ポツンと一軒家 見逃し無料動画配信をフル視聴/キャスト

ポツンと一軒家 バラエティ

ポツンと一軒家の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『ポツンと一軒家』の動画はお試し無料期間を利用すればhuluで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『ポツンと一軒家』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

「人生で大事なことは○○から学んだ」の1コーナーが好評で当番組となりました。

予想できない展開と住人の人生に学びと感動をもらえます。

MC所ジョージは一軒家の住人に近い感覚も持ち厚みのあるコメントをする一方、林修はその地域の地理的知見を披露するなど二人の感じ方の違いも視聴者の共感を呼びます。

空き家も多いけれど辿り着いた一軒家の住人には必ずドラマがあり、没になったことはないというディレクター。

ロケ隊の一員になった気分で探索に参加しましょう。

『ポツンと一軒家』を無料で見る

『ポツンと一軒家』は

見放題作品数No1の動画配信サービスhulu

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ2週間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

2週間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『ポツンと一軒家』の視聴をする/

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

ポツンと一軒家の作品情報やキャスト・神回・名作・傑作を厳選

基本情報
作品名 ポツンと一軒家
公開月日 2018年10月7日
制作会社 朝日放送テレビ
公式ページ http://www.asahi.co.jp/potsunto/
キャスト 所ジョージ

林修

ポツンと一軒家の神回・名作・傑作シーン

「ポツンと一軒家をビフォーアフターする」

「つづら折りの急坂の先の奈良の古民家」

「徳島の深い山間の一軒家」

「あのポツンと一軒家は今 熊本の酒蔵」

「あのポツンと一軒家は今 檜原村のそば屋」

ポツンと一軒家の感想・まとめ

ポツンと一軒家の感想
女性60代
女性60代

一軒家にたどり着くまでに過ぎていく景色はきっと一生訪れることはない町並みと思いつつ見入っています。

道路を走る振動も感じるようなカメラワークと、ロケ隊で交わされる会話に段々その場に一緒にいるような気になってくるのです。

そして出会った一軒家の住人の生活や人生は想像もしなかった者。

自分とかけ離れているからこそ様々な価値観があることを実感するのだと思います。

その他の感想はここから見れます
ポツンと一軒家のまとめ

日曜午後8時はNHK大河ドラマ、日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」など人気番組が定着している時間帯。

そこで平均視聴率17.9%を獲得している理由は一軒家探しから見せる作りにもあるでしょう。

Google earth、ドライブレコーダー、ドローンが番組の『三種の神器』というディレクター。

ドライブレコーダーによる映像は見るものにロケ隊の一員になったような一体感をもたらします。

機器を使ってもたどり着けない時もある“予定不調和”だからこそ嘘がなく、たどり着いた時に出会う人生ドラマの重みを増しているのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました