娼年の無料動画配信を(映画)視聴する方法

娼年 邦画

娼年(映画)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、映画『娼年』の動画はお試し無料期間を利用すればFOD premiumで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

映画『娼年』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

4/6(金)公開 映画『娼年』予告篇

原作は同名の石田衣良さんによる小説「娼年」です。

映画で主演を務めた松坂桃李さんは舞台版の娼年にも出演されています。

監督の三浦大輔さんも舞台版で演出を担当されています。

セックスがテーマですが、この作品は行為をするというだけでなく、行為をしたことによってはじめて女性の内面を知ることができるというメッセージ性があります。

いままでセックスにはいやらしさというイメージがありましたが、娼年でのセックスシーンは青い背景の中裸体が映し出されていてとても綺麗でした。

映画『娼年』を無料で見る

映画『娼年』は

見放題作品数No1の動画配信サービスFOD premium

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ14日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『娼年』の視聴をする/

今すぐ14間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

娼年(映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

映画『娼年』のあらすじ

・女なんてつまらない

大学生の領は、日々の生活に面白さを見いだせず、次第に大学へも足が遠のいていく。

ある日、バーテンダーのアルバイトをする領の店に、幼馴染のホスト・進也が客の静香を連れてやって来た。

閉店後、店の前で領を待っていた静香は、「女なんてつまらない」と店で呟いた領に興味をもったとのこと。

セックスについても、手順の決まった面倒な運動だと言い切る領に対し、静香は本当にそうなのか確かめるために、領を自分のマンションへと誘う。

・静香の評価

マンションへ着くと、静香は耳に障害を持った咲良を紹介し、自分の目の前で咲良とセックスをするよう領に指示する。

静香は、会員制ボーイズクラブ「Le Club Passion」の経営者で、領の行為を見て値段を付けると言う。

1万円以上の値が付かなければ、最低時給には届かず「Le Club Passion」では働けないとのこと。

領は言われるまま、静香の前で咲良とのセックスを終える。

領のセックスに静香が付けた値段は5000円。

「Le Club Passion」への入店は出来ないはずであったが、咲良が5000円をプラスしたため1万円に届いたことで条件が揃う。

領は「Le Club Passion」で働いてみることになった。

映画『娼年』のネタバレ

・「リョウ」としての仕事

「リョウ」として「Le Club Passion」で働くこととなった領。

初仕事の相手は、クラブ常連のヒロミだった。

カフェで話しただけで帰ってしまったヒロミに領は自信を無くすが、ヒロミは翌日も領を指名する。

領の行為に満足したヒロミは、領を自分の専属にしたいと希望するのだった。

次に「リョウ」の客となったのは、文学の好きなイツキという女性。

領はイツキから変わった性癖を告白される。

小学生の頃に気づいたと言うイツキの快感とは、トイレ以外の場所で自分の排尿シーンを見られることだという。

イツキを否定することなくイツキの希望を叶える領。

領は、様々に異なる欲望のあり方を知っていく。

・経験を重ねていく「リョウ」

様々な客と出会い、経験を重ねていく領。

セックスレスに悩む主婦、糖尿病を患い、夫婦生活を営めなくなった夫から、その妻と領との行為を撮影することを望む依頼…夫を亡くした70歳の女性…

領は、それぞれの客たちに真摯に向き合い、それぞれの願いを叶えていく。

年の差に関係なく安心感を与えてくれる領の姿は評判を呼び、領はいつしかVIPクラスに昇格していた。

・静香への告白

静香は領の働きを褒め、領へ褒美のプレゼントを与えようとしていた。

欲しいものを聞かれた領は、静香だと答える。

強引に静かに迫る領を、引っ叩く静香。

領は今日の仕事を終えた後、自分の成長の評価をして欲しいと静香に頼む。

指名客との待ち合わせのホテルに行くと、大学の同級生の恵が待っていた。

かねてから大学に来なくなった領を心配して世話を焼いていた恵は、領のことが好きだった。

領が娼夫の仕事をしていると知りショックを受けた恵は、領のことを知ろうと客となった。

領との行為を終えた恵は、愛情ではなく、娼夫としての領の行為に涙を流すが、領は優しく恵に声を掛ける。

・静香の過去

静香は領に元娼婦であること、咲良は自分の娘であること、そして現在エイズを患っていることを告げる。

領は静香の前で、かつてのように咲良と肌を合わせるが、領の行為を見ていた静香は、領の確かな成長を感じる。

領の母親は領の幼い頃、外出中に心筋梗塞で亡くなっていた。

静香の調べによると、領の母親も娼婦の仕事をしていたことが分かったとのことで、領は不思議な縁を感じる。

その後、「Le Club Passion」は警察に摘発され、静香は領に手紙を残して姿を消す。

その1年後、領は咲良と共に静香の意志を受け継ぎ、クラブを再開していた。

映画『娼年』の登場人物

森中領 (松坂桃李)

御堂静香(真飛聖)

咲良  (冨手麻妙)

イツキ (馬渕英里何)

白崎恵 (桜井ユキ)

ヒロミ (大谷麻衣)

泉川  (西岡徳馬)

映画『娼年』の主題歌

Peggy Lee 「Mr. Wonderful」

Peggy Lee – Mr. Wonderful (1956)

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ14間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

娼年(映画)の感想・まとめ

映画『娼年』の感想
女性20代
女性20代

年齢制限がかかっているけどきっとこの作品の松坂桃李さんはかっこいいんだろうなとおもって見始めたのですが、思っている以上にカロリーが高いというかちょっとレベルが高すぎて驚きました。

SNSでも結構卑猥だとか言われていたのでそういうのをわかってみたにもかかわらず、思っているものを遥に上回っていたので衝撃が走りましたしいろいろ言いたいことがある作品だったなと思います。

どうしてこの作品を受けたのかと思ってしまうくらいの映画の内容だなと思いましたが、松坂さんがしてくれるとなると世の女性も見たいって思うんだろうなと思いました。

私もその1人だったのでまんまと罠にはめられたかなと思ってちょっと悔しくなりました。

その他の感想はここから見れます
女性40代
女性40代

タイトルとR18の指定があるところから、エロティックな内容である想像は容易くつきました。

ただ、売春している個人が男性であった為、見る前から何故か買う側も男の人なのだろと考えていました。

春を買う者は男、と思い込んでいたせいでしょう。

なので、見てみると買う側が女性であったことに予想外の驚きと興味を持ちました。

それはやはり、私自身が女であるせいでしょう。
全体的な感想としては、非常に面白かったです。

予想を裏切られる展開が続いたこともありますし、かといって奇抜すぎることもなく、見ながら納得してしまう説得力にも溢れていました。

主役を演じた松坂桃李の演技力は抜群でしたし、ちょっと憂いのある、どんなに持ち上げても明るいとは言えない主人公の雰囲気に、彼の容貌がとてもマッチしていました。
物語ですから、主人公の抱く葛藤はもちろん、周囲の人々の持つ心の疵や、売春に対する世間の認識や見る目といった厳しさも当然描かれていましたが、それらが後味の悪さを伴わない部分が素晴らしいと思いました。

娼夫をしていることが友人たちに知られてしまい、口汚く罵られて口論となる。

そういった関係の歪みは後日に思わぬ形で主人公を襲うことになりますが、彼は自分なりの方法でそれを昇華し、視聴者にも苦みや苦痛を味合わせることなく完遂してくれたと思います。
エロティックな内容が苦手であれば、そもそも視聴しようとは思わない作品ですが、リアルで濃厚なセックスシーンの多さから考えると、信じられない爽やかさでした。

人間の持つ複雑さ。迂闊に人前では出せない、いわゆる性癖。お金で買う相手だからこそ、見せることのできる本性……そういった、一見醜悪な一面を魅力とさえ見せてしまう、非常に高クオリティな作品であったと思います。

ただ、見るならば一人で、がお薦めでしょうか(笑)友人や家族と共有するには、少しばかり複雑な思いを見る側も抱いてしまうと思うので。
最後に、タイトルの『娼年』もまた意味深だなぁと思いました。作中では主人公は自分のことを「娼夫」と表現していますが、実際のタイトルは「娼年」。

そのことを念頭に置いて主人公の姿を追っていくと、しみじみと感じ入るものがあります。良作、ありがとうございました。

女性30代
女性30代

肉体というテーマを扱った作品にも関わらず、やらしさがあまり無かったのが素晴らしい部分でもあります。

個人的に思ったのが、演じられているのが松坂桃李さんだったからかもしれないです。

彼が持つ色気と影を感じるような雰囲気が印象的で、圧倒的な演技力を見せつけられたような感覚にも陥ってしまうぐらいです。

あと、女性の中でも静香さんがとにかく美しくて同じ女性だけど、見惚れてしまいます。

主人公が娼夫の仕事を通して成長していく姿が良かったし、また素敵なセリフもちりばめられていてどこか温かい気持ちにもなれます。

以前ならこのような作品とかは女性が観賞するのに抵抗もあったはずですが、今の時代なら女性の方にもオススメ出来ます。

また、人と人の繋がりによって生まれる愛おしさや、優しさが感じられるお話です。

女性30代
女性30代

初めて見たときは最初から性交シーンだったので正直少し驚きました。

そして松坂桃李さんのおしりは綺麗でした。

しかし物語としてはしっかりしていて、主演の松坂桃李さんの体を張ったお芝居も影のある青年やくもとても役にはまっていました。

娼年として仕事にやりがいを見出していき、周りには言えないが楽しんでいるという感じが伝わってきました。

また、たくさんの性癖をもった女性も出てきて、人に言えないような性癖を持っている女性が見れば、もしかしたら救いになるんじゃないかと思いました。

雇い主の女性もHIVを患っているという設定で、性病に関してもしっかりデリケートにあらすじの中に組み込んでいるのだなと思いました。

そして、すこしコミカルな部分もあって楽しめました。

女性30代
女性30代

とにかく最初に観たときは主演の松坂桃李さんの美しさにノックアウトしてしまいました。

題名からも分かる通り決して清く清々しいような青春映画ではありませんし、ドロドロとした部分もありますが、松坂桃李さんを見ていると不思議な気持ちになり、何だか神々しいものまで感じるような気持ちになりました。

私は小説をだいぶ昔に読んでおり、主人公にもイメージがあったのですが崩れることなく、そして小説よりもずっとキレイに透明感のある主人公になっていた気がします。

主人公のあの透明さや虚無感は松坂桃李さんにしか出せないかもしれないと思いながら観ていました。

ただ、一点だけ欲を言えばもっと主人公が自分の言葉で話したり、表情を画面に見せて感情が垣間見れるシーンがあればよかったのにと思います。

映画『娼年』のまとめ

想像以上にリアルな性描写、尚且つ、その演者が松坂桃李さんということに最初は衝撃を受けましたが、女性目線の人それぞれの欲望を肯定する内容に、いつしか引き込まれていました。

女性の支持が高い映画だったことに納得です。

松坂桃李さんの演技力の素晴らしさをあらためて感じる映画ですね。

男性、女性にかかわらず、すべての大人におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました