るろうに剣心の無料動画配信をフル視聴(2012年)

るろうに剣心2012年 邦画

るろうに剣心(2012年)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『るろうに剣心(2012年)』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『るろうに剣心(2012年)』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

映画『るろうに剣心』予告編 2012年8月25日公開
『るろうに剣心(2012年)』を無料で見る

『るろうに剣心(2012年)』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『るろうに剣心(2012年)』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

るろうに剣心(2012年)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『るろうに剣心(2012年)』のあらすじ

主人公の緋村剣心は、幕末の頃は「人斬り抜刀斎」と呼ばれる有名な暗殺者として恐れられていました。

しかし10年後の明治11年、剣心は「人斬り抜刀斎」の名を捨て、人を二度と殺さないという「不殺(ころさず)の誓い」を立てて各地を放浪していたのでした。

東京にたどり着くと、アヘンの密売や人斬り抜刀斎を名乗る者が次々と人を斬る事件が街を騒がせていました。

そんな中、剣心は神谷活心流の女剣士、神谷薫と出会い、物語は動き出します。

剣心が薫の道場に行くと、複数の男たちが攻め込んできて、剣心は斬らずに場を収めました。

しかしこの騒動で警察に捕まってしまい、斎藤一と山県有朋に出会います。

斎藤一は人斬り抜刀斎の頃の剣心を知る人物で、阿片捜査に協力してほしいと頼みますが、剣心は断りました。

行き場をなくした剣心は薫の道場に居候することになります。

その後、悪者に無理やりアヘンを作らされていた女医の恵も逃げ込んできて、一緒に住むことになりました。

そしいてある事件が起こり、剣心は悪者と闘うことになるのです。

『るろうに剣心(2012年)』のネタバレ

・黒幕の正体

アヘンを密売していたのは武田観柳で、薫の道場を潰そうとしていた黒幕でした。

アヘンを売って得たお金で武器を買い付けていた観柳は、政府から禁じられている武器を隠すため、神谷道場の土地を利用しようとしていました。

人斬り抜刀斎の事件を起こしていたのも観柳で、神谷の信用を落とそうと企んでいたのです。

・毒物事件

数日後、井戸に毒物が投げ込まれたことが原因で、人々が次々と倒れていきました。

観柳の仕業だと気づいた恵は、手紙を残して一人で観柳の屋敷へと向かいます。

手紙を見た剣心は喧嘩屋の相楽左之助とともに屋敷へ行き、次々と相手を倒していきました。

ところが観柳はガトリング砲を持って構えており、剣心たちは近づくことができません。

そこへ斎藤一が現れ、3人で観柳を倒し、無事に恵を救い出すことに成功しました。

・薫の拉致

恵を救い出して喜んだのも束の間、薫を拉致したと聞かされます。

人質にとられた薫を助けるため、剣心は激戦を繰り広げました。

剣心は再び人斬り抜刀斎になろうとしますが、薫の声を聞いて思いとどまり、不殺の誓いを貫きとおしたのでした。

そして東京に平和が戻り、物語は終わります。

『るろうに剣心(2012年)』の登場人物

緋村剣心  (佐藤健)

神谷薫   (武井咲)

鵜堂刃衛  (吉川晃司)

高荷恵   (蒼井優)

相楽左之助 (青木崇高)

外印    (綾野剛)

斎藤一   (江口洋介)

武田観柳  (香川照之)

『るろうに剣心(2012年)』の主題歌

ONE OK ROCK「The Beginning」

ONE OK ROCK – The Beginning [Official Music Video]

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

るろうに剣心(2012年)の感想・まとめ

『るろうに剣心(2012年)』の感想
女性20代
女性20代

漫画やアニメからの実写化作品の中で、間違いなく随一の傑作です。佐藤健の演技力(るろうにの剣心と人斬り抜刀斎の演じ分け)とアクション(谷垣アクション監督の殺陣がすごい)はこれ以降の殺陣やアクションシーンの流れを変えたと言っても過言ではありません。

ストーリーは原作の東京編を綺麗にまとめてあり、テンポよく畳み掛けて最終盤に伏線回収されるのも見事です。

さらに特筆すべきは豪華なキャストです。

敵方だけでも、香川照之、吉川晃司、綾野剛、敵ではないけど元敵に、江口洋介、あとワンシーンですがシリーズでは最重要キャラに窪田正孝と今では主役級の演技派がみっちり揃っているのもまた見どころです。

エンディングはワンオクと映画に最後の花を添えています。

その他の感想はここから見れます

 

男性60代
男性60代

見所は、幕末から明治になるという舞台背景の中で、10年前には人斬り抜刀斎と言われていた緋村剣心(佐藤健)が、人をころさずの誓いをたてて、縦横無尽に戦う姿です。

佐藤健の演技とアクションはまるで神のように美しいのです。

危険な場所もスタントマンを使わずに演ずる姿に、ただただ感動の嵐が続くばかりです。

これこそ佐藤の芸術といっても良いのではないかと感じます。

彼は流浪の中で、神谷道場の師範代である薫(武井咲)を助けた縁で、ここに居住することになります。

それにしても、武井咲の美しさも半端ないです。

佐藤を慕うキリリと見開かれた瞳の美しさには完敗です。

その頃、東京では抜刀斎と名乗る者が、殺人事件を起こしていますが、見事に成敗していく佐藤、最高です。

女性30代
女性30代

漫画が実写映画化されるとあまり良い結果ではないパターンが多いのですが、この映画は観て良かったと思いました。

原作のファンなので自分の中でも期待値は上がっていたと思うのですが、それでも満足でした。

まず、キャストが全てハマり役で、違和感無しです。主役の佐藤健さんは、見事に剣心にハマっていました。

ストーリーは映画オリジナルの部分もあって、やはり原作通りにはいきませんでしたが、映画オリジナルとして楽しむ事ができました。

個人的には、斎藤一役の江口洋介さんがとてもかっこよかったです。漫画原作という事を抜きにして、斬新な時代劇風の映画としても楽しめるのではないかと思いました。

殺陣のシーンではワイヤーアクションを使っているらしく、その効果で違和感がありませんでした。満足できる映画でした。

男性30代
男性30代

原作の漫画は大好きで何度も読み返した作品です。

実写版は正直期待していなかったのですが想像以上に面白かったです。

戦闘シーンの臨場感やダイナミックなものをあそこまで表現したアクションは圧巻でした。

とにかく佐藤健さんの身体能力の高さにただただ驚かされます、ひたすらにカッコいい。

佐藤健さんのために制作されたのではないかと思えるほど素晴らしいアクションシーンでした。

飛天御剣流が生の人間が出しているシーンを見れた時は震えました。

ただそれぞれのキャラクターの髪型が、原作に忠実なのはわかるのですがもっと自然に見える髪型にしてほしいなと思いました。

蒼井優さんは高荷恵役じゃなくて巻町操役だろ!と個人的に思っていたのですが、妖艶に演じる姿がとても良かったです。

自分の価値観を覆されました。

日本のアクション映画もここまで来たんだと世界に言いたいです。

男性30代
男性30代

原作の雰囲気を壊さずに、しかし原作をそのままなぞるのではなく、映画独自の世界を創りあげていました。

主人公・緋村剣心を佐藤健さんが演じており、飛天御剣流の「速さ」を表現するにはかなりの運動神経が必要だと思うのですが、適役でした。

一対多数の敵と戦うシーンが見どころです。

また、剣心を囲む主要な登場人物のうち、左之助役の青木崇高さんは、大股に歩く様子や斬馬刀を振り回す感じが、左之助のおおざっぱな戦い方のイメージとよく合っていました。

薫役の武井さんには、師範代としてもう少し強さを醸し出してもらいたく、恵役の蒼井さんには、ちょっと背の高さが足りないと思いましたが、演技は良かったです。

そして、武田観柳役・香川さんは、期待どおりの濃い悪役の演技で、ラストの盛り上がりを嫌味たっぷりに盛り上げてくれていました。

女性30代
女性30代

この作品は、和月伸宏さん原作の漫画を実写化した映画です。
ストーリーは、原作におけるニセ抜刀斎騒動・黒笠編・観柳邸突入までの話を取り扱っています。
主人公の緋村剣心役を演じたのは佐藤健さんです。
個人的にはビジュアルはぴったりです。
舞台は幕末が終わり明治になった東京です。
この頃は、法律で廃刀令が出ているので本来であれば刀を持ってはいけないのですが、まだまだ治安の悪い世の中です。
剣心をはじめ、剣客がわんさかいるので戦闘シーンは注目すべきポイントです!
そんな原作漫画での戦闘シーンを実写映画ではどう表現するのか気になるところでした。
実際は、ワイヤーを駆使してスピード感や技の威力などを表現していました。
このアクションシーンは遜色なく見ることができます!
映画監督以外に、アクション監督もいる映画なので相当力を入れたんだとわかります。
実写映画というのはいったんおいて、アクション映画としても見てほしい作品です!

男性40代
男性40代

原作を知っていたし、アニメも知っていたので、気軽にストーリーに入って行けた。

最高の出来になっていた。

十分に満足できるないようであり、るろうに剣心を知らないひとでも存分に楽しめる映画だと思った。

主人公のイメージが非常にぴったりでキャストは抜群だったと思う。

アクションもすごく、佐藤健氏の身体能力ならずもパフォーマンスにほれぼれです。

香川照之さんの演技もさすがです。

本当に演技の天才が見せる最高の演技を是非貴方も一度見てくださいって思った。

人斬り抜刀齊という伝説と共に生きる剣心にかっての剣心を知る面々が口々に語っているのは、戦う根拠すなわち理念である。

それがなければ最後の最後に命を分けるまさに真剣勝負、技は心、そして迷いは技の乱れとなる。

『るろうに剣心(2012年)』のまとめ

私は漫画を読んだことがなくて、映画から見ましたが、全く問題なかったです。

歴史は苦手で時代劇だと途中で話についていけなくなりますが、この映画はストーリーも分かりやすく、すぐに入り込むことができました。

そして何より佐藤健のアクションシーンがかっこいいです!

スピード感もあるので、食い入るように見てしまいました。

キャストも豪華なのでとても楽しめる映画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました