るろうに剣心 伝説の最期編 無料動画配信(映画)フル視聴/

邦画

るろうに剣心 伝説の最期編の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『るろうに剣心 伝説の最期編』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『るろうに剣心 伝説の最期編』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

映画『るろうに剣心 伝説の最期編』予告編
映画『るろうに剣心 伝説の最期編』感動の見所スペシャル 2014年9月13日公開
『るろうに剣心 最終章 The Final / The Beginning』特報

本作品『るろうに剣心 伝説の最期編』は、前作京都大火編から続く物語の後編となり、緋村剣心にとって最恐の敵である志々雄真実との抗えない(あらがえない)運命の闘いに終止符が打たれます。

興行収入も43.5億円を記録し、更にシリーズ累計で125億円を突破するなど、2000年以降に制作されたテレビ局の出資がない邦画実写作品における最高記録を作り、大ヒットとなりました。

壮大で迫力のあるアクションが繰り広げられる本作品を振り返っていきましょう。

『るろうに剣心 伝説の最期編』を無料で見る

『るろうに剣心 伝説の最期編』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『るろうに剣心』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

『るろうに剣心』作品

アニメ 明治剣客浪漫譚(2001年)

劇場版 るろうに剣心 (2012年)

るろうに剣心 京都大火編(2014年)

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年)

『るろうに剣心』の作品を視聴できる配信サービスはTSUTAYA TV/DISCAだけ

『るろうに剣心』作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

劇場版『名探偵コナン』作品

時計じかけの摩天楼(1997年)

天国へのカウントダウン(2001年)

ベイカー街の亡霊(2002年)

異次元の狙撃手(2014年)

純黒の悪夢(2016年)

紺青の拳(2019年)

『名探偵コナン』の作品を視聴できる配信サービスはTSUTAYA TV/DISCAだけ

『名探偵コナン』作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

劇場版『名探偵コナンの歴代全24作品』の詳細記事はこちら

『名探偵コナンの歴代全24作品』の記事 ▶︎

るろうに剣心 伝説の最期編の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『るろうに剣心 伝説の最期編』のあらすじ

・剣心の過去~奥義伝授

砂浜に打ち上げられた剣心は、謎の男に救われていた。

そんな剣心は幼き頃の記憶を夢に見るのだった。

荒野にて沢山の躯(むくろ)の墓を作っていた心太。

野盗に襲われた所を謎の男に救われていたのだが、心太はその野盗たちと自身を連れていた人買いたちの分まで、すべての墓を作ろうとしていたのだった。

そんな心太に「お前は優しすぎる、今日から剣心と名乗れ」と告げたその男こそ、緋村剣心の名付け親で飛天御剣流を教えた師匠の比古清十郎だった。

比古は、偶然、砂浜で剣心を見つけ助けていた。

目が覚めた剣心は薫の事を尋ねるが、周りには誰もいなかったと言われ、丸三日眠り続けていたと告げられる。

剣心は、斃さねばならぬ相手がいると告げ、飛天御剣流の奥義伝授を申し出るのだった。

 

・志々雄の要求

浜辺の民衆が大型甲鉄艦「煉獄」の姿を目の当たりにし、黒船の来襲と騒いでいると砲撃が始まった。

志々雄は、大久保の後任である伊藤博文を呼び出し、都合の悪いものをすべて闇に葬るのが政治なのかと問いかけ、命が惜しければ抜刀斎を探し出し民衆の前で処刑しろと言い放つのだった。

政府は、志々雄の要求に対処する為に剣心を全国に指名手配し、そんな政府の対応に、斎藤は武士の誇りを忘れたのかと言い捨て、立ち去ってしまう。

志々雄との戦いの行く末は、もはや剣心の奥義伝授に懸って(かかって)いたのだった。

『るろうに剣心 伝説の最期編』のネタバレ

・比古清十郎

三日もの間、眠り続けていた剣心は幼き頃の記憶を夢に見ていた。

目が覚めて傍に居たのは、その記憶の中で剣心と名付け、飛天御剣流を教示してくれた師匠の比古清十郎だった。

剣心は薫が気がかりで師匠に問うが、砂浜で倒れていたのは剣心ただ一人だったらしい。

斃さねばならない最恐の敵、志々雄真実と闘う為に、剣心が飛天御剣流の奥義伝授を涙ながらに頼み込むと、まずはその逆刃刀で今までの15年間を証明してみろと告げられてしまう。

そこらへんに転がっていた木の枝を木刀の様に操る師匠に、逆刃刀を手にする剣心は歯が立たない。

御剣流は自由の剣、どんなものにも与して(くみして)はならないのが理(ことわり)と話す比古は、何故、倒幕に加わったと問いただす。

邪心か野心かと問い続ける比古に、人々を苦難から救い出す為に意を決したのだと剣心は答え、再び立ち向かっていく。

 

・大型甲鉄艦「煉獄」と志々雄真実

漁師たちが黒船来襲を思わせるほどの大型甲鉄艦「煉獄」を目の当たりにして怯えていると、砲撃が始まる。

逃げ散っていく民衆を横目に、志々雄一派が東京に到着した。

上陸した志々雄真実は、大久保利通の後任であり現内務卿の伊藤博文との会合を開くが、会食中に志々雄を非難する者を十本刀の宇水が殺してしまう。

別の理由で死んだ事にしろと命ずる伊藤に、志々雄は「都合の悪いことは闇に葬る…俺を焼いたのも政治なのか」と告げ、緋村剣心を探し出して群衆の前で処刑しろと言い放つのだった。

そして、志々雄を恐れた政府は、緋村剣心を全国に指名手配する。

この対応に斎藤は、維新の功労者である剣心を捨て駒にすることに憤り、武士の誇りを捨てたのかと言い捨てて、立ち去るのだった。

 

・薫

葵屋で剣心と薫の身を案じていた左之助と弥彦。

そして、翁を瀕死にされ四乃森蒼紫はもう斃すべき敵と怒りの表情を見せる操。

そんな彼等も剣心の手配を知り、憤る左之助を横目に弥彦は剣心が生きている証と声をあげる。

すると、そこに葵屋の手ぬぐいを手にした客が訪ねてきて、事情を聞き病院へ駆け付けると、そこには薫の姿があった。

 

・欠けているもの

幾度となく倒されても師匠に立ち向かう剣心だったが、通用せずにあしらわれてしまう。

命を捨ててでも奥義を会得すると話す剣心に、比古は呆れた物言いで愚かだと口にする。

そして、墓を作ることしか出来なかった頃と変わらないままのお前では、奥義を会得する事は出来ないと告げ、自分に何が欠けているのか見つけ出せと時間を与えるのだった。

夜が明け、見出せたかと問いかける比古に、剣心は出来なかったと告げる。

すると、刀を携えた比古は、人斬りの過ちを犯してしまうであろう弟子に引導を渡すのが師匠の務めと剣を構えるのだった。

木の棒や木刀ではなく、真剣を手にした飛天御剣流の正統後継者である比古清十郎の殺意の籠った攻撃に恐怖を感じる剣心。

夢中で剣を振るうなか、その恐怖は師匠への怖れではなく、その背後にある絶対的な死への恐怖だと気づく。

そして、死ぬわけにはいかないと振りぬいた一撃に、比古はその生きようとする意志がお前に足りなかったものだと告げる。

数多(あまた)の命を奪ってきた剣心は、悔恨と罪悪感から、自らの命を軽んじていた。

己の命の重さを忘れないことが奥義に繋がると知り、剣心はついに奥義を会得するのだった。

 

・最強の称号

病床で剣心を夢に見た薫は、左之助と弥彦と共に東京へ向かう。

奥義を得て志々雄の元へ向かおうとする剣心に、比古は「生きようとする意志は何よりも強い。その命を無駄にするな」と告げる。

そこへ駆け付けた操。

薫は生きていると告げ、剣心が手配されていることも教え、御庭番衆が使う東京への抜け道の地図を手渡す。

別れを告げようと翁を見舞うが姿がない。

蒼紫が剣心を待ち伏せると考えていた翁は、瀕死の体を引き摺りながらも立ち向かおうとするが、崩れ落ちてしまう。

そこへ操と共に駆け付けた剣心は、蒼紫と剣を交えるのだった。

失った仲間の為に最強の称号を手にしようと修羅に堕ちた蒼紫は、凄まじい攻撃を繰り出して剣心へ襲い掛かる。

だが、剣心は「目の前のものから目を背け、大切なものが欠けている貴様には負ける気がしない」と蒼紫を叩き伏せる。

そして、大切なものを取り戻してもなお、最強の称号を求めるならばいつでも闘いに応じると言い残して、東京へ急ぐのだった。

 

・伝説に相応しい花道

神谷道場へ戻った剣心は恵と再会。

剣心は恵から、人を生かすよりも自分を生かせと、師匠と同じ言葉を投げかけられる。

そして、いつもの着物を身に纏っていると、そこに警官隊が現れるのだった。

剣を交える理由がないと刀を置いた剣心は、連行され伊藤博文と会う。

伊藤から、人斬り時代の所業が維新派の意向と露呈しない為の生贄だと剣心は聞かされるが、近づく事さえ出来れば勝機はあると告げる。

剣心の言葉を聞いた伊藤は、伝説に相応しい花道を用意してやると、作戦をたてるのだった。

 

・最終決戦~結末

衆人環視に晒され志々雄一派の停泊する砂浜に向かう剣心。

処刑場となるその砂浜では、着々と準備が進められていた。

だが、そこに志々雄の姿はなく、立ち会うのは薫を海原に放り投げたあの佐渡島方治だった。

言葉に詰まる警視総監の川路に替わり、罪状を高らかに読み上げる佐渡島方治。

そこに連なる犠牲者から清里明良の名を耳にした剣心は、その顔を思い浮かべ、二度と人は斬らないと誓った時を思い出すのだった。

薫や左之助たちが叫ぶ中、斬首刑となる剣心に処刑人が刀を振り下ろす。

しかし、首は刎ねられず(はねられず)拘束していた縄だけが斬られていた。

処刑人は斎藤で、警官隊が一気になだれ込み、乱戦へと突入し左之助も加わっていく。

煉獄からの砲撃も始まり、戦いが激しさを増していく中、先んじて剣心と左之助の二人は煉獄へ乗り込んでいくが、そこに待ち受けていたのは十本刀の手練れたちだった。

剣心の前には宗次郎、左之助には破戒僧の悠久山安慈が立ちはだかり、死闘の末、左之助は辛くも安慈を倒すが、あの新月村の対決から再び、剣を交えた剣心と宗次郎の闘いは熾烈を極める。

だが、感情がないはずの宗次郎の様子に異変が見られ始め、先読みできるようになった剣心の攻撃が決まりだし、精神が壊れてしまった宗次郎を退けるのだった。

そんな中、煉獄への砲撃が開始された。

それは、あわよくば志々雄もろとも剣心たちも海の藻屑にしようとする伊藤の企みだった。

より激しさが増し混沌とするなか、雌雄を決した剣心と志々雄。

最終決戦の火ぶたが切られ、切っ先から炎を発する志々雄の攻撃力は圧倒的で、剣心は倒れてしまう。

そこに斎藤や左之助も現れるが志々雄には敵わない。

再び剣心が立ち上がると蒼紫も現れて、剣心、左之助、斎藤も加わり、5人が入り混じる死闘が繰り広げられるのだった。

すると、志々雄に異変が見られる。

全身に負った火傷のせいで体温調整の出来ない志々雄は、異常な高熱を発して苦しむ。

志々雄の身を案じた駒形由美が剣心の前に立ちふさがった瞬間、志々雄は由美もろとも剣心を突き刺して致命傷を与えるのだった。

決着をつけようとする剣心は、鞘に刀を収め抜刀術の構えをとり、志々雄も最後の一撃に備える。

そして、左足を大きく前に踏み込んだ剣心の一撃が炸裂。

「飛天御剣流奥義 天翔龍閃(あまかけるりゅうのひらめき)」と剣心は告げるのだった。

決定的なダメージを負った志々雄だが、立ち上がり由美を抱きかかえてそっと階段の上へ運ぶと、体温上昇が限界に達し体から火を発する。

そして、時代がお前を選んだだけだと高笑いしながら炎に包まれていくのだった。

死闘をくぐりぬけ帰還した剣心たちを出迎えた伊藤は「幕末の亡霊、人斬り抜刀斎は死んだ」と告げる。

季節が流れ、神谷道場では未来を担う剣士たちの声が響くなか、剣心が穏やかな表情で空を見上げていた。

剣心から紅葉を手渡された薫は、新時代を生きてと声を掛ける。

すると、剣心は共に見守ってほしいと薫に告げるのだった。

『るろうに剣心 伝説の最期編』の登場人物

・緋村剣心・・・佐藤健

・神谷薫・・・武井咲

・相楽左之助・・・青木崇高

・斎藤一・・・江口洋介

・志々雄真実・・・藤原竜也

・瀬田宗次郎・・・神木隆之介

・比古清十郎・・・福山雅治

・四乃森蒼紫・・・伊勢谷友介

・高荷恵・・・蒼井優

・明神弥彦・・・大八木凱斗

・巻町操・・・土屋太鳳

・伊藤博文・・・小澤征悦

・佐渡島方治・・・滝藤賢一

・駒形由美・・・高橋メアリージュン

『るろうに剣心 伝説の最期編』の主題歌

『Heartache』 ONE OK ROCK(A-Sketch)

ONE OK ROCK – Heartache [Studio Jam Session]

 

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

るろうに剣心 伝説の最期編の感想・まとめ

『るろうに剣心 伝説の最期編』の感想
男性30代
男性30代

最恐の敵である志々雄編のクライマックスを迎える内容だったので、全体的にアクションシーンが多めでしたが、そんなことも観賞中は気にならない程、熱中してしまいました。

福山雅治さんが演じる比古清十郎が原作のイメージとは違って感じましたが、この実写版ならではのキャラクターとして、とても魅力的で驚きました。

但し、伊藤博文には違和感しか残らず、この作品に必要だったのかと疑問に感じ、違った展開のシナリオを考えた方が良かったのではと思っています。

それでも、今までのシリーズよりも心理描写が繊細で、原作通りの名言的な台詞も多く使われていたのが好印象でした。

これから公開される新作に、更なる期待感を抱ける内容だと感じました。

その他の感想はここから見れます

 

『るろうに剣心 伝説の最期編』のまとめ

前作の京都大火編の続きで、『るろうに剣心』にとっては最も重要と言っても過言ではない志々雄編が完結した本作品は、今までのシリーズで最高のアクションを繰り広げていたと感じました。

何といっても、藤原竜也さん演じる志々雄真実の存在感が際立っており、原作のイメージを壊さず、それでいて個性的な独自のキャラクターを作り上げていた事に感服いたしました。

最初から最後まで感情を揺さぶられたことが、特に印象に残っています。

これから公開予定の新作に向けて、本作品『るろうに剣心 伝説の最期編』必見です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました