流星の絆 無料動画配信(ドラマ再放送1話~最終回)フル視聴/ 

国内ドラマ

流星の絆(ドラマ)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『流星の絆』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

東野圭吾さんのベストセラー推理小説を原作としたTVドラマ『流星の絆』は、高視聴率を記録した大ヒット作品です。

シリアスなストーリーをクドカンこと宮藤官九郎さんが脚本を手掛けたことにより、彼の得意なコメディ要素も取り入れられ、原作とは大きく異なる世界観が描かれております。

また、主人公3兄妹のターゲットにまつわる詐欺エピソードが、ドラマの中でありながらもドラマ仕立てで展開されていくという独特な演出も大きな話題を呼びました。

幼き頃に殺された両親の犯人を突き止めるため、力を合わせ生きてきた3兄妹の物語に刮目してください。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

流星の絆(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『流星の絆』のあらすじ

・14年前

洋食屋アリアケを営む有明幸博、塔子を両親に持つ小学生の功一、泰輔、静奈の兄妹は、ある夜、獅子座流星群を見るためこっそりと家を抜け出す。

しかし、雨で見られず残念がりながら帰宅すると、両親は惨殺されていたのだった。

彼ら3兄妹は、両親を殺した犯人を必ず見つけ出すと誓いながら、児童養護施設「聖ジョージ学園」で育ち、その後、園長の林譲二が親代わりとなった。

 

・アリアケ3

それから、14年の歳月が経ち、事件は警察が捜査を進めていくも迷宮入りしてしまい、時効も間近だった。

功一は譲二の営むカレー店ジョージクルーニーにて住み込みで働いており、泰輔、静奈の二人はフリーターとなっていた。

だが、3兄妹には別の顔もあった。

それは、これまで3兄妹やその友人たちに不利益を被らせた人物をターゲットとする詐欺グループのアリアケ3。

リーダーはもちろん長男の功一で、詐欺のシナリオと演出全般を担当、そして次男の泰輔は実働全般を担い、末っ子の静奈も同じく実働担当だが、時には容姿を活かした美人局のようなこともしていた。

そんな彼等は、幼き頃の誓い通り両親を殺した犯人を突きとめようとしており、とある洋食チェーンの御曹司に目をつけるのだった。

『流星の絆』のネタバレ

・誓い

小学生の頃、両親を惨殺された有明功一、泰輔、静奈の3兄妹は、必ず犯人を見つけ出すと心に誓い遺品を一つずつ分け合っていた。

あれから14年が経ち、功一は父の遺した洋食屋アリアケのレシピノートを大切にしながら、現在はカレー店ジョージクルーニーで住み込みの従業員として働いており、泰輔、静奈の二人はアルバイトで生計を立てていた。

もう間もなく、あの事件が時効を迎える。

獅子座流星群を見ようと、夜中にこっそりと家を抜け出すも雨で見られず、帰宅した功一が見つけたのは両親の惨殺体、自転車を置きに行った泰輔が見かけたのは勝手口から出ていった謎の男の姿。

事件の担当刑事である柏原、萩村の二人にすべてを話したが、事件は迷宮入りしてしまった。

残された手掛かりは泰輔の目撃情報と、アリアケにはなかったはずの傘しかない。

それでも、3兄妹はまだ諦めていなかった。

 

・詐欺

事件で両親を亡くした3兄妹は、その後、養護施設の聖ジョージ学園で育ち、その時の園長である林譲二は現在も3人の親代わりだった。

彼等のここまでは苦労しかなく、騙され虐げられることが多かった。

そんな彼等は、自分達を苦しめてきた人間への仕返しとして詐欺を仕掛けることを考え、実行に移す。

始まりは、妹の静奈が詐欺に遭った事だった。

上司によるパワハラで会社を止めざるを得なくなった静奈。

彼女はエステティシャンの資格が取得できると30万円騙し取られてしまい、3兄妹は協力して資格商法詐欺犯に対して被害額の30万円を取り返し、その後、パワハラ上司からもドル建て債券購入の詐欺を仕掛け200万円を騙し取って復讐を果たした。

こうして、功一がすべてを企みシナリオを描き、泰輔、静奈の二人が実行係として動く詐欺グループアリアケ3が結成されたのだった。

 

・見つけた男

功一はジョージクルーニーの常連でいつもハヤシライスを注文する客が気になっていた。

彼の名は戸神行成。

全国に展開している洋食チェーン店「とがみ亭」の御曹司である彼は、東京中の美味しいハヤシライスを求め食べ歩いていたのだ。

そんな彼は、功一の実家である洋食屋アリアケのハヤシライスが食べてみたいと話してくるが、悩んだ挙句、功一は全ての事情を打ち明けるのだった。

そして、今回が最後の詐欺と決めて、アリアケ3は行成を詐欺の標的と定める。

手始めに新店舗経営を任せられた彼とワインの試飲会をきっかけに静奈が佐緒里という偽名を使って親しくなり、あらためてとがみ亭で会う約束を取りつけた。

すると、新店舗で出すメニューの試食会に誘われた静奈(佐緒里)は、メインのハヤシライスを口にした瞬間に涙を流してしまう。

元祖とがみ亭の味と紹介されたそのハヤシライスは、紛れもなく父親の、いやアリアケの味だった。

その頃、店の外で待機していた功一と泰輔。

車の中から様子を伺っていた泰輔は、そこにやってきた一台の黒い車から降りてきた男を見て驚愕してしまう。

「あの男だ、あの夜家から出てきたのはあの男だ」と口にし、功一も動揺するが、後に彼が元祖とがみ亭の店主で現在の社長である戸神政行だとわかるのだった。

 

・事件に迫る

帰ってきた静奈は父のハヤシライスと同じ味だったと戸惑いながら話す。

今回のことで両親の事件にとがみ亭が関わっていると確信するが、証拠がなく慎重に考えて行動する必要があった。

そんな中、アリアケのレシピノートを受け継いでいた功一は、ようやく父親の味に近いハヤシライスを作る事が出来た。

これまで何度やってきても、ここまでの手応えがなく、功一はレシピにあった秘密の隠し味である醤油がカギだと考える。

その醤油は特別で販売店も限られていた。

そこで、功一は醤油を手に入れると同時に、とがみ亭がその醤油を発注していることを知り、更に取引が開始されたのが14年前、しかも両親の事件からわずか1ケ月後からだったということも掴む。

こうして掴んだ情報からこれまでの計画を大幅に練り直し、ターゲットを行成の父親である戸神政行に変更、そして目的はお金ではなく、彼が真犯人だという証拠を突きとめる事に決めたのだった。

 

・深まる疑念

その後、行成と会った静奈(佐緒里)は、あの時泣いた理由を聞かれると、子供の頃友達の家で食べた味と同じだったからだと答え、彼は政行にその事を伝える。

すると、少し動揺した表情の政行から新店舗でのハヤシライスの復刻中止を命じられ、メニュープランが白紙になったと行成は静奈(佐緒里)に話すのだった。

これを聞いた泰輔は、これまでの詐欺がバレてもいいから警察に話そうと提案するが、功一は警察が客観的に信じられる証拠を捕まえられるように仕向けると話す。

まずは、3兄妹の父親幸博と政行の接点を見つける事。

泰輔は幸博の行きつけだった喫茶店ニューフロンテを訪ねて話を聞くが、すぐには繋がらない。

だが、後に開店当初のとがみ亭からハヤシライスの出前を取っており、幸博が酷評していたことがわかる。

この話を聞いた功一は、資金繰りに困った幸博がレシピを売ろうとしたが、金の払えない政行が殺したのだと推理し疑念を更に深めるのだった。

 

・偽の証拠と明かされた真実

政行が犯人であるという確固たる証拠が掴めない彼等は、泰輔が持つ幸博の腕時計と静奈が持つ母親塔子の口紅を使って偽の証拠を作り上げ警察に掴ませるも、決め手に欠けていた。

そこで、功一はレシピノートを政行が盗んだという証拠として捏造する計画を立てる。

そして、それが出来るのは静奈しかおらず、彼女は戸神家の書斎にレシピノートを隠すことに成功するが、騙すべき相手の行成に惹かれ始めており、なかなか彼の前から姿を消すことが出来なかった。

そんな時、ジョージクルーニーに矢崎秀子が現れる。

秀子の夫である矢崎信郎は塔子の元亭主で静奈の実父。

実は、功一と泰輔は幸博と前妻の子で、塔子や静奈とは血の繋がりがなく、この事を知らない静奈に二人は何もなければ伝える気もなかったのだ。

そんな秀子は信郎が真犯人だと告げるが、それは彼女の思い込みであることがわかる。

だが、他人の口からこの事実を知られることを望まない二人は、自分たちから静奈に伝えようと決めるのだった。

後日、二人は彼女に伝えようとするも、お互いが静奈を女性として好きなのではと喧嘩してしまう。

そこに静奈が姿を見せ、結果として最悪な状況でこの事実を知られるが、彼女はこれまでと変わらない笑顔を見せ、3人は夜空を見上げるのだった。

 

・バレていく嘘

一方、時効が3か月後に迫り、これまで進展のなかった事件の証拠品が次々と現れてくることに警察は不信感を抱き、何者かに誘導されているのはと思い始めていた。

しかも、見つかった証拠品にはおかしな点が見られ、その疑念は確信めいたものになってくる。

そんな時、静奈がかつて騙したパワハラ上司に見つかり、更には書斎に隠したはずのレシピノートを携えた行成まで訪ねてきた。

彼は父の政行が取り調べを受けたことで、これまでの静奈の行動や言動、更には正体まで突きとめていたのだった。

静奈はこれまでのことを認め、自分が有明静奈で殺されたのは洋食屋アリアケを営んでいた両親であると告げる。

そして、兄たちが政行を真犯人と確信しているとも伝えるのだった。

 

・告白

静奈から話を聞いた功一は、最後の手段として刑事の柏原にすべて明かすことを決意する。

3人は柏原を呼び出すとこれまで働いてきた詐欺と政行が真犯人である根拠を打ち明け、そして、もう手段がないと訴えるのだった。

だが、柏原は現時点ではこれ以上の家宅捜索は難しく、残されているのは犯人が忘れていったビニール傘だけだと告げて去っていった。

その後、静奈は行成の手にあるレシピノートのことで彼をジョージクルーニーに呼び出す。

そこで、功一と泰輔が彼女の兄であることを知った行成は驚くも、事情を聞いて政行がレシピを盗んだのは間違いないが殺人を犯したとは思えないと告げる。

しかし、事件当日の夜、天体観測に行っていた彼は、いつも一緒である父の姿がなかったことを思い出すのだった。

 

・真相

行成の話を聞いた功一は、現場に残されていた傘のことを打ち明けDNA鑑定への協力を打診する。

すると、何の疑いもなくただ真実を知りたいと行成は賛同し、その様子から功一と泰輔は彼についての認識を改めるのだった。

事件の時効当日、刑事に扮して戸神家を訪れる功一と泰輔。

彼等は、アリアケの現場にあった遺留品のDNAと政行のDNAが一致したと告げる。

すると、行成は犯人が罪をなすりつけようと政行の持ち物を現場に残したのではと反論、それから政行に向けて「父さん失くしたって言ってただろ」と声を掛ける。

話を振られた政行は「覚えていないよ、失くした傘のことなんか」と口にするのだった。

この言葉に愕然とする行成。

この場にいた誰も「傘」とは言っておらず、この捜査情報は公表もされていなかった。

現場に残されていたのが傘だと知っているのは、警察と被害者家族以外では真犯人しかいなかったのだ。

功一が自分たちの正体を明かし、静奈と柏原刑事たちも姿を見せると、静かに政行は語り始める。

やはりハヤシライスのレシピを盗んだ、いや正確には買ったのは政行だった。

あの時、喫茶店ニューフロンテで酷評された彼は、アリアケを訪れ料理が不味かったら文句をつけようと考えていたが、あまりの美味しさにレシピを教えて欲しいと頼み込んだ。

しかし、その場は断られ諦めかけていると、後日、レシピを買わないかと連絡がきたとの事で、彼はその証拠としてコピーを持っていた。

実際、当時の幸博は金に困っており、塔子が矢崎に借金が申し込んでいたのは事実で、コンビニで彼が何かをコピーしている姿も確認されていた。

そして、言われた通りに有明家を訪れた政行は先に勝手口から入っていく男を見かけ、騙されたのではと疑いながらも外で待ち続け、いなくなった後に中に入るとすでに二人が殺されていたと話す。

このままでは自分が疑われると思い、その場にあったレシピのコピーだけを持って立ち去ったのだと告げるのだった。

通報しなかったことを土下座して詫びる政行だが、功一たちは信じられない。

すると、政行は傘を忘れたのではなく取り違えたのだと訴え、ずっと保管していた傘を彼等に渡すのだった。

 

・結末

傘の形状の違いから間違えたことを確信していた政行は、先に出ていった男が傘を持っていなかったので、これが犯人の物と考え、捨てられずにいただけだったのだ。

この傘は柏原に託されたのだが、功一はある事に気づく。

そして、警察に戻ろうとする彼を呼び止め、二人だけで話がしたいと告げるのだった。

犯人の傘の柄の部分には不自然に擦れたような傷跡がいくつもついており、その事に気づいた功一はゆっくりと話し出す。

事件当時真っ先に現場に駆け付けたのが柏原で、彼はゴルフにハマっており、たまたま、その傘で素振りしているのを功一は見ていたのだ。

元々、あの遺留品の傘には指紋が拭き取られているという不審な点が見られ、それが出来るのは傘を忘れたことに気づいた犯人で警察関係者だけ。

つまりは、誰よりも先に現場にいた柏原以外いなかったのだ。

更に功一は真実を知ろうと殺した理由を問い詰めていく。

すると、徐に柏原は話し始める。

当時の有明夫妻には400万円の借金があり、違法のノミ屋から金を借りていたことで命の危機を感じた幸博は常連客の柏原に相談を持ち掛け、辛うじて用意できた200万円で話をつけてもらおうとしていた。

だが、柏原は病気の子供の為に金が必要で、あの夜、金を受け取りに行った際に貸してほしいと頼み込むが断られ、止むを得ず犯行に及んだとのことだった。

すべてを知った功一は激昂するも、拳銃自殺を図ろうとする柏原を止める。

そこに駆け付けた泰輔と静奈の兄妹と萩原刑事も加わった。

3兄妹に土下座して謝る柏原に、これから自分たちがどう生きていくのか見届けろと功一は言い放つのだった。

両親の事件が終わり、功一と泰輔はこれまでの詐欺について自首することを決め、行成にすべてを打ち明けると静奈を守ってほしいと懇願する。

すると、行成はあることを条件に引き受けた。

二人はかつての被害者に金を返していく。

そして、新店舗オープン前日に呼び出された静奈は、行成からプロポーズされ涙を見せる。

そんな静奈の指にはめられた指輪は、かつて宝石商に扮した泰輔が買わせようとしたものだった。

『流星の絆』の登場人物

・有明功一・・・二宮和也、斎藤隆成(幼少時代)

・有明泰輔・・・錦戸亮、嘉数一星(幼少時代)

・有明静奈・・・戸田恵梨香、熊田聖亜(幼少時代)

・戸神行成・・・要潤

・戸神政行・・・柄本明

・戸神貴美子・・・森下愛子

・矢崎信郎・・・国広富之

・矢崎秀子・・・麻生祐未

・有明塔子・・・りょう

・有明幸博・・・寺島進

・柏原康孝・・・三浦友和

『流星の絆』の主題歌

・主題歌

『Beautiful days』 嵐

・挿入歌

『ORION』 中島美嘉

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『流星の絆』の感想

・テンポ良く社会性に富んだ内容でありながら、娯楽要素もあるサスペンスらしからぬサスペンスで面白かった。

・緩急のある展開で、飽きずに観られる作品だった。

・何度観直しても面白い作品で、これからも定期的に観ると思う。

・3兄妹はもちろんのこと、三浦友和さんが最高だった。

・切なさに溢れた作品で、いつまでも余韻が残っています。

・あれだけシリアスな内容が、宮藤官九郎さんの手にかかるとまったく別の物語に化けてしまい、原作に忠実なゆえに不思議な感じが強く残っている。

・一瞬も見逃したくないほど内容が濃くて、今まで観た中で一番大好きなドラマです。

・独特な世界観に惹きこまれていった。

・主要キャストの迫真の演技に心を奪われてしまった。

・原作のファンなので違和感は拭えないものの、これはこれでとても面白いドラマだと思う。

・挿入歌が流れるタイミングだけでなく、楽曲自体もドラマに合っていて印象に残っています。

・ラストシーンが重苦しくなく、楽しく終われたので大好きです。

・濃厚な内容のサスペンスだからこそ、クドカンの脚本が活かされたドラマだと思います。

・ドラマの中のドラマという演出が印象的です。

・シリアスアンドコメディ。まさに新たなサスペンスの世界に夢中になった。

『流星の絆』のまとめ

あの重厚な推理小説を宮藤官九郎さんがどのように描くのかと注目された『流星の絆』は、良い意味で期待を裏切るような作品でした。

ありふれたサスペンスではなくコメディ要素を取り入れ、濃密な内容だからこそ創り上げることが出来たクドカンワールド満載のドラマとなっています。

ドラマインドラマという新たな形が特徴で、キャストの好演も印象に残り、メリハリのある世界観は飽きることがないでしょう。

まさに唯一無二と云ったサスペンスストーリーを味わってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました