るろうに剣心 無料動画配信(アニメ1話~最終回)フル視聴/

アニメ

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

流浪に剣心 オープニング「そばかす」

漫画家 和月伸宏による大人気漫画が原作の『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』は、1998年にTV放送が終了してもなお愛され続けているアニメーション作品です。

主人公とヒロインの声を、声優ではなく著名な俳優を起用した事で当時は大きな話題となりました。

また、主題歌やエンディングテーマも大ヒットを記録するなど、注目度の高い作品として幅広い年齢層から好評を得ています。

現在も、北海道編が物語として続いており、まだまだ目を離せません。

作者 和月伸宏が生涯をかけて描き続ける浪漫譚をご紹介いたします。

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』を無料で見る

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『るろうに剣心』を視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

 

『るろうに剣心』作品

アニメ 明治剣客浪漫譚(2001年)

劇場版 るろうに剣心 (2012年)

るろうに剣心 京都大火編(2014年)

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年)

『るろうに剣心』の作品を視聴できる配信サービスはTSUTAYA TV/DISCAだけ

『るろうに剣心』作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

劇場版『名探偵コナン』作品

時計じかけの摩天楼(1997年)

天国へのカウントダウン(2001年)

ベイカー街の亡霊(2002年)

異次元の狙撃手(2014年)

純黒の悪夢(2016年)

紺青の拳(2019年)

『名探偵コナン』の作品を視聴できる配信サービスはTSUTAYA TV/DISCAだけ

『名探偵コナン』作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

劇場版『名探偵コナンの歴代全24作品』の詳細記事はこちら

『名探偵コナンの歴代全24作品』の記事 ▶︎

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』のあらすじ

・緋村剣心

ここは東京の城下町。

ある夜、赤毛の短身痩躯で頬に十字傷のある優男は、廃刀令がしかれるこの明治の世で帯刀していた。

すると、一人の若い女性が「人斬り抜刀斎」と木刀でその男に斬りかかる。

優男はひらりと躱したように見えたが、塀に頭をぶつけ失神しそうになってしまう。

あまりのドジさ加減に呆れながらに声をかける女性は、神谷薫という神谷活心流の剣術道場の師範で、赤毛の優男は「拙者は流浪人(るろうに)」と話し、腰に帯びた刀を見せる。

その刀は、刃が逆になった逆刃刀(さかばとう)だった。

この城下町では、罪のない人が斬られる「人斬り抜刀斎事件」が多発しており、神谷活心流を名乗って去っていくので、その汚名を晴らそうと薫は夜廻りしていたのだった。

そんな二人の近くで悲鳴が聞こえ、駆け付けると大男が人斬り抜刀斎と名乗っていて、薫が木刀で立ち向かい、相打ちのように見えたが相手は真剣を手にしていたので、薫は小さい傷を負ってしまう。

そこに流浪人が現れ、抱きかかえて薫を連れ去り、大男も神谷活心流を名乗りながら去っていくのだった。

後日、薫の道場が人斬り抜刀斎と名乗っていた大男と配下たちに襲撃される。

実は、道場の土地屋敷を狙っていた喜兵衛が奉公人として潜り込み、弟の伍兵衛を使って陥れようとしていたのだった。

体躯の差と力に圧倒された薫は窮地に陥ってしまう。

そこに現れたのは流浪人。

驚くほどの速さと卓越した剣技で一瞬にして配下たちを薙ぎ払った流浪人は、人斬り抜刀斎の振う剣は神谷活心流ではなく、飛天御剣流(ひてんみつるぎりゅう)という殺人剣だと告げる。

立ち向かってくる伍兵衛を一太刀で倒した流浪人は、抜刀斎の名に未練も愛着もないがこんな輩には譲れないとひと睨みすると、喜兵衛は失禁しながら気を失ってしまう。

流浪人は、出来れば名乗りなくなかったと悲し気な笑みを浮かべて立ち去ろうするが、薫はそれを止めようとするも素直になれず、行くなら名前ぐらい教えてと話す。

すると、流れるのも疲れたと「緋村剣心、それが今の拙者の名でござる」と笑顔を見せるのだった。

・出会いと闘い

神谷道場に居候する事になった流浪人の緋村剣心。

数々の事件と闘いの中で、新たな仲間たちと出会っていく。

士族の末裔でありながら悲しい生き方をしていた明神弥彦、惡の一文字を背負う相楽左之助、悲運の一族の名を紡ぐ高荷恵など、剣心はかけがえのない仲間に恵まれる。

それは、人斬り抜刀斎の罪を背負いながら流れ続けていた剣心にとっては初めてのことだった。

そんな中、剣心は抜刀斎としての宿命から逃れられず、望まない闘いに身を投じていくしかなくなってしまう。

再び、闘いに向き合う為、薫に別れを告げて一人で京都へ旅立つ剣心。

悲しみに暮れる薫に、弥彦と恵は自分の気持ちに怖れずに立ち向かうように励ます。

一方、左之助も約束を破った剣心を追いかけていくのだった。

京都への道中、数奇な運命による出会いを経て剣心は闘いに臨む。

そして、緋村剣心の行く末には、闘いの運命が待ち受けているのだった。

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』のネタバレ

・飛天御剣流

廃刀令を無視して腰に刀を帯びた緋村剣心は、ある夜、東京の城下町で人斬り抜刀斎事件をきっかけに、神谷薫という一人の女性と出会う。

神谷活心流の剣術道場の師範である薫は、汚名を晴らすべく人斬り抜刀斎を追っていた。

そんな彼女の道場には、素性の知れぬ喜兵衛が奉公人として住み込んでいる。

自分が流浪人であると話した剣心は、喜兵衛の存在を怪しみ心配するが、薫は人には知られたくない事があるでしょうと気にも留めておらず、それは剣心に対しても変わらなかった。

しかし、外出した剣心が街のならず者たちに囲まれている時、薫は人斬り抜刀斎を名乗っていた大男とならず者たちに襲撃されてしまう。

彼等は鬼兵館という道場の者たちで、喜兵衛は神谷道場の土地屋敷を手に入れようと企んで、弟の伍兵衛を使って人斬り抜刀斎事件を起こし、神谷活心流の名を貶めて(おとしめて)いたのだった。

窮地に追い込まれてしまった薫。

そこに現れた剣心は、一瞬のうちにならず者たちを薙ぎ払い、伍兵衛と対峙する。

そして、人斬り抜刀斎の振う剣は神谷活心流ではなく、殺人剣の飛天御剣流(ひてんみつるぎりゅう)だと告げ、一太刀で伍兵衛を倒すのだった。

何処となく寂し気で悲しそうな笑みを浮かべた剣心は、出来れば抜刀斎と名乗りたくなかったと告げて、その場を後にしようとする。

すると、それを止めようとする薫だったが、素直になれずせめて名前くらい教えてと話す。

拙者は緋村剣心、流浪人だが少し流れるのに疲れたと優しく微笑みながら答えるのだった。

 

・逆刃刀(さかばとう)

神谷道場に居座る事になった緋村剣心。

彼は、幕末の維新志士の一人で人斬り抜刀斎と呼ばれる志士たちを守る遊撃剣士だった。

鳥羽伏見の戦いの後、行方をくらましていた剣心は、刃が逆になった逆刃刀を帯刀し流浪人として流れていたのだが、街中での剣客警官隊の横暴に黙っていられず騒ぎを沈静させて、かつての維新志士仲間の山県有朋に存在を知られてしまう。

沢山の志士たちが帰還を待っているとの誘いを、剣心は「官憲の力でねじ伏せるという思い上がりがこういった者たちを生んでしまう」と告げ、この逆刃刀一本でも目に止まる人々を助ける事は出来ると断り、その場を後にするのだった。

 

・明神弥彦

後日、出稽古の帰りに薫と剣心はスリを働いた少年と出会う。

財布を掏られた(すられた)ことに気づいていた剣心だったが、掏られた自分が悪いと財布を手渡すと、なめるなと怒って少年は投げ返してきた。

真剣な眼差しで意気込みながら、「東京府士族、明神弥彦」と少年は名乗る。

その眼差しに弥彦を認めた剣心は、みくびっていたと謝り、去っていく弥彦の後ろ姿を見ながら将来を憂うのだった。

自分を雇うやくざ者の頭にもう二度とスリなんてしないと豪語した弥彦は、痛めつけられボロボロになっていた。

弥彦が連れ去られるのを目撃した薫から事情を聞いた剣心は、そこへ駆け付けてやくざ者たちを倒すと頭に睨みを効かせて弥彦を助け出す。

俺は一人でも戦えたと話す弥彦に、剣心は、またみくびってしまったと謝る。

そして、ここで強くなれと神谷道場に連れて来られた弥彦は、士族の誇りを胸に神谷活心流の剣士として強くなると決心するのだった。

 

・相楽左之助

ある日、街中の牛鍋屋に出掛けていた剣心たちは、そこで自由民権と叫ぶ男たちが起こした騒ぎを諫めた男と出会う。

その男は背中に惡一文字を背負っていた。

後日、剣心に恨みを持つ喜兵衛たちが復讐の為に道場に仕向けた刺客がその男だった。

彼の名は、相楽左之助。

彼は、民衆で結成された官軍の先行部隊で維新政府の命を受け、民の為に年貢半減令を伝えていた赤報隊の元準隊士で、その後、政府が保身の為にニセ官軍として赤報隊を処分したことを許せないでいた。

斬馬刀という大きな武器を使い剣心に闘いを挑み、惡一文字を背負わされ散っていった赤報隊として維新志士を許すことの出来ない左之助は、諦めずにボロボロになりながらも闘い続ける。

しかし、剣心が人斬り抜刀斎として奪った命への償いと、いまだに虐げられ続けている人たちの為に逆刃刀を振るっているのを知り、赤報隊と重ね合わせ心から敗北を認めるのだった。

翌日、偶然出会った左之助は相変わらず惡一文字を背負っていた。

これだけは捨てられないと話す左之助は、おまえを見極めると伝え、勝手に流浪に出るなよと去っていくのだった。

 

・黒傘事件

すっかり道場に居ついている左之助。

神谷道場も賑やかになってきていた。

そんな時、維新志士ばかりを狙う兇賊を倒してほしいと警察署長が訪ねてくる。

維新志士の谷卿を守るために配置についていた剣心と左之助の前に現れたのは、元新選組隊士の鵜堂刃衛だった。

浮浪(はぐれ)人斬りと呼ばれる刃衛は、心の一方という相手を不動金縛りにかける技の使い手で、スキを突いて薫を攫っていく。

薫を救う為に指定された場所へ駆け付けた剣心は、心の一方により呼吸不全で苦しむ薫を見て、我を忘れ人斬りに戻ってしまう。

再び、人斬りとして刃衛にトドメを刺そうとする剣心に、心の一方を自ら解いた薫の声が届き、剣心は元に戻るのだった。

 

・武田観柳と御庭番衆

左之助に連れられ賭場に来ていた剣心は、高荷恵という女性に出会う。

剣心たちに助けられた恵は、黒い噂のある実業家の武田観柳の私兵団員に追われていて、街中で流通していた阿片にも関りがあるようだった。

神谷道場に匿われて(かくまわれて)いた恵を追ってやって来たのは、御庭番衆の手練れの者たち。

その場は剣心と左之助が撃退するも、恵を庇って弥彦が毒に犯されてしまう。

だが、恵の迅速な対応と的確な薬剤の処方により、弥彦は一命をとりとめ、彼女の素性が明らかとなるのだった。

恵は会津の医者の名家の生き残りで、不幸にも知らないうちに観柳に利用され、阿片の製造に関わってしまっていた。

医者として命を救うのではなく、奪っていた事に愕然とした恵は、そこから逃げ出していたのだった。

神谷道場の面々の命を盾に取られた恵は、自分の命と引き換えに観柳を殺そうと決意して戻ったが、御庭番衆のお頭である四乃森蒼紫に妨げられ、上階の一室に幽閉されてしまう。

恵を助け出そうと駆け付けた剣心と左之助、そして弥彦の3人は、私兵団と御庭番衆との闘いを繰り広げていく。

幕末の江戸城を守護していた天才隠密の蒼紫に苦戦の末に勝利した剣心たちだが、機関銃(ガトリングガン)を持ち出した観柳に追い込まれてしまう。

足を負傷した蒼紫を守るために自らの命を張った御庭番衆のおかげで観柳を倒し、恵を救い出した剣心たち。

犠牲となった仲間を弔うために復讐の鬼と化した蒼紫に対し、自らを標的とさせた剣心。

そして、奪った命の償いの為、恵は医者としての道を全うすることを決意するのだった。

 

・斎藤一

ある日、薬売りと称し神谷道場を訪れた藤田五郎。

皆が出掛けていて、たまたま居合わせた左之助は、彼の竹刀ダコと異様な雰囲気に気づくが、一方的にやられて瀕死にされてしまう。

戻って左之助の様子を目にした剣心は、傷口や威力などから新選組三番隊隊長の斎藤一の仕業だと確信する。

翌日、斎藤からの手紙による誘いを受け河原に向かった剣心の前には、赤松と名乗る鎖使いが現れるのだった。

赤松は斎藤が放った刺客。

だが、赤松を倒して神谷道場へ戻ると警察官姿の斎藤がおり、彼は、現在、藤田五郎と名乗っていたのだった。

斎藤から、咬ませ犬にすらならない赤松にさえ手こずったお前は弱いと告げられ、剣心は流浪人としての強さだけあればいいと答えるが、それすらも失格だと言い切られてしまう。

それは、警察官として安心され、ずっとここに居た斎藤には皆殺しに出来たという事だった。

剣心と斎藤の闘いが始まり、最初は手加減しながら闘う齋藤に圧されていた剣心だったが、徐々に抜刀斎として目覚め、双方が殺気を籠めた攻撃を展開していく。

闘いに決着がつきそうな時、元維新志士で明治政府の内務卿である大久保利通が姿を現す。

そして、その場を去った斎藤は、裏で暗躍しようとしていた元維新志士の渋海に対し、オレの根本にあるのは幕末と変わらず「悪、即、斬」の正義で、大久保そのものが私利私欲の為に動くのであれば、切り捨てると言い放つのだった。

 

・志々雄真実

剣心は、大久保から志々雄真実が京都で暗躍していると告げられ、力を貸してほしいと頼まれる。

そんな大久保に、薫たちは剣心を京都へは行かせないと言い放つが、大久保は5月14日にもう一度返事を聞きに来ると告げて去っていった。

だが、大久保は剣心の答えを聞くことなく、志々雄一派の瀬田宗次郎によって、紀尾井坂を移動中の馬車の中で暗殺されてしまうのだった。

志々雄真実は、幕末に暗殺を主とする影の人斬りから遊撃剣士として転じた剣心の後任として、影の人斬りになった男だが、戊辰戦争の時に同士である維新志士によって、裏の所業を隠蔽する為に秘密裏に抹殺されたはずだった。

しかし、全身に火を放たれ炎に包まれても志々雄は生きていた。

そして、自ら戦闘狂や武器商人などの手練れを揃えた巨大組織を創り上げ、幕末の秘密を切り札に国を相手に復讐戦争を目論んでいるのだった。

大久保の死を目の当たりにした剣心は、志々雄との闘いを決意して、薫に別れを告げ京都へと向かうのだった。

 

・志々雄との邂逅

薫に別れを告げ東京を離れた剣心。

一方、薫は傷つき落胆していたが弥彦の励ましと、サヨナラさえ言ってもらえなかったと話す恵の心の内を察し、自身の気持ちと向き合い京都へ行く事を決意していた。

自分との約束を気にもせず勝手に去っていった剣心に腹をたて荒れる左之助は、斎藤から剣心に足手纏いとされたと聞かされ、更に憤り、自分も京都へ向かうと言い放つのだった。

それぞれが京都を目指す中、剣心は京都への道すがら、御庭番衆と名乗る巻町操と出会う。

四乃森蒼紫の行方を探している操を撒こうとしたが、彼女の一途な気持ちを汲み取り、一緒に京都へ向かっていた。

そんな時、瀕死の青年の最期を看取る。

そして、彼の最期の言葉を聞いて向かった新月村は荒廃しており、志々雄一派の尖角が統治していた。

そこで合流した斎藤と剣心が、新月村の解放と惨殺された青年とその両親の仇を討つ為に、アジトへ向かうと、そこには志々雄の姿があった。

尖角との戦闘を終えた剣心に向かい、志々雄は俺と闘うのは100年早いと言い捨て、腹心であり精鋭部隊十本刀の一人である瀬田宗次郎に、自身の刀を預けて去っていくのだった。

感情のない宗次郎に先が読めないと感じた剣心は、抜刀術の打ち合いで逆刃刀を折られてしまうが、相手の刀も刃こぼれしてしまい、その場は痛み分けとなる。

そして、新月村を後にする時に、斎藤から人斬り抜刀斎に戻らなければ腹心にさえ歯が立たないと言われるのだった。

 

・逆刃刀 真打

逆刃刀が折れて、別の刀を手にしなければならなくなった剣心は、操の親代わりである京都の隠密御庭番衆である翁の助けを借りて刀鍛冶の新井赤空を探し、既に亡くなっていたが息子がいることを知る。

しかし、息子の青空は平和を望み、刀を打たないと話す。

そんな青空の言葉を聞き、諦めた剣心だったが彼の子供が攫われたと知り、急いで向かうのだった。

青空の子供を攫ったのは、神社に奉納された新井赤空の最期の一振りを狙った十本刀の張。

折れた逆刃刀の鞘を使い闘う剣心だったが、苦戦を強いられ追い込まれてしまう。

だが、平和の為に闘い続ける剣心のことを知った青空は、最期の一振りを託すが不殺ず(ころさず)を誓っていた剣心は迷い、刀を抜けない。

すると、ほぼ狂気に満ちた張は子供に殺意を向ける。

子供を助けるために、意を決した剣心は張を斬り倒すのだった。

不殺ずの誓いを破ってしまったと覚悟したが張は生きており、奉納された刀は逆刃刀で、木製の柄が割れると孫の将来を願う、赤空の辞世の句が刻まれていた。

折れた逆刃刀は奉納する刀を打つ時の影打ちと呼ばれるもので、剣心は真打の逆刃刀を青空より託されるのだった。

不殺ずの誓いを守れた反面、自身の不安を露呈した剣心は、飛天御剣流の奥義を得るため、師匠の比古清十郎の元へ向かった。

すると、そこには薫と弥彦の姿があり、怒っているとの薫の問いかけに、ホッとしたのと半々と答えるのだった。

 

・京都大火

拘束した張から志々雄が計画している京都大火について聞き出した斎藤は、あまりにも情報が筒抜けなのを訝しく感じていた。

それは、修行を終え警察署に到着した剣心も同じで、あらためて志々雄の思惑を読みなおし、真の狙いは東京にあると港へ向かおうとするが、そこに左之助が立ちはだかり剣心を殴りつける。

何故と呟く剣心に、お前の力になる為だと左之助は答えるのだった。

そして、京都の警護を御庭番衆と薫たちに任せ、剣心と左之助の二人は斎藤と共に港へ急ぐのだった。

大勢の配下を使い放火しようとした志々雄一派だったが、京都の民衆から絶大な信頼を得ていた御庭番衆の呼びかけにより、大事に至る事はなかった。

一方、港に到着した剣心たちは目を疑う光景に驚きを隠せないでいた。

そこには、大型甲鉄艦「煉獄」の姿があり、一つの組織が手に入れることが出来るなんてと斎藤は嘆くのだった。

剣心と斎藤の二人が泳いで煉獄へ向かい、左之助は元赤報隊の仲間である克から貰った炸裂弾で機関部の破壊を狙うが、剣心の思考を読んだ志々雄は木片を渡ってくる左之助を機関銃(ガトリングガン)で攻撃させる。

しかし、京都への道中で二重の極みを会得した左之助は、海を弾いて銃弾を防ぎ機関部の破壊に成功するのだった。

財力の大半をつぎ込んだ大型甲鉄艦「煉獄」を失った志々雄は、自分の甘さが原因と話し、本拠地の比叡山六連ねの鳥居の叢祠(ほこら)にて迎え撃つと宣言し、剣心たちもそれに応じる。

結果的には、京都大火と東京への奇襲も阻止する事に成功したのだった。

 

・最終決戦

剣心、斎藤、左之助の3人は比叡山六連ねの鳥居の叢祠に到着し、十本刀の由美の案内で迷路のようなアジトを進んで行く。

最初に、左之助が因縁のあった十本刀三強の一人である破戒僧の安慈と対峙し、二重の極みの応酬となった死闘を制するが、残りの十本刀と配下の者たちが葵屋の襲撃に向かったと教えられる。

薫たちが気がかりになり焦る剣心を先に進ませ、斎藤が残り宇水と対峙。

足を負傷するも宇水を圧倒して退けるのだった。

剣心はある一つの部屋を前にして立ち止まるが、由美はそこに十本刀はいないと話す。

しかし、気配を感じ取っていた剣心が扉を開けると、そこにいたのは同士である翁を瀕死にした四乃森蒼紫で、彼は修羅と化していた。

一方、志々雄一派の襲撃を受けた薫たちと御庭番衆は苦戦しながらも退けていたが、巨人不二の登場に絶望的な状況にあった。

しかし、不二の一太刀に弥彦が窮地に陥った瞬間、比古清十郎が現れ、その強さで不二を圧倒すると葵屋は危機から脱するのだった。

蒼紫と対峙していた剣心は、抜刀せずに闘いを制しようとしていたが、追い込まれて抜刀させられてしまう。

苦戦を強いられる中でも、蒼紫の心に訴えかける剣心の言葉は、どんな攻撃よりも効いていた。

そして、修羅から脱し本来の姿を取り戻した蒼紫に、飛天御剣流奥義「天翔龍閃(あまかけるりゅうのひらめき)」を決めて剣心たちは先を急ぐのだった。

剣心たちを迎え撃つのは十本刀最強の瀬田宗次郎。

新月村での再戦となったこの闘いで、宗次郎の真の力が判明する。

目にも写らない超神速である「縮地」。

更に、感情が無い為先読みが出来ず剣心は、背中を斬られ窮地に追い込まれるが、宗次郎の様子に異変が見られるようになる。

感情がコントロール出来なくなった宗次郎だが、最大の技で決着をつけようとする。

宗次郎の繰り出した縮地の速さからの抜刀術「瞬天殺」に対し、天翔龍閃を繰り出した剣心が闘いを制したのだった。

死闘の連続で傷だらけの剣心だが剣気は衰えず、志々雄との対決に臨むが逆刃刀と兄弟刀である無限刃を手にした志々雄の攻撃に剣心は倒れてしまう。

勝利を確信し高らかに笑う志々雄に斎藤が奇襲を仕掛けるが防がれてしまい、続けて攻撃を繰り出した左之助の拳打もまるっきり効かず、二人共倒されてしまうのだった。

そこに現れた蒼紫も、剣心との闘いのダメージを引き摺りながらも果敢に挑んでいくが、太刀打ちできなかった。

だが、剣心の心は折れておらず、闘志を滾らせて再び立ち上がった。

死闘の末、天翔龍閃を決める剣心。

それでも立ち上がり剣を振り上げた志々雄だったが、全身に負った火傷により異常に高熱を発する為、人体発火が起き、炎に包まれていくのだった。

志々雄一派との死闘を終えた剣心たちは、瀕死の状態で葵屋に帰還。

東京から駆け付けた恵の手当てのおかげもあり、時間はかかったが傷を癒した剣心は、亡き妻 緋村巴の墓に手を合わせて東京へと帰っていった。

 

・二つの御剣

東京の剣心たちに京都の操から文が届いた。

今、京都では幕府上官が狙われる事件が起こり、遺体には奇妙な紋章が描かれているという。

予告状に怯える幕府上官は、禅寺で座禅を組む最強の御庭番である蒼紫に助けを乞うが、蒼紫自身は自分を見つめなおしている為、剣を取るつもりはないと相手にしない。

だが、操はその人物が残していった予告状を翁に見せ、調査を依頼する。

予告状は南蛮語つまりはオランダ語かポルトガル語で書かれており、あの紋章は、キリシタンが用いていた紋様だった。

その内容は「満月の夜、神の子が現る」となっていたが、翁に調査を任せた操の姿が何処にもなく、蒼紫は操の元へ急ぐ。

操はあの幕府上官邸を見張っていたが、騒ぎに駆け付けると謎の男が機関銃(ガトリングガン)をもろともせず上官を斬り殺していた。

そして、月光を背中に刃を煌めかせると、操は射貫かれたように気を失ってしまう。

その場に駆け付けた蒼紫によると、飛天御剣流の使い手に間違いないとの事だった。

蒼紫の呼びかけに京都に出向いた剣心たちは事情を聞き、師匠の十三代目比古清十郎を訪ね、その正体を知る。

彼は、天草将伍。

飛天御剣流を使う、キリシタンの剣士だった。

先代の比古清十郎だった仁志田兵衛は、奥義を会得する事が出来ずに死んだとされていたが生きていて、隠れキリシタンでもあった彼は大陸に渡ったとされていた。

数年後、神と称される少年を連れて帰国した兵衛は、少年をキリシタンの指導者として崇められる存在にしたとの事だった。

そして、兵衛の九頭龍閃(くずりゅうせん)を破ったことから奥義天翔龍閃を会得していると思われ、島原の乱で奇跡を起こした天草四郎の刀も授けられていた。

日食が起きた日、予告状が送られた上官の警備についていた元十本刀で警察官の張が、天草将伍と対峙するも一瞬にして倒されてしまった。

瀕死の張を見舞った剣心は、将伍が御剣流の使い手で剣心よりも強いと警告されるのだった。

一方、左之助は偶然キリシタンの会合を目撃し、聖母マグダリアと呼ばれる小夜という女性と出会い、ちょっとした諍いから彼女のメダリオを手にしていた。

剣心は、比古からの連絡を受け、兵衛の元を訪ね労咳で弱っていた彼から将伍について話を聞く。

それは、将伍が、飛天御剣流開祖以来の新たな技「雷龍閃」を生み出して兵衛を失明させており、剣心を討ち破って、自らが真の御剣流と証明し、神となると豪語していたとの事だった。

そして、将伍からの伝言を聞き、決着をつけるべく島原へ向かう。

対峙した剣心と将伍。

これは、人の理を伝えるための闘いだと、剣心は兵衛の遺言を見せるが、将伍は見向きもしない。

そして、剣を交えると将伍の雷龍閃により、剣心は光を奪われてしまう。

だが、将伍の魂は腐りきっていないと確信し、再び闘うと決意するのだった。

その頃、洞窟で怪我を負ってしまった左之助は、小夜と再会し治療を受け、彼女の優しさとメダリオが母の形見と知るのだった。

そんな小夜は労咳で、余命幾許もなかった。

将伍と小夜の兄妹には、キリシタン迫害により父を惨殺され、母も労咳で失った壮絶な過去があった。

そして、民が虐げられることのない自由な信仰の平等な世界を創り出そうと考えており、島原の地で建国を志していたのだった。

剣心の元へ駆け付けた操の情報によると、将伍の下で宣教師をしている傀王の裏切りの陰謀により、将伍たちは反逆者として軍隊の標的とされていた。

一方、同じく傀王の配下による爆発に巻き込まれ、地下洞窟で窮地に追い込まれていた左之助と小夜だったが、弥彦と操に救われるのだった。

そして、左之助は労咳で弱っている小夜を連れ、剣心と旧知の医師でオランダ領事のエルステンの元へ急ぎ、傀王の陰謀を伝え、小夜を診せるが狙撃からエルステンを庇った彼女は、手紙を託して亡くなってしまう。

傀王は、将伍たち兄妹の腹心である庄三の決死の攻撃により葬られたが、精霊の丘に集う民と将伍は政府の軍隊に包囲されていた。

その攻撃に孤軍奮闘していた将伍だが、民を守り切れず、自身も被弾してしまう。

そこに駆け付けた剣心が将伍の説得を試みる一方で、エルステンは軍隊指揮官に攻撃中止を申し入れるが受け入れられない。

でも、一時間の猶予を与えられた。

剣心は将伍自身が、御剣流の理、つまり人々を守り、奪った命の重みを背負っていると話し、目の見えない状態にもかかわらず、再び剣を交える。

しかし、被弾していた将伍も、いつものキレがない。

そして、互いの想いを籠めた二つの天翔龍閃が交錯。

すると、僅かばかりに私的な憎悪があった将伍の剣を、剣心が上回るのだった。

死を望む将伍だが、民は彼の優しさを求めていた。

闘いを終え、剣心は光を取り戻す。

そして、天草翔伍は民の気持ちを受け止め、剣を捨てて武藤翔伍となった。

日本政府の正式な要望を受けたオランダが彼等の永住の地となり、翔伍と彼を慕う88人の民は旅立つのだった。

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』の登場人物

・緋村剣心・・・涼風真世

・神谷薫・・・藤谷美紀

・相楽左之助・・・上田祐司

・明神弥彦・・・冨永みーな

・高荷恵・・・土井美加

・三条燕・・・白鳥由里

・斎藤一・・・鈴置洋孝

・四乃森蒼紫・・・安原義人

・巻町操・・・櫻井智

・志々雄真実・・・池田政典

・十三代目 比古清十郎/新津覚之進・・・池田秀一

・天草翔伍/武藤翔伍・・・井上純一

・マグダリア小夜・・・笠原弘子

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』の主題歌

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』(アニメ)劇中曲

・オープニングテーマ

『そばかす』 JUDY AND MARY

『1/2』 川本真琴

・『君に触れるだけで』 CURIO

・エンディングテーマ

『Tactics』 THE YELLOW MONKEY

『涙は知っている』 涼風真世

『HEART OF SWORD 〜夜明け前〜』 T.M.Revolution

T.M.Revolution 『HEART OF SWORD ~夜明け前~』

『the Fourth Avenue Café』 L’Arc〜en〜Ciel

『It’s gonna rain!』 BONNIE PINK

『1/3の純情な感情』 SIAM SHADE

『ダメ!』 和泉容

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-の感想・まとめ

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』の感想
男性30代
男性30代

原作漫画同様にバトルシーンには迫力があり、各エピソードのクライマックスではとても胸が熱くなりました。

作品全体における演出が素晴らしく、映像の美しさも見どころのひとつと感じさせてくれます。

また、ありがちなバトルアニメではなく、物語全体を通して人の命の尊さを語っているとも思いました。

とにかく剣心を演じる涼風真世さんの声が魅力的で、ユニークな側面とシリアスな語り口調、そして、戦闘における迫力のある叫びなど、どのシーンをとっても頭から離れないほどでした。

現在も描き続けられている北海道編も、TVアニメは難しくてもOVAなどで制作してほしいと思います。

その他の感想はここから見れます

 

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』のまとめ

あらゆるメディアミックスで制作されている『るろうに剣心』ですが、その先駆けとなったのが本作品であるTVアニメ『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』。

原作に忠実な内容だけではなく、オリジナルストーリーも豊富なのが特徴で、残念ながらすべてを文章では伝えきれないほど濃密な物語で作品全体が埋め尽くされています。

どれだけ年月が経っても色褪せない浪漫譚を、ぜひご堪能下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました