えんとつ町のプペル 無料動画配信フル(映画)視聴/レンタルで見る

えんとつ町のプペル アニメ

えんとつ町のプペル(映画)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、映画『えんとつ町のプペル』を視聴できる動画配信サイトは現在ありませんが、アニメや映画の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間

31日間0円

今すぐ無料で見る

『映画 えんとつ町のプぺル』予告1【12月25日公開】

映画『えんとつ町のプペル』は、原作を手掛けた西野亮廣さんが総勢33名のスタッフと、彼の想いに共感した方たちにより出資されて作られた絵本をもとに映像化した作品です。

 

信じれば、世界は変わる。

どんな苦境下にありながらも、信じぬく事で周りの状況を変えることが出来る。

そんな希望を持たせてくれるこの作品を、豪華なキャスト、綺麗な映像、すばらしい音楽が壮大に演出しています。

 

元々は絵本としてではなく長い物語としてこの世界観を創り上げた西野さんは、映画として皆さんに届けることを念頭におき、絵本制作から取り掛かり始めたそうです。

友情や親子の絆だけでなく、社会的風潮を擬えた(なぞらえた)物語は、多くの支持を得られるようになり、この作品は完成しました。

きっと、どんな人でも楽しめ、背中を押してもらえるでしょう。

 

一人の少年と、ゴミから生まれた人間が繰り広げる冒険の世界をご案内いたします。

『えんとつ町のプペル』を無料で見る

『えんとつ町のプペル』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

えんとつ町のプペル(映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

映画『えんとつ町のプペル』のあらすじ

・えんとつ町

沢山の煙突に囲まれ、そこから出る黒い煙に覆われているこの町は、青い空を見ることが出来ない。

ここは、えんとつ町と呼ばれ、そこに住む人々は煙の向こうに何があるのか知らないのだった。

 

・ゴミから生まれる

ハロウィンをむかえ、町中はお祭り騒ぎ。

それを横目に配達屋さんは忙しく配達を続けていたが、町のはずれで荷物の赤い心臓を落としてしまう。

ゴミの中に落ちた心臓は、ドクドクと音をたて動いていて、どんどん周りにゴミが付いてくる。

すると、人のような形となって動き出し、お祭り最中の街へ向かっていきます。

ゴミ人間の誕生だった。

 

・少年ルビッチ

仮装してお祭りに参加したゴミ人間だったが、お祭りが終わるとお化けと騒がれ、皆に避けられてしまう。

噂は町中に広まり、ゴミ人間は一人ぼっちで過ごしていくのだった。

 

ある日、ゴミ人間は、異端審問官に追いかけられてゴミ溜めに落ちてしまい、一人の少年に焼却炉を目前に助け出される。

 

地下炭鉱を歩く二人。

父を亡くしてからずっと一人ぼっちだった少年は、ゴミ人間に友達になってと話すのだった。

ススだらけでの彼の名はルビッチ。

煙突掃除の仕事をしているルビッチは、亡くした父の「この煙の向こうには星がある」という言葉を信じ、まわりからバカにされ、ウソつきと後ろ指を指されていて、いつも一人ぼっちだったのだ。

 

友達がいない事で母に心配をかけたくなかったルビッチは、とにかく友達が欲しかった。

ゴミ人間はルビッチと友達になり、名前のないゴミ人間に、「ハロウィンに生まれたから、ハロウィン・プペル」とルビッチは名付ける。

そして、家に帰り身体を洗うルビッチは、母ローラに友達のプペルと紹介するのだった。

 

・ブルーノ

漁師だったルビッチの父ブルーノは、いつも紙芝居を披露していた。

それは、えんとつ町の煙の上には星があるという話。

誰もその話を信じないが、ブルーノは船から星を見た事があると話し、バカにされてもやめる事はなかった。

そんなブルーノは「煙に覆われていて簡単に見る事は出来ないから、見逃さない様に上を見続けるんだ」とルビッチにいつも話していて、「一人になっても信じぬけ、そうしたら一緒に見上げてくれる人が出来る。それが友達だ。」とも教えてくれていたのだった。

 

・父のブレスレット

ルビッチの煙突掃除仲間に匿われて(かくまわれて)いたプペルだったが、ひょんなことからルビッチの元友達アントニオに星の話をしてしまう。

星なんてないと怒るアントニオは、地下街でルビッチと出会いプペルが星の話をしていたことを告げ、ルビッチに星を探すことを諦めさせようとする。

 

ルビッチはプペルにその事で怒り、立ち去ってしまう。

そんなプペルは、偶然、自分の頭になっている傘の中からブレスレットを見つける。

以前、父の形見のブレスレットを失くしたと言っていたルビッチを思い出し、彼の元へ急ぐのだった。

 

ルビッチにブレスレットを渡すプペル。

仲直りできた二人だったが、ある事にルビッチは気づく。

「これってプペルの脳みそなんじゃない?」

プペルは自分が持っていると、誰かにとられてしまうからと話すが、ルビッチは、じゃあいつでも一緒にいようと答え、照れたプペルは人差し指で鼻の下をこするのだった。

 

・星を見つけに行こう

プペルと共に、異端審問官に追われるようになったルビッチ。

そんな時、プペルの身に異変が起きる。

突然、視界に幼い頃のルビッチが写り、心臓が大きく動き出し何かに呼ばれている感じがして、二人はその場所へ向かう。

すると、海からえんとつ町には存在しないはずのボロボロの大きな黒船が現れ、ルビッチは、ブルーノが紙芝居で話していた船だと気づく。

そして、ブルーノの話は本当だったと確信したルビッチは、プペルと共に、星を見つけに行こうと決心するのだった。

 

・えんとつ町の正体

海から見つかったボロボロの大きな黒船は、ブルーノがえんとつ町から外に出ようと乗っていた船で、異端審問官に沈められたことをルビッチは知った。

そして、星を見つける旅をする為に、最初に二人が向かったのは、お調子者の鉱山泥棒スコップの所だった。

ルビッチはスコップの秘密を守るために、願いをきいてもらえることになっていて、その願いがまだ二つ残っていたので、火薬を分けてもらいに来たのだった。

 

しかし、火薬を分けることを拒むスコップ。

そんなスコップに、この町の煙を吹き飛ばしたいとルビッチが話すと、彼は共感して渡してくれた。

更に、この町の歴史を語り始めるのだった。

 

大昔、人々の生活のすべては、お金を持っているかいないかだけだった。

奪い合いの日常が繰り返され、お金に支配されていた。

そんな時、「L」という時間の経過によって腐っていくお金が開発され、世の中は明るくなり始めたが、それをよく思わない銀行によって廃止されてしまう。

その「L」の開発者の子孫が、再び「L」を使えるようにするために辿り着いたのが、えんとつ町だった。

そして、外の世界と遮断するために、異端審問官や権力者が沢山のえんとつを建て煙で覆いつくしたのだ。

彼等は自分の利益を守るために、外との行き来を禁止し、星や外の世界を語るものを消してきたのだった。

 

・出発!

黒船へ急ぐ、ルビッチとプペル。

異端審問官に妨害されるも、スコップの助けで船へ辿り着き出向の準備を進めるが、まわりには物珍しさに集まる野次馬たち。

彼等は、二人を馬鹿にし罵倒し続けるが、ルビッチは「誰か煙の向こう側を見た事があるのか」と大きな声をあげる。

すると、母ローラは「必ず帰ってくること」と励ましてくれるのだった。

 

ルビッチたちを捕らえようと異端審問官が迫るが、煙突掃除仲間たちが守ってくれ、あんなに反対していたアントニオも最後のロープを切るのを手伝ってくれた。

アントニオはブルーノの紙芝居を信じていたが、諦めてしまっていたのだった。

 

そして、皆の助けを得たルビッチとプペルは、浮かぶ船に乗り出発した。

 

・プペルは父だった

上昇する船で、煙の上へと向かうルビッチとプペル。

火薬を使おうとするが、なかなか上手くいかない二人は、火薬樽に風船をつけて飛ばそうと考えて、飛ばしてみたが、火薬樽が網に引っかかってしまう。

このままでは、爆発して船もろとも落下してしまうので、二人は網から外そうと登っていくと、プペルの様子が変わる。

プペルは記憶を取り戻していた…彼こそルビッチの父ブルーノだったのだ。

 

「頑張れチビ」と声をかけるプペル。

その声に励まされ、必死に火薬樽を網から外すルビッチ。

そして、火薬樽が外れると急いで船を走らせ、離れていく。

すると、大きな爆発が起き、一瞬にして煙が晴れ、そこには満天の星空が広がっていたのだった。

 

キラキラ光る星空を見上げ、涙を見せるルビッチは、プペルがブルーノであることに気づいていた。

「頑張ったな、チビ」と話すプペルに、「ルビッチだよ」と答える。

そして、プペルは「ルビッチまたね」と言い残して崩れていく。

 

崩れた体からコロコロと赤い心臓が転がり、風船に絡まって飛んでいき、まばゆく輝く星となるのだった。

映画『えんとつ町のプペル』の登場人物

プペル  (窪田正孝)

ルビッチ (芦田愛菜)

ブルーノ (立川志の輔)

ローラ  (小池栄子)

アントニオ(伊藤沙莉(さいり)

スコップ (藤森慎吾)

レター15世(野間口徹)

ダン   (國村隼)

ドロシー (本泉莉奈)

トシアキ (宮根誠司)

『えんとつ町のプペル』の主題歌

HYDE『HALLOWEEN PARTYープペルverー』

Halloween Party (Poupelle Version)

ロザリーナ『えんとつ町のプペル』

ロザリーナ 『えんとつ町のプペル』Music Video

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

えんとつ町のプペル(映画)の感想・まとめ

映画『えんとつ町のプペル』の感想
女性20代
女性20代

キャストには窪田正孝、芦田愛菜、小池栄子、藤森慎吾、伊藤沙莉などが揃っていて声優陣が非常に豪華で、またこの作品の絵本を以前に何度か読んだことがあったので見てみることにしました。

絵本で見るだけでも「画」が繊細で美しかったので、映画の相当期待していましたが、「画」だけではなくキャラクターの声や音楽、さらにアニメーション技術もそこに加わって、これまでに見たことがないくらい煌びやかで美しい映画に仕上がっていて始まってすぐに圧倒させられました。

どれだけ周りの人達から罵倒されて否定されても、自分の芯を曲げずに決めた道を信じて進み続けるということの大切さをしっかりと学ばせてくれました。

一見アニメ映画というと子供向けかのように感じますが、小さな子供からお年寄りまで幅広い世代の男女が面白いと感じ、作品として楽しめるようになっていると思います。

本当に全てにおいてクオリティーが高いので、見始めるとすぐに引き込まれていくこと間違いなしです。

個人的にも久しぶりにかなり面白く感じ気に入ったアニメーション映画だったので、これからどんどんシリーズ化していって新作を作り上げていって欲しいなと西野亮廣に強く期待したいです。

その他の感想はここから見れます
男性30代
男性30代

子どものクリスマスに原作をプレゼントし、原作を読んでからストーリーが良かったので映画も観に行きました。

結論から言いますと、わりと酷評されていますが、私は観て良かったと思っています。

絵本が題材なので、それを2時間の映画にどの様に膨らませるのだろうかと疑問がありましたが、白い服を着ている、国の支配者的な存在、住んでる人に星空を見せるシーンなど、原作には全く出てこない内容も含まれていて、それはそれで良かったなぁと思います。

音響も映画の途中で長々と流れ、子どもはノリノリでしたが、音楽を売り出したいのかな…と冷静に観てしまう自分もいました。

映画が終わってからも子どもはプペルの歌をYouTubeで何度も観て、気に入っている様子でした。

個人的にはなんといっても、芦田愛菜さんの声優がすごく良かったです‼︎この映画は、色々な事に挑戦しない人が、挑戦してる人を嘲笑うな…というメッセージが含まれていると思いましたが、西野監督が全てを賭けた描きたかったもの、自分がやってきたこと、クラウドファンディングまでして作りたかった作品なのだと、西野監督の人間像と重なるようなそんな印象がありました。

映像も素晴らしいので観てほしいです。

男性20代
男性20代

えんとつ町のプぺルは今なにかと賛否両論話題の作品ですし私は窪田正孝さんが大好きなので観に行きました。

率直に言うと私は好きな作品でした。

今この作品を批判している人はおそらく映画自体の内容ではなく他のいろいろなところを批判していると思うので正直、私にはなにでそこまで批判されているかは分かりませんが映画の内容にしか興味のない私からしたら映画の内容、クオリティの高さなどすごくよかったです。

絵本の方のえんとつ町のプぺルはまだ見れていませんが映画はすごくきれいな作品でした。

 

世界観、ストーリーがきれいに作られていておそらく絵本の方もきれいなんだろうなと絵本も買いたくなりました。

映画を観ていると自分自身も絵本の中に入り込んでしまったかのような壮大な美しい世界に少し見惚れてしまいました。

感動シーンなど泣けるところもありますし元々は絵本の作品ということもあり小さな子が観てもいいんじゃないかなと思いました。

そこに関してはドラえもんやクレヨンしんちゃんなどを彷彿させるような親子、家族でも楽しめる映画だったと思います。

私は子供はいないので姪っ子でも誘って一緒に観ようかなと思いました。

希望や夢、信じること、あきらめないことなど映画に詰まった想いがまっすぐに伝わってきました。

こういったとところがいい意味で西野さんらしいかなと思いました。

彼の人間性がしっかりと映画に表れていたと思います。

女性30代
女性30代

まずは一言、最高でした。

見終わった後に強く感じた感想としては「メッセージ性がとても強い」「老若男女すべての人が見て楽しめる」の2点でした。

夢をみて努力するものが叩かれる時代、自分の意見を飲み込み、周りに同調して波風を立てない生き方、というような今の時代に疑問を持ち、そうじゃないよね。という西野さんの強い思いが伝わりました。

そのメッセージは子供には「いじめ」として、大人には「社内での立ち振る舞い方」として映画の内容に組み込まれ表現されています。

年を重ねるごとに見た時に受け取るものが違うと思うので、何回も何回も楽しめると思います。
映像も圧巻でした。

背景の繊細さや、登場人物の親しみやすさ、色使い等、見どころ満載です。

特にオープニングで子供たちが仮装をしながら踊るシーンは西野さんが超えたいとおっしゃっていたディズニーのような世界観でした。

キャスト陣も本当にドンピシャな配役です。芦田さんのまだ幼い儚い澄んだ声の中に隠れる芯の強さや、久保田さんの柔らかい、親しみのある、そして真っ白なピュアな心が表す素敵な声がキャラクターそのものでした。
信じ切った先に見えた明るい未来を続編として描いて欲しいなと思わせるエンディングでした。

女性40代
女性40代

細やかであり、かつ立体的な絵で、現代の技術があってこそ成り立つ世界観でした。

煙だらけで、空さえも見えない世界。

通常ならもうその時点で、人間が住めるレベルではないかもしれません。

もしかしたら、便利さや技術を追い求める先に、地球の未来もそうなるかもしれませんね。

地球の清浄も考えないといけません。

煙突掃除のルビッチは、夢見る少年。しかし、夢を見ようにも、環境がそれを許しません。

空や星、私たちにはあたりまえのものが、信じられない存在になっているのは、なんとも悲しいことです。

それにしても、ビルから輝く電気がイルミネーション並にきれいだったり、世の中まだまだ捨てたもんじゃないと思わされます。

ごみ人間のㇷ゚ペルと奮闘するルビッチを応援したくなりますね。

自分軸だけで考えている結果、ごみが大量に増え、それを燃やす煙も増え、空が汚れてしまうんだとしたら、良心的に誰にも、動物にも優しい世界を作っていかないといけないと、痛感します。

「これ以上に便利に」はもう必要なく、環境に優しいことを考えて、技術化していかないといけませんね。

地球は人間だけのものではないと再認識する必要があり、その必要性を訴えるのにいい映画です。

映画『えんとつ町のプペル』のまとめ

何も知らない方も、絵本の読者も、大人も、子供もすべての人達に観ていただきたい!

ただ、こう話したくなる作品。

ファンタジックなこの物語には、夢や希望に打ち砕かれた人や、何かにつけ誹謗中傷を繰り返す人など、どちらの立場にある人でも、胸を打たれ、もう一度人生を考えさせられるでしょう。

そして、前を向いて上を目指していこうと思えるようになると感じました。

 

どんな状況にあっても、信じぬくことの大切さを教えてくれます。

キレイな映像と壮大な音楽、キャストたちの表現力、全てが素晴らしく物語の世界観に知らないうちに入り込んでしまう、魅力たっぷりの作品です。

 

あらためて、すべての人に観ていただきたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました