妨害と誹謗中傷を受けながらも、生徒たちは力を合わせ裁判の開廷当日を迎える。

 

・開廷

初日から学校内裁判は波乱の様相を見せる。

学校側から裁判に関係している生徒の親にメールが送られたせいで陪審員が5人も辞め、会場に来ていた保護者からも模擬裁判にしては行き過ぎた行為だなどと批判が浴びせられる。

それでも、負けずに毅然とした態度で裁判長であるキム・ミンソクは裁判を開廷した。

検事であるソウが事件前の喧嘩の件から説明すると、ウヒョクを殺人罪で起訴すると宣言し、審理が開始される。

オ刑事から始まった証人尋問は、ウヒョクの仲間であるドンヒョンが証人になると、ソヨンは彼のアリバイについて尋問した。

すると、ドンヒョンは一緒にいたと云うのは嘘で証言を強要されたと答えるのだった。

 

・明らかになる事実

この証言が嘘であれば告発状の内容も出鱈目と云うことになるが、ソヨンは傍聴席の最後部にジュリの姿を見つけると、ウヒョクのアリバイが嘘だと言う意見を取り消し、ひとまず裁判初日を終えた。

2回目の審理を前にソヨンの元を訪れてきたジュリは、チョロンがいつも3人一緒だから勝手に思い込んだのだろうと話し、あくまでチョロンが書いたことを主張する。

だが、ソヨンはチョロンが告発状を書いたと云う事、いや、そもそも告発状の内容すら信じていなかった。

それでも、ソウの自殺と決めつけられたこの事件の真相を突き止める為に、負けてもいいからと覚悟を決めて裁判に臨んでいるのだった。

その後、事件当時ドンヒョンがカフェで飲酒していたことがSNSによって判明するも、仲間割れの末に階段から転落し怪我を負ってしまう。

そんな事故が起きながらも、2回目の審理が始まった。

ウヒョクを退席させ証言席に座ったジュリは、周りのざわめきに神経質になって取り乱すが、何とか落ち着いて話し出す。

ソヨンはジュリの証言を裏付けるように、自分で実践した囲いを登るシーンを見せるなどして証明してく。

ジフンは反対尋問として彼女に「本当か?」とだけ問うて、尋問を終えた。

次の証人である臨時校長は喧嘩の件について発言し、20人もの生徒が目撃していたにも拘わらず証言しなかったことを責め立てる。

それに対しジフンは、チョングク高校の番人に寄せられた「証言したら学校にいられなくなる」というコメントを紹介すると、こういったことが原因でソウのうつ病が悪化したことで自殺したと述べるのだった。

裁判は休憩を挟み、怪我を負ったドンヒョンが証人として現れるが、ウヒョクに対して感情的になり過ぎており、弁護側は証言の信憑性が疑われると陪審員に対して主張する。

そして、次の証人として他校の1年生である男子学生パク・ヒジュンを召喚すると、ウヒョクの目の前で彼がしてきた悪事を暴いていく。

ソヨンの異議に対しても、ウヒョクが今回の事件を起こすような人間か判断する為だと話し、ヒジュンが翻意でないにも拘わらず示談させられたことを明かすのだった。

 

・新たな事実

そのまま2回目の審理を終え、3回目の準備をしているとソウの兄から電話が来て、ソヨンと弁護人助手のジュンヨンは、クリスマスの日にソウが5回も電話していることを知らされる。

そして、その電話先がすべて公衆電話だとわかると証言を集め、最後の場所で電話をしていた少年についての目撃情報を得るが、ソヨンたちの持っている写真の中に該当する者はいなかった。

そんな中、ウヒョクの家の火事が、父親と花火師と呼ばれる者による仕業だと判明し、逮捕されてしまう。

迎えた最終日、3回目の審理はソヨンの父親で刑事のサンジュンが証人に立ち始まった。

彼は今回の火事の一件で逮捕された花火師の証言を代弁し、犯行当時のウヒョクのアリバイを証明する。

すると、生徒たちは一斉にSNSでウヒョクの無罪と騒ぎ立てるのだった。

ジフンは次の証人としてウヒョクを召喚すると、彼がこれまでしてきた悪事の数々を暴くように並べ立て、最後にジュリのことについて言及する。

彼女は、顔が醜いと唾を吐きかけられ、携帯を取り上げられたうえでシャワー室に翌朝まで閉じ込められるなど、ひどいいじめを受けていた。

そして、ウヒョクの残酷さと非情さを責めると、この告発状が彼女の唯一の抵抗手段で正当防衛だったと擁護する。

追い込まれたウヒョクは傍聴席にいる被害者たちに向けて涙を流して謝り、ジュリに対しても心から謝罪した。

ジュリは彼の謝罪を聞き終えるとその場で倒れてしまい、裁判は陪審員による結審へと入っていくのだった。

 

・審理の追加

そんな時、ソヨンにチョングク高校の番人からクリスマスの真相はまだ明かされていないとメールが届く。

一方、検事補助のスヒは結審確定まであと2時間と迫りながらも、ジュリが本当だという証言に基づき、学校から去っていった男について調査していた。

そして、売店の駐車場に停めてあった従業員の車載カメラから犯行当時の映像を見つけるのだった。

その頃、オ刑事は呼び出したジフンにソウとの関係を質問すると「チョングク高校の番人は君か」と問いかける。

ジフンははっきりと認めなかったが、「もう少し待ってほしい…裁判が終われば理解してもらえる。」と訴えた。

陪審員たちの所に赴いたソヨンは、裁判長のミンソクにジュリの証言の内容を説明すると、スヒたちが見つけてきた映像を見せ、判決の留保と追加審理を求める。

新たな証拠が見つかったことで審理追加を決め発表するが、反対する学校側からソヨンたち裁判に関わる生徒たちに停学処分が下されてしまう。

それでも真相を突きとめたい彼等は、停学中にも拘わらず裁判へ臨もうとする。

だが、校則が追加されており、1週間以内に終わらせなければ退学になるとの事だった。

それを主導したのはジフンの父親でチョングク財団室長のハン・ギョンムンらしく、ソヨンはジフンを問い詰める。

でも、その事について彼は何も知らず、何故そこまで強引な手段に出るのかと疑念を抱くと、ギョンムンに処分の無効を申し出るが聞き入れられない。

こうして停学5日目、第4回裁判当日を迎えると、傍聴席はガラガラのままだが、検事が召喚した証人尋問から審理は再開された。

最初の証人である元美術教師イ・ジョンホはソウとの関係を説明すると、彼のことについて語り、チョングク高校の番人であったことを明かし、今は友人に引き継がれていると話す。

次の証人は臨時校長を解任され、解雇となった元教頭先生。

ソヨンの質問に答えていく彼は、ソウが番人であったことを知っていたと認め、ある画像が原因でチョングク財団から喧嘩の件を理由に転校を勧められたと明かす。

更に、その画像内容が裏口入学のリストであることも語った。

3か月前、ジフンの家に遊びに来ていたソウは、ギョンムンの書斎で「VIP」と題された書類を見つけ、スマホに保存していた。

それは、チョングク高校へ裏口入学した生徒のリストだったのだ。

 

・結末

ジフンからの反対尋問を受けていた元教頭は、不正を承知しておきながら解雇を理由に責任を逃れるのは卑怯だと責められると、彼に対して怒りを露わにした。

そんな中、審理が紛糾し休憩に入ると、最後の公衆電話での目撃者である爺さんが現れ、ジフンの姿を見て驚いた表情を見せる。

そして、休憩が終わると証人席にはギョンムンが召喚され、ソヨンは裏口入学とソウについて尋問していく。

だが、すべての追及に証拠はあるのかと認めない彼に対しソヨンは何も言い返せず、代わるようにジフンがソウのパソコンから見つけたファイルを開きリストを見せるが、それは証拠にならないと言い放たれてしまう。

結局、決め手を欠いたままこの日の審理は終了するのだった。

そんなソヨンはあの爺さんからジフンが公衆電話にいた少年だと伝えられ、その事を彼に追及すると、最終日まであと1日だけ待ってくれと告げられる。

停学6日目、裁判最終日はジフンが証人としてではなく被告人として召喚された。

ジフンは自分の罪状が殺人だと話すと、ソヨンの質問にゆっくりと答えていく。

彼は自分の父親が母親を殴り殺したこと、その後担当検事の養子になったこと、日常生活に支障をきたすほど精神を病み入院したこと、そこでソウと出会ったことなど、すべてを包み隠さず語っていった。

更にクリスマスの日にソウから生きる理由を探してくれと言われ、指示通りに公衆電話を巡ったことを話すと、ジュリが目撃したのは自分だと認める。

そして、彼の追及に耐えられなくなった自分が、飛び降りると叫ぶソウを置き去りにしたと訴えるのだった。

その後、ジフンが裁判に参加した3つの目的が明かされ、再び証人として現れたギョンムンは、裏口入学などすべてについて自白した。

この学校内裁判は被告人ジフンの無罪と、ソウを追放するなど過ちを犯した学校と財団の有罪で幕を閉じたのだった。

あの裁判から3週間が過ぎ、彼等はそれぞれに前に進んでおり、ソヨンは勉強に打ち込み、ジュリは元気になったチョロンに泣きながら謝り、優しく抱きしめられていた。

一方、裏口入学の生徒は全員退学となり、ギョンムンもいくつもの罪で服役していた。

ジフンは、ソウから問われた生きる理由について考え続けた末に「生きる理由があって生きているのではない」という答えに辿り着き、「お前の行動は間違っていた」と亡くなった彼に語りかけるのだった。

ドラマ『ソロモンの偽証』の登場人物

・コ・ソヨン・・・キム・ヒョンス

・ハン・ジフン・・・チャン・ドンユン

・ペ・ジュンヨン・・・ソ・ジフン

・イ・ソウ・・・ソ・ヨンジュ

・パク・チョロン・・・ソ・シネ

・イ・ジュリ・・・シン・セヒ

・チェ・ウヒョク・・・ベク・チョルミン

・キム・ミンソク・・・ウ・ギフン

・イ・ユジン・・・ソルビン

・イ・ソンミン・・・イ・ドギョム

・キム・ドンヒョン・・・ヤン・ハクジン

・ハン・ギョンムン・・・チョ・ジェヒョン

・パク記者・・・ホ・ジョンド

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ソロモンの偽証』の感想

・脚本がよく練られていて、想像以上に面白かったです。

・裁判シーンが見応えあり、邦画や原作とはまた違う展開で韓国版も観て良かったと思いました。

・シリアスだけど少しずつ秘密が明かされていくのが見どころだと思う。

・邦画のソロモンの偽証が大好きで韓国ドラマも観ましたが、原作通り中学生の設定だった邦画の方が面白く、最後も腑に落ちました。

・韓国ドラマにありがちな恋愛要素が抑えられていたので、スーッと内容が入り込んできて、清々しいシーンがよりいっそう印象的で良かったです。

見どころ

・原作、邦画、韓国版それぞれの違い。

・韓国ドラマならではの社会的問題の追及と演出。

・主人公をはじめとしたキャストの心情の描き方。

『ソロモンの偽証』のまとめ

原作者宮部みゆきさんもおススメした韓国版の『ソロモンの偽証』は、放送時の視聴率こそ振るわなかったものの、いまだに人気のある作品です。

邦画や原作とは違い、匿名のインターネット情報に惑わされてしまうという状況を反映した、社会的問題の追求をより強調した内容となっています。

この作品を知っている方なら、きっと味わい深さを感じてもらえることでしょう。

あらためて原作、邦画、そして韓国版と注目していただきたい作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました