セガvs任天堂 Console Warsの無料動画配信をフル視聴(映画)

セガvs任天堂/Console Wars 洋画

セガvs任天堂/Console Wars(映画)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『セガvs任天堂/Console Wars』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『セガvs任天堂/Console Wars』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

『セガvs.任天堂/Console Wars』<日本語音声版:杉田智和・大塚芳忠 出演>予告編 12/4(金)独占配信

2020年12月4日より、動画配信サービスU-NEXTにて独占配信。

ブレイク・J・ハリス著の「セガvs.任天堂 ゲームの未来を変えた羅権戦争」をもとに描かれたドキュメンタリー映画となっています。

1990年代のアメリカでの、リアルなゲーム機市場内のセガと任天堂の2大勢力の戦いが描かれており、U-NEXT映画ランキング1位を獲得。

ゲームファン必見の映画です。

『セガvs任天堂/Console Wars』を無料で見る

『セガvs任天堂/Console Wars』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『セガvs任天堂/Console Wars』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

セガvs任天堂/Console Wars(映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『セガvs任天堂/Console Wars』のあらすじ

・アメリカゲーム市場

1977年に発売された、ゲーム最大手のアタリ社が発売した「アタリ2600」の空前の大ヒットから、アメリカでのテレビーゲーム人気が加速した。

しかし、徐々に質の悪いソフトが出回り売り上げは激減の一途をたどり、アタリショックでゲーム市場は崩壊してしまう。

・任天堂の成功

アメリカでの低いテレビゲーム需要の中、任天堂は海外版ファミコン「Nintendo Entertainment System」を思い切って発売する。

質の高さを極めた任天堂のNESは、瞬く間にアメリカの子供達の間で流行し、再びアメリカのゲーム市場は活気を取り戻す。

『セガvs任天堂/Console Wars』のネタバレ

・任天堂に挑むセガ

任天堂と提携する企業が多い中、セガだけは真っ向からセガと対抗しようとする。

任天堂への対抗心むき出しで、対抗馬の16bitゲーム機・北米版メガドライブ「ジェネシス」を開発したセガ。

キャラクターの「ソニック」を武器に営業を始めるが、任天堂一本のウォールマートにも拒否を受ける。

あろうことか、セガは門前払いを受けたウォールマート本社前に、セガのゲームストアをオープンさせ集客を取り込むことに成功する。

このような任天堂を煽るような大胆なやり方で、セガは少しずつ市場に食い込んでいく。

徐々にゲーム市場に浸透してきたセガに対し、ついに任天堂も本腰を据えて警戒するようになる。

・セガvs.任天堂へ

当初は眼中になかったセガの猛進に任天堂も慌て始め、ゲーム市場内の一騎打ちに突入していく。

セガは、更に任天堂を侮辱するようなコマーシャルを作り、その破天荒は世間の注目を浴びる。

相手企業の中心人物の引き抜きを画策したり、想定外の裏切りの勃発や卑怯な妨害、駆け引き等、激しいゲーム市場内での戦争が続く。

任天堂本社内には、セガ・オブ・アメリカ社長・トム・カリンスキーの写真がダーツの的になるほど、それぞれが闘争心むき出しになっていった。

・任天堂の巻き返し

強引な手法でゲーム市場に乗り出したセガに対して、任天堂の巻き返しが始まる。

王座に甘えていた任天堂であったが、セガの躍進に刺激されて新開発に力を入れ、巻き返しを図ることに。

ゲーム業界全体が活気だって行く。

挑戦者の立場から、セガは遂に業界トップに躍り出るが、任天堂がそうであったように今度はセガ自身が攻撃される立場となり周囲から標的にされる。

次の強敵、SONYの出現に伴い、地位を守ろうとすることでセガの予算は膨らみ、セガは少しずつ転落していくことになる。

・夢追い人たちの証言

ゲーム業界市場を押し上げたセガvs.任天堂の戦争を繰り広げた多くの夢追い人たち。

実際の立役者たちからの証言をもとに描かれる再現シーンは、まさにゲームの中の出来事になっていた。

熱き戦いを繰り広げたセガは、その後ゲームハード事業から姿を消すが、当時の企業戦士たちは夢を追い続けた日々を笑顔で楽しそうに語る。

『セガvs任天堂/Console Wars』の登場人物

トム・カリンスキー (上別府仁資)

豊田信夫      (杉田智和)

アル・ニンセン   (安齋龍太)

ハワード・リンカーン(木下昌之)

ピーター・メイン  (西垣俊作)

ハワード・フィリップス(大塚芳忠)

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

セガvs任天堂/Console Wars(映画)の感想・まとめ

『セガvs任天堂/Console Wars』の感想
女性20代
女性20代

2020年「セガVS任天堂 Console Wars」は上映されました。

1990年代のアメリを舞台にしたドキュメンタリー映画で、ゲームが好きな人は面白いと思います。

任天堂が人気の時代に、どのようにセガが勝ちにいくのかという、ビジネス開発の裏側を覗かせてもらった気分でした。

移り変わりの激しい時代で、次々と新しいものが生み出されていくのは面白かったです。

任天堂は子供向けのゲームで、セガはもう少し世代を高く設定しているというのも、隙間をついたいい視点だと思いました。

セガはキャラクターの弱さはあると思います。子供にとってはキャラクターは重要なものだと思いますが、世代が高くなればなるほどキャラクターよりも中身の面白さを重視してくる気がしました。

誰もができるゲームで暴力や血を表現していいのか悩んでいるのは、今も昔も変わらないと感じました。

親にとって暴力や血を子供に見せていいものなのか悩むのはアメリカも日本も同じだと思いました。

誰もが遊べるゲームを作ってくれたセガと任天堂、ソニーの開発者たちの凄さを目の当たりにできて面白かったです。

その他の感想はここから見れます
女性20代
女性20代

昨年「セガVS任天堂 Console Wars」は上映されました。

1990年代に、アメリカのセガの社員視点で描かれたドキュメンタリー映画は、ゲームに詳しくなくてもビジネスとして面白く観れました。

ゲームといえば任天堂というくらい人気があった時代にセガがどのようにして勝ちに行ったのかがわかりました。

キャラクターの素早い動きやグラフィックの綺麗さや無料で遊べるウォールマートを作ったというのには、驚きました。

任天堂が一人勝ちしている状態でウォールマートを作る勇気がすごいです。

それだけ社運をかけていたのだと思いました。

セガがソニーと技術面で合意していたら、任天堂に今も勝てていたのかと思うと不思議な気分になります。

ラストでソニーが1人勝ちをしていくのが皮肉のようで面白かったです。

任天堂もセガもソニーも工夫を重ねて、切磋琢磨して大きな会社になっていったのがわかりました。

日本でも似たような感じでライバルとして成長して来たのかと思うと、ゲームはまだまだビジネスとして成長していくのだと感じました。

『セガvs任天堂/Console Wars』のまとめ

1990年代のアメリカゲーム市場で実際に起きた、セガと任天堂の羅権争いがリアルに描かれていました。

両社の争いはまさに戦争であり、業績のみで争う日本の形態とは異なり、日本人には理解しがたいほどの大胆な経営戦略に驚き度肝を抜かれました。

ゲームで無邪気に遊ぶ子供たちの表情を見ていると、セガ、任天堂の戦いを繰り広げた立役者たちの夢の先の姿を見ることができたような気がして、胸がいっぱいになりました。

少年のような無邪気な顔で、当時の様子を語る夢追い人たちの姿が、とても素敵でした。

ゲームファンのみならず、あらゆる人に見て欲しいドキュメンタリー映画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました