シバトラ 見逃し無料動画配信(ドラマ再放送1話~最終話)フル視聴/

シバトラ 国内ドラマ

シバトラ 童顔刑事 柴田竹虎(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

『シバトラ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

ヒモメン MV

2008年7月日から9月までフジテレビにて放送されました。小池徹平初の連続主演ドラマ。

刑事でありながら、まずは人を信じようとする竹虎が、潜入捜査で青少年たちの更生に尽力していきます。

\ 今すぐ『シバトラ 童顔刑事 柴田竹虎』の視聴をする/

今すぐ無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

 

『木村拓哉』の歴代作品

シバトラ(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『シバトラ 』のあらすじ
第一話 (視聴率13.0%)

童顔でとても刑事に見えない柴田竹虎は、ヤンキーに絡まれているところを、藤木小次郎に助けられる。

横浜みなみ署に配属となった竹虎は、一風変わった上司の千葉さくらに、ヘルタースケルターという名の集団に拉致された宝生美月を救うべく、潜入捜査を指示される。

竹虎には「死神の手」が見えると言う不思議な力があった。

小次郎と白豚の援護を受けて、竹虎は何とか美月を救い出す。

美月の体に絡む「死神の手」を見る竹虎。美月は、美月の捜索を頼んだ父に虐待を受けていたことが明らかになる。

第二話 (視聴率12.2%)

サクラの命で竹虎は、美月の通う高校に潜入し、中高生たちを操り、悪の道に引きずり込んでいる「鬼神」を探すことになった。

美月の協力で、同じクラスの楠木という生徒が「鬼神」だという可能性が浮上。

竹虎が楠木を問い詰めると、楠木は、新庄よって万引きの誤認逮捕をされたことで名門校を退学になったことを明かす。

楠木は新庄を憎んでいた。竹虎はそんな楠木の体に絡みつく「神の手」を見てしまう。

新庄に復讐しようとする楠木を、竹虎は身を挺して止めようとする。楠木は鬼神ではなかった。

第三話 (視聴率13.4%)

竹虎が潜入している2年B組の生徒、武良が久しぶりに登校してきた。武良は教師を殴って停学になっていたとのこと。武良は「鬼神」ではないかと疑われていた。

竹虎は美月から、素行が悪かった武良は、教師の溝口のお陰で立ち直ったことを聞く。

しかし、溝口は盗撮ビデオを暴力団に流していた事実を学校に掴まれ、その罪を見逃すことと引き換えに、武良を更生させていただけだった。

武良の思いを踏みにじった溝口に、竹虎は詰め寄る。竹虎の思いに心打たれる武良。武良は、自分は「鬼神」ではないと竹虎に明かす。

第四話 (視聴率14.0%)

「鬼神」からのメールで、2年B組全員が千手峠にある小屋に呼び出された。

不気味な小屋の中に入った生徒たちは動揺する。更に部屋にはガスが充満し始め、パニックに。
白豚は小次郎の命を受けて、竹虎たちが閉じ込められている小屋に到着するが、小屋は火の海に。

竹虎たちの身を案じる白豚の元に、防空壕に逃げ込んで難を逃れた生徒たちが現われる。安堵する白豚。

竹虎は、河東が「鬼神」からもらったとして見せていたメールの着信履歴から、河東こそが「鬼神」だと突き止める。

第五話 (視聴率11.7%)

「鬼神」事件が終わり、竹虎は、今度は行方不明になった生島透子を捜索するために、透子のアルバイト先のメイド喫茶への潜入をさくらから指示されるが、店側に男だとバレてしまう。

一方、白豚と親しくなった、メイド喫茶で働くメアリーが殺人を犯してしまう。

銃で自殺を図ろうとするメアリーを止める白豚たち。竹虎はメアリーの両親に孤独だったメアリーの寂しさを訴える。

小学生のメアリーに仕事を斡旋したのも、銃を渡して自殺ほう助をしようとしたのも、かつて竹虎の父とさくらの妹を殺した落合であったことが判明する。

第六話 (視聴率9.6%)

行方不明の透子も落合と連絡を取っていたことが判明する。

透子の失踪には落合が絡んでいた。
落合の居場所が分かった小次郎は、ゆりの敵を取ろうと現場に向かおうとするが、竹虎は止める。

落合に父を殺された竹虎だが、落合に復讐を遂げようとする小次郎やさくらに、復讐は止めるよう説得するのだった。

白豚によって透子は無事救出される。

第七話 (視聴率13.7%)

さくらから、中高生の間でやり取りされている覚せい剤について、出所を探るよう指示された竹虎は、覚せい剤入りのキャンディーが置かれていると言う「サティスファクション」という店に向かう。

そこで女子高生リカと出会う竹虎たち。

捜査が進むにつれ、覚せい剤を広めていたのは、リカであったことが判明。警察にバレたことで、リカは黒幕の男たちに監禁され、殺されそうになるが、竹虎がリカを助けに向かう。

リカを救おうとする竹虎だったが、覚せい剤が切れて禁断症状になったリカは暴れ出す。

第八話 (視聴率11.3%)

竹虎とリカは樹海に連れて行かれ、埋められてしまう。

一方、美月は落合から竹虎の命が危ないと告げられ、急いで小次郎と白豚に報告する。

小次郎は、事件の黒幕の芸能事務所の社長の元を訪れ、竹虎たちの居場所を聞き出す。

小次郎はさくらに竹虎の救出を頼むが、さくらは落合の捜索の方を優先するのだった。

竹虎とリカは自力で脱出。命拾いをした竹虎が警察署に戻ると、落合から電話がかかってくる。

落合は8年前、竹虎の父親と分かっていながら、撃ち殺したことを告げる。

第九話 (視聴率12.1%)

さくらから、落合が刑務所の若林という男に面会していることを聞いた竹虎は、落合の真の目的を探る為、刑務所に潜入させてほしいと、さくらに頼む。

さくらの許可を得て刑務所に潜入する竹虎。

竹虎は、落合は若林ではなく伊能という男と関係していることを知る。

その頃、落合の目的を知った白豚は刺されてしまう。

落合は伊能と組んで、国を牛耳る権力者たちに制裁を加えようと考えていた。

脱獄を考えて準備をしていた伊能。落合と伊能の計画を知った竹虎は…。

第十話 (視聴率11.6%)

竹虎は伊能と共に、脱獄に参加することになってしまう。

刑務所を脱獄した伊能と竹虎は、小次郎の助けを借りて落合の元へ向かう。

途中、伊能は東京タワーの電波を奪い、日本を牛耳る権力者たちに一泡吹かせようとしている落合の計画を竹虎たちに明かす。

一方、伊能は、自分が最初に企てていた計画を、我がもののように実行しようとしている落合を殺そうとしていた。

伊能を説き伏せた竹虎は、落合の元へ。

しかし、落合は既に殺されていた。本当の鬼神の正体は誰なのか?

最終話 (視聴率15.0%)

新庄が現場に到着し、落合殺害の容疑者として竹虎を連行する。

小次郎、さくらも既に拘束されていた。

楠木から鬼神のメールが届いたと、竹虎の携帯に知らせが入り、竹虎はパトカーから脱走。

今夜、美月を殺害すると宣言した鬼神。さくらの計らいで釈放された小次郎の助けを得て、竹虎は鬼神からのメールに書かれていた場所へ急ぐ。

鬼神の正体は美月だった。落合殺しも自供する。

美月の心の闇を知った竹虎は、美月を説得。

かけつけたさくらに連行される美月は、皆とすごした日々を振り返っていた。

ドラマ『シバトラ 童顔刑事 柴田竹虎』の登場人物

柴田竹虎 (小池徹平)

宝生美月 (大後寿々花)

藤木小次郎(藤木直人)

白豚 (塚地武雅・ドランクドラゴン)

千葉さくら(真矢みき)

新庄徹 (宮川大輔)

※相関図

(c)フジテレビ

ドラマ『シバトラ 童顔刑事 柴田竹虎』の主題歌

Every Little Thing 「あたらしい日々」

「あたらしい日々」MUSIC VIDEO / Every Little Thing

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

シバトラ 童顔刑事 柴田竹虎(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『シバトラ 童顔刑事 柴田竹虎』の感想
女性20代
女性20代

主人公を演じる俳優の大ファンなので、毎週欠かさず視聴していました。

見た目は童顔なのに、事件が起こると立ち向かう竹虎の背中を応援しながら、憧れの存在にもなっていました。

どんなに辛い局面でもはねのける、屈強の精神力はきっと誰もが憧れの的になると私は作品を見ていてそう、感じました。

連続ドラマはあまり見ないことが多かったのですが、シバトラの予告を目にした時に作品に対して興味を持ったのが切っ掛けです。

初回の頃はかわいいな、と思いながら視聴していたのですが、話がどんどん進んでいくうちにかわいい、というよりかっこいいと気持ちがガラリと変化していきました。

小さい頃から私は将来の夢は警察官を希望していましたが、俳優の演技力に惹かれ、夢を変更し、俳優になって警察官を演じてみたいと思えるようになりました。

役者までの道のりは険しいかもしれませんが、心の片隅で竹虎が応援している、と割り切って夢を追い続けています。

また、作中に登場する人物の役柄も芝居も全て勉強になるので参考にしています。

残念ながらドラマの放送は終了して名残惜しいですが、私の中では不朽の名作、そして新たな夢をくれた、大切なドラマの1つになりました。

その他の感想はここから見れます
女性20代
女性20代

かなり小さいときに見ましたが、それでも印象に残るドラマでした。刑事だとバラせば一気にかたがつくものを、高校に潜入し高校生として生活しているからの、情報を得られる代わりに行動が縛られるという不便さがとてももどかしかったです。

童顔という名前通り俳優さんも童顔すぎて同級生役の俳優さんたちの方が年上に見えたところはおもしろかったです。

特に印象的だったのは、小屋に女の子を助けに行くシーン。

木々に覆われ夜の不気味な中で、同級生の男子の安全にまで配慮して自分が助けに向かうシーンは、頼もしい「大人らしさ」を感じました。刑事ドラマは様々ありますが、だいたいはミステリーで人情ものになってしまいます。

しかしシバトラはクラスメートという狭い枠組みの中で起こる事件を教師よりも頼もしいクラスメートの一員が解決していくという、教育ドラマにも似たストーリーで、他にはない魅力をもつ作品でした。

続編があるのであれば見たいですが、あれで終わったからこそ言いたいことを言い切っているようにも感じています。

たくさんの人の助力があるからこそ高校生は無事に高校生活を送れるのかもしれないなと思いました。

今の高校生をシバトラのように守る人がいるのか、いないなら守れれば…と思います。もちろん違う形にはなりますが笑。

女性30代
女性30代

この作品は「サイコメトラーEIJI」を書いている作者さんが漫画原作の作品です!
中学生に間違われる刑事ということで、童顔の小池鉄平が主人公となりました!まさに、小池鉄平しかいないでしょう!
といったハマり具合です!
しかもそのハマり役がドラマ初主演です!

主人公の柴田竹虎(シバトラ)が、いつも一緒につるんでいる古着屋の店主役(元暴走族)が藤木直人(当時チャライ役よくやってたなぁ笑)、
通称白豚役は、塚地。
藤木直人は正統派が似合うと思うので、当時見ていた時は違和感ありましたが、
漫画を読んだ後で見てみると特に違和感はありません。

唯一残念だったのは、宝生美月役。
この役はマンガでも最初から最後まで出てくる重要役なのに、
漫画では美人で可愛い度胸も勇気も正義感もある、そして面白い。泣けるシーンもある。弱い部分は沢山ある。
といった、複雑な環境で、境遇の人の役なのですが、
その役の大後寿々花が、特に可愛いわけでも、美人なわけでも、演技がうまいわけでもないので、
重要な役として出るにはとても残念で、当時毎週見ながらイライラしてました(汗)

作品も、原作も、脚本もいいのに本当にそこだけがもったいなくて、もったいなくて・・・

今でも見返すと、美月役だけイライラして仕方ないです。

それ以外は100点満点の面白い作品です!

女性30代
女性30代

優しくて熱血漢で見た目は少年にしか見えない超童顔刑事の柴田竹虎の通称シバトラと独特キャラの仲間たちチームシバトラが独自の捜査方法で荒廃した少年犯罪に立ち向かう姿が素晴らしかったです。

小池徹平さん演じるシバトラのだれでも信じる性格や、そのおかげでシバトラの周りにどんどん人が集まっていって、みんなシバトラに救ってもらっていて、その恩返しをするかのようにシバトラの力になっていくのもこの作品の良い部分でもあります。

童顔な刑事という設定だけで学校のみならず、ショップや刑務所などまで話が広がる部分も斬新です。

最終話までの4話くらいの話はなかなか良かったです。

特に最終話にかけては奥が深い話になっていて更に良くなっています。

それ以外の話も脚本に深みがあり、展開がどんどん変わったりと見ていて飽きないです。

たまにコワイシーンとかもあったけどとても分かりやすいドラマです。

最初から最後まで一貫して話がつながっていて、誰もが観やすい作品だったと思います。

月並みですがまずこのドラマの魅力として、物語の面白さが挙げられます。

主に少年少女が絡む事件を扱う本作は意外な展開の連続で、視聴者を決して飽きさせない要素が詰まっています。

まとめ

童顔で中学生にまで間違われてしまう竹虎に、小池徹平さんがしっかりはまっていました。

父親を殺されながらも、冷静に人を信じることに努める竹虎。

鬼神を探し捜索していましたが、鬼神の正体は、ごく身近にいた人物・美月でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました