【下町ロケット】の見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最終回)フル視聴する方法

下町ロケット 国内ドラマ

下町ロケット(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『下町ロケット』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『下町ロケット』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

池井戸潤『下町ロケット ガウディ計画』CM!(15秒)

主人公の佃航平は、元宇宙科学開発機構の研究員でした。

しかし、自らが開発したエンジンが搭載されたロケットの打ち上げが失敗してしまいます。

責任を取って職を追われた彼は、父親が経営する下町の工場を継ぎました。

ドラマ『下町ロケット』を無料で見る

ドラマ『下町ロケット』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ30日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『下町ロケット』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

下町ロケット(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『下町ロケット』のあらすじ
第1『ジャパン・ドリーム感動物語の誕生!!中小企業が大企業に勝負!涙…!夢とプライド』(視聴率:16.1%)

宇宙科学開発機構で研究者として働いて、佃航平はロケットの開発に力を入れていました。

しかし、7年前に打ち上げが失敗した際の責任を取って、仕事を辞めます。

その後、父親が経営する佃製作所を継ぐことになりました。

第2話『娘の愛で20億買収の危機を救えるか 15分枠大SP』(視聴率:17.8%)

佃製作所はロケットエンジンの新システムの特許を出願していました。

その行動が帝国重工の財前の怒りを買っていたのです。

佃製作所はナカシマ工業との訴訟に追われることになります。

第3話『新たな敵・帝国重工が牙をむく!』(視聴率:18.6%

佃製作所はナカシマ工業との訴訟が和解して、56億円が支払われることになります。

帝国重工の財前からロケットエンジンの特許の売却の件で、航平が意外な提案を出しました。

さらに航平は財前に自らの工場を案内しようとします。

第4話『反撃開始!下請けの屈辱をはらせ!!』(視聴率:17.1%)

帝国重工の財前から部品供給が決定した佃製作所。

しかし、帝国重工は特許の買収に向けて新たな作戦を考えていました。

佃製作所内では従業員達が対応に追われますが、殿村の言葉で冷静さを取り戻すのです。

5話『ロケット編完結 涙と感動の打ち上げ』(視聴率:20.2%)

佃製作所は帝国重工への部品供給をするためのテストを受けていました。

最後の燃焼試験を受けることになり、財前は航平に協力する姿勢を見せていました。

ただ、財前から藤間社長を説得する必要があると聞かされるのです。

第6話『NASAからの刺客!医療編へ』(視聴率:17.8%)

佃製作所はロケットエンジン開発が成功して、経営も安定してきました。

その頃、帝国重工はバルブの担当をコンペ形式にすると決定します。

航平はライバル会社の社長の椎名と遭遇することになりました。

第7『反撃開始!! 町工場vs医療の野望』(視聴率:17.9%)

ある日、航平は元社員から心臓外科医の一村を紹介されて、心臓手術用の人工弁について話し合いをします。

航平は一村に協力することを決めて、新型人工弁開発「ガウディ計画」に参加するのです。

第8話『佃&財前、まさかの敗北…逆襲を狙え!!』(視聴率:20.4%)

「ガウディ計画」の資金援助の打ち切りを宣言されて、航平は窮地に立ちます。

そんな中、航平は富山から燃焼試験日の変更を言い渡されるのです。

富山の行動を不審に感じた航平は、財前にある相談をしました。

第9『最終回前15分拡大!!財前失脚…佃vs椎名!技術は嘘をつかない』(視聴率:18.2%)

佃製作所とサヤマ製作所は燃焼試験日を迎えました。

試験当日を迎えて、航平達に緊張感が高まります。

航平達は相手の結果を上回っていましたが、不採用を通告されます。

最終話『裏切り者は許さない 日本プライドを持て!ロケットの夢・人工弁の夢を打ち上げろ!!』(視聴率:22.3%)

航平達は新型人工弁の「ガウディ」の開発が進めていきます。

そんな中、航平はコアコートの資料に目を通していました。

すると実験データから偽装を疑い、自ら検証を試みます。

ドラマ『下町ロケット』の登場人物

佃航平  (阿部寛)

佃利菜  (土屋太鳳)

殿村直弘 (館川談春)

山崎光彦 (安田顕)

江原春樹 (和田聰宏)

迫田滋  (今野浩喜)

※相関図

(c)TBS

ドラマ『下町ロケット』の主題歌

『下町ロケット ~Main Theme~』

Shitamachi Rocket (下町ロケット) MAIN THEME [2018 MIX]

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

ドラマ『下町ロケット』の感想・まとめ

ドラマ『下町ロケット』の感想
女性20代
女性20代

小さな下町の工場が大企業だけでは成し遂げることができないしごとを、見事な技術で成し遂げるという物語です。

経営の厳しい下町の工場、この工場には技術があり、情熱もあります、日本を代表するような企業は、そんな下町の工場が持つ、技術に目を付けたのです、自分たちでは成し遂げることができない、一大プロジェクトをどうしても、下町の工場の技術が必要だったのです。

大企業には大企業の、メンツがあります。

それに立ち向かう下町の工場との技術競争、大企業は、いろいろな手で、下町の工場の技術を欲しがり嫌がらせなどを仕掛けてくるのですが、下町の工場には情熱があります。

その情熱は自分たちが育てた大切な技術なのです。

それを、改良してさらに良いものを作り、大企業と対抗するのです。

そして最終検査の結果、大企業の技術に下町の技術が勝ったのです。

そして、国産のロケットの打ち上げに成功したのです、

なくてはならなかった技術開発に下町の工場は買ったのです。

日本の技術を支えてきたものが、本当の力を発揮したとき、日本の技術が進歩するのです。

その他の感想はここから見れます
女性30代
女性30代

町工場経営の難しさ、難題に続く難題、失敗と成功の繰り返し…世の中甘くないこといっぱいありますけど、フィクションであることを踏まえてカタルシスをは忘れていない池井戸氏らしい作品です。

阿部寛氏が時々ふざけた演技をするので真面目な展開が続く中で貴重なギャグシーンが光ります。

ただ、常識的に考えて大勢の客がいる中で暴言吐けば支店の評判が悪くなる、最悪の可能性を考えすぎない、メール確認を怠っていたなど、(現実に有り得るケースもないとは言い切れないですが)随所でオツムの足りない人物が多すぎるのは「ドラマだから」で済ませるにはいささか乱暴ではないかと思わせてしまう点で脚本について少々引っ掛かりを覚えてしまう点は残念に思えて仕方がありません。

利益欲しさに他社の技術パクったが検証していない結果がクレームでは笑えないにもほどがあると言えば教訓のように感じますが、最初からやるなでは話が成立しないというものであるのも事実ですね。

男性40代
男性40代

ヒットメーカー池井戸潤の作品だけあって見ごたえある内容で、表題のロケット打ち上げでは終わらずに、まったく違う医療分野を題材にした点には、流石に驚きました。
テーマ毎に入れ替わって登場する沢山の出演者が、与えられた役柄になりきった熱い芝居を見せてくれたことによって、物語の世界に引き込まれて楽しみました。
宇宙科学開発機構を去り、亡き父の佃製作所を継いだ主人公・佃航平を演じた阿部寛の熱のこもった迫力の演技が光り、彼を囲む周りの出演者たちも同様に、登場人物が乗り移ったかのような熱い芝居を見せてくれました。
序盤で佃らを苦しめる悪徳弁護士・中川を演じた、池畑慎之介の憎たらしい表情は本当にムカつくほどで、彼らを窮地から救うために顧問弁護士を引き受ける神谷を演じた、恵俊彰の名演技は、ワイドショーの司会をさせておくのは、勿体ないくらいに適役でした。
「企業同士の裁判」というあまり馴染みのない専門的な内容も、揃えた膨大な量の資料を見ると、裁判に勝利することがいかに難しいことか、少しだけ分かった気がします。
彼を含めた、俳優業以外の分野から作品に加わった人が多いのもこのドラマの特徴で、銀行から出向した当初は佃たちから目の敵にされる不器用な殿村を演じた、立川談春には泣かされました。
後に銀行を辞めて正社員として彼が採用され、みんなの祝福を受ける和解した姿を見て感動し、こんな会社に就職したいと思ったほどです。
ロケットから人工弁まで技術さえあれば、中小企業であっても、あらゆる分野で活躍できる希望を教えてくれた傑作です。
技術力の勝利を謳ったものと思わせて、実は「人のつながり」こそが、いかに大事なものかを問うた作品なのかもしれません。

ドラマ『下町ロケット』のまとめ

宇宙科学開発機構で働いていた航平は、自らの夢を諦められずにいました。

父親の会社を継ぐことになりましたが、彼は再びロケットエンジンに携わることになるのです。

果たして、航平は自らの夢を叶えることができるのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました