集団左遷の見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最終話)視聴方法のまとめ

集団左遷 国内ドラマ

集団左遷(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『集団左遷』の動画はお試し無料期間を利用すれば P a r a v i で見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『集団左遷』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

「集団左遷!!」BD&DVD 10月25日(金)発売!豪華特典映像も!!

令和最初のエンターテイメント。

銀行を舞台に悪を暴いていく痛快物語です。

ドラマ『集団左遷』を無料で見る

ドラマ『集団左遷』は

見放題作品数No1の動画配信サービス P a r a v i

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ2週間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

30日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『集団左遷』の視聴をする/

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

集団左遷(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『集団左遷』のあらすじ
第1話『俺達に明日はない!?ノルマ100億に挑め!ド根性男の奇跡始動』(視聴率:13.9%)

片岡洋は銀行員であるが昇格を受けて喜んでいました。

実はこの昇格には条件があり、半年以内にノルマを達成できなければ店は潰れるというものでした。

そしてもうこの店は潰れることに決まっているからということも付け加えられたのだった。

そして昇格した場所で初めての出勤だったがいきなり社長がいなくなってしまったという連絡がくる。

担当者の平と共に社長探しをすることになるのだが横山からは頑張らなくていいという言葉を受けた片岡。

社長を探すことは頑張っていることになるのではないかと疑問に思った。

第2話『逆転不可能に挑め!!ダメ社員達の奇策!?』(視聴率:8.9%)

片岡は横山にある提案を持ちかけることにした。

それは100億円のノルマを達成できたら自分が今いる支店銀行を潰さないで欲しいというものだった。

もちろんそんな無謀なことなんてできるわけがないと部下たちからはヤジが飛んだ。

頑張るだけだとやけに張り切る片岡だったがこれには本部による思惑があった。

相手が悪すぎるがやるしかないと片岡は動き出した。

第3話『絶体絶命大ピンチ!!裏切り者はだれだ!?』(視聴率:10.2%)

蒲田支店のメンバーの元へ横山が現れ、これからも期待しているという言葉を残して立ち去ってしまった。

この言葉に喜ぶ片岡だったが急遽、小平支店の方へ人を回して欲しいと言われた。

忙しい中でも真山はやたらと本部の方を気にしていたのでこれは真山に何かあるのではないかと疑わずにはいられなかった。

そんな中、田口孝一が蒲田支店へ融資の相談にやってきた。

第4話『ついにリストラ決定!?土壇場支店の結末!!』(視聴率:9.1%)

最初に言われたノルマ達成まであと4ヶ月となった。

片岡は三嶋からビルを建てる予定があるがこれがうまく行くなら20億の融資につながるといった。

さらに高級ホテルを建てるために40億融資して欲しいと言ってきた。

もしこの2つの事柄が成功すれば一気にノルマまで近づけることができると片岡は喜んだ。

5話『さらば、愛しの男!?前代未聞の大失敗!!』(視聴率:9.0%)

蒲田支店の内容が週刊誌に載り、ガラガラだと思われた店内は逆に賑わいを見せていた。

このままいけばノルマまで一気に縮めることができる。

ところがどういうわけか決まりそうだったところまで行ったのに何故か羽田支店に融資を乗り換える顧客が殺到することになった。

いままで蒲田支店に融資しようとしてくれていたのにおかしいと片岡は思った。

第6話『全員リストラ決定!?支店長最後の大選択』(視聴率:7.8%)

三嶋はすべてをなかったことにしようと思い、海外へ一人で逃げようと思っていた。

だがそんな三嶋の考えも失敗に終わり、捕らえられてしまった。

詐欺が発覚したからといって横山の姿勢は変わらなかった。

ノルマに一円でも届かなかった時は店が潰れるという。

ここまでみんなで乗り越えてやってきたものがついに存続かそれとも潰れるか、どちらかに分かれる時が来た。

第7話『本部編始動‼︎巨大な上層部の悪事を暴け』(視聴率:7.8%)

横山が言っていたノルマには届かなかったため、蒲田支店は潰れてしまうことが決まった。

それと同時に片岡は自動的に本部へ異動となった。

早速片岡は本部で衝撃的な事件に出会う。

ダニエルが会社の資本金を無断で流用し自分のためだけに使っていたということが明らかになった。

だが真山の元へダニエルははめられたのだという内容のメールが届いた。

第8話『因縁上司をやっつけろ!?』(視聴率:11.9%)

潰れてしまった蒲田支店。

そこで片岡とともに働いていた社員達の様子が気になっていた。

片岡は新しくなった廃業のリストを見ながらため息が溢れるばかりだった。

前々から思っていたことだがどうも横山の動きが怪しくて気になってしまう。

そんな時、片岡は隅田から内密に頼まれたことがあり真山とともに行動を開始することになった。

第9話『託された不正の証拠!最後の大逆転目前』(視聴率:10.9%)

片岡と真山は捜査の結果、見事横山の裏をかぎつけることに成功した。

成功はしたものの、藤田の裏切り行為が発覚して掴んだ証拠が水の泡となってしまった。

せっかく横山の証拠を掴んだのに失敗に終わってしまったため再び証拠を見つけることになった。

片岡と真山だけでなく、蒲田支店のまたメンバー達が立ち上がった。

大手会社との合理化やリストラを阻止することを誓う。

最終話『完結〜下克上の行方 熱き男が起こす奇跡』(視聴率:13.9%)

横山の件についてもう打つ手がなくなってしまった片岡。

最後の手段としてマスコミに話すのはどうかと梅原が提案してくれた。

それしか手がないと思った片岡は真山と共に再び調査を進めていく。

片岡達が何かしようとしていることに気づいた横山はある秘策を思いつき、片岡達に襲い掛かろうとしていた。

片岡は横山と勝負するためとは言え、これは誰かのためになるのかどうか迷っていた。

ドラマ『集団左遷』の登場人物

片岡洋   (福山雅治)

真山徹   (香川照之)

横山輝生  (井上博史)

滝川晃司  (神木隆之介)

木田美恵子 (中村アン)

※相関図

(c)TBS

ドラマ『集団左遷』の主題歌

エレファントカシマシ 『俺たちの明日』

エレファントカシマシ – 「俺たちの明日」

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

集団左遷(集団左遷)の感想・まとめ

ドラマ『集団左遷』の感想
女性20代
女性20代

ミュージシャンでありながら俳優としての一面も持つ福山雅治さんがスーツ姿を身にまとい、とにかく走りまくる姿がとても印象的なドラマで、決してかっこよい役ではないのですが、一生懸命に物事に取り組む姿勢が好印象で見どころだと思います。

演技派の三上博史さんも出演していて、その顔面での表情に迫力がありそこも見どころになると思います。

銀行というところは、そこに限らず会社と社員との関係は、なかなか大変だなあとつくづく感じました。

会社の利益になるのであれば、社員を容赦なく切り捨てるような非常な面を常に持ち合わせているところが、会社という組織なのかなあと考えさせられました。

出番は少なかったのですが、主人公片岡の息抜きシーンにでてくるパパイヤ鈴木さんもいい味出していました。

その他の感想はここから見れます
男性30代
男性30代

良くも悪くも、主人公の片岡を演じた福山雅治さんがハマっていたと思います。
難しい事は考えずに、少しバカな所がどこか福山さんの雰囲気にあっていたと思った人は多いと思います。
そんな片岡さんは、銀行の支店長になり浮かれていましたが、それは大きな陰謀の幕開けでした。
計画的に店舗を閉鎖する為の、後始末を押し付けられますが上司に逆らって融資額を増やすというチャレンジに出ます。
最初は、無意味な自信と無計画で始まった挑戦ですが、実績が上がっていきどんどんと無理なノルマをこなしていきます。
そして、目標は達成できたのか?無理なノルマを課した横山の狙いはなんだったのか?
最初は軽いドラマかと思いましたが、引き込まれる独特の世界観のある所が見どころなドラマです。

女性20代
女性20代

このドラマの見どころは福山雅治さんの演技です。

今までの福山さんのイメージとはまるで違っていた役でびっくりしました。

どこか余裕のあるかっこいい役が多かったように感じますが、今回は必死に駆けずり回る役です。

走るシーンもたくさんあって、福山さんの新たな一面が見れたようで嬉しくなりました。

そしてもう一つ嬉しかったのは福山雅治さんと神木隆之介さんの共演です。

2人とも芸歴の長いベテラン俳優さんです。まさか2人のコラボが見られると思っていなかったので、わくわくが止まりませんでした。

そして福山さん演じる主人公の頑張りにより、銀行のメンバーが段々一つになっていく様子にもわくわくしました。

そして最後まで予想のつかない展開で目が離せませんでした。

男性30代
男性30代

福山雅治さんの正義感に満ち溢れた演技やセリフにはちょっとインパクトがあってややオーバーなくらいに仕事にアツい姿には毎週日曜日の夜に元気をもらって翌日の月曜日に気持ちよく出社したくなる気持ちをもらえていたのを当時覚えています。

 

オープニングにあるアニメのような映像の入りもコミカルな印象があってそのゆるい雰囲気からのスタートがいつも気持ち良かったです。

 

主人公の相棒的な役割でもあった香川照之さん演じる男性は初めはこそこそと行動していたり金銭的な視点から細かいチェックや指摘があるなど内部の裏切り者なのか怪しさがありましたが実は仕事にアツいだけだったという、蓋を開けてみたら違ったみたいな展開がとても興味深く面白く感じられた設定でした。

女性40代
女性40代

基本的には王道の「ザ 日曜劇場」です。

権力闘争に明け暮れる上層部(三上博史)が、最前線の支店を潰すために新支店長たちに非公式に厳命を発します。

「働くな。そして頑張るな。その代わりお前達だけは救ってやってもいい」それは、不採算を口実にまだ活路のある支店を潰しての業務の効率化。

これにウッカリ立ち向かってしまうのが福山雅治扮する主人公。

「えー、がんばっても…いいですか?」ここからの逆転劇が楽しかったです。

小刻みな時事ネタ(地面師グループ編痛快です!)を織り込みつつ、悪役色の強い(日曜劇場ならではですが)香川照之がまさかの味方になったりと怒涛の展開。

しかしラストに向けて、リアルな面も出てきます。

ラスボスのように見えた人物さえ、歯車のようにすり減らされる巨大企業。

暗黒面を覗き込んだ後、前向きに生きる人々が点描され、彼らの笑顔が救いになります。

やはり、日曜劇場です!

男性20代
男性20代

頑張ればなんとかなる!は昭和世代の感覚であり、現在の令和では残念なことに通用しないお話を狙って熱血でお人好しなキャラを誇張した演技の福山雅治は見ていて新鮮で非常に面白さもありました。

馬鹿正直な福山さんに周囲の部下が突っ込むセリフに見られる今風の反応がリアルだと感じたのと同時に上には逆らえないという悲しい現実が見え隠れしていました。

しかし、雇われる身としては覚悟の上と悪役な重役三上博史さんに下克上の展開を見せるシーンが様々で見どころ満載でした。
第一部のコミカルな左遷話からシリアスな裏金話へとシフトする展開では、個人的にもコミカル路線と見ていただけに少し残念でしたが、毎回きになる終演で楽しませてくれたと思います。

一番存在感を発揮したのは、福山さんでも香川照之さんでもなく、一番の悪役を演じた三上博史さんでした。

一部から二部へまたがる三上さんの野望を福山さんがどう阻むのかが焦点となっており、毎回楽しみな展開を演出していたと思います。

女性30代
女性30代

銀行が舞台なので当然かもしれませんが、どうしても「半沢直樹」と比較してしまいますが、正直、パンチが弱く二番煎じ感の否めないドラマでした。

出演者も被っている方が何人か出られており、半沢での役の印象があるので、別の人で構成してほしかったです。

このドラマで特徴的なのは、前半と後半で物語が大きく方向性が変わるところですね。

前半の蒲田支店ノルマ達成に奮起する方が面白く、盛り上がっていたように感じます。

職員がだんだん一致団結して、困難に立ち向かっていく姿は毎週元気をもらっていました。

福山雅治の演技については、やや批判多いようですが、個人的には、あの熱血さが空回りしている感じはいいと思います。

確かに、若干浮いていた感じはありましたが熱血さがまわりと比べて温度差があり、やや空回りしてる様子はリアリティがありました。

昭和生まれの熱血タイプってこんな人多いのではないかなと思います。

どこか決断力に欠け、頼りなさが残るものの、徐々に部下から信頼されていく上司像がちゃんと描かれていたように感じました。

気になったのが、タイトルの「集団左遷」っていうほどの異動はなかったことですね。

前半の最後で、結局全員が散り散りになりますが、異動ってそこだけでした。

ですので、後半の展開により失速感がありました。

不正はしてしまいますが、副頭取の横山(三上博史)の徹底的な改革路線や厳しい決断力は企業上層部の努力や苦悩も感じるところもあり、後半の見どころといっていいと思います。

女性40代
女性40代

廃店が決まっている銀行内で、転勤してきて奮闘する支店長や、それを知らないながらも頑張る部下の銀行員たちがアツイですね。

逆転を信じて「やればできる」と挑戦を重ねる行員たちは、今も実際にどこかにいそうです。

銀行は動くおカネの額が大きかったりする分、判断に苦慮すると思われます。
融資先の社長に逃げられたり、本当にあったら焦りますよね。

このドラマの場合、本部の人間の真意も計りかねます。

とかげのしっぽ切りではなく、大も小も生かす人事をお願いしたいですよね。

不正を正したり、それでいて部下を守ろうとする支店長・片岡。

皆のことを考えるあまり、あわや告発を思いとどまろうかとの場面に彼に一喝する真山。

真の銀行員魂を垣間見る作品でした。

ドラマ『集団左遷』のまとめ

大きな組織やお金が動くとこんなにも大変なことになるのだなと思いました。

社会のため、自分のためには何が必要かということがわかったような気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました