ルパンの娘1(前作) 見逃し無料動画を全話(ドラマ1話〜最終回)フル視聴する方法 2020年続編も紹介

ルパンの娘 国内ドラマ

三雲華は一人の男に恋に落ちた、桜庭和馬だ、華は和真の家に挨拶にいく事になる。

紹介された家族は全員警察官、犬までも警察犬であった桜庭一家は、伝統の警察一家だった。

それに驚いた華は気を失ってしまう、華は泥棒一家Lの一族だったのだ。

果たして華の恋の行方は、またLの一族はどうなってしまうのか。

 

ルパンの娘(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『ルパンの娘』の登場人物
第一話

華と和馬の出会いは図書館であった。

華が図書館で子供に絵本を読み聞かせている時に華は涙を零した。

涙した理由は絵本の内容と泥棒一族のギャップが激しかったからだ。

和馬は勘違いしこんな無垢な涙は見た事が無いと華に一目惚れしてしまうのであった。

家族の挨拶のあと帰宅した華は門前でさらに衝撃の事実を和馬の口から聞く事となる、和馬は捜査三課だったのだ。

和真は交際を反対される。

代々警察一家なため結婚相手は警察でないとならないと言われるのだった。

諦めきれない和馬は家族からある条件をクリア出来たら交際を考えると話されるが、その条件とは捜査一課に昇進する事だった。

さらに上司に相談すると、一番の近道はLの一族の検挙だと言われるのであった。

L一族が狙っていた宝石店に泥棒が入るが、和馬はこの事件の担当に抜擢されるのであった。

L一族は事件の全貌を既に把握していた、そんな中事件を追っていた和馬は捕らえられてしまう。

そこで母の悦子、父の尊、祖母のマツ、華によって潜入する事に、父と母は宝石を狙い、華は和馬の救出を目的に潜入する。

家族の連携により圧倒的能力な能力を見せ事件を解決してしまう。

そして事件は解決し裏で働いていたヤクザも検挙される。

事件の裏ではヤクザの凌ぎであった薬物取引が隠されており全ての事件が解決へと導かれた。

第二話

和馬の家族が三雲家にやってくる。

相手が公務員一家だというのを知った尊はあからさまな態度を出してしまう。

何とか場は和み対面は無事収束するが、和馬の母は作られた空間に違和感を感じていた。

そして華の職場に潜入し華と対面する事に、和馬の母が口にした言葉は「別れて欲しい」であった。

警察はアポ電強盗犯を追っていた詐欺事件である。

そして犯人が逮捕されるが末端の出し子であったが、犯人は大元に関して何も知らず口を割らなかった。

一方L一家は秀吉の茶釜というお宝を狙っていた。

そのお宝は詐欺事件と精通していたのだった。

そしてL一家は祖母マツを囮に受け子を捕まえ、尊が金を取りに来た男に金を渡し最先端の小型追跡装置でアジトを掴む。

そして盗聴し事件の全貌が明らかとなる。

その頃和馬はマツが受け子と間違え退治してしまったため三雲家で気を失っていた。

そしてL一族は悪党から茶釜を奪い、詐欺にあった被害者のデータを入手する。

L一族は金品を窃盗するだけではなく事件解決に貢献していたのだった。

第三話

華はマツに和馬が刑事である事がバレてしまう、だがマツは協力的だった。

警察がSNS強盗を捜査していると聞いたマツはある案を思いつく。

その頃尊と悦子は脱税をした金で宝を購入した会社に目を付ける、しかしその宝は誰かに奪われてしまうのだった。

マツの作戦は和馬の家に強盗を進入させる事だった。

そして母と父が狙っていた宝を横取りしたのはマツだったのだ。

マツは宝を囮に強盗を進入させ、華を活躍させる事に成功する。

そして鼻が利く和真の母美佐子は華の活躍を目にし交際を承諾するのであった。

第四話

和馬は犯人から華の似顔絵を受け取っていた。

そして和馬は質問華に質問する、華はバレたと思い和馬に謝るが和馬は何も知らなかった。和馬はただ似顔絵の女がL一族かもしれないため華に質問しただけであった。

和馬は父の典和から見合いの強要を受けていたが、警視総監からの依頼で捜査一課への道に関わると話す典和、美佐子は反対するがある提案を出す。

見合いは受けて断られるように仕向ける事であった。

しかし見合い相手のエミリは和馬に好印象を持ってしまう。

そして裏でその様子を盗聴していたのは、世界を股にかけ窃盗をしており華に好意を持っている円成寺であったが、円成寺は華に報告する。

そして和馬はエミリとデートをするよう仕向けられる。高円寺はその事も華に密告する。

この事をきっかけに事態は悪化し華はショックを受けるのであった。

L一族は国際ロマンス詐欺事件に目をつけていた。

そして詐欺犯の家宅に進入する事に成功するL一族、事件を解決し逃走を試みるが華は和馬に見られてしまうのであった。

第五話

華を疑う和馬は華にアリバイを求める。

あの日何をしていたか問い詰める和馬に対し華は両親の結婚記念日であったと言い動画を和真に見せる、安心した和馬であったがこの動画はもちろん偽造した物だった。

その後華の忘れていった携帯を家に届けようとする和馬であったがそこで目にした物は人気の無い家だった。

和馬は悦子に電話するが華は帰っていると話す悦子、怪しむ和馬は明日また来るといい、携帯を解析させる事に、そして偽造が判明する。

尊はある女泥棒を追っていたが、捕らえられてしまっていた。

そこへ和馬も捜査に加わり和馬も捕らえられてしまう。

和馬を助ける華は女泥棒を倒し和馬を救出するが、ついに和馬にバレてしまう、そして逃げるように走り去る華だった。

第六話

L一族は税金を絵画を購入し辞職した政治家をターゲットにする事になった。

美術館に貸し出される事になった絵画を下見にいく事になった一族であったが、ここで華はミスを犯してしまう。

まだ和馬の件を引き摺っており立ち直れていない華に一族は華を今回の作戦から外す事を決める。

しかし華は和馬の事は忘れ一族として仕事をしていく事を心に決めていると話だす、そして華はさくせんに加わる事となった。

今回の事件にはブラックマンバという名の窃盗団が加わっていた。

警察はブラックマンバを囮にL一族を殺害しようとしていたのだった、その作戦を伝えられる和馬は心を決めるのであった。

そして華はブラックマンバに捕らえられるが、絶体絶命の危機は和馬によって救われるのであった。

和馬は上司に嘘をも吐き華を守り抜いた、そして華にプロポーズするのであった。

第七話

華にプロポーズした和馬は家族に挨拶にいく事に、しかしお互かの家族はまだお互いの職業を知らない。

何とか家族にバレないよううに挨拶を進める二人であったが桜庭家の伝統の結納式があり、旅館に泊まらなくてはならなくなった。

両家族は同じ旅館に泊まる事になる、そんな中L一族に成り済ます物が現れる。

そして三雲家がL一族である事がバレてしまう、同じく桜庭家もまた警察一家である事がバレてしまい二人の中に亀裂が生じ始める。

第八話

警察に追われてしまっていたL一族は解散する事となった、それぞれは身分を偽造し再会を約束して生きていくのだった。

華は漫画喫茶い潜伏していたが、現金を盗まれ途方にくれていた。

そして空腹で倒れてしまう。

そんな華を救ったのは薄井佐知だったが、佐知はスナックのママをしており華を拾ってくれたのであった。

そして華は佐知にLの一族である事がバレてしまうが佐知は気にせずに匿ってくれる。

そんな中スナックに自然と集まるL一族、再会をした家族は佐知に依頼をされる。

それはヤクザの内縁の夫を盗むという依頼だったが、無事ヤクザから男を取り返し皆に笑顔が戻ったと思われていた。

そしてL一族はまた解散しようとしていた。

だがそこに待っていたのは警察だった。

指名手配されていたL一族をスナックの従業員が警察に通報していたのだった。

そこには和馬もいた、そして和馬は華の手に手錠をかける。

第九話

逮捕された華はパトカーで連行されるがその運転手は円成寺だった。

和馬が手を引いていたのだ、和馬は円成寺に頼み込み華を逃した。

そして和馬は捜査一課へ昇進するのであった。

和馬はエミリに告白され、華は円成寺にプロポーズされそれぞれが葛藤の中に生きていた。

そして一年の月日が立つと和馬はエミリと婚約し華も結婚を前提に円成寺と付き合い、華は外国へ経とうとしていた。

そんな中華は空港で謎の三人組に拉致監禁されてしまい殺されかけていたが、ちょうど男を追っていた和馬は華の監禁先に潜入する事に、監禁されている華のいる部屋には鍵が掛かっていて入る事が出来ない。

そして扉越しにお互いが誰か分からないまま会話するのであったが、二人とも愛する人を諦めてしまったと、そしてその相手以上に愛する物はいないと話だす。

犯人達が戻って来たため、和馬はその場を離れ犯人達と格闘する。

格闘の末鍵を手に入れる和馬は部屋にいた華を救い出す。

華は意識を失ってしまっていたが和馬は華を抱いて外に出るのであった。

華は気を失っており目覚めると尊達がいた。

そして尊が救出したと聞かされる華であった。まだ華は和馬に救われた事を知らない。

第十話

巌が死んだと華の祖父の巌が焼死体で発見される。

巌である事を確認するために警察の遺留品保管庫から巌のネックレスを盗み出すL一族、そしてマツのネックレスである鍵で巌のネックレスの錠前が開かれ、巌が死んだ事が確実になる。

そしてネックレスから出てきた物は一枚の写真だった。

そこに写っていたのは幼いマツ、巌、そして和馬の祖父和一であった。

マツの初恋は和一だった、だが二人の恋は警察という壁に苛まれたのだ。

一方巌は泥棒になる道を選び二人は結婚する事になったのだった。

そんな昔マツは事件に巻き込まれていた。

その犯人は未だ発見されておらず、巌は60年間その男を追いかけていた。

巌が家に戻らなかった理由はそこにあったのだった。

巌が殺された理由は遂に犯人を特定したからだった。

そして尊は巌の残した言葉から犯人を特定する。

犯人は警視総監の男巻英輔だった。

英輔はエミリの祖父でもあり今回の和馬の結婚には裏があると睨む尊は華に和馬を盗む作戦を告げる。

そして場面は式場へと移り変わり、L一族は和馬を奪い去るのであった。

第十一話

和馬は三雲家に到着し説明を受ける。

しかしそこへ警察が押し寄せ全員囚われてしまう。

そんな中で尊が口を開く、英輔は警察内部の不正を隠し続けていた。

60年前そんな不正のリストがL一族に奪われてしまう。

英輔はリストを取り返そうとマツを襲ったが逃げられてしまう。

これが警察がL一族に執着する理由だった。

巌を殺害した犯人が明らかとなった。

それは和馬の上司栄一だった。

栄一は巻一家の落ちこぼれ、何とか功績を残そうとL一族の殺害を思いついたのだった。

そしてL一族が殺されようとした時巌が現れるが、巌は生きていた。

そしてこれはL一族の作戦であった。

そう全員巌が生きていた事は知っていたのだった。

そして栄一が暴露した犯行の事実はマイクを伝い報道陣へと流れていた、全ては一族の罠だった。

この後警察から逃れるL一族、そして和馬は華にプロポーズする。

泥棒一家でも構わないと、二人は結ばれる事にそしてL一族は爆破事故で世間では、死亡した事になりL一族は桜庭家で幸せに暮らすのだった。

ドラマ『ルパンの娘』の登場人物

三雲 華     (深田 恭子)

桜庭 和馬    (瀬戸 康史)

三雲 尊     (渡部 篤郎)

三雲 悦子    (小沢 真珠)

三雲 渉     (栗原 類)

三雲 マツ    (どんぐり)

三雲 巌     (麿  赤兒)

桜庭 和一    (藤岡 弘)

※相関図

(c)フジテレビ

ドラマ『ルパンの娘』の主題歌

サカナクション       『 モス』

サカナクション / モス

ルパンの娘(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『ルパンの娘』の感想
女性20代
女性20代

内容を入力してください。このドラマは華がコスチュームに変身するところが、とてもインパクトがありました。
泥棒一家の一員として、俊敏な動きで敵を次々に交わしていくところがかっこよかったです。
普段はやさしくて穏やかな華だけど、変身するといつもと全然違うところにギャップを感じます。
そして華が和馬に泥棒一家のことを言えていないのが、見ていてハラハラしました。いつかバレるのではないか怖かったです。
和馬のことを考えて華から距離を取ったところは儚いなと思いました。本当は和馬のことが好きだけど、泥棒一家であることを知られてはいけないと思う気持ちも切なかったです。
和馬と華が一緒にいるところは、とても幸せそうな雰囲気が良かったです。お似合いで美男美女だなと思いました。
華はもう泥棒一家を抜け出したい想いが、見ていてとてもわかるなと感じました。

その他の感想はここから見れます
女性30代
女性30代

内容を入ルパンの娘役の深田恭子さんはセクシーでよかったと思います。ただ視聴率を狙うにはもう少し若い女優さんの方が良かったのではないかと私見ですが思います。
ちょっと無理もあった気がしてしまいました。
瀬戸康史さんは良かったし、渡部篤郎さんや小沢真珠さんは良かったです。
栗原類さんは実際にいそうだし、どんぐりさんは印象かなり残りました。
いつも孫の味方で助言をしたりしてくれるどんぐりさんはドラマ上でとてもいい味を出していました。
ただアクションシーンは深田恭子さん含め皆さんすごいなと思いました。
ルパン三世は全く出てこず、異世界のドラマでしたが新しく斬新でした。
まずタイトルが面白いから一回はどんなドラマか見てみたいって思いました。
毎回物語は完結型でしたが、警察と怪盗という正反対の恋愛劇も見応えありました。
図書館勤務なのに怪盗とは誰も予測できないですね。力してください。

女性50代
女性50代

内容を入力してください。華が悪人を倒す時の決め台詞が良かったです。
そして、なんといっても彼女は相当強く、それも先祖代々受け継いできた遺伝なのでしょう。
彼女の兄は引きこもりの陽でしたが、家族はそのことに対して案じてはいないように思いました。
彼も成長していけば、時期に引きこもりが治るかもしれません。
ですが、華はそんな兄の影響もあり、自分が三雲家を支えていかなければいけないと思っていたようです。
その反面、図書館司書の仕事をしていて、泥棒稼業に反発していました。
彼女が一番大変だったような気がしますが、さまざまな困難を乗り越えていったと思います。
三雲家では悪人の家に盗みに入っていたようですが、相手が誰であれ、やはりこれも犯罪だと思いました。
正義のために悪を犯すと言うのは本末転倒な気もしますが、そこには深く触れていなかったので、少し疑問に感じました。

女性40代
女性40代

深田恭子が怪盗スーツに身を包んだ役柄で主演するということで、放送前から期待度大でした。
いざ放送が始まると、1話目からあまりに濃すぎるキャスト陣の演技に笑いが止まりませんでした。
突如始まる謎のミュージカルパートも、毎回の楽しみでした。
「これぞ深田恭子の真骨頂!」と言える主役・三雲華のぶりっ子パートと、クールでアクロバティックな怪盗パートの演じ分けは、実に見事。怪盗スーツも似合っていました。
華の恋人・桜庭和馬を演じる瀬戸康史のお約束の気絶シーンに笑いを堪えられませんでした。
印象的だったのが、瀬戸康史の鍛え抜かれた身体です。あんなに甘い顔立ちなのに、意外でした。
また、麿赤児や渡部篤郎など個性派かつ確かな実力を誇る俳優陣の、他作品では観られないようなキャラクターも見ものでした。
華に思いを寄せる円城寺の見事なダンスやアクションも見もので、演じていた大貫勇輔さんのファンになりました。
ぜひ続編を期待したい、大好きな作品です。内容を入力してください。

女性30代
女性30代

内容を入力してく深田恭子の役が、おっとりしているけど、盗みを働くときにはキビキビしている所がとてもピッタリでした。
その上、アクションシーンも本格的で爽快で、悪者をこらしめるときは、見ていてスカッとして、気持ちが良かったです。
瀬戸大也との許されない恋も、切なく、もどかしく感じながら、応援して見ていました。
瀬戸大也が、深田恭子に気絶させられるときに白目になるところが、とても面白かったです。
深田恭子の両親で、渡部篤郎と小沢真珠の夫婦の役も、とてもコミカルで、毎回笑いながら見ていました。
泥棒と警察なので、最後どうなるのだろうと思いながら見ていましたが、最後は結ばれたことが嬉しかったです。
現実で考えると難しい結末ではないかとは感じましたが、それでも、二人が宿命に打ち勝つことができたことが、視聴者としては感慨深かったです。ださい。

女性20代
女性20代

内容を入力してください。
ルパンの娘は深田恭子さん演じる三雲華と瀬戸康史さん演じる桜庭和馬の恋愛物語です。
しかしこの2人の恋愛は一般的な物ではなくまさかの三雲華の家族は本人も含めてLの一族と呼ばれる泥棒一家で、対して桜庭和馬の家族は本人も含めて警察一家だと言う、まさに禁断の恋愛でありえない設定ですがだからこそ面白かったです。
初めは自分が泥棒ということを隠していた華と警察であることを隠したいた和馬がお互い絶妙な感じで素顔がバレないというところがハラハラしました。
最終的にはお互いが間反対のところに生きているので離れようとしますが、やはり心から惹かれている2人が離れることはできず禁断の関係ながらも一緒に生きていくというところに本当の愛を感じました。
また、2人の周りをとりまく家族も両親が個性的であったり兄が泥棒なのに引きこもりであったりと面白くて、まさかのおじいちゃんとおばあちゃん達が昔からの顔見知りというオチもあって面白かったです。
最近ではなかった設定で毎週楽しく見ることができるドラマでした。

女性50代
女性50代

内容を入
大泥棒一家の娘と、代々警察官一家の息子が恋に落ちると言うドラマでした。
最初は悲恋物語のようにも思いましたが、コメディー要素が強く、それほどシリアスな印象は受けませんでした。
結局最後は意外な形で二人は結婚することができました。
二人の愛が全てを乗り越えたのかもしれません。
また、全体的に華やかで豪華な場面が多く、ドラマというよりも、舞台を観ているような感じがしました。
これもまた、ルパンのイメージだったのだと思います。
三雲家の家の構造が凄くなっていて、一戸建ての住宅とタワマンが繋がっていました。
さらに華の母親が実年齢よりもかなり若く、それも驚きでした。
華の祖父母と和馬の父親が若い時に友人だったことを知り、それも凄い縁だと思いました。
途中で、、華の祖父が亡くなってしまったかと思いましたが、無事に生きていたので、本当に良かったです。

男性40代
男性40代

内容を入力深田恭子さんが主演で、泥棒一族、通称「Lの一族」に産まれた娘、華を演じていました。
ある男性、和馬と恋に落ちたものの、その男性は警察一家で、二人は結ばれることのない運命に翻弄される、というストーリーでした。
現実ではあり得ない設定でしたが、深田恭子さんのセクシーなコスチュームと派手なアクションが話題となりましたが、和馬を思う、一人の女性としての、とても切ない演技が光っていました。
あんな悲しげな表情で深田さんに見つめられたら世界中の男は全員、この女性を運命に逆らってでも守り切ってやる、と思うでしょうね。ラストはきっとこんな感じ、と想像はできる流れでしたが、最後まで二人の恋の行方にハラハラしながら楽しめる作品だったと思います。
深田さん、とても綺麗ですけどこういう一風変わった役を演じるとより一層魅力が増しますね。してください。

女性40代
女性40代

内警察一家の長男和馬と泥棒一家の長女華。
決して結ばれてはいけない現代版のロミオとジュリエット状態の2人恋愛ですが、コメディータッチに作られているので笑えるところも盛り沢山でした。
とくに泥棒一家の三雲家の家族愛はとても素敵でした。ラブラブな両親に優しいおばあちゃん。引きこもりだけど思いやりのある長男、その長男を思いやる華。
とってもいい家族だと思いました。
個人的には、華の母、小沢真珠さんのオーバーな演技にどハマりしました。スタイルのいい真珠さんに目を奪われてるというか、目の見開き具合と顔の角度。綺麗な人なのに笑わせてくれます。
作品自体がミュージカルっぽくなったり、普通のドラマになったりと変化するので飽きずに観ることができるのがいいです。
また内容も一族の過去から和馬と華の未来にまで話が進み楽しんで見ることができました。
三雲一家全員が演技の上手い方ばかりだったからできた作品だと思います。容を入力してください。

女性40代
女性40代

内容を入力してください。
ドロンジョ様もラムちゃんも実写でできちゃう深田恭子さんだから、なんといっても泥棒スーツが最大のみどころです。
もう、同性としてうらやましいとかいうレベルではなく、とにかくキレイでカッコイイ。
憧れてしまいます。
他の泥棒一家の皆さんも、みんな面白くてカッコイイ小沢真珠さんや栗原類さんも、泥棒スーツがとても似合っています。
たぶん一般人が着たら罰ゲーム以外の何物でもないと思いますが、俳優さんてすごいなあとつくづく感心しました。
とにかく泥棒一家の活躍が、スカッとして笑えて最高に気持ちいいです。
深田さん演じる華の恋も応援したいけれど、それより泥棒一家の皆さんがとにかく個性的で面白くて、ついつい警察より泥棒をひいきして見てしまいます。
アルセーヌ・ルパンも怪盗だけど人気者でしたし、ルパンの末裔が魅力的なのも当然といえば当然かもしれませんね。

男性40代
男性40代

内容を入泥棒一家の娘三雲華は泥棒稼業をやりたくないと拒んでいたが、人助けのためにやることを選んだ。
普段は大人しい性格で、思ったことを口に出すことをしない華であったが、セクシーなスーツを着ると豹変した。
まず動きが全然違う。Lの一族で悪者と闘うときの、動きが俊敏になって無敵になる。大好きな桜庭和馬がピンチの時に助けにいく華。
警察官一家と泥棒一家実に面白い組み合わせでした。
引きこもりハッカー三雲渉はネットを駆使して遠隔操作で相手の情報を抜き取る。
ほとんどセリフはないが、いつ出てくるのか楽しみでした。
円城寺が出てくると、ミュージカルを見ているような感覚になります。ミュージカル好きな私にとって大好きなシーンでした。
現代版銭形平次で、悪い連中から盗むことをしているので、ある意味スーパーヒーローと言っても過言はないと思います。

女性30代
女性30代

内容を入力して「ルパンの娘」は、深田恭子さんが主演でマンガっぽいかと思いきや次々に続きが見たくなるドラマでした。
深田恭子さん演じる三雲華が可愛らしい女の子なのにユニフォームを纏うとカッコよくなるところがよかったです。
深田恭子さんの色気がたっぷり出ていました。
華の両親役の渡部篤郎さんと小沢真珠さん演じるご夫婦が美男美女で仲が良くて見ていて微笑ましかったです。
どんぐりさん演じるおばあちゃんと栗原類さん演じるお兄ちゃんは個性的でいい味を出していました。
おじいちゃんが亡くなったという回はとても悲しかったですが、結末を見て嬉しかったです。
何より一番は華と瀬戸康史さん演じる桜庭和馬の純愛です。警察と泥棒という因縁の関係の2人が環境に挫けそうになりながらも貫き通す愛が素晴らしくて応援したくなりました。
泥棒なのに憎めないルパン一家のお話で面白かったです。ください。

女性30代
女性30代

内容を入力してください。
全体的にコメディタッチで肩の力を抜いてみることができて毎週楽しみでした。
深田恭子さんはやはりこう言うコメディならドラマがお似合いです。なかなかベッドシーンをしない女優さんなのでブリッコや抜けてる感じの女の子を演じるのはとても適した女優さんだと思います。
途中でミュージカルシーンが挟まったり、ほかのキャストも大袈裟だったり個性的だったりしたのでバランスも良かったです。
こんなのあり?と言う演出も多かったですがそれも全体的にコメディと思えば違和感はまったくありませんでした。特にドングリさん役のおばあちゃんが可愛かった。
瀬戸康史さんも気付いてるだろ?と思いながらも必死に深田恭子さん演じるハナを好きでいてくれて毎回ドキドキ。主題歌も聞くだけでドラマを思い出すほど。
映画かも噂されていましたが撮影は難しいかな?でも続編可能ならやってほしいです。

女性40代
女性40代

深田恭子ちゃんのスタイルの良さが素晴らしい、普段は図書館司書でおとなしめの衣装だからこそギャップもまたいいのです。
泥棒ですから忍び込む際に何かに当たって倒してもいけず、赤外線センサーに触れてしまってもおしまいです。
だからこその機能性を備えた衣装はその昔はキャッツアイも着ていましたが、実写版だからこその迫力があるのです。
でも見た目とのギャップで実際には恋するごく普通の子、ただちょっと泥棒としての能力が人並外れているだけです。
警察一家の男性を好きになってしまったことで悩む姿が可愛い、ちょっと変わったロミオとジュリエットのお話でした。
対する警察官の青年の瀬戸康史さんも気真面目そうでいい、彼女が惚れるのも分かります。
軽めのストーリーで楽しかったけれど、その背景に偉大なるおじいさま達の姿があったとは驚きでした。
内容を入力してください。

女性40代
女性40代

決して許されない関係の二人の恋、でもコメディたっちで軽めのストーリーで手軽に楽しめました。
ヒロインは深田恭子ちゃん、たとえ図書館司書でおとなしめの格好をしていてもやっぱり可愛い、泥棒の英才教育って意外と世間に出ても役立ちそうで受けてみたいです。
おじいちゃん同士の勝手な約束に孫を巻き込むのは勘弁してほしいですが、一枚上手のち密な計算は運命がそちらに巡っていかざるを得ないのでしょう。
それで二人が出会って恋をするかどうかは実際にやってみなければ分からないもの、可愛い孫たちに試練を与えてそれでもなんとかハッピーエンドに進むことが出来て良かったです。
ただのロミオとジュリエットと思いきやどんでん返しがあり、面白かったです。
瀬戸康史さんが気真面目そうな雰囲気で正に警察官といった感じ、深キョンの華の方が振り回されるわりには冷静さもあり大人です。

https://twitter.com/pantherleopard/status/1177836005295964160
https://twitter.com/yoookukameyo/status/1135826176927158272
まとめ

嘘を突き通してまで叶えたい恋、ドロドロな感情が複雑に入り乱れていましたが、最後は大きな問題を共に解決し、全てが明らかになり、幸せに暮らしましたが、円城寺のように、全てを包み込んでくれるような心も魅力的でした、ですが、直感には叶いませんでしたね。

深く観ていくととても深く人間味あふれるドラマでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました