ピーターラビット 無料動画配信(映画 吹き替え)フル視聴/金曜ロードショー2021

洋画

ピーターラビットの見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『ピーターラビット』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『ピーターラビット』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

映画『ピーターラビット』予告
映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』予告2 6月25日 全国ロードショー

可愛らしいウサギの挿絵が印象的な原作者ビアトリクス・ポターさんによる子供向けの絵本『ピーターラビットのおはなし』。

世界的に有名なこの絵本を題材としたハリウッド映画が、本作品『ピーターラビット』です。

絵本よりちょっと意地悪でやんちゃなピーターたちが繰り広げる物語は、好評を博し大人気作品となりました。

ミュージカルのような演出で楽しさを感じる物語をご紹介していきましょう。

『ピーターラビット』を無料で見る

『ピーターラビット』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『ピーターラビット』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料でお試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

劇場版『名探偵コナン』作品

時計じかけの摩天楼(1997年)

天国へのカウントダウン(2001年)

ベイカー街の亡霊(2002年)

異次元の狙撃手(2014年)

純黒の悪夢(2016年)

紺青の拳(2019年)

『名探偵コナン』の作品を視聴できる配信サービスはTSUTAYA TV/DISCAだけ

『名探偵コナン』作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ディズニー』作品

 

 

アナと雪の女王(2013年)

塔の上のラプンツェル(2010年)

トイストーリー1234

ファインディング・ニモ(2012年)

モアナと伝説の海(2016年)

TSUTAYA TV/DISCASでは多数のディズニー作品がお楽しみいただけます。

『ディズニー』作品をお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

ピーターラビットの作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『ピーターラビット』のあらすじ

・マグレガーおじさんの死

いつものようにマグレガーおじさんの畑に忍び込んで、美味しそうな野菜を勝手に頂戴していたウサギのピーター。

ちょっと調子に乗り過ぎて捕まってしまうと、動物好きで優しい隣人のビアが助けてくれた。

そんなビアは画家を目指していて部屋には沢山の絵があるのだが、その中には青いシャツを着たウサギの絵があった。

それは、ピーターたちのお父さんでマグレガーおじさんに捕まり殺されていて、その絵を見るたびにピーターは思い出すのだった。

そんなピーターはマグレガーおじさんの畑にお父さんの形見の青いシャツが掲げられているのを見て、そのシャツを取り返すが再び捕まってしまう。

だが、その時、マグレガーおじさんが突然心臓発作を起こして倒れると、そのまま亡くなってしまうのだった。

 

・新たな隣人

宿敵ともいえるマグレガーおじさんがいなくなり、仲間を呼び込んで楽しい毎日を過ごすピーターたち。

すると、突然、マグレガーおじさんの甥っ子であるトーマスが現れ、ピーターたちは追い出されてしまう。

そんなトーマスは潔癖症で動物嫌い。

だが、トーマスはビアに一目惚れしてしまい動物嫌いである事を隠しながら、ピーターたちを駆除しようと企むのだった。

そして、ピーターとトーマスの新たな戦いが始まり、ビアもその騒動に巻き込まれていく。

『ピーターラビット』のネタバレ

・青シャツ

イギリスの自然に恵まれた湖水地方のウィンダミア。

そこに住む青シャツがトレードマークのピーターとその三つ子の妹たち赤シャツのフロプシー、黄色シャツのモプシー、緑シャツのカトンテール、そしてちょっとぽっちゃりとした従弟のベンジャミン、この5匹のウサギたちは大きな木の根元を根城にして、いつも近所のマグレガーおじさんの畑から野菜を失敬して暮らしていた。

そんなピーターの着ている青シャツは、死んだお父さんの形見でもあった。

いつものようにマグレガーおじさんの畑で美味しそうに実った野菜を失敬した後、ピーターはちょっと調子に乗っておじさんをからかっていると、青シャツを剥ぎ取られ捕まりそうになってしまう。

その時、隣人のビアに助けてもらうが青シャツは取られたままだった。

 

・大好きなビアと仇敵マグレガーおじさん

ピーターを助けてくれたビアは画家を目指す美人の心優しい動物好きな女性で、ピーターたちはそんな彼女が大好きだった。

そのままいつものようにビアの家にお邪魔していたピーターたちが、沢山ある彼女の描いた絵を見ているとそこには青シャツのウサギの絵があり、あの悲しい出来事を思い出してしまう。

そこに描かれていたのはピーターではなく生前のお父さんだった。

ピーターたちのお父さんはマグレガーおじさんに捕まってしまい、殺された後ミートパイにされて食べられてしまったのだ。

ピーターは形見であるお父さんの青シャツが気になり畑の様子を伺うと、挑発するようにあのシャツが掲げられているではないか。

それを目の当たりにしたピーターは、取り返す為に再びマグレガーおじさんの畑に忍び込み青シャツを取り返すが捕まってしまう。

もうダメかと思ったその時におじさんが苦しみだすと、そのまま心臓発作で死んでしまった。

 

・束の間の天国と新たな敵

仇敵であるマグレガーおじさんがいなくなり、ピーターたちはおじさんの家で大好きな野菜を好きなだけ食べ、しまいには森の仲間たちを呼んでどんちゃん騒ぎを繰り返す。

そんな日々を過ごしていると、突然、見知らぬ男がやって来た。

彼は、マグレガーおじさんの甥っ子トーマス・マグレガー。

おじさんの家のごちゃごちゃした様子と動物たちを見て驚いたトーマスは、ピーターたちを追い払うのだった。

マグレガーおじさんの甥にあたる彼は、ロンドンの有名デパート「ハロッド」の玩具コーナーで働いていた。

常々、副支配人への昇進を心待ちにしていたトーマスは、上司に呼び出されやっと昇進が決まったと期待に胸を膨らませながら向かうと、会った事もない大叔父マクレガーの訃報と昇進することはないと告げられてしまう。

すると、彼はショックのあまり職場で暴れ出して、ほぼクビとされたような長期休暇を言い渡される。

想像すらしていなかった悪夢のような事態に落胆するトーマス。

そんな時、先程訃報を聞いたばかりの叔父マグレガーの遺産としてウィンダミアにある豪邸の相続を知らされる。

そして、その豪邸を売りとばしたお金を元手にハロッドを見返すような玩具屋を始めようと決意したトーマスは、この豪邸にやって来たのだ。

だが、来てみるとすっかり動物たちの巣窟となっており、潔癖症の彼は愕然とするが、動物たちを愛する隣人のビアに一目惚れしてしまい、動物嫌いというのをひた隠しにしながら動物たちの一掃計画を企てるのだった。

 

・ピーターVSトーマス

トーマスが大掃除の他に真っ先に取り掛かったのは、敷地内に侵入されない様に囲いを設置する事。

その作業中に顔を出したビアは、バードウォッチをする為の双眼鏡をプレゼントして森の動物たちとの共存を勧めてきた。

そんなビアにトーマスは笑顔で応じるも、とりあえず囲いを完成させる。

すると、この柵を作った事に腹を立てたピーターはベンジャミンと共に畑に忍び込むも、彼に見つかりベンジャミンが捕らわれてしまうのだった。

トーマスはベンジャミンを麻袋に詰めて川へ流そうと車で向かうが、助けに来たピーターが、彼がビアから貰った双眼鏡と入れ替えてベンジャミンを救い出す。

その後、川へ投げ入れてしまってからすり替えられた事に気づいたトーマスは、ずぶ濡れになりながらも慌てて双眼鏡を取り戻すが、怒りは絶頂に達し、街へ捕獲用の罠の為の材料を調達に行くのだった。

 

・嫉妬と激化

ピーターたちの捕獲材料を買いに行ったトーマスは、そこでビアと偶然出会う。

何気ない会話から打ち解け始めた二人は、仲睦まじい様子を見せながら帰宅し、その後も距離を縮めていった。

そんな様子を見ていたピーターは、嫉妬心にかられトーマスへの怒りを露わにしていくのだった。

トーマスが柵に電流が流れるようにすると、逆にピーターはその電流がトーマスの家へ流れるようにするなど対抗措置を施す。

そうしてトーマスとピーターの小競り合いは始まっていった。

そんなある日、その様子を見かねたビアがトーマスとピーターを家へ招き入れ、仲良くしてほしいと話すと双方はその場を取り繕うが、ビアが見ていないと細かな争いを始め、ついにはピーターがビアの描きかけの絵に青い絵の具を飛び散らせてしまう。

そして、それがトーマスとの諍いが原因なのを知らず、ビアは「なんて悪い子なの」と言ってピーターを家の外に追い払い、トーマスはほくそ笑むのだった。

そんなトーマスへの敵愾心が強まったピーターは、彼の寝室に罠を仕掛けるなど様々な嫌がらせを仕掛けていき、トーマスもどんどん対抗していく。

ある日、畑でピーターが野菜を投げつけトーマスがダイナマイトを投げ返すなど激しい闘いを繰り広げていると、その騒ぎに気づいたビアが姿を見せる。

すると、その場を誤魔化そうとしているトーマスのポケットからダイナマイトの起爆スイッチが落ちて、彼を陥れようとしたピーターがそのスイッチを押すと、ピーターたちの根城である大木が爆発し、倒れた木がビアのアトリエを潰してしまうのだった。

 

・反省~結末

目の前でピーターたちの巣穴である大木が爆破され、大事な作品のあるアトリエと家も破壊されたビアは、怒ってトーマスを責めたてる。

トーマスはピーターが勝手にスイッチを押したからだと弁解するが、聞き入れてもらえずビアは立ち去ってしまう。

ビアに嫌われてしまった事に傷心したトーマスは、ロンドンへと戻っていき、ビアは巣穴を壊されたピーターたちを慰めるが、ビア自身もこのウィンダミアを離れることを決意する。

そんなピーターはビアに優しく慰められていても何だかスッキリせず、昔、両親に言われた「愛を分かち合うということは愛を失うことではない」という言葉を思い出し、自分のしでかした事の大きさに気づくのだった。

一方、ロンドンに戻ったトーマスは何とかハロッズに復職する事が出来、玩具を売る仕事の楽しさを改めて感じていた。

自らの過ちを反省したピーターは、ビアがここを離れるのを止めようと考え、フロプシーたち妹に「ビアが出発するまでには戻って来るから」と告げ、ベンジャミンと共にトーマスを探しにロンドンへ急ぐのだった。

ピーターたちはロンドンのネズミの案内でハロッズに到着しトーマスを見つけるが、逆上され暴れられてしまう。

だが、ピーターは必死にビアがウィンダミアを離れようとしている事を伝え、トーマスと共に急いで戻るのだった。

その頃、ビアは動物たちに何かと邪魔をされ、なかなか出発できずにいた。

そこに駆け付けたピーターとトーマス。

そして、トーマスとピーターはビアに謝り、更にピーターが目の前で起爆スイッチを押して見せると、ビアはあれがトーマスの一方的ないじめではなく喧嘩だったと理解し、ピーターとトーマスを許すのだった。

そんな時、あのマグレガー邸を購入した夫婦が現れ、トーマスは手放さないことを話し購入を取り消すように願い出るが、その夫婦は聞き入れてくれない。

すると、動物たちがその夫婦をマグレガー邸から追い出し始め、しょうがなくその願い出を受け容れると帰っていった。

それからしばらく経ったウィンダミアでは、トーマスが玩具屋を開店させ、ビアはピーターたちを主人公とした動物たちのイラストを描いた本を創り始めていた。

そして、今までのように仲良く暮らしていくのだった。

『ピーターラビット 』の登場人物

・ピーターラビット・・・ジェームズ・コーデン

・トーマス・マグレガー/ジェレミー・フィッシャー・・・ドーナル・グリーソン

・ビア/ジマイマ・パドルダック・・・ローズ・バーン

・フロプシー/物語の語り部・・・マーゴット・ロビー

・モプシー・・・エリザベス・デビッキ

・カトンテール・・・デイジー・リドリー

・ベンジャミン・・・コリン・ムーディー

・マグレガーおじさん/トミー・ブロック・・・サム・ニール

・ティギーおばさん・・・シーア

・ミスター・トッド・・・フェイサル・バッジ

・ピグリン・ブランド・・・ユエン・レスリー

・ピーターの母・・・レイチェル・ウォード

・ピーターの父・・・ブライアン・ブラウン

『ピーターラビット』の主題歌

『ピーターラビットとなかまたち オリジナル・サウンドトラック』 ミリアム・ストックリー他

・ミュージカル編 テーマソング

『I Promise You』 ピーターラビット、フロプシー、モプシー、カトンテール、ベンジャミン

映画『ピーターラビット』ミュージカル編特別映像「I Promise You」

『Remember the Name』

映画『ピーターラビット』ミュージカル編特別映像「Remember the Name」

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ピーターラビット』の感想

・表情が豊かで可愛らしい。

・ちょっと意地悪過ぎかなと思ったけど、あの可愛らしさで全部帳消しになった。

・細かな動きと表情の移り変わりに驚いてしまった。

・原作のファンなのでイメージとの違いに戸惑ったけど、表情や動きの可愛らしさにハマってしまった。

・絵本とは完全に別な作品として面白く、大笑いしてしまった。

・動物好きなら、きっと誰でも楽しめるのでおススメしたい。

・絵本の挿絵を同じ場面が、映画の中にも幾つかあってそれがすごく良かった。

・ちょっと慌たださを感じましたが、でもそれがテンポの良さに繋がっていてあっという間に終わってしまった。

・キャスティングがハマっていた。

・表情が目まぐるしく変わる所が、可愛らしくて楽しかった。

・なんかコミカルなミュージカルを観ているようだった。

・食物アレルギーのあるトーマスに、アレルギー源のブラックベリーを武器として投げつけるシーンは笑えなかった。あまりにもひど過ぎて減滅した。

・悪知恵や悪戯が酷過ぎて、子供に見せたくなかった。

・原作の温かいイメージが消えてしまっていて、とても残念。

・この映画が何を伝えたかったのか、今でもわからない。

・ただ何も考えず肩の力を抜ける作品だった。

・最後の場面でベアがピーターたちをモデルとしたイラストを描いた本を作ろうとしていたのが、あの絵本に繋がるのだと思った。

『ピーターラビット』のまとめ

あの『ピーターラビットのおはなし』を原案とした本作品『ピーターラビット』は、テンポが良く痛快な物語として好評を博しました。

お馴染みのピーターラビットや仲間たちが可愛らしいという声が多い中、その一方では原作の世界観を壊しているとの声も聞かれます。

確かにちょっとブラックな場面がユーモラスに描かれているとはいえ、アレルギーを利用した悪戯などは批判も少なくはありません。

しかし、先入観を抱かなければ、これほど幅広い世代で楽しめるファンタジーな動物物語はないと感じてもらえることでしょう。

まずは「百聞は一見に如かず」です。

これから続編の公開予定もありますので、是非一度ご覧になってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました