最高の離婚の見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最終回)視聴方法のまとめ

最高の離婚 国内ドラマ

最高の離婚(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『最高の離婚』の動画はお試し無料期間を利用すればFOD premiumで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『最高の離婚』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

【DVD&Blu-ray】「最高の離婚」

2組の夫婦のお話である。

1組は、生真面目な性格な夫と大雑把な性格の妻の夫婦である。性格が違う2人なので、些細なことで喧嘩が絶えない。

しかし、ある日ちょっとした出来事をきっかけに妻が区役所に離婚届を提出し離婚してしまう。

もう一組は、女の噂が絶えない夫とそんな夫と知りながらも結婚した妻の夫婦である。

しかしもう一組の夫婦と出会い、2人の衝撃的な事実がわかり2人の関係性が変わっていく。

2組の夫婦が結婚と離婚のはざまで成長していく、ラブ・コメディストーリー。

ドラマ『最高の離婚』を無料で見る

ドラマ『最高の離婚』は

見放題作品数No1の動画配信サービスFOD premium

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『最高の離婚』の視聴をする/

今すぐ31間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

最高の離婚(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『最高の離婚』のあらすじ
第一話 つらい結婚って、長い長い拷問ですよ (視聴率:13.5%)

光生は歯医者で結夏の悪口をいう。
結夏は富士山を見ておおらかに育ったというが、ガサツなだけだと光生はいう。
楽しみにしていたお菓子を結夏が友人と食べていたことをきっかけに喧嘩が始まる。
その勢いで、離婚届を書き始めるが結夏が何度も書き間違いをして結局届けを出さない。
自動販売機の会社で働く営業マンの光生は人づきあいがあまり得意ではない。
だが、付き合いで草野球に行く。そこでぎっくり腰になる。
家に帰る途中アロママッサージ店を見つけ入り、そこで大学の時に付き合っていた灯里に会う。
灯里は最近諒と結婚し、近くに越してきた。
別の日に、たまたま家の近くで光生は灯里にあい食事に行く。
結夏との出会いは東日本大震災がきっかけであった。
食事中に地震があり、メールを送るのだが光生が大切にしている盆栽を心配するメールが結夏に届いた。

第二話 あなたなんて死ねばいいのに (視聴率:11.0%)

結夏はある出来事がきっかけで離婚届を一方的に区役所に提出する。
離婚したいと思ってたが、本当に離婚するとは思ってなかった光生は戸惑いを隠せない。
結夏は実家富士宮に戻ってしまう。
街で諒とたまたま会い、挨拶するが諒は覚えていないが人懐っこい諒に家族の経営する金魚カフェに行く。
そこで祖母と仲良くなる諒。
実家に帰った結夏を訪ねるが、離婚したことを切り出す前に大宴会になってしまう。
家族には時期をみて離婚のことを伝えようとし、結夏は祖母の大のお気に入りなので慎重にとなる。
祖母の誕生日をきに、また一つ屋根の下で光生を結夏は暮らし始める。

第三話 もう一つの夫婦の秘密と真実 (視聴率:10.8%)

結夏は友人の紹介で合コンに行く。
そこでフリーターの初島淳之介や年上サラリーマンの大村圭輔と出会う。
灯里にいい思い出なんかないを言われた光生と合コンから帰ってきた結夏は2人で住む間のルールを決める。
灯里がきになり、SNSなどを気に連絡を取り寄りを戻す人もいると歯医者で聞きスマホを購入する。
灯里の名前を探すが見つからず、ためしに結夏の名前を検索して見つかる。
結夏のSNSで男の人と一緒にいるのを見かけ、それを気に2人で次々と投稿していく。
別の日、付き合いで草野球に行っていた光生だったが、帰りに金魚カフェで諒と出会う。
同じころ結夏が働いているクリーニング店に灯里がくる。
光生はぎっくり腰が悪化し諒に家まで送ってもらい、結夏も灯里を家に誘い4人が家で出会う。

第四話 いい加減認めたら!?(視聴率:12.3%)

光生は婚姻届を諒が提出してないことをしってしまう。
故郷が同じ淳之介と意気投合していた結夏だが気づいたら翌朝淳之介の家にいた。
そんなことと知らず、会社に行くために身支度を整えていた光生は10円ハゲを見つけてしまう。
一方同じころ、朝帰りをした諒に温泉のパンフレットを渡されるが複雑な心境の灯里だった…
別の日、諒と出会い婚姻届を出してない経緯を聞いている途中でなぜか光生がそのまま家に持って帰ることになってしまう。

第五話 いや別にね、浮気ダメ絶対とか言いませんよ。(視聴率:11.3%)

結夏と灯里は婚姻届を見つけてしまう。
結夏を迎えに行ったときに男の人に絡まれているところを助けたときに肋骨を骨折し入院してしまう光生。
退院した帰りに金魚カフェで諒に出会い、婚姻届を見つかってしまったことを伝えるが動じない諒であった。
亜以子に骨折には温泉がいいと勧められて流れで4人で行くことになってしまう。
温泉先で2人で改めて婚姻届を提出しようという話になり証人を光生と結夏にたのむ。

第六話 男が子供だから女はこうなるの。(視聴率:12.1%)

婚姻届を出す日に、灯里に今までの思いを聞き結局提出しなかった。
翌日証人のサインをするために待っていた光生だがソファで寝てしまい、風邪っぽいが仕事に行く。
出勤途中に灯里に出会い、婚姻届を提出してないことを聞く。
仕事を終え帰宅すると、結夏が熱を出して寝込んでいる。
翌日の仕事に出勤できないと困っていた結夏に淳之介から電話が入り、店番を頼む。
その夜、一緒に淳之介と食事をするが気を使って話しかけてくれる淳之介にひねくれた回答をする光生に怒る結夏。
翌日全快になった結夏が仕事に向かう途中の淳之介と出会い、昨晩別れた後そのままバイト先に行ったと知り、家で寝るようにいい2人で家に向かう。
そこに亜以子が家にきてしまい結夏と鉢合わせてしまう。

第七話 お別れするのは自分で決めたことだけど少し寂しい気もします。(視聴率:11.7%)

ある朝、結夏は亜以子に2人でいるところを見られたことを光生に打ち明ける。
2人で正直に亜以子に離婚してしまったことを打ち明けるが、離婚について反対される。
翌日クリーニング店に本社の人が入り、結夏は金魚カフェに行き亜以子とさらに話す。
気づいてあげられずにごめんと言われ、涙があふれる結夏。
一方、家に帰れない諒と出会う光生が一緒に灯里を訪ねる。しかし、光生は灯里にいつからそんなにお節介になったんだと怒られる。
灯里はやり直す気が全然ない中でも、家に入れなかったことは悪かったといい家が見つかるまで2人で生活していく。

第八話 街に出て(視聴率:12.9%)

家に帰ると結夏がいなかった。
動揺する光生だが、そこに諒が訪ねてきてしばらく泊めることになる。
あくる日、家に帰ると諒が夕飯を作っていた。
そこに結夏の父・健彦が訪ねてくる。
結夏がいないことに気付いたが、夫婦喧嘩だとおもいこむ。
翌日スカイツリーに出かけるが、帰りに離婚したことを健彦に打ち明ける光生。
姿を消した結夏をプロレスに亜以子と一緒に行ったところを見つけ2人で健彦に説明する怒って健彦は出て行って家に帰ってくるなと結夏に告げる。

第九話 離婚は最悪の結果じゃないと思います。(視聴率:10.7%)

灯里は光生に「一回寝てみよう」と告げるが、その日は帰り日を改め競馬に行こうと光生は誘う。
その頃、酔った結夏が諒にキスをするが結夏はまったく覚えてない。
ある日、光生は灯里に言われて美容院に行ったが帰りに寄った金魚カフェで結夏と諒に出会いからかわれる。
その頃、灯里は自分の体調の変化に気付く。
別の日、灯里と光生は競馬デートに行く。
夜は二人で家で鍋を食べると一度別れ、スーパーに行った灯里はそこで結夏に出会う。
そこで2人は買い物をするが、灯里が馬券を持っているのを結花は見つけてします。

光生は灯里に諒の子供を妊娠していると告げられる。
どうすればよいかわからず、光生は結夏に相談の電話をする。
だが、灯里が妊娠してると告げられ動揺した結夏と光生は結局喧嘩をしてしまう。
ある日、結夏は仕事を探す。その帰り道に都波というスカウトマンに声をかけられ人妻物のDVDを見せられ出演しないかといわれる。
一方、光生は諒と会うがカラオケで女の子と一緒にいるところを見つけ喧嘩になってしまう。
帰りに灯里と会い、「うそをつかない人と一緒にいると安心する」と告げられる。
しかし、灯里は一人で子供を育てていくつもりだと光生に告げる。
諒は、ある夜に職場の美大で研究室から落ちる。
入院してしまい、そこに光生が訪ねてきて子供のことを伝える。
諒は灯里のもとへ向かう。

第十一話 正直つらいです。(視聴率:12.7%)

光生は付き合いで参加したアイドルにはまってしまう。
ライブに行った後に金魚カフェで亜以子が河口湖の父のもとへ行ってしまうので立ち寄った。
その時に父に離婚のことを告げることになった。
家に帰った後に、猫のマチルダとはっさくがいなくなったことに気付いた光生は金魚カフェに行きそのことを亜以子たちに告げる、そこに結夏がいて一緒に探し始める。
同時期に、婚姻届を提出する準備をしていた灯里と諒のもとに光生と結夏が訪ね一緒に猫を探す。
しかし結局見つからなかった。
家に一緒に2人は帰るが、落ち込む結夏を気遣う光生。
しかし様子がおかしい結夏に気付き問い詰めるとDVDに出演する面接に翌日いくという。
正直な気持ちを光生は結夏に伝えて、面接に行かないことになるが二人は些細なことでまた痴話げんかを始める。
翌日、父修一に離婚したことを告げるが急遽結夏の実家に両家の話し合いで向かうことになった。

ドラマ『最高の離婚』の登場人物

濱崎 光生  (瑛太)

濱崎 結夏  (尾野 真千子)

上原 灯里  (真木 よう子)

上原 諒   (綾野 剛)

濱崎 亜以子 (八千草 薫)

初島 淳之介 (窪田 正孝)

瀬田 智世  (市川 実和子)

瀬田 継男  (松尾 論)

海野 菜那  (芹菜)

※相関図

(c)フジテレビ

ドラマ『最高の離婚』の主題歌

桑田佳祐 『Yin Yang』

桑田佳祐 – Yin Yang(イヤン)

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

最高の離婚(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『最高の離婚』の感想
女性20代
女性20代

神経質で何かと面倒くさい夫と無神経で大雑把な妻、人懐っこく沢山の女性と関係を持つ夫と大人しく癒し系の妻、そんな二つの夫婦、4人の男女が繰り広げるラブコメディーです。

瑛太演じる神経質な夫のキャラクターが憎めなく愛らしいです。

小野真千子演じる大雑把な妻は、はじめは不平不満を言ってばかりであまり好感は持てませんでしたが、実は女性らしい一面もあったりして、家を出る時に手紙を書く場面は感情移入して泣いてしまいました。

個性的な4人のように見えますが、きっと誰にでもあてはまるような共感を生みます。

夫は歯医者で妻の不平不満を言い、妻は立ち食いそば屋で夫の不満を言う場面が面白いです。

ある夫婦は早々に離婚してしまいますが、周りに離婚を言い出せず同居を続け、別の夫婦は実は婚姻届けを出していなく、結婚すらしていないという事実が明らかになります。

ストーリーが進むにつれ、4人の関係が複雑化していきます。

そして、それぞれ生い立ちやバックグラウンドを知り、やっとお互いを思いやるようになりますが、その時には気持ちや状況が変化していたりして、最後まで目が離せません。

女性目線から見ても、男性目線で見ても自分のパートナーとの関係を見直すきっかけにもなるようなストーリーです。

その他の感想はここから見れます

 

女性40代
女性40代

「最高の離婚」というタイトルを初めて知った時、どんなドラマなのかとても興味を持ち、絶対見ると決めました。

そして実際見てみて、その斬新的な内容が面白くて翌週が待ちきれないほど夢中になりました。

まず、なんといっても主役が豪華キャストですし、特に私の大好きな尾野真千子さんの演技力は素晴らしく、どんどん惹きつけられ、ますます好きになりました。

尾野真千子さん演じる結夏は、おおらかでサバサバしながらも、どこか不器用でなかなか素直になれない時もあるけど、とても純粋に旦那さんを好きでいて、真面目な女性だと思いました。

瑛太さん演じる光生は、神経質で几帳面すぎて不器用なところもありますが純粋な心の持ち主だと思いました。

それだけに、結夏は光生にもどかしさを感じ、光生は結夏に大雑把さを感じ、次第にすれ違っていってしまい、切なくなりました。

2人の夫婦関係を見ていて、一見、幸せそうな美男美女カップルでも、心の中の本当のところはわからないし、始まりがあれば終わりもあるんだなと切ない気持ちになりました。

永遠の愛なんてほとんど無いんだなと思いました。

そして、このドラマでは妻と夫、双方に対する数々の名言がありました。

その中でも特に「結婚すると女は男のダメな所を許し始め、男は女のダメな所を探し始める」「外食したらお金払うでしょ、家で食べたら「ありがとうおいしかった」って言う、それがお金なの。

言わなかったら食い逃げ」「腹の立つことあが山のようにあっても、好きになると女は男を許す。男は欠点を探す。」というのが印象的でした。

そして何よりも毎回楽しみにしていたのが、オープニングとエンディングでした。あんなに魅力的なオープニングとエンディングは必見です。

女性30代
女性30代

ドラマ「最高の離婚」はある夫婦二組の日常を切り抜いて描写することで結婚とはなんなのか、離婚とはなんなのかそういったことをふっと立ち止まって考えさせられるドラマです。

瑛太さん演じる濱崎光夫はおとなしく神経質な夫役で、妻の尾野真千子さん演じる結夏がおおざっぱで陽気という対照的な二人を演じています。

そんな二人が生活を共にする様子がどちらの目線からも共感できる部分も多く、多くの夫婦が頷く場面も多かったと思います。

一緒に居ることで安心することもあるけれど、見えすぎて相手の欠点ばかりが目についてしまう、といった夫婦の切ない日常を描いています。

全体的に大きなストーリー展開はないですが、そういう淡々と続く毎日にフォーカスを当て、だからこそ大切にしなければならない日常に気付かされるドラマでもあります。

さらに、元カノの出現により光夫の心が揺さぶられたり、他の人が魅力的に見えたり、結婚したからこそ輝いて見える過去や他人という真理についても核心をついたドラマだと思います。

真木よう子さん演じる上原灯里が、夫の浮気に気付いていながらも淡々と生活を続ける様子がかっこよくもあり、胸が痛くなるような演技もあり、印象に残っています。

離婚というテーマは重いですが軽快なやりとりや台詞によって楽しく観れるドラマです。

女性30代
女性30代

このドラマでは初めから離婚を前提に一緒に住んでいる夫婦が描かれます。なれそめも震災でなんとなく不安だったから、のような描き方をされています。
そこがまた面白いです。夫婦役には瑛太さんと尾野真千子さんとなかなか演技派な二人で、とてもその雰囲気が良かったです。尾野真千子さんと瑛太さんの言い合いが本当の夫婦のようで面白かったです。
他にも前の彼女役に真木よう子さん、その夫役に綾野剛さんなどなかなか良い俳優さんばかり。そして綾野剛さんのクズ夫役がかなり似合っていて、クズな男を演じさせると本当に上手いな、と感じました。
日常にありそうな話ですが、なんだかほっこりするわけでもなく、淡々としているわけでもないのになんだか引き込まれる魅力のあるドラマでした。
真木よう子さんはなんだか見ていると毎回男に振り回されているような雰囲気でしたし、その儚げで幸薄そうな感じがまたハマっていました。
見所はなんと言っても、瑛太さんと尾野真千子さんの喧嘩のような掛け合いだと思います。ラストまでその感じで進むので、そこも良かったです。でも一番理解しているからこそあそこまで言い合えるんだろうな、と少し憧れさえもありました。一時的には嫌になってしまいそうですが。そこが面白く、見ていてハマってしまうところだと思います。

女性30代
女性30代

この作品は細かくて理屈っぽい男性を演じる瑛太さんの演技が本当にいそうで嫌で上手でした。

最初は面倒くさい男の人なのかなと思っていましたが、回を重ねるごとに周りの人を思う気持ちを吐露している姿に共感できました。

また、アイドルオタクにはまってしまうシーンは笑ってしまいました。

その瑛太さんと離婚をするおおらかで大雑把な妻を演じたのは尾野真千子さん。

この二人の痴話げんか?もわかるわかるというセリフとなっています。

相手を思っているのに、相手のダメなところを見つけては注意してしまう瑛太さん。

相手のデリカシーのない発言も受け止めて傷ついても言い返して頑張ろうとしてた尾野真千子さん。「夫婦ってなんだろう」「結婚ってなんだろう」という気持ちでテンポよく見れます。
第1話のサブタイトル「つらい。結婚って、長い長い拷問ですよ。」のようにサブタイトルにはメッセージがつまっていて、このドラマの魅力となっています。
瑛太さんの元彼女として再会する真木よう子さん。真木よう子さんの相手は綾野剛さんが演じています。

特に、再会して気持ちが浮かれている瑛太さんに真木よう子さんが過去の話として「死ねばいいいと思っていた」というセリフが心に残っています。

女の本音をはっきり言っているセリフでした。

瑛太さんの浮かれていた気持ちがバチーンと殴られたような衝撃がありました。見ている方も再会して元彼女と仲良くなっていくのかもという展開を想像していたので、期待を裏切るようなシーンでした。綾野剛さんのこのタイプは惹かれてしまうという役柄もピッタリでした。その魅力に瑛太さんが食いついていくのがまた面白かったです。
キャストの4人が役にはまっていて、4人の関係や会話が繰り広げられていくのが見どころとなっています。

女性20代
女性20代

毎週欠かさず楽しみに見ていました。
出演者の瑛太さん、尾野真千子さん、綾野剛さん、真木ようこさんの夫婦のやり取りや会話など細かいことまで見どころがあり、視聴者に対して飽きさせないとこまで気を配り何度も見てしまいました。
この物語は離婚というテーマで始まりますが、瑛太さんと尾野真千子さんとの夫婦間や会話のやり取りがすごくマッチしてて、意気がぴったりでした。別れたいけどお互いに少し寂しい気持ちがある、視聴者側からみてて共感する部分もありました。別れてるのに、どこかでお互いまだ思ってるんだなと思いました。
また、綾野剛さんと真木ようこさんは婚姻届を提出していなくて、ごく普通にありそうな夫婦間を演じ、2組の関係はどういう方向へいくのか展開が読めなく、毎回楽しみに見ていました。
その他のキャスティングもすごく役に合ってて、すごく良かったです!!瑛太さんの小言のような言い方も面白くて、アドリブのような感じで瑛太さんらしいなと思いました。また、何年後かの設定で4人が一緒になった続編が見てみたいなと思いました。それぞれ個性のある4人のあれから成長した意気ぴったりのシーンをもう一度見れたらいいなと思いました!!期待したいです!!

女性50代
女性50代

縁あって結婚したはずだったのに、暮らしてみたら性格の不一致に苛立ちばかりが募って勢いで離婚してしまった濱崎夫妻(光生:瑛太、結夏:尾野真千子)と、結婚したはずだったのにまだ未入籍で放置されたあげくに浮気されて離別を選ぼうとした上原灯里(真木よう子)とそのパートナー、諒(綾野剛)。
そんな二組が目黒川沿いの小さな町で交錯したことから思いがけない騒動に発展する物語です。
好きなのに素直になれない気持ちや、すれ違いを正せなくて暴走してしまう大人たちの気持ちがコミカルに、時に辛らつに描かれています。
実は光生と灯里は交際していた過去があり、その思い出から再びよりを戻そうとしてしまう描写もありましたが、その中で光生が無意識に放った暴言が今になって自身に跳ね返ってきたり、それぞれのキャラクターに訪れる苦悩、そしてもがく様子はちょっと気の毒になるほどでした。
一緒にいると苦しい、でも離れてみると寂しい…終盤になるとそんな大人たちの素直な気持ちがじわりと伝わってきます。
そんな心理描写に、目黒川と桜が反映されており、今でもその辺りを歩くとこの物語を思い出してしまいます。
誰もが完全に正しいわけでなく、間違っているわけでもない、それでも寄り添って生きてみようと思った初心に戻ろうとする姿は、共感を呼びました。

女性20代
女性20代

この作品は個人的に好きなのでリアルタイムで視聴していました。誰もが一度は見たことがある俳優や女優が多数出演しているので作品に親しみやすかったです。タイトルに魅力を感じましたし、内容にも興味津々でした。最高、とタイトルにあるように何だか惹かれるものがあったので夢中になって見ていました。内容自体もそんなに難しくなくて顛末も少し気になっていましたが、気付くとあっという間だった感じがします。

作品はフィクションであっても実際に起こりそうなシチュエーションが毎週クスッときたり、主人公の強引な態度に視聴者側の私が苛立ちを覚えたり、また人を大切にする気持ちが芽生えたりして面白かったです。それでも最終回で無事にハッピーエンドを迎えた時には私はつい、感情移入をしてしまったのか、嬉しさのあまり涙が止まりませんでした。

普段映画やドラマで泣くことはないので自分自身不思議な感じがしましたし、疑問もありましたが、この作品を通じて学んだことは一生忘れたくありません。またいつかきっと続編やスペシャルドラマで再会したいな、と淡い期待を胸に日々、過ごしています。感動と笑いを届けて下さり、本当にありがとうございました。続編、希望しています。

女性30代
女性30代

永山瑛太さんや小野真知子さんなどキャストが豪華でした。特に永山瑛太さんがとても役に合っているなと思いました。「毎日の様に、過去から訪れる…君の愛情を、受け取っています」など心に残る名言が沢山ありました。印象に残っているシーンは最後にみつをとゆかがぎゅーっと抱き合うシーンです。自然と涙がでてきました。

結婚して子どもができて改めて見返すと、前とは少し違った気持ちで見ることができました。笑いあり涙あり、続きがどんどん気になってしまうドラマでした。話の内容もわかりやすく、展開も面白いため周りの人におすすめしたくなりました。見どころは4人がどうなっていくかです。色々な困難を乗り越え成長し変わっていく姿が印象的です。始まりは重い感じですが最後はスッキリ解決するので見ていてもやもやしたりすることが少なかったきがします。

自分の旦那さんと重ねてしまう部分があったり、ゆかの気持ちと共感してじーんときてしまう部分も沢山あり、どんどんハマってしまい終わってしまうのが寂しい気持ちになりました。結婚して子供ができることが幸せではないんだなと改めてこのドラマをみて思いました。「最高の離婚」何回も見返したくなるとても大好きなドラマです。

女性40代
女性40代

大人とも子供ともいえる30代の未熟な結婚観を通して、夫婦とは何か、家族とは何かを軽快に描いているお話が現代社会らしいストーリーでもあります。メインキャラクター4人全員良いところもダメなところも丁寧に描写されていて、4人それぞれ共感できる場面があるし逆にドン引きする瞬間もあります。

それが逆にとてもリアルで共感が得られるはずです。突き刺さる名台詞が5分に1回くらい生まれるから多すぎて逆にこれってものが良い意味で思い出せないです。皆の下手な生き方が少なからず自分にも当てはまるところがあって、そういう小さいポイントを突いてくるキャラ設定が抜群です。瑛太さん演じる光生の捻くれすぎた性格は面白く、時に気持ち悪く描かれつつも誰の中にも少しはある人間の面倒くさい部分が体現されてるからこそ憎めないキャラになっています。

瑛太さんの演技もかなり神がかっていて彼の演技力の高さも見所です。夫婦役の瑛太さんと尾野真千子さんの日常茶飯事に起こる夫婦喧嘩のシーンが多くインパクトが強かったです。個人的にはあれだけ感情を相手にぶつけられることは、ある意味素晴らしいことでもあるかと思います。矢継ぎ早に溢れ出る言葉の中にも少ない台詞で魅せる場面にもしっかり説得力があって、至るところにユーモアが散りばめられている作品です。

まとめ

離婚してからこうすればよかった、ああすればよかったと思うほど後悔することがあるのだなとおもいます。

一緒にいすぎて気づけなかったことがあり離れたからこそ思うことや、気づけた気持ちがあるんだなと思いました。

結婚してから誰しもが思うことや、結婚する前の人でも結婚した人でも離婚してしまった人でも共感する部分が人それぞれあるドラマなのかなと思いました。

それぞれの登場人物が日常にいるリアルな人それぞれを演じているので共感して見れる素敵なドラマ館と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました