白い巨塔 無料動画配信(続編ドラマ再放送~最終回)フル視聴/

国内ドラマ

白い巨塔(ドラマ)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『白い巨塔』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

山崎豊子さんの長編小説の中でも傑作と云われる『白い巨塔』は、これまで幾度も映像化され、その度に大きな反響を呼びました。

今回はその中でも特にキャスティングと人物対比の演出が好評を博した、2003年10月から2004年3月まで放送されたTVドラマをご紹介していきます。

唐沢寿明さんと江口洋介さんの迫真の演技で繰り広げられる、野心と理想という信念のぶつかり合いを振り返っていきましょう。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

白い巨塔(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『白い巨塔』のあらすじ

・二人の医師

国立浪速大学病院第一外科助教授である財前五郎は、天才的なオペ技術を持つ自信家で教授の椅子を狙う野望を抱いていた。

一方、同じ病院の第一内科助教授である里見脩二は、友人の財前とは裏腹に患者を第一に考える研究一筋の男で、その正義感の強さから周囲に煙たがられる存在でもあった。

 

・覇権争い

食道外科の権威である財前の元には全国各地から患者が集まってくるが、財前が優先するのは著名な有力者やその紹介の特診患者ばかり。

何故なら、彼はその卓越した技術と実績により次期教授の座を狙っていたからだった。

だが、そんな財前を快く思わない現在の第一外科教授の東貞蔵は、何かにつけ彼に苦言を呈しついには他大学からの教授に相応しい人物を招聘しようと画策するのだった。

そんな財前には他にも敵視される教授たちがいて、彼は妻の父親で産婦人科を経営する大阪市医師会副会長の財前又一の助力を利用し、浪速大学医学部長の鵜飼らを篭絡(ろうらく)して地固めに奔走するのだった。

 

・医療ミス

結果として僅差で教授選を制し第一外科教授となった財前。

だが、弁当屋の経営者である佐々木庸平の食道がんの診断に於いて、医療ミスの疑いをかけられることになってしまう。

佐々木庸平の食道がんのオペは財前が執刀し成功したように見えたが、その後、容体が急変して亡くなっていた。

この事を不審に思った佐々木の家族は、誤審を疑い始め、医療ミスとして訴訟を起こす。

財前たち病院側は、裁判で不利になると思われる証拠をあらゆる手段で隠蔽していくが、親族側に寄り添う里見をはじめとした病院関係者に追い込まれていく事になるのだった。

『白い巨塔』のネタバレ

・財前と里見

関西一の大学病院の国立浪速大学病院に勤める財前五郎と里見脩二。

第一外科助教授の財前は卓越したオペ技術と教授になるという強い野心を持っており、常に有力者などの特診患者を優先し、病院内の政治的な権力を重視していた。

一方、第一内科助教授の里見は、患者の命に寄り添う医療を信条とした研究一筋の内科医で、自分の技術を誇示する為にオペを行う自信家の財前に「医者は神様ではなく人間だ」と強く訴えていた。

そんな里見は、ある日、女性患者の見過ごされていた早期の膵臓癌を発見すると、財前に症状を説明し、オペで救う事を提案する。

早期の膵臓癌という珍しい症例に興味を示す財前だが、それが医学部長である鵜飼の見落としだとわかると態度を一変させオペを拒否してしまう。

すると、里見は食って掛かるが、財前は「医者は神様ではなく人間なんだよ」と、里見の言葉をそのまま返すのだった。

 

・技術だけではダメ

一度はオペを断った財前だが、医師としての功名心と自身の欲求を満たす為に、第一外科教授の東と鵜飼医学部長の目を盗んでオペを実施し成功させる。

しかし、この事が鵜飼にバレると微妙な誤解が生じ、慌てた財前は高価な絵画を贈るが、賄賂を受け取ったと思われては困ると鵜飼に告げられてしまうのだった。

鵜飼を懐柔できなかった事に狼狽えた財前は、義父の財前又一に相談する。

すると、産婦人科を経営し資産家でもある又一は、自身が副会長を務める大阪医師会会長の岩田に鵜飼の説得を依頼する。

実は、岩田は鵜飼の恩人にあたり、財前はこれからの支援をお願いする為に頭を下げ、鵜飼の懐柔に成功するのだった。

 

・本当の医者はいない

一方、財前の事を快く思っていなかった東教授は、膵臓癌のオペの事を知り、里見から事情を聞くと財前に審問教授会へ出席するように命ずる。

窮地に立たされた財前は真実を打ち明けるべきだと話す里見を無視して、自分の非を認めたように土下座するなどしながら、患者の命を救うためだと訴え、その場を何とか凌ぎきった。

その後、東教授との溝は深まるばかりだが、財前は政財界の大物である五十嵐のオペを成功させるなどして、他の教授たちの視線が自分に注がれるように仕向けていく。

すると、これまで以上に財前を訝しく思うようになった東教授は、外部から人選して教授選に推薦しようと考え、石川大学医学部教授の菊川昇と面会するのだった。

たまたま、その場を訪れた財前はその事を察知し策を講じる。

財前は五十嵐から謝礼として受け取った1億円を医学部記念式典の基金として寄付し、東教授以外の支持を得ることに成功するのだった。

この影響で財前を毛嫌いする東教授の求心力は低下し、教授夫人会、通称くれない会でも東教授夫人である政子の立場も弱くなっていった。

そんな中、くれない会の会合中に政子が心労から倒れてしまうが、娘の佐枝子は財前を筆頭に浪速大学病院医師たちの治療を拒否する。

何故なら、覇権争いばかりを優先するこの病院には、本当の医者はいないと佐枝子は感じていたからだった。

 

・波乱の教授選

まさに覇権争いの象徴である教授選が迫り、財前又一は、義息の財前五郎を何としても教授にする為に実弾つまりは現金を賄賂として選考委員となる教授たちに配っていた。

明らかに政治的要素が強まった教授選を見かねた大河内教授は、選考委員長に名乗りを挙げ、更に候補者を全国公募する事を提案するのだった。

このことに動揺した財前は東教授の機嫌を伺い、里見に大河内教授との間を取りなすように頼むなどなりふり構わず奔走する。

だが、思ったような支持を得られず、そのまま教授選投票日を迎えてしまう。

そして、投票が始まろうとした時、候補者から絞れないと云う理由で東教授は投票を棄権するのだった。

 

・財前教授誕生

東教授の棄権により騒然となった教授選だったが、結局は財前と菊川の決選投票となった。

すると、双方の支持者は票集めに躍起になり、財前の部下たちは菊川に辞退を直談判するが、その事が東教授や鵜飼医学部長に知られ、怒りを買ってしまう。

財前は、決選投票前日まであらゆる手段を講じて沈静化を図り、決選投票の結果、念願の教授となるが、どことなく虚しさを感じるのだった。

そんな財前は、東教授の浪速大学病院最終日に、あえて佐々木庸平のオペ予定を入れる。

だが、この佐々木庸平の診断については里見と柳原が転移の可能性を危惧して再検査を進言していたが、食道癌をオペで切除すれば問題ないと財前は耳を貸さない。

そして、里見が見つめるなか大勢の医師を引き連れた財前教授の総回診が始まるのだった。

 

・誤診?

佐々木庸平のオペを終えた財前は、国際外科医学会へ出席する為にすぐにポーランドへ出発していた。

だが、無事にオペを終えたはずの佐々木庸平の容体が悪化し始め、ついには亡くなってしまうのだった。

その頃、ポーランド滞在中の財前はアウシュビッツ強制収容所を訪れており、ここではかつて医師による人体実験が行われ、いくつもの命が失われたと案内人から説明を受けていた。

一方、浪速大学病院では大河内教授による佐々木庸平の病理解剖が行なわれ、彼の死因が里見や柳原が危惧していた通り、癌の転移によるものだと判明してしまう。

そして、財前が帰国すると佐々木庸平の息子が現れ、「父はお前に殺された」と言い放つのだった。

 

・訴えられる財前

最初の診察時から財前に不信感を抱いていた佐々木の妻よし江は、財前の医療過誤を疑い訴訟を請け負ってくれる弁護士を探し続けていた。

だが、一般的に医療裁判に勝てる見込みはかなり低く、どこの弁護士事務所でも断られ続ける。

そんなよし江が訪れたのは、あの東教授の娘佐枝子がアルバイトをしている関口弁護士で、彼が医療裁判専門だと知って藁にも縋る思いでやって来たが、彼女は心労が祟り倒れてしまうのだった。

関口は、そんな彼女の想いを聞くと、佐枝子の説得もありこの訴訟を引き受ける。

そして、二週間後、総回診中の財前に裁判所から連絡が入るのだった。

 

・隠蔽工作

財前を訴えた関口弁護士は浪速大学病院へ乗り込むが、なかなか思うように話が聞けず証拠も掴めない。

そんな関口は、訴訟を請け負ったものの勝ち目があるとは思っておらず、浪速大病院とこの関口の事務所双方の内情を知る佐枝子は「医者も弁護士も最低」と罵り、関口を追い詰めていく。

すると、関口は気持ちを改め、もう一度真剣に向き合うのだった。

一方、会議に参加していた里見は浪速大病院の弁護士がカルテの改ざんを指示しているのを目の当たりにし、たまらなくなって席を外す。

そして、病院の不正や隠蔽体質に辟易していた里見は関口の元を訪れ、裁判での証言を約束するのだった。

 

・里見の覚悟

裁判が始まると財前の誤診についての審問が行なわれ、まずは病理解剖を担当した大河内教授が、癌の転移を考慮しなかった財前の診断の甘さを指摘する。

そして、原告であるよし江や柳原の証言を終えると、浪速大学病院の医師である里見が、自らの居場所を失う可能性があるにも拘わらず、遺族の為に原告側の証人として証言台に立った。

里見は、すべてを打ち明けた。

転移の可能性を示唆し再検査を進言したが受け入れられなかった事や、その後主治医を任された柳原が容体の急変に対応するために指示を仰ぐも、しっかりとした指示を得られなかった事などを、包み隠さず証言するのだった。

そんな里見はすべてを賭けて裁判に臨んでおり、その後、病院で財前にオペを拒否されようとも、地位や名誉のためではなく、患者の為に証言を止めない。

結局、裁判は鑑定医の報告により財前へと形勢が傾き始めると、そのまま結審され財前の誤診は認めらなかった。

そして、里見は浪速大学病院を去ることになるが、いつでも証言台に立つと約束するのだった。

 

・控訴審と財前の異変

それから1年後、控訴した遺族。

関口は新たな証拠や証言を得ようと奔走するが、浪速大学病院を敵に回してまで証言する人物は現れず息詰まってしまう。

一方、控訴審など目にも入らない財前は、世界トップの癌治療の最前線となるがんセンター予定地を見学し、自らがそのトップへ君臨する夢を見ていた。

そんな財前は、佐々木庸平と似た雰囲気の安田太一という患者のオペを引き受け、その最中に佐々木の面影が重なり合うと、誤って違う静脈血管を切ってしまい、オペ室は騒然となるのだった。

その後、何とか出血を止めオペを終えた財前は平静を装うが、周囲は異変を感じ取っていた。

 

・暴かれる嘘

手詰まりだった関口は、財前の師である東に証言を求めるが断られてしまっていた。

そんな東は、里見から財前が自分の都合の為に検査を怠り、オペを急いだ結果、一人の患者を死なせたと聞かされる。

自身が浪速大学病院を去った日に起きていた事実を知り、東は関口からの証人要請を引き受けるのだった。

一方、当時の主任看護師であった亀山君子は、財前の不正と佐々木の死に関与したことを悔やみながらも関口からの協力を拒み続け、同じように病院の隠蔽に加担してしまった柳原も、罪の意識に苛まれ続けており自暴自棄な毎日を送っていた。

そんな中、控訴審が始まり遺族側の証人として証言台に立った東は、財前側の弁護士から財前との確執を指摘されその事を認めるも、「今後の医療に繋げるため」だと証言の正統性を主張する。

だが、形勢を覆すことは出来ず、関口は新たな反撃の糸口を模索し続けるのだった。

その頃、財前は確実に控訴を退けようと新しく設立されるがんセンターの内科部長に里見を勧誘するなど、積極的に動いていた。

そして、次の控訴審が始まると関口は今までとは違う切り口で尋問し、財前を問い詰めていく。

すると、追い詰められ始めた財前は、次第に主治医であった柳原に責任を転嫁するような証言を並べ続け、それを傍聴席で聞いていた柳原は「嘘だ」と叫ぶのだった。

そんな柳原の姿を目にした君子は、次回の公判で証言する事を約束する。

公判を前に財前側は亀山君子の証言を恐れ、当時のカンファレンス記録を処分するが、公判当日、君子は手術前説明の記録を証拠として提出していた。

そして、この君子の証言で形成が覆り遺族側が優勢となったところで、里見への尋問が始まる。

すると、里見は「その患者がたとえ助からないとしても、最後は患者自身が生き方を選ぶべきだ」と言い切るのだった。

結局、医療過誤が認められ控訴審は結審するが、自身の敗訴を聞いた財前は法廷で倒れてしまう。

皮肉なことに癌治療のスペシャリストである財前自身が、癌に犯されていることに気づいていなかったのだ。

 

・結末

財前は外科医として唯一信頼している東にオペの執刀を依頼するが、オペが開始されるとその状況に東は言葉を失ってしまう。

既に、財前の癌は胸膜全体に広がっており、手の施しようがなかった。

その後、何も出来なかった事を隠す医師たちだが、財前は残された時間が僅かである事を察知して里見に今後の診察を頼むのだった。

そして、財前の最期を看取った里見は手紙を預かっており、その手紙にはこう綴られていた。

「…君にはがん治療の発展に挑んでもらいたい。

遠い未来に、がんによる死がこの世から無くなることを信じている。

ひいては僕の屍を病理解剖のあと、君の研究材料の一石として役立ててほしい。

屍は生ける死なり

なお、自らがん治療の第一線にあるものが早期発見できず、手術不能のがんで死すことを心より恥じる。」

財前五郎は、無念さを滲ませながらも最期まで医師として在り続けたのだった。

『白い巨塔』の登場人物

・財前五郎・・・唐沢寿明

・里見脩二・・・江口洋介

・東貞蔵・・・石坂浩二

・鵜飼良一・・・伊武雅刀

・大河内清作・・・品川徹

・柳原弘・・・伊藤英明

・亀山君子・・・西田尚美

・佃友博・・・片岡孝太郎

・船尾悟・・・中原丈雄

・菊川昇・・・沢村一樹

・財前杏子・・・若村麻由美

・関口仁・・・上川隆也

・佐々木よし江・・・かたせ梨乃

『白い巨塔』の主題歌

『白い巨塔』 (2003年)劇中曲

・主題歌

『アメイジング・グレイス(Amazing Grace)』 ヘイリー・ウェステンラ

・挿入曲

『タンホイザー序曲』 リヒャルト・ワーグナー

指揮カラヤン 演奏ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

・『白い巨塔オリジナルサウンドトラック』 加古隆

財前のテーマ – 果てしなき野望

加古隆(Takashi Kako) – 白い巨塔 – OST

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『白い巨塔』の感想

・どれだけ年月が経っても、観る度に考えさせられる作品。

・作品の完成度の高さと、キャストの演技には唸ることしか出来ない。

・財前と里見という優秀な二人の医師の、親友でありながらも、全く思想の違う部分の対比がとても印象に残っている。

・二人の医師をとりまく人間模様が幾重にも折り重なっていて、そこがとても面白かった。

・数多くのベテラン俳優が起用されていて、味のある演技が魅力的だった。

・先の展開が気になり、毎回ドキドキさせられた。

・とにかく各場面を演出する音楽が良かった。特にアメイジング・グレイスの流れるエンディングが最高だった。

・良い意味でも悪い意味でも、人間味のあるキャラクターが多く興味深かった。

・今後、この作品を超える人間ドラマには出会えないと感じる程、素晴らしかった。

・ポーランド学会に向かった財前が訪れるアウシュビッツ強制収容所のシーンが強く印象に残っています。

・野心と野望の財前と理想と信念の里見。この二人の人物対比が何といっても素晴らしかった。

・このドラマでアウシュビッツ強制収容所の事を初めて知った。ここで人体実験という名の殺戮が行なわれていたというのが今でも忘れられない。

・医師にとって一番大切な命を救うという事を、地位や名誉を優先するあまりに忘れていたことに財前が最期に気づいたのが印象的で良かった。

『白い巨塔』のまとめ

大学病院の覇権争いと人間の欲望や信念を描いたこの『白い巨塔』は、きっとこれからも形を変えながら続いていく事でしょう。

2003年に放送された本作品では財前五郎を唐沢寿明さん、里見脩二を江口洋介さんが演じ、対極にある二人がそれぞれを認め惹かれ合っていたという事を、より強調していたように感じました。

また、日本の映像作品として初めて撮影を敢行したアウシュビッツ強制収容所が、とても印象に残っています。

いつまでも余韻が残り続ける稀有な本作品『白い巨塔』を、是非ご堪能下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました