進撃の巨人 見逃し無料動画配信を全話(アニメ1話〜最終回)フル視聴

進撃の巨人Season1~3 アニメ

進撃の巨人Season1~3(アニメ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、アニメ『進撃の巨人Season1~3』の動画はお試し無料期間を利用すればhuluで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

アニメ『進撃の巨人Season1~3』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

TVアニメ「進撃の巨人」Season 3 Part.2 PV【イベント時解禁ver.】

巨人が蔓延る世界で壁で守られながら人々は生活していた、その中で少年エレンは幼馴染のアルミンやミカサと外の世界に憧れ調査兵団を目指していた。

しかしある日壁を超える巨人が現れ壁を破壊する、すると巨人がなだれ込みエレンの目の前で母親は食べられてしまうのだった。

無事逃げられたエレンだったが「駆逐してやる…!」と復讐を誓うのだった。

アニメ『進撃の巨人Season1~3』を無料で見る

アニメ『進撃の巨人Season1~3』は

見放題作品数No1の動画配信サービスhulu

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ2週間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

2週間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『進撃の巨人Season1~3』の視聴をする/

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

進撃の巨人Season1~3(アニメ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

アニメ『進撃の巨人Season1~3』のあらすじ
第1話 「三千年後の君へ~シガンシナ陥落①~」

巨人という人を食う化け物から守られるように50mの壁に囲まれて人々は平和に暮らしていた。

その中でエレン・イェーガーという少年は壁の外を夢見ていたそこで外の世界を調査する「調査兵団」が帰ってくる。

エレンは急いで一緒に住んでいるミカサと見に行くがそれは地獄を見た人間がうなだれて歩く姿だった。

それでもエレンは調査兵団に入りたがっていた。

それをミカサが親に言い母親は怒るだが父親は帰ったら地下を見せてやると言うのだった。

エレンとミカサはいじめられているアルミンを助ける。

アルミンは海の話をして外の世界を夢見るのだった話をしていると壁を超える巨人が現れ壁を破壊する。

そして巨人がなだれ込みエレン達は急いで家へと向かう。

すると母親は家の下敷きになっており急いで救おうとするが救えずそこに兵士のハンネスがやってきてエレンとミカサを連れ逃げて行った。

結果母親はエレンの目の前で食べられてしまうのだった。

第2話 「その日~シガンシナ陥落②~」

エレンとミカサとアルミンは無事脱出する、しかし知性をもった鎧のような巨人に第二の壁も破られた、エレンは心の内に復讐を誓い「駆逐してやる…!」と言うのだった。

エレンは父親と再会するも揉めて鍵をもらったという記憶しか覚えていなかった。

アルミンは食糧不足を補う為避難した人達だけで編成された奪還作戦により叔父を失いアルミンも兵団に入る事を決意する、それから数年後エレン達は訓練兵として入団するのだった。

第3話 「絶望の中で鈍く光る~人類の再起①~」

そこで立体起動を学びながら同期の者達と絆を深める。

だがエレンは上手く立体起動を扱えなかっず仲間のコニーやジャンに馬鹿にされライナーとベルベルトに教えをこうよう頼むしかし感覚の問題だと教えられなかった。

そしてその二人で話しながら出かけライナーは「帰れなかった故郷に帰る為」だと語った。

翌日なんとか立体起動を扱い失敗してしまうしかし原因はベルトの欠陥で無事成功させ合格した。

第4話 「解散式の夜~人類の再起②」

エレン達は厳しい訓練をこなしていき卒業間近となっていた。

ある日ライナーと体術の訓練をしていると同期のアニがさぼっていたそれをライナーは挑発しアニとエレンを格闘させる。

アニはエレンに「なぜ巨人に対抗できる人間ほど巨人から離れると思う?それが人間の本質だから」とエレンに語った。

ある日エレンとジャンはいつものように喧嘩しアニがやった通りの動きをしてその場を収めた。

そして卒業の日エレンの影響を受けて仲間達は調査兵団に入ると言う。

そして仲間達と壁の上で大砲の整備をしているとあの時壁を破壊した巨人が現れ壁を破壊する。

第5話 「初陣~トロスト区攻防戦①~」

超大型巨人を目の前にしエレンは立ち向かい巨人の弱点のうなじを狙うが消えてしまう。

壁が壊され食い止めようとする兵たち、エレン達も動き出しミカサと離れアルミンとエレンは行動を共にする。

エレン達は仲間と共に巨人に立ち向かうがエレンは足を食われ仲間達は次々と食べられていく。

その光景を見てアルミンは体が動けず巨人に食べられるままいるとエレンが庇いそのまま食べられてしまう。

第6話 「少女が見た世界~トロスト区攻防戦②~」

アルミンは気を失い目を覚ますと仲間のコニーがいた。

茫然自失のまま後衛と合流しようとする一方ミカサは巨人を倒していっていた。

そこでミカサはエレンとの出会いを思い出す。

ミカサは母親と父親と三人で暮らしていたがミカサは誘拐され両親は殺される。

そこにエレンとその父親がやってきて発見しエレンは一人ミカサを探す。

そしてエレンは隠れていた所を見つけ隙をつき殺すしかしもう一人に反撃され捕まり、その隙にミカサは勇気を振り絞りとどめを刺す。

それからミカサはエレンにマフラーを巻いてもらい大切にしているのだった。

第7話 「小さな刃~トロスト区攻防戦~③」

一時撤退の鐘がなるが立体機動装置のガスが切れかけていたそこにミカサが現れる。

そこでアルミンはミカサにエレンが死んだ事を伝えた。

そして補給部隊が籠城した駐屯兵団本部に皆を鼓舞し向かう事となる。

しかしその道中ミカサはショックから油断しガスが尽き落ちてしまいミカサは絶望する。

だがエレンの言葉を思い出し自分を鼓舞しもう巨人に立ち向かうその瞬間巨人が巨人を殺しミカサは生き延びた。

第8話 「心臓の鼓動が聞こえる~トロスト区攻防戦~④」

ミカサ達は巨人を殺す巨人を利用し駐屯兵団本部を目指すそしてジャン達は先に着いていた。

そこで籠城している兵士を殴りつけ激怒するすると人が集中しすぎたせいで巨人が集まってくる、しかしそこに巨人を倒す巨人が現れ危機を脱した。

補給所には巨人が入り込みそれを倒すには銃しかなかった。

そこでアルミンは作戦を言うまず中央のリフトで銃をもち降下一斉に撃ち視覚を奪い他七人が急所を奪うというものだった。

その作戦はギリギリ成功補給する。

外に出ると助けてくれた巨人は他の巨人に食われていた。

そしてその巨人を見ているとうなじからエレンが現れた。

第9話 「左腕の行方~トロスト区攻防戦~5」

エレンは巨人に変身し無意識の中巨人を倒していたのだった。

エレンの異様さに駐屯兵団がエレンとミカサとアルミンを囲むように剣を構えていた。

兵団の「お前は巨人か人間か!?」という問いにエレンは記憶が無く混乱していた。

そこでエレンは「人間です!」と叫び殺されかける。

だが父親に鍵をもらった事を思い出し力を与えられた事を思い出すそして大砲を撃たれた瞬間エレンは巨人に変身し大砲を防いだ。

第10話 「応える~トロスト区攻防戦~6」

エレンは巨人化から目覚めミカサとアルミンと共に作戦会議をする。

エレンはもう一度巨人化しようとするが顔色が悪く巨人化も怪しかった。

そこでエレンはアルミンに判断を委ねる事にしアルミンは考えを巡らせた。

そしてアルミンは前に出てエレンが土地奪還に有効だと演説するしかし相手は話を聞かず大砲を撃つ瞬間ピクシス司令が現れ話を聞くと言いエレン達は危機を脱した。

エレンはピクシスと話し土地奪還計画を進める事となった。

第11話 「偶像~トロスト区攻防戦~7」

土地奪還の為ピクシスは演説しアルミンは作戦を上司達に進言した。

しかし戦う事に反対した兵士は逃げようとするしかしピクシスの一言により兵士達は戻っていった。

アルミンは別行動しエレンとミカサは奪還作戦に動く、そして巨大な岩まで行きエレンは巨人化するだが味方のミカサを攻撃しはじめた。

第12話 「傷~トロスト区攻防戦~8」

ミカサは必死で声をかけるがエレンは自分を攻撃し倒れてしまう。

失敗の煙を見てアルミンは一人そこに向かう、一方巨人が向かってくる為皆はエレンを守る事になる。

エレンは巨人の中で平和な夢を見ていた。

そこにアルミンが現れうなじ辺りに刃を突き刺しエレンに「どうして外の世界に行きたいと思ったの?」と呼びかけるするとエレンは「それは俺がこの世に生まれたからだ」と言い巨人として目覚める。

第13話 「原始的欲求~トロスト区攻防戦~9」

エレンは目覚め岩を運び始めるその援護の為兵士達はおびただしい数の巨人と戦う何人もの兵士を犠牲にしエレンは岩を置く事に成功した。

エレンを巨人の体から救出しようとするが巨人に囲まれてしまう。

そこに調査兵団が現れ救出される。

土地を奪還に成功し死体の掃除をするジャン、そこに友達だったマルコの死体があった。

エレンは目を覚ますと牢屋にいてそれを見つめる調査兵団団長エルヴィンとリヴァイ兵長の姿があった。

そこで「お前が死体事はなんだと問われ」エレンは「調査兵団に入って巨人をぶっ殺したいです」と言いエレンはリヴァイが受け持つこととなりエレンは調査兵団に入る事となった。

第14話 「まだ目を見れない~反撃前夜~1」

巨人になれるエレンに民衆は反応は様々だった悪魔と恐れたり救世主と崇められたりだった。

そして身柄は憲兵団に引き渡すか調査兵団に渡すか裁判になる。

憲兵団は処刑を進言し調査兵団はエレンを利用しウォールマリア奪還を目指すと進言した。

議論は白熱しエレンは「黙って俺に投資しろ!」と叫んでしまうその時リヴァイがエレンを殴りその場を収める。

そしてエルヴィンは「管理をリヴァイに任せ壁外調査に連れて行きます」と言いエレンは調査兵団に任せられる事となった。

第15話 「特別作戦班~反撃前夜~2」

エレンはリヴァイ班という部隊に属させられる。

そして旧調査兵団にエレンはしばらく住む事となる。

30日後の大規模な壁外調査を控えるそこに巨人が好きな変人ハンジ分隊長が現れ実験を提案する。

ハンジは巨人二体を生け捕りにし色々実験していた。

そしてエレンはハンジの実験話を夜通しきくはめになるしかし翌日ハンジの巨人は何者かに殺されてしまった。

その時エレンは死体の巨人を見てエルヴィンに「君は敵が何に見える」と問われるのだった。

第16話 「今、何をすべきか~反撃前夜~3」

巨人へを殺した疑いは訓練兵にも向けられていたが犯人は分からなかった。

そんな中エレンの同期達は所属を決めるためジャンは調査兵団に入る事を決意していた。

エルヴィンは訓練兵の前で演説を行い調査兵団を募るそしてアルミン、ミカサ、ジャン、サシャ、コニー、ライナー、ベルベルト、クリスタ、ユミルがその場に残り入団となった。

巨人の秘密があるという地下への道の模索の為の壁外遠征の日エレン達は壁の外へと向かう。

第17話 「女型の巨人~第57回壁外調査~1」

作戦の為アルミン達はお互い離れていく、巨人を発見したら赤い煙弾を放っていたがアルミンは黒い煙弾を見るそれは奇行種だった無事倒すがまたも奇行種が来る。

上官達は戦うが簡単にやられていった。

その奇行種はアルミンを追いかけアルミンは知性があると気づく、だがアルミンは顔を確認され殺されずに済みその女型の巨人は去っていった。

その後アルミンはジャンやライナーと会う。

女型の巨人は他の巨人を引き連れ隊はめちゃくちゃになってしまう。

アルミンは女型の巨人はエレンを探していると推測する、そこでアルミン達は女型の巨人を引き寄せる事となる。

アルミン達はフードを被り女型の巨人に挑むだがアルミンはやられジャンが挑むが捕まる瞬間、アルミンは「死に急ぎ野郎の仇をうってくれ!」とエレンが死んだように叫び女型の巨人の動きを止める。

そしてその隙にライナーがいくが捕まれるだがライナーは自力で脱出しその場を皆脱出する。

第18話 「巨大樹の森~第57回壁外調査~2」

アルミン達はクリスタと合流し作戦続行の煙弾を見る。

一方エレンがいるリヴァイ班にも陣形の乱れが伝わっていた。

エルヴィン団長の指示で巨大樹の森に続々と着く調査兵団達そこで巨大樹を守るように兵達は立っていた。

エレンも森に着き女型の巨人に遭遇し追いかけてくる。

第19話 「噛みつく~第57回壁外調査~3」

追いかけてくる女型の巨人にエレンは巨人化しようとするがリヴァイ班達は止めるリヴァイはただ「いつだって結果は分からない」と言った。

エレンはリヴァイ班との記憶を思い出し信じそのまま進んでいくとエルヴィンが用意した巨人を捕らえる槍を使い女型の巨人を捕らえた。

リヴァイは単独でエルヴィンの元に行きエレン達は前へと進んでいった。

第20話 「エルヴィン・スミス~第57回壁外調査~4」

リヴァイはうなじをそごうとするが女型の巨人は手で隠し硬化させそぎ落とせなかった。

そこでエルヴィンは爆弾を使おうとするが女型の巨人は叫び声をあげ巨人を引き寄せわざと食べられその場を場から逃げていってしまった。

作戦は失敗し部隊は撤退、エレンも撤退するその時何者かがリヴァイ班に近づき一人殺される。

第21話 「鉄槌~第57回壁外調査~5」

リヴァイ班の一人が殺された事により相手は女型の巨人に変身する。

そしてエレンは再び巨人化しようとするがリヴァイ班はエレンを逃がす事を目指し逃がす。

しかしリヴァイ班は健闘するが結果次々倒されエレンは涙ながらに巨人化し女型の巨人と対する。

リヴァイはエレンの元に行きリヴァイ班達の死体を目にする。

エレンは女型の巨人と戦うが敗北しうなじごとエレンは攫われる。

そこにミカサも到着しその瞬間を目にする、そこにリヴァイも到着し二人でエレンを取り戻す事となる。

第22話 「敗者達~第57回壁外調査~6」

ミカサが注意を引きリヴァイが攻撃を始めるそれは人間と思えないほどの動きで女型の巨人を追い詰めるそれを見たミカサはうなじを狙えると思い攻撃を仕掛ける。

しかし女型の巨人はまだ動きミカサを攻撃をしようとしそれをリヴァイが庇うだがその代償にリヴァイは足を負傷する。

しかしリヴァイは力を振り絞りエレンを救出した。

兵団が帰宅中死体を単独で拾いにいった兵がいた為巨人が追いかけてくる。

馬はスピードをあげるが追いつかれ死体を捨てる事となりリヴァイ班の死体はすべて捨てられた。

今回の話をうけ損害を出した調査兵団、結果エレンは引き渡される事となった。

第23話 「微笑み~ストヘス区急襲~1」

エレンが引き渡される日エレンは逃げる為こっそりとアニと会い協力をとりつけるそしてアニと地下に行くがアニは来ないまま立ち尽くす。

そして笑い「私が賭けたのはここからだ!」と言ったそして周りで隠れていた兵達に捕らえられる、だがその瞬間アニは指を切りさき女型の巨人へと変身した。

第24話 「慈悲~ストヘス区奇襲~2」

退路を塞がれた為エレンは女型の巨人との戦いの為に変身しようとするが仲間と戦う決心がつかずなかなか変身できずにいた、だが覚悟を決めたアルミンとミカサは戦いに出る。

エレンは瓦礫の下敷きになる。

一度は女型の巨人を捕らえる事に成功するが振りほどかれてしまう。

そしてエレンはアルミンの言葉を聞き巨人化する。

第25話 「壁~ストヘス区急襲~3」

エレンは女型の巨人であるアニと戦う、一方エルヴィンは反逆罪として捕まってしまっていた。

アニは必死で逃げ壁を登ろうとする、だがミカサが切りつけアニは落下していく。

そしてアニは捕まりうなじから出されるが硬化され眠ったままだった。

調査兵団達は一人ずつ聴取を受け、エレンの輸送は凍結された。

season2

第26話 「獣の巨人」

女型の巨人と戦いにより壁が傷つきはがれると中から巨人が見つかる。

壁の司祭をハンジは問い詰めるが黙秘したままだった。

一方ウォール・ローゼ区で待機するコニーやサシャ達そんな所に巨人が襲撃する。

ウォール・ローゼは突破されたと思い装備を付ける暇なく104期生は出る、南にコニーの故郷があるとライナーも付いて行く、ミケは一人戦っていると獣のような巨人を見るその巨人は馬を潰し捕まったミケに「その武器はなんていうんですか?」と話しかけた。

ミケは動揺し武器を取られるだが立ち向かおうとするが食べられてしまうのだった。

第27話 「ただいま」

エレン達は司祭であるニックと会いなぜいるのかと動揺する。

ニックは自分の目で現状を見て話すかどうか考えると言う。

一方サシャは故郷である北へと向かう、するとそこには巨人がもう存在していた。

サシャがある家を見ると母親が目の前で食われながら少女は座り込んでいたそこでサシャは斧でうなじを狙う、だが倒しきれず少女を連れ逃げる事となる。

サシャは弓をもち少女を逃がすのだった、サシャは目を潰し逃げるすると逃げられた少女と父親に再会する。

コニーは故郷に着くが誰もいなかった、家を見ると足が短くなぜここにいるのか分からない巨人がいた。

第28話 「南西へ」

コニーが去る時なぜか家にいる巨人が話しかけられたように感じた。

そして巨人発見から11時間後壁をそって歩き穴を確認しようとするが前からきたクリスタやユミルを見て穴がない事を知る。

そこでライナー達は古城で休む事となった。

一方ハンジ達はアニが硬化した石の破片を手にし巨人化したエレンが穴を防げるのではないかと提案した。

ニックは巨人の現状を見てやはり話せないと言うがだがクリスタなら話せると語った。

そしてクリスタ達には巨人が迫っていたそこには獣の巨人もいた。

第29話 「兵士」

塔を襲い始まる巨人達に立体起動装置を付けた上官達が戦う、そして扉から巨人が入ってくるんじゃないかとライナー達はバリケードを作る事になる。

ライナーはどこまで来ているのかと確認するすると目の前まで食われかけるその時コニー達が大砲をぶつけ動きと止める。

しかしもう一体の巨人がせまっていてコニーを庇うライナーそして腕を食われてしまう。

そしてライナーはそのまま落下しようとするがコニーが顎の筋肉を切りその場を逃れる。

順調に上官達は巨人を倒していたが獣の巨人に馬を潰され塔にいた二人も殺される。

そして大量の巨人が迫ってくる、必死で戦うがガスも刃も尽き上官達は殺されていった。

コニー達は絶望しユミルはクリスタに「いつもどうやったら死んで褒められるかと考えてただろ」と言いコニーからナイフを借りて塔から飛び降り巨人へと変身した。

第30話 「ヒストリア」

ユミルは巨人化し健闘するが塔の破壊を気にするユミルは次第に追い込まれていく。

それを見たクリスタは「こんな所で死ぬな!こんな塔ぶっ壊せ」と叫びユミルは塔を壊し始めた。

するとユミルはコニー達の元へ行き捕まらせ、塔を利用し巨人達を潰した。

しかしそれでも巨人は這い上がってきてユミルを食い始める。

するとそこに調査兵団が加勢にきてユミルは救われるそしてクリスタはユミルに「私の名前はヒストリアていうの」と告げるのだった。

第31話 「戦士」

壁に上りユミルを運ぶ調査兵団そして穴がない事を知る。

その時ライナーはエレンに「俺は鎧の巨人でベルトルトは超大型巨人なんだ」と話を持ち掛け一緒に来るように言ってくる。

エレンはそれを断るとライナーは正気を取り戻したかのようにし巨人へと変身しようとした、それに様子がおかしいと思ったミカサが二人に切りかかる。

しかし遅く二人は巨人へと変身した。

その時ユミルは連れ去られエレンも連れ去ろうとするエレンは「この裏切りもんが!」と叫び巨人へと変身するのだった。

第32話 「打・投・極」

エレンは鎧の巨人となったライナーと戦い、調査兵団は超大型巨人と戦う。

調査兵団は近づき倒せると思うが超高温の蒸気を出し退避させる。

一方エレンは鎧によって攻撃がきかず一度敗北していたそこでエレンはアニが使っていた技を使いライナーをねじ伏せる。

ハンジはエレンに指示をし壁付近で戦う。

ミカサと協力しライナーに勝てるとなった時上から超大型巨人が落下してくる。

第33話 「追う者」

超大型巨人が落下してしまった結果エレンは敗北し連れ去られてしまう。

それから数時間後目覚めたミカサとアルミンは絶望するもハンネスの言葉を聞きもう一度立ち上げる。

エルヴィン達と合流しハンジはライナー達は巨大樹の森に行ったはずだと進言した。

第34話 「開合」

一方エレンは巨大樹の森で手を切断された状態で目を覚ます。

巨人化しようとするエレンにユミルはここは巨人が多いし立体起動を二人はもっていると止める。

そしてライナー達は「俺たちの故郷にきてもらう」と言った。

そしてしばらくすると調査兵団の煙弾が見えた。

第35話 「子供達」

ライナー達はエレンを連れその場を離れる。

ユミルはクリスタが近づいていると思い連れ去るなら今だとライナーを脅し調査兵団と戦う事となった。

ユミルはヒストリアを連れすぐに去っていくそしてその先で鎧の巨人に変身し逃げていく、それを調査兵団は追いかけるのだった。

第36話 「突撃」

エルヴィンは巨人を引き連れ追いかける、ユミルはヒストリアに「私を助けてくれ」と言いヒストリアは「言ったでしょユミル、私はなにがあってもあなたの味方だって」と言うのだった。

調査兵団は鎧の巨人達に追いつきミカサは攻撃を仕掛ける、ジャンやコニーはベルトルトに話しかけ「嘘だったのか」と話しかけるするとベルベルトは「誰が人なんか殺したいと思うんだ!誰か僕らを見つけてくれ…」と涙を流すのだった、そして巨人を引き連れるエルヴィンと衝突する。

鎧の巨人と巨人が衝突している時そこに調査兵団も突撃、だがエルヴィンは腕を食われるそれでも「進め!」と叫ぶ、ライナーは手を離しその隙をつくが奪い返せないそこでアルミンは近づきベルトルトに「アニはどうするの?アニは今もゆっくりと拷問されているよ」とベルトルトを挑発し激昂させエルヴィンがその隙をつきエレンを奪い返す。

しかしライナーは巨人を放り投げエレンとミカサは母親を食べた巨人と再び出会うのだった。

第37話 「叫び」

ライナーが巨人を投げてきた事により調査兵団は再び危機的状況になる。

一方エレンとミカサ母親を食べた巨人と対峙しハンネスがその巨人を倒そうとする。

それに加勢にエレンはいこうとするが巨人化できずハンネスは敗北しまた目の前で食われてしまう。

周りの兵も追い込まれ絶望の中エレンは泣くそこにミカサが近づき「マフラーを巻いてくれてありがとう」と微笑む。

それを聞いたエレンは「そんなの何度でも巻いてやる。

これからもずっと何度でも」と言い巨人に立ち向かい巨人に立ち向かうその瞬間殴った巨人に他の巨人が一斉に群がりその場を脱した。

そして迫りくる巨人にも叫ぶと鎧の巨人にも巨人は向かった。

しかしユミルは危険なベルベルトを見てヒストリアに謝りライナー達を助けるのだった。

そして壁についた調査兵団達は巨人の正体は人間だと推測していた。

season3

第38話 「狼煙」

リヴァイ班としてジャン達を指名されエレンは硬化を使い扉を防ぐ為実験を始める。

そしてそこにニックが殺されたと連絡が入る憲兵団は強盗だと断定するがハンジから見ると拷問のあとがあると不審に思う。

そしてそこに立っていた憲兵団の拳に後があったと憲兵団から拷問を受けたと推理する。

そこでリヴァイ班はそこを撤退、憲兵団はエレンとヒストリアを引き渡せと命令してきていた。

リヴァイ班が街中で紛れていると後ろから襲撃があるそしてエレンに変装したジャンとヒストリアに変装したアルミンが攫われる。

倉庫に攫われた所とミカサが救出する。

一方リヴァイは馬車に乗ったエレンを見に行くしかしそこでリヴァイの部下が撃たれるそこに現れたのはリヴァイの育て親であり部下を連れた切り裂きケニーだった。

第39話 「痛み」

ケニーは拳銃を手にしリヴァイに襲い掛かりエレンとヒストリアは眠らされリヴァイは飲み屋に留まり囲まれるしかしなんとか脱出、ミカサ達はリヴァイと合流するがエレン達は攫われてしまう。

そこでリヴァイ達は捕まえた商人を尋問し協力を取り付ける。

利用し憲兵団を捕まえ拷問を始める、そしてヒストリアの生まれレイス家が本当の王家だと話した一方調査兵団に協力した商人はケニーによって殺されていた。

第40話 「昔話」

ヒストリアは昔の話を語る。

牧場で育ちいつも手伝いをしていたというしばらくすると冷たかったヒストリアの母は出ていきウォールローゼが破られると父親と共に母親が訪ねてきたという。

一緒に住もうとなったがケニーが訪ねてきて父親は関係ないと言い母親は殺されヒストリアは遠くの地に送られたという。

一方ヒストリアは父親と再会しエレン達はすべての始まりの地に向かわされる。

そしてエルヴィンは殺人の容疑で憲兵団に逮捕される。

そしてリヴァイ班が森にいると何者かがやってくる。

第41話 「信頼」

その何者かは新人の憲兵団だったリヴァイ班はヒッチとマルロと拘束、一方殺された商人の息子フレゲルはハンジと出会いなにがあったか話す。

マルロはリヴァイに協力すると言うがリヴァイは信じなかった。

しかしジャンは二人を連れ試しマルロと協力する事となる。

そしてリヴァイ班は憲兵団に仕掛け上官を捕まえる。

ハンジはフレゲルと協力し民衆の前で憲兵団に商人殺人を自白させる。

リヴァイは上官に尋問するがそこに何者かが向かってくる一方エルヴィンは処刑寸前までいっていた。

第42話 「回答」

エルヴィンが処刑される寸前にウォールローゼを鎧の巨人と超大型巨人が突破したと情報が入る、しかし内戦が始まると危惧した王政が避難民を入れるなと指示する。

しかし憲兵団団長はその指示に反発し総統も到着し誤報だと言う、その首謀者はピクシスだったそして王政に「我々のほうが多くの命を救えるとクーデターを決行、王は捕らえられエルヴィンは釈放された。

一方リヴァイ班はハンジと合流しクーデターは成功だと聞く、そしてリヴァイ達は礼拝堂になにかあると推測し向かう、そしてエレンは礼拝堂の地下で拘束された状態で目を覚ます。

第43話 「罪」

拘束されたエレンの前にヒストリアとヒストリアの父親が立つ、そしてエレンの背中に触れエレンは自分が食べた父親の記憶が蘇る。

そしてヒストリアもまたフリーダという女性と遊んでいた事を思い出した。

腹違いの姉だと父親から言われる。

しかしフリーダは昔エレンの父親グリシャにレイス家とグリシャの巨人の能力の為に殺されたと父親は語りそしてその場にケニーが現れた。

ケニーは昔の事を思い出すアッカーマン家は昔王に忠誠を誓っていたという、そして王は巨人の力で民の記憶を改ざんしていたがアッカーマン家にはそれができなかった。

第44話 「願い」

ヒストリアの父親はヒストリアに注射を刺そうとする、そしてリヴァイ達は地下へと突入し戦いが始まる。

リヴァイはケニーに一撃入れるもハンジが負傷してしてしまう。

一方ヒストリアはこれまで世界の記憶と始祖の巨人を継承していったと話すそしてそれを聞いていたケニーは「エレンを食わなければ王になれないのか」と聞き「俺は王になれないのか」と父親に掴みかかる、それをヒストリアは止め「私はエレンを食べてこの世から巨人を駆逐する!」と言った。

そしてケニーはエレンに血を流させ「よーいドンでだ」と言った。

ヒストリアは注射を打とうとするがエレンは巨人化せず「親父がこんな事をしなければ皆死なずにすんだ」と涙していた。

ヒストリアはそれを聞き決意するがユミルの「お前いい事しようしてるな」という一言を思い出しながら今までなんでこれまでの王は巨人の駆逐をしようとしなかったのか聞き注射を抵抗し父親を殴りつけ、エレンを救出しようとする。

しかし父親は壊れた注射を飲み巨人化するのだった。

第45話 「オルブド区外壁」

ヒストリアはエレンを解放しようとするがすべてを外せずにいた。

そこにリヴァイ達が合流しエレンを解放する、エレンは鎧と書かれた瓶を見つけ皆を守りながら硬化する。

ロッドレイスは超大型巨人よりも巨大な巨人となり地上を徘徊する。

それを見てエレン達は作戦会議を開く。

第46話 「壁の王」

ロッドレイスの巨人は人間が多いほうに向かうとエルヴィンは住人の避難をせず囮として使用する判断をする。

駐屯兵団は大砲を撃つが効果はなく壁まで到達してしまう。

そこで調査兵団は立体起動を用いた新兵器を用意しエレンが口の中に火薬を放り投げ爆発させ、散り散りになった肉片を立体起動で切りつける。

そして父親であるロッドにとどめを刺しヒストリアは民衆の前で真の王だと宣言する。

ケニーが死にかけているとリヴァイが現れもう手遅れだと判断する。

しかしケニーは注射器を取り出した。

第47話 「友人」

その昔ケニーはロッドレイスより前の王ウリーと出会い忠誠を誓う。

そして地下街でリヴァイと出会い色々教えていた。

そしてウリーと同じ景色を見たかったケニーは王を目指した。

ケニーはリヴァイと対面するが注射を打たずリヴァイに渡しケニーは死んだ。

そしてヒストリアは王位を継ぎ女王となる、ヒストリアは女王となりリヴァイを殴り「どうだ!私は女王だぞ!」と言うがリヴァイは笑い「ありがとうな」と言うのだった。

第48話 「傍観者」

二か月後ヒストリアは孤児院の手伝いをし牛飼いの女神と呼ばれていた。

マルロは調査兵団に入団していて、そしてそこでエレンは掘り返された父親の記憶を思い返すその父親と会っていた調査兵団が分からずにいた。

それが教官であるキースではないかと会いに行く。

キースは壁の外でエレンの父親グリシャと出会う。

そしてキースはこの世界の事をグリシャに語りそれからキースは調査兵団の団長にグリシャ伝染病を救っていた。

しかしキースが好きだったカルラはグリシャと結婚し自分は凡人だと絶望していた。

そしてキースは巨人化する前にグリシャと話し巨人になったあとエレンを介抱していた。

エレンの母親は特別じゃなくてもいいと語っていた。

第49話 「奪還作戦の夜」

注射器をどうするかと悩みリヴァイの手に渡された。

奪還作戦の夜宴の夜に肉を食う事になり盛り上がる、そして久しぶりにエレンとジャンは喧嘩する。

調査兵団はウォールマリア奪還に行くその時調査兵団は声援を受けた。

第50話 「はじまりの街」

夜をゆっくりと進むエレン達、まず調査兵団は巨人の殲滅をしようとするが巨人が一匹もいなかった。

そこでエレンは巨人化し扉を硬化で防ぐ、内門を防ぐのを目指すしかし敵はいると証拠を見つけそこでアルミンの指示で捜索をする。

そしてアルミンは壁の中にいると考えエルヴィンは作戦中止を指示する。

そして空洞を見つけるとライナーが出てくる即座にリヴァイは殺そうとするが殺しきれず巨人化する。

そして周りで一気に巨人と獣の巨人が現れ投石を仕掛け退路を塞がれる。

第51話 「雷槍」

鎧の巨人は壁を登り獣の巨人は2~3mの巨人を動かし馬を狙った。

エレンとミカサ達は新兵器雷槍を使い鎧の巨人と戦いリヴァイは獣の巨人と戦う事となる。

雷槍を使いライナーはピンチになる。

第52話 「光臨」

ライナーがピンチになった時叫び、ベルトルトが入った樽が投げられベルトルトが到着する。

そこでアルミンはベルトルトと交渉し引き寄せるそしてベルトルトは「君たちは大切な仲間だしちゃんと殺そうと思う」と言いミカサと戦闘しベルトルトはその場を引き巨人化しハンジやハンジ班は巻き込まれる。

ベルトルトはここで倒そうとなるのだった。

第53話 「完全試合(パーフェクトゲーム)」

超大型巨人は家を破壊して回り火の海と化す、一方獣の巨人は投石を仕掛け新米調査兵とリヴァイやエルヴィンしか残っておらずエルヴィンはある作戦を実行を決断する。

そしてエレンは超大型巨人を引き寄せようとするが無視され足を止めようとするしかし壁にたたきつけられてしまう。

ジャン達は雷槍で気を引きミカサが雷槍を食らわせるしかし蒸気で近づけなかった。

そして鎧の巨人も復活してしまう。

エルヴィンは死ぬ為に新兵を引き連れ煙弾を撃ちながら特攻を仕掛ける。

そしてリヴァイは巨人をつたい奇襲を仕掛ける。

第54話 「勇者」

エルヴィンは攻撃を受け落馬するが新兵達は進む、マルロは投石を受けて死亡、そしてリヴァイは獣の巨人を奇襲うなじを削ぎ本体を引きずり出すしかしそこに別の知性をもった巨人が現れ獣の巨人は攫われリヴァイは巨人に襲われる。

一方アルミンは超大型巨人は消耗戦に弱いと気づきエレンとアルミンで超大型巨人を倒す決意をする。

そしてミカサ達はライナーを殺す決意をする。

アルミンは超大型巨人に近づき蒸気を発生させ続ける。

サシャとコニーは顎を狙うが外すしかしハンジが現れ代わりに顎を破壊しミカサは口を狙い鎧の巨人を攻撃した、一方エレンは巨人化を解除しベルトルトを引きずりだした。

エレンは死にかけたアルミンと出会う。

第55話 「白夜」

エレンは獣の巨人を連れた巨人と出会いベルトルトを人質にする。

獣の巨人は「お前は父親に洗脳されている」と言うがリヴァイが追いかけてきて獣の巨人は撤退する。

ライナーはユミルからの手紙をハンジ達に渡し殺されかけるがミカサがアルミン達の様子を見てライナーの鎧の巨人を利用できないかと確認しに行く。

しかしそこではアルミンは息を吹き返し超大型巨人にしようというやりとりをしていた。

だがライナーは連れ去られてしまった。

アルミンを巨人化しようとしたがエルヴィンを連れた新兵であるフロッグが現れる。

そして誰に注射をするかと言い争い結果リヴァイに託される事となる。

リヴァイはエルヴィンを巨人化させると思われたがリヴァイはアルミンを選んだ。

第56話 「地下室」

アルミンは目を覚ましいままであった事を聞く。

そしてエレン達は地下室へと向かうが鍵がなかなか合わずにいるとリヴァイは蹴ってドアを開ける。

そして机を調べると鍵がありそれを開けると日記があった、そこで家族写真を見る。

そして壁の住民達は奪還の朗報を聞いていた。

第57話 「あの日」

グリシャはエルディア人として差別を受け育っていた。

そして妹は殺されていた。

その昔エルディア人の祖先ユミルは巨人の力を手にし死後も九つの巨人に力を分けエルディア帝国を築き上げ大国マーレを滅ぼした。

ユミルの民は他種族を迫害しそこでマーレは内部工作を挑み七つの巨人を手ごまにし勝利した。

結果エルディアの王は壁を築きそこに逃げたと言う。

グリシャが18歳になった時復権派と出会うそこはマーレの内通者がいたのだ。

そして内通者が人を使わせ王家の血を引くダイナ・フリッツがやってきて出会うそしてダイナと結婚しジークという子を授かる。

そんな中マーレはエルディア人から七つの巨人を育てると言う、そこでジークをマーレの戦士にする事にするしかしジークはマーレに差し出してしまった。

ダイナは無垢の巨人の注射を打たれ巨人とかすそれはエレンの母親を食べた巨人だった。

グリシャも殺される時内通者と出会い内通者は巨人化するのだった。

第58話 「進撃の巨人」

内通者はグリシャを救い任務を託す。

それは巨人を継承し始祖の巨人を奪還しろというものだった。

そして巨人を継承すると18年で死ぬという、エレンに引き継がれた巨人は「進撃の巨人」という名だった。

エレン達は懲罰の牢から出て調停式に出る事となる。

エレンはその日ある事をそれは王家の血を引く者を巨人にして接触すれば始祖の巨人の力を扱える事を思いつくが黙っていた。

第59話 「壁の向こう」

内通者はなぜか「ミカサやアルミンを守りたくば使命を全うしろ」と口走るのだった。

弔いの式にエレンはヒストリアと接触するとある記憶を思い出す。

それから数か月後町は復興を目指していた。

そして調査兵団は壁外へと出向く、走っていくと調査兵団は海を初めて見て感動するしかしエレンはただ海の向こうを見て「なぁ向こうにいる敵全部殺せば俺達自由になるのか?」と言うのだった。

ドラマ『     』の登場人物

エレン・イェーガー  (梶裕貴)

ミカサ・アッカーマン  (石川由依)

アルミン・アルレルト  (井上麻里奈)

ジャン・キルシュタイン  (谷山紀章)

ライナー・ブラウン    (細谷佳正)

ベルトルト・フーバー   (橋詰知久)

コニー・スプリンガ    (下野紘)

サシャ・ブラウン    (小林ゆう)

クリスタ・レンズ    (三上枝織)

ユミル     (藤田咲)

リヴァイ   (神谷浩史)

アニメ『進撃の巨人Season1~3』の主題歌

Linked Horizo  「自由の翼」

【進撃の巨人】×『自由の翼』

Linked Horizon  「心臓を捧げよ!」

[進擊の巨人]心臓を捧げよ!歌詞あり

YOSHIKI feat. HYDE   「Red Swan」

"Red Swan" (Attack on Titan anime theme) – 進撃の巨人 Official Lyric Video YOSHIKI feat. Hyde

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

進撃の巨人Season1~3(アニメ)の感想・まとめ

アニメ『進撃の巨人Season1~3』の感想
女性20代
女性20代

進撃の巨人The Final Seasonは1話目からマーレの国で戦争というのが入ってきて驚きました。season3でエレン達が海を見たところとはかけ離れた世界で最初の方はついていくのが難しかったです。マーレでは、エルディア人は戦場に送り出されていて、扱いがひどいのが悲しかったです。その中で巨人になれる可能性を秘めた戦士候補生のガビとファルコ達がかわいそうでした。ガビは戦士候補生という立場を誇りに思っているのが、切なかったです。まだ小さく判断する力を持たない子供を戦争に送り込むのは、見ていて苦しくなりました。教えられたものを全て正しいと思っていたガビがパラディ島でカヤに助けられ、カヤの母親の話を聞いて気持ちが揺らいでいくのがかわいそうでした。自分たちは正しいと思っているのに、心のどこかで違うと感じてきていてどうすればいいのかわからなくなっているようで見ていて切なかったです。カヤが冷静に対応しているのが余計につらく感じました。戦争は悲しい結果しか残さないので、争わないで済む方法があればいいと思いました。

その他の感想はここから見れます
男性20代
男性20代

104期訓練兵団の時から一緒だったサシャがガビに撃たれてしまった時がとても悲しかったです。怖がりなのに強がっていたり、ご飯が大好きだったり、素直で危なっかしかったサシャが調査兵団で活躍していたので、亡くなってしまって寂しくなりました。暗い雰囲気の時に明るくしてくれたサシャは、素敵でした。サシャに助けられた村の子供のカヤがサシャのようになりたいと思っていたのが、サシャにとって救いのような気がしました。サシャの両親も優しく温かい人たちで孤児を引き取っているのが素敵でした。ガビによってサシャが殺された事実がわかっても両親が大人たちが招いたことだと思おうとしているところが切なかったです。娘が殺された悲しみも辛さも全てを受け止めていて、娘も殺しているからと納得してしまうのがすごいと思いました。殺されたから殺すというのは、戦争ではよくある話ではありますが、戦争がなくならない理由も悲しみの連鎖から来ているのだと思い悲しいです。サシャには暗くなっているときにみんなを笑わせてくれる力があったので、調査兵団で生き続けて欲しかったです。

アニメ『進撃の巨人Season1~3』のまとめ

いかがでしたでしょうか!?圧倒的作画で描く巨人の世界と毎回驚かされるストーリー、衝撃の連続!是非動画配信サービスでご覧になってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました