先に生まれただけの僕の見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最終回)フル視聴する方法

先に生まれただけの僕 国内ドラマ

先に生まれただけの僕の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『先に生まれただけの僕』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

櫻井翔&蒼井優「先に生まれただけの僕」インタビュー

今作は、高校を建て直すサラリーマンが学校という顧客に向かい合っていくドラマで、生徒に勉強だけを教えているのではなく、社会の仕組みだったり、奨学金を借金だと話したりと、違うアプローチをして生徒に伝えている作品です。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

先に生まれただけの僕(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『先に生まれただけの僕』のあらすじ
第1話『未来を生きる子供たちのために教師は何を教えるべきか?サラリーマン校長の仰天改革!?』(視聴率10.1%)

鳴海は青森の支店長として業績を上げた功績で、東京の本社に戻れると思っていたが、言い渡された辞令は、赤字の高校の校長になって学校の建て直しをすることだった。

今まで営業として頑張っていたことのなにもかもが役に立たない学校という異空間で、頭を悩ます鳴海であったが、教師が学校の問題児であると気づいた。

生徒の一人が家庭の事情で、大学進学を諦めようとしているところに教師はしきりに奨学金を薦めていたが、鳴海も奨学金で大学へ行って、30歳を過ぎてもまだ返済をしている借金であるという事実を教師たちはきちんと伝えていないことが気になった。

鳴海は生徒に奨学金は借金であること、それでも大学進学を目指してほしいと話すが伝わらなかった。

第2話『スクールカースト!不登校!教師の反乱!サラリーマン校長逆襲なるか?』(視聴率7.5%)

奨学金の事実を伝えた生徒は登校しなくなってしまったが、きちんと鳴海に教わったことを考えた上で大学に進学する道を選んだ。

保健室に登校している生徒がいることがわかり、鳴海は新たな問題と向き合っていた。

保健室登校の生徒の担任が副業をしていることが発覚して、担任には任せられないと自ら違うクラスの担任をしている真柴と解決をしようとしたら、スクールカーストという階級が存在することを知った。

階級がいじめに発展するのではないかと思った鳴海は、問題のスクールカーストについて生徒と話し、彼氏がいるといないとで階級が変わることはおかしいと告げた。

担任の勉強だけを教えていればいいという考えに納得がいかなくて、自分が数学を担当すると告げて、担任には辞めてもらった。

第3話『デジタル万引きはなぜダメ?若き校長の本気が遂に高校を変え始める!?』(視聴率10.5%)

数学が思いの外難しかったがなんとか生徒に教えようと勉強した鳴海。

書店でアクティブラーニングという勉強の仕方を知り、数学の授業で実践してみた。

それは生徒が考えて答えを導きだす方法で、答えは聞いてはダメだがやり方は聞いてもいいというものだった。

生徒の中にはやり方がわからない人もいて、アクティブラーニングは失敗に終わった。

生徒から、社会では使わない数学の積分などをして何の利益があるのかという質問をされて、いい会社に入れるという当たり障りのない回答しかできずに落ち込んだ。

鳴海は自分たちで考えるアクティブラーニングの方法を学校に取り入れたいと思っていると話すと、英語の先生である島津が授業を見せてくれ、校長の意見に賛成してくれた。

デジタル万引きという写真を取って漫画を読む生徒が通報されたが、画像が消されていて、証拠はなかった。

鳴海は生徒を体育館に集めて、数学の勉強をする意味は、答えを導くために考えることの力を養うためであると話した。

デジタル万引きも漫画家の収入にならないことはやはり犯罪であると話した。

第4話『校長、怒濤のロングスピーチ!改革から取り残された三年生のみんなへ!』(視聴率7.7%)

アクティブラーニングを授業に取り入れようと職員に話す鳴海に、若い教員は賛成をしてくれたが、教員歴の長い先生は自分のやり方を変えることに抵抗を持っていた。

そして、鳴海は親会社の専務にも教育改革をするのではなく経営改革をするのだと叱咤を受けてしまう。

同じ会社の恋人・聡子は鳴海が専務である加賀谷に、こんなに敵対視されていることに気になっていた。

1・2年生はアクティブラーニングをして3年生は受験に専念するためにこのままのやり方でいこうと決めると3年生から自分たちだけ見捨てられたと言われる。

校長は3年生に自分の言葉で、学校の改革に3年生は間に合わなかった謝罪と社会の厳しさ、理不尽さを話した。

第5話『ボクらの未来、ボクらが創る!変わり始めた学校!誇りと熱意、涙の結晶』(視聴率8.1%)

新高校生に向けたオープンキャンパスでの企画を生徒に考えてもらう真柴は、ペップトークというものを使って生徒のやる気を引き出した。

鳴海も親会社の社長を呼んでいたので、みんなやる気をだしていたが、鳴海のことをよく思っていない教員に親会社の専務は近づいて鳴海の成功を阻止しようとしていた。

オープンキャンパスでは授業の見学ができるが、ペップトークを使ったアクティブラーニングと普通の授業の差が大きく現れていた。

生徒が考えた企画である部活のパフォーマンスも無事に成功して、社長に理念を『たくましく生きる』に変えたいと話す鳴海に、結果を出したらと了解してもらった。

第6話『プライド』(視聴率8.7%)

オープンキャンパスを成功させた鳴海は、学校説明会で生徒を獲得しようと聡子の誘いを断って仕事に打ち込んでいたが、聡子は真柴との関係を疑っていた。

鳴海は銀行に得意の営業トークで融資の取り付けに成功して、部活に専任のコーチを配属しようと考えた。

ただ、教員の変動はしないと決め、このまま生徒のことを考える教員になってもらいたいと思っていた。

学校説明会の当日、親からの質問丁寧に答えている鳴海を見て、この学校に入りたいと言ってくれる生徒がたくさん現れた。

第7話『わたし幸せになります!成績トップ女子生徒の結婚宣言に職員室は大紛糾』(視聴率8.4%)

学校説明会を成功させた鳴海は聡子とのデートでも学校のことばかり話していた。

真柴は生徒の母親から、娘が卒業したら大学進学はせずに年上の男性と結婚すると言っているという相談をされた。

鳴海はなにかが違うと考えていて、女子生徒と話すことに決めた。

鳴海は女子生徒に依存と自立は違うのだということ、結婚を否定しているのではなく、彼を支えるために自分にできることがあるのではないかということに気づいてほしいと訴えた。

鳴海の親会社の専務の娘は鳴海の高校へ行きたいと言い出し、反対する父の意見は聞かないと言われてしまって、面白くないので鳴海への当て付けに聡子に仕事の成功を与えて寿退社をしないようにしていたが、聡子からの反発も買ってしまった。

第8話『勉強より大切なこと。夢のためにボクは学校をやめます!』(視聴率8.6%)

前回、生徒から、携帯で調べてのいいかという質問があり、鳴海は来年度からタブレットを授業での調べものに使うことを承諾した。

真柴の生徒の成績が急激に落ちてしまって、学校の責任だと父親が乗り込んできた。

しかし、その生徒は将棋にハマっていて、プロ棋士になりたいから学校を辞めてもいいといいう覚悟を持っていた。

鳴海は棋士になりたい生徒に夢を持つことは素敵なことだが、親を納得させることも必要だと話し、親には子供を応援してサポートをする、信じてあげる立場に親も教員もいるのではないかと話した。

真柴との食事中に聡子に指輪を渡していないことを指摘され、買いに向かった鳴海。

第9話『学校改革最大のピンチ!それは人生最大のピンチとともに』(視聴率8.2%)

バスケ部のコーチの独断で決めた遠征の費用が高すぎると保護者から連絡を受けた鳴海は、顧問なのに知らなかった教員と部を強くさせたいコーチの間で、困っていた。

鳴海は学校が遠征費の負担をすることになったが、それは借金で、バスケ部の試合の勝利で完済されるものだから頑張るように告げた。

お金の借金は残っているが、それは大人が考えると話すと、生徒はやる気になった。

しかし、他の部活も遠征や合宿をしたいと言ってきてしまった。

受験生を増やすために散らしを配ったり、ブログをしたり、個別相談会を開くなどと教員が協力をして学校のために動いていた。

聡子は鳴海が学校に力を注いでいることにだんだん応援できなくなってきて、婚約解消を告げた。

最終話『さよなら校長先生!僕が伝えたかった最後の言葉』(視聴率9.6%)

聡子からの別れと親会社の専務から学校に専念するなら転職しなさいと言い渡された鳴海。

会社の前で聡子を待って自分の気持ちと謝罪をして、婚約解消はしないでほしいとお願いいた。

生徒がチラシ配りを手伝ってくれて、集客が集まってきて、先生が変わると生徒も変わると思い知った教員。

鳴海は親会社を辞めて校長としてやっていくことにした。

そして、聡子に嘘のつけない学校という場が好きだから会社には戻らないけど結婚してほしいと告白をして、結婚することに決めた。

鳴海は今日も生徒に向かって話していた。

自分たちは少しだけ先に生まれただけだと。

『先に生まれただけの僕』の登場人物

鳴海涼介   (櫻井翔)

真柴ちひろ  (蒼井優)

松原聡子   (多部未華子)

島津智    (瀬戸康史)

加賀谷圭介  (高嶋政伸)

※相関図

(C)日本テレビ

『先に生まれただけの僕』の主題歌

嵐『Doors~勇気の軌跡~』

Doors~勇気の軌跡~

Twitterでの反応

クーさん
クーさん

『先に生まれただけの僕』はこんな方におすすめです。

・今までの学園ドラマとは違う作品に興味のある人

・先生とは何かをもう一度考えたい人

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『先に生まれただけの僕』の感想
その他の感想はここから見れます

 

『先に生まれただけの僕』のまとめ

こんなことを知っていたら、変わった考え方があったなと感じるほど、生徒を一人の人としいて接している鳴海校長の態度に感銘を受ける作品ですので、そこに注目をして見てほしいと思います。

子供だからときちんと説明をしないのではなく、子供も一人の人間として接していくべきだと教わる作品です。

大人は自分の方が偉いと考えがちですが、決してそうではなく、先に生まれただけなのだということに気づいてみてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました