陸王 無料動画配信(1話~最終回) フル視聴/再放送

陸王 国内ドラマ

陸王の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『陸王』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

新ドラマ 原作·池井戸潤!! 主役·役所広司!! 日曜劇場『陸王』10月スタート【TBS】

2017年10月15日から12月24日まで、TBSにて放送されました。主演は役所広司。

池井戸潤原作、「陸王」に基づきドラマ化。

老舗の足袋メーカー「こはぜ屋」が経営難に陥り、会社の存続を掲げて、新事業のランニングシューズ開発に努める。

社長の宮沢紘一と社員、家族たちによる、会社再生の物語。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

陸王(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『陸王』のあらすじ
第1話『倒産寸前の足袋屋が大企業と悪銀行に挑む!親子と仲間の愛で復活なるか』(視聴率14.7%)

老舗足袋製造会社の「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢紘一は、会社の経営不振に悩んでいた。ミシントラブルも発生し、紘一は、取引銀行の融資担当・坂本に追加融資を依頼する。

「こはぜ屋」の存続のため、坂本は新事業を立ち上げることを紘一に提案する。

そんな中、紘一は、息子・大地と豊橋国際マラソンを見学。出場していた茂木の走りに刺激を受けた紘一は、足袋作りのノウハウが生かせると睨み、新規事業としてランニングシューズの開発を決意する。

第2話『執念で完成させろ!想いは金に勝てる!?』(視聴率14.0%)

足袋作りのノウハウを生かした「陸王」の開発に着手した紘一だが、ソールの耐久性に悩み、坂本の提案の「シルクレイ」に注目する。

「シルクレイ」の特許は飯山産業社長の晴之が持っていたが、飯山産業倒産後、晴之の消息は掴めないまま。

そんな中、坂本の協力で、紘一は晴之に会うことに成功するが、晴之は他社とシルクレイの使用契約を進めていた。

紘一はそんな晴之を「こはぜ屋」の作業所に案内する。

第3話『世界に一つのシューズを息子に託して!』(視聴率15.0%)

春之は「シルクレイ」の使用許可を紘一に託す代わりに、自分も顧問として「陸王」作りに参加したいと申し出る。晴之のサポート要員として、就活中の大地が加わることに。

そんな中、ゴムのソールの「陸王」試作品を試した茂木は、履き心地の良さを村野に述べるが、やはりゴムのソール部分にのみクレームをつけていた。

早くシルクレイを導入したい紘一だったが、シルクレイのソールへの導入が難航を極めて…。

第4話『新陸王で涙の復活!裏切り大企業に挑め』(視聴率14.5%)

晴之は大地と共に様々な試行錯誤を重ねて、最適なソールとしてのシルクレイの製作に成功する。

紘一は喜び、早速茂木に履いてもらおうとするが断られてしまう。

一方、茂木を支援していたアトランティスは、茂木のケガを理由にスポンサーから撤退しようとしていた。

村野は、選手を顧ない、利益主義の小原に反発して、アトランティスを退職。

その後、「陸王」に注目し、紘一と共に陸王の開発に携わることとなった。紘一は村野と共に、再び茂木に会いに行き…。

第5話『陸王を脱いだ茂木!大企業が牙を剥いた~倒産を救う息子の絆』(視聴率16.8%)

「陸王」を履くことになった茂木。ニューイヤー駅伝に向けて、「陸王」を履いて走ることで、村野は茂木のミッドフット着地を完成させようとしていた。

一方、紘一は、シルクレイ開発と足袋製造技術を融合させた「足軽大将」を開発。こはぜ屋の大ヒット商品となり、銀行の追加融資も認められる。

そんな中、「陸王」に対抗してアトランティス社は、新型RⅡを茂木に提供しようとするが、茂木はあっさりと断った。

第6話『陸王でライバルを倒せ!息子と一緒の戦』(視聴率16.4%)

アトランティス社の「RⅡ」ではなく、「陸王」を履いた茂木は、ニューイヤー駅伝のメンバーに選考された。

ニューイヤー駅伝当日。茂木所属のダイワ食品は、途中に順位を落として8位で茂木にタスキを繋ぐ。

「陸王」を履いて走る茂木は順調に順位を上げ、最終的に2位でゴール。茂木は見事に区間賞を勝ち取った。

茂木の活躍を受けて、こはぜ屋は、「陸王」の商品化を試みるが、予想外に売れ行きは伸びず…。

更に関係先の「タチバナラッセル」とアトランティス社との契約が発表され、こはぜ屋に暗雲が立ち込める。

第7話『陸王が中止!あきらめない息子』(視聴率14.7%)

「タチバナラッセル」に去られ、新たなアッパー素材を探さなければ、「陸王」は生産が出来ない。大地は様々な企業を周るが、コストの折り合いが合わずに断られ続けていた。

そんな中、更にシルクレイ製造機に故障が起こる。新しく製造機を導入するためには莫大な費用が掛かり、銀行からの融資も断られているこはぜ屋は八方塞がりに。

坂本は紘一に「Felix」の傘下になるよう提案するが…。

第8話『3億円で買収!?陸王で親子駅伝』(視聴率17.5%)

「Felix」に買収されることを紘一はどうしても納得できず、提案した坂本に激怒する。それぞれの思いを抱えて皆がバラバラに…。

この状態を打破するために、紘一は、「陸王」の宣伝を兼ねて、皆で行田市市民駅伝大会に参加することを提案。

「陸王」を履いた陸王開発メンバーたちは、必死で練習を重ねる。

駅伝大会当日。安田が足を痛めてしまい棄権を考えた紘一だったが、そこへ仲違いしていた坂本が現われる。

第9話『最終回前!陸王最大の危機!!百年の歴史に幕?茂木が陸王を脱ぐ!親子で踏ん張れ』(視聴率15.7%)

「陸王」を作り続けるために、こはぜ屋が「Felix」へ買収されるかもしれないと知った社員たちは、紘一に反発するが、紘一は、「Felix」の社長・御園と会い、御園の人となりを信じてみることにする。

一方、大地は「陸王」のアッパー素材を探し続けていた。

そして、偶然飛び込んだタテヤマ織物と契約することに成功。

茂木のために新しい「陸王」を完成させる。

最終話『陸王が奇跡を起こす 親から子へ、仲間とのタスキを信じて走れ! 感動の激走の結末は』(視聴率20.5%)

紘一に業務提携案を提案された、「Felix」の社長・御園は、こはぜ屋との件を白紙に戻す。

一方、茂木はアトランティス社と再契約を結び、RⅡを履くことになった。

大地は茂木のために作った、最後の「陸王」を村野つたいに茂木に届けようとするが、城戸監督に止められてしまう。

こはぜ屋全員で、茂木の応援に行くことが決まった。たとえ茂木が「陸王」ではなく、RⅡを履いていたとしても、茂木を応援する気持ちは変わらないという。

茂木がスタートラインに立った。茂木の足には、大地が届けた「陸王」が履かれていた。

『陸王』の登場人物

宮沢紘一 (役所広司)

宮沢大地 (山﨑賢人)

茂木裕人 (竹内涼真)

坂本太郎 (風間俊介)

飯山晴之 (寺尾聡)

村野尊彦 (市川右團次)

『陸王』の主題歌

「Jupiter」 Little Glee Monster

Jupiter – Little Glee Monster(平原綾香)~Acoustic Cover~
クーさん
クーさん

『陸王』はこんな方におすすめです。

・池井戸潤作品ファンの人。

・挫折を繰り返しながらも、社員全員で成功を勝ち取る中小企業の成功物語を見たい人。

・長距離ランナーの経験がある人。または、選手のスタッフを務めていた経験がある人。

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『陸王』の感想
その他の感想はここから見れます

 

『陸王』のまとめ

駅伝は選手にスポットが当たりがちですが、このドラマを見て、選手が履くシューズ1つをとっても、これほどまでの多くの人たちの熱い思いが宿っているのだということを、あらためて知りました。

「こはぜ屋」社長の宮沢紘一の熱い思い、紘一を支える社員、融資担当の坂本。利益主義の大企業と対照的な中小企業の底力を見せつけてくれたドラマでした。

主演の役者さんたちの名演技が見どころです。次々と変わる展開に引き込まれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました