千と千尋の神隠し無料動画配信(映画)をフル視聴

千と千尋の神隠し 邦画

千と千尋の神隠しの無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

映画『千と千尋の神隠し』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

『千と千尋の神隠し』 特報【6月26日(金)上映開始】

2001年に公開された「千と千尋の神隠し」。

長編アニメですが、不気味でありながらも憎めないキャラクターの数々と目が離せないストーリー展開で多くの大人や子どもたちの心を惹きつけました。

10歳の少女が主人公であり、謎の湯屋へと紛れ込む中で仕事や不思議な体験をし、成長していく物語です。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

 

千と千尋の神隠し(映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『千と千尋の神隠し』のあらすじ

・不思議な場所へ迷い込む

両親と共に引っ越しをする荻野千尋。

車で新しい家へと向かいますが、どこか元気がありません。

道中、道に迷いますが、父は好奇心からそのまま車を走らせ、道を突き進みます。

すると、見慣れぬ建物の前で行き止まりとなっていました。

薄暗いトンネルに千尋は怖がりますが、両親が行こうとするので一緒に行くことに。

進んで行くと人気のない飲食店が立ち並んでおり、空腹だった両親は無断でそこにあった食事を食べ始めました。

千尋は止めますが聞く耳を持ちません。

一人奥へと進むと、ある湯屋に辿り着き、そこである少年(ハク)と出会った千尋。

ハクから夜になる前に早く戻るよう言われてしまいます。

気迫に押され急いで戻った千尋ですが、両親は豚の姿となっており、怪しい生き物が辺りを歩いていくのでした。

そんな中、足が消え始める千尋。

先ほどの少年から一粒の赤い玉を飲まされます。

すると、みるみる身体の感覚が戻り始めるのでした。

釜爺のいるボイラー室へ行き、ここを支配する魔女・湯婆婆に仕事をもらうようハクから助言を受けた千尋。

ここでは仕事を持たないと動物にされてしまうと言います。

・釜爺と湯婆婆

千尋は、釜爺に必死にここ(神々の湯屋)で働かせてほしいと懇願します。

根負けした釜爺は、従業員のリンに、千尋を湯婆婆の所へと案内させました。

千尋が湯婆婆と契約書を交わす中、他の名前は奪われ「千」という字のみが残ります。

翌朝、ハクに連れられ両親の元へ来ると千尋は思わず泣いてしまいました。

そして、ハクに返してもらった服のポケットからカードを取り出し、自分の名前が千尋だと思い出します。

ハクもまた、名前を奪われた故に湯婆婆の支配下にいたのです。

・カオナシと腐れ神

必死に働く千尋は、湯屋を訪れたカオナシをお客だと思い、招き入れてしまいます。

さらに、湯婆婆の指示を受け悪臭を放つ腐れ神の接客をすることに。

湯で汚れを落とし、棘を抜くと河の神であることがわかった腐れ神は、お礼に砂金とニガ団子を置き、帰っていくのでした。

『千と千尋の神隠し』のネタバレ

判子と銭婆

翌日、砂金を撒き、従業員にもてなされているカオナシ。

そんな中、千尋はハクが傷だらけの竜の姿となって湯婆婆の部屋へ行く姿を目にします。

心配になった千尋は遊べと迫る湯婆婆の愛息子・坊から逃げ切り、ハクを見つけ出します。

さらに、そこへ来た湯婆婆の双子の姉・銭婆によってハクが判子を盗んだこと、その判子には盗んだ者への呪いがかかっていることを知ります。

その後、釜爺の元で千尋はハクにニガ団子を食べさせ、判子と謎の生き物を吐き出させます。

そんな中、銭婆は魔法をかけ坊は鼠に、湯バードはハエ鳥に、化け物は坊に変えてしまいました。

・ハクを助ける

ハクの許しを請うため、銭婆の元に判子を持って行こうと思い立つ千尋。

そこへ、カオナシの暴走に湯婆婆が激怒しているとリンから知らせを受けます。

説得を試みても襲うカオナシに、千尋がやむなくニガ団子を食べさせると、嘔吐を繰り返しました。

その隙に湯屋を出て電車を待つ千尋ですが、気力を失ったカオナシが付いてきます。

千尋は、カオナシ・鼠(坊)・ハエどり(湯バード)と共に銭婆の元へ向かうことに。

・あなたの名前

一方、回復したハクは、湯婆婆に坊が偽物であることを仄めかしました。

そして、取り乱す湯婆婆に坊を連れ戻す代わり千尋と両親を人間界に戻すよう頼みます。

そんな中、銭婆の所へ来た千尋たちは判子を渡し、髪留めをお守りとして受け取りました。

その後カオナシは銭婆の元へ残ることとなり、ハクが竜の姿で千尋たちを迎えに来ます。

ハクの背中に乗ると、かつて溺れた「コハク川」を思い出し、ハクにその名を伝える千尋。

すると、ハクは人間の姿に戻るのでした。

坊と再会し安堵する湯婆婆は、両親を見つけたら元に戻すと千尋に約束します。

千尋が養豚場の中に両親はいないと話すと、湯婆婆との契約書が破れ、千尋は人間界で無事両親と再会するのでした。

『千と千尋の神隠し』の登場人物

荻野千尋(柊 留美)

ハク  (入野自由)

湯婆婆 (夏木マリ)

銭婆  (夏木マリ)

坊   (神木隆之介)

リン  (玉井夕海)

釜爺  (菅原文太)

カオナシ(中村彰男)

千尋の母(沢口靖子)

千尋の父(内藤剛志)

クーさん
クーさん

『ルパン三世 THE FIRST』はこんな方におすすめです。

・子供におすすめ

・ジブリ好きにはもちろんおすすめ!

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『千と千尋の神隠し』の感想
女性20代
女性20代

2001年「千と千尋の神隠し」は上映されました。

トンネルの先に両親と一緒に入っていくのは怖いけれど、ワクワクします。

トンネルの先はどこか懐かしい風景で素敵だと思いました。人が誰もいないのが不気味でしたが、テーマパークを独り占めしていると思えれば、食事をしてしまったのはいけないですが、両親のように色々と触って見たくなってしまう気持ちもわかります。

豚に変えられてしまった両親を見た10歳の千尋の気持ちを考えると、切なくなりました。

ハクに助けられた千尋が湯婆婆のところで働くのは、大変だったと思います。

知り合いもいない場所で、働くという行為もまだ知らない10歳にとって、辛くても苦しくても耐えていかないといけなかった千尋は、とても強い子だと感じました。

千尋にとって、ハクが味方でいてくれたのは、救いだったと思います。

ハクを救うために行動する千尋は、優しさが溢れていて素敵でした。本当の名前を千尋とハクが取り戻せてとても良かったと思いました。

その他の感想はここから見れます
女性20代
女性20代

20年前「千と千尋の神隠し」は上映されました。キャラクターの一人一人がとてもユニークでした。

湯婆婆の顔の怖さは見ているだけで近付きたくないと思ってしまいます。

厳しい湯婆婆が息子の坊にだけは、デレデレなのも面白かったです。

湯婆婆が経営している温泉は、広く豪華で神様だけでなく、人間にも使わせてほしいと思ってしまいました。

カオナシは、不気味すぎて千尋のように優しく対応するのは難しいと思いました。

会話もしないでずっと後をつけられているのは、ちょっと怖いと感じました。

銭婆のところに居場所を見つけられて良かったと思いました。ボイラー室で働く釜爺の優しさが素敵です。

たくさんの手を使い薬の調合をしていく釜爺の見た目が、髭にサングラスに坊主頭という怖いようでどこか抜けている感じが楽しいです。

ハクは千尋を助けてくれるヒーローだと思いました。

千尋が困っている時に厳しくも優しく手を差し伸べてくれるのがかっこよかったです。

ラストで自分の名前がわかってよかったと思いました。

『千と千尋の神隠し』のまとめ

アカデミー賞で長編アニメ映画賞を受賞した「千と千尋の神隠し」。

これまでの宮崎駿監督作品の中ででてきた気の強い女性像から一転、どこか頼りなく怖がりな少女が主人公でした。

けれど、1人で湯屋で働く中で、ハクや両親を助けるという強い意志を持ち、だんだんと顔つきが変わっていく様子が印象的です。

ファンタジーではありますが、名前の大事さ、1人の人間が社会の荒波に揉まれながら成長していくという点では現代にも通じるものがあり、勇気が持てる作品でもあります。

ジブリ作品の中でも特に、キャラクター設定の細やかさが非常に秀逸で面白い映画です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました