大奥 永遠の見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最新回)視聴する方法

大奥 国内ドラマ

政治や世の中を考え、夜を命の取り合いをなくする為に、綱吉は世継ぎとして、甥を養子にすることを伝達した。

その後、打掛を脱ぎ、意中の右衛門佐のところへ。

なにやら右衛門佐は机に向かっている。

驚くべき結末、世話役の秋元が何度も声をあげ、話しかけても右衛門佐は二度と答えることは無かったである。

大奥 永遠(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『大奥 永遠』のあらすじ
あらすじ・ネタバレ

徳川家光時天下の時代、どういう事か、世の中の男性の人数がある病により激減していた。

なんと大奥では男女の比率が逆転するという珍しい事がおきいてた。

女系の将軍五代目徳川綱吉(菅野美穂)は、学問は当たり前、更に男を惑わすほどの美貌を纏っていた。

一言で言うならば才色兼備。

彼女には側室(要潤)との間に出来た松姫という世継ぎが存在していた。

何故か正室には子が授からなかったため、水面下大奥内では正室と側室の派閥が起き、意見が分かれていた。

ある日正室の計らいで京より敷居は高くないが、秀逸な公家出身の右衛門佐(堺雅人)が大奥に入りをした。

学問に秀でており、才能もあり、あっという間に綱吉に気にいられる存在になる。日に日に存在感をますばかりである。

目を見張る速さで奥総取締役に就任させてもらうのである。

とある日松姫は5日ほど熱病にかかり、当時の医学では治せず、この世を去ってしまう。

松姫の存在を今さら感じ、心の底から、落ち込んだ綱吉だったが次の世継ぎだと周りから言われる。

松姫の事で落ち込んではいるが、政治からは遠ざけられ、夜毎に若い男を寝屋に呼んでは心を無にして仕事のよう世継ぎを作るようにに励んでいた。

しかし一向に世継ぎは現れない。

世の中のプレッシャーと、とりまく噂や陰謀は絶えなかった。

孤独な綱吉の心をより一層、深く孤独にさせていった。

綱吉の世継ぎ、松姫がこの世から姿を消して17年経った。

義綱は世継ぎの為に若い青年を寝屋に。

なんとしたことかヒットマンマンであった。

お命頂戴と言わんばかりに命を狙われ、右衛門佐に守られ、一命を取り留める。

長い間覇権をとっていた綱吉だが、時の流れを感じずにはいられない、頭には白髪も見え、昔より知力はますが、体力は少々衰えた。

「休んで良い」と綱吉から言われるも、なぜかその場から右衛門佐は離れようとしない。

政治的プレッシャーはもちろん周りも感じていた。

自分が居なくなったら綱吉はおのずと自分から世を去ろうと、

していたのを感じていたからだ。

政治や世の中に疲れれ果てていた綱吉に、右衛門佐は「ずっと好きだった」と胸中の思いを告白し

念願の恋、二人はようやく恋仲に。

ドラマ『大奥 永遠』の登場人物

右衛門佐  (堺雅人)

徳川綱吉  (菅野美穂)

柳沢吉保  (尾野真千子)

秋本    (柄本佑)

玉栄    (田中聖)

伝兵衛   (要潤)

大典侍   (桐山漣)

新典侍   (竜星涼)

佐之助   (満島真之介)

中村    (郭智博)

斉藤    (永江祐貴)

浅沼    (三浦貴大)

二の姫   (椿鬼奴)

阿久里   (榎木孝明)

貞安    (猪野学)

時枝    (辻元舞)

孝子    (佐藤めぐみ)

豊子    (松山メアリ)

ドラマ『大奥 永遠』の主題歌

MISIA  『Back In Love Again (feat. 布袋寅泰』

MISIA – The Making Of Back In Love Again (feat.布袋寅泰)

大奥 永遠(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『大奥 永遠』の感想
女性20代
女性20代

男女逆転の世界のため、女性である菅野美穂さんが将軍・徳川綱吉を演じているのですが、やはり演技力が抜群です。自由奔放に見える綱吉が、実は将軍ゆえの苦悩を抱えていて、右衛門佐(堺雅人)に対してだけ、その弱みを見せられる所にグッときました。
プライベートでも二人が結婚するきっかけとなった映画なので、見る価値がかなりある作品だと思います。また、多くの実力派俳優やイケメン俳優たちが出演している所も見どころです。
綱吉の父となる桂昌院を西田敏行さんが演じていて、怒りの表情などは、かなり迫力がありました。さらに、側室役として、今では売れっ子の桐山漣さんや竜星涼さんらが出演しているので、見返してみるとかなり貴重な映画です。
女性20代
女が世の中のトップとなった仮想の時代劇ながら自らの役割を理解しながら心の中では泣いている女版綱吉と野心家の右衛門佐の出会いがシンプルで老後の二人のシーンで解説されていたけど腑に落ちないところやセットや衣装があまりにも質素で当時宣伝していた費用がかかりすぎじゃんとおもってしまいました。
二人がのちに結婚したりしっかり演技をしていたことを考えると演出をした監督やセリフを考えた脚本家の実力不足があったのかなと見終わった後に感じました。フジテレビの大奥が深みのある凄みのある感じだった分映画版だとこんなにちっちゃくなっちゃうんだと期待値を下回った作品だと思ます。

その他の感想はここから見れます
女性40代
女性40代

よしながふみさん原作の男女逆転「大奥」、その一つのクライマックスともいえる徳川時代の爛熟期、綱吉の生涯を描いた作品です。
菅野美穂さん演じる綱吉の艶やかで美しいこと!溢れんばかりの輝きと、その裏にあった哀しみと孤独を見事に演じており、数ある”大奥”の映像作品の中でもトップクラスの出来栄えと言える映画に仕上がりました。対して、貧乏公家の息子からのし上がるために大奥に出資した右衛門佐(えもんのすけ)を演じたのは堺雅人さん。この前作、ドラマ版では三代将軍家光の愛称”お万の方”を演じ、その面影を残すものとして二作連続出演となりました。
初めて会った時から、実は恋していた二人が長い道のりを経てようやく想いを遂げた時、それは間に合ったのか、次の悲劇の幕開けだったのか…観る人の心にゆだねられるその終盤は、原作者の想いを超えた出来栄えだった、とよしながさんも述べていらっしゃいました。
余談ですが、この作品で共演した堺さんと菅野さんはご結婚されるというおまけが。そういう意味でも思い出深い作品になりました。次は是非、幕末編を映画化していただきたい、と長年の作品ファンとして願っています。

女性30代
女性30代

よしながふみ原作の男女逆転大奥を映画化した本作品。
主演の堺雅人は気品と強かさの加減がうまく、公家出身の大奥総取締という役が似合っていました。彼の特徴ある柔和な笑顔が右衛門佐にぴったりです。
また、綱吉を演じた菅野美穂の若干舌足らずなセリフ回しが、女を武器に好き放題やる(と周りに思わせている)将軍像にはまっていました。
西田敏行のくせのある桂昌院や、尾野真千子の忠誠心の強い吉保、顔とスタイルのみで重宝されたお伝の方・要潤など全体的にキャスティングが良かったので面白く観られました。
ただ、同時期に放送されたドラマと連動していたのでそちらも観てからの方が、なぜ桂昌院が生類憐れみの令にこだわったのか、お伝の方をかわいがっていたのか、右衛門佐との初対面で動揺したのかなどの理由が、映画の回想シーンだけよりもわかりやすくなりもっと楽しめると思います。
ちなみにこの作品は現実での堺雅人と菅野美穂がこの共演をきっかけにこの後本当に結婚した、というメタ的な結末が一番のポイントで、それを知った上で鑑賞すると作中での素直に振る舞えない二人がよりもどかしく切なく、ドキドキします。

女性20代
女性20代

堺雅人さんと彼の妻菅野美穂さんが出演する、男女逆転『大奥』シリーズの第三作目です。今回描かれる将軍は「犬公方」と悪名高い5代目将軍綱吉です。「綱吉」を菅野美穂さんが演じ、「補佐役」の右衛門佐を堺雅人さんが演じています。
時代劇なだけあり、装飾品や着物がどれをとっても美しく視覚的に楽しめます。ストーリは原作に忠実です。原作を知らない人でも、社会の教科書で「綱吉」が「世継ぎに恵まれなかったのは前世で犬を殺したせいと言われ、犬の保護政策をうちたてた」という知識さえ知っていれば、ストーリーにおいていきぼりになることはないでしょう。
綱吉が父に世継ぎを産めと毎日のようにプレッシャーをかけられる姿は本当に見ていてかわいそうに思えてきます。父のストレスからか綱吉は冷酷です。その性格のせいで家来を二人死に追い込みます。ですが彼女は平然としています。そんな彼女を変えたのが「右衛門佐」です。彼のひたむきさや温かさに触れ、徐々に「綱吉」も人間味をみせるようになるのですが、そこに立ちはだかるのは「綱吉」の父です。果たして二人の関係はどうなってしまうのでしょうか。続きが気になる方はぜひ見てください。

女性50代
女性50代

この映画は、漫画を原作としたストーリーであり、設定も江戸幕府の大奥を舞台にした人気映画である。

普通の大奥は男子が将軍で大奥の奥舞台は女子中心になっているが、このストーリーは、男女逆転、将軍が女子というちょっと変わった大奥なのである。
将軍綱吉が世継ぎを儲けられず、苦戦しているところに右門之佐が現れた。綱吉は、右門之佐に恋心を抱く。

しかし、この恋が許される時代ではなかった。印象的なシーンは、綱吉が吉保に首を絞められそうになるところ。

しかし、思いとどまり、綱吉は助かる。

ラストシーンでは、綱吉が右門乃佐の元に駆け寄り花嫁衣装のようないでたちで駆け寄るところを見てハッピーエンドで良かったなと思いました。

女性30代
女性30代

そこは江戸時代に似て非なる世界。赤面疱瘡という奇病によって男子の数が激減し社会システムが再構築され、百姓町民から大名将軍までもが女が家を継ぐ世界の物語です。
三代将軍家光から大奥には大勢の男たちが集められています。(当初、春日局=女 は家光=家光の娘の千代姫 の為万一の為の兵力と考えていた)当代の五代将軍綱吉は、有能で聡明、果断な政治手腕で幕政改革に乗り出しますが、一人娘の松姫が急死して自体は暗転、幕政から追いやられ「お世継ぎづくり」を最優先にされてしまいます。
将軍の閨は数人の当番が隣室や御簾ごしに警護にあたり、プライバシーは零。しかし誇り高い綱吉はその屈辱を表に出す事なく無邪気に時に妖艶に振る舞い続けます。そこの登場するのが右衛門佐です。学問に打ち込むも、母や姉妹の為、夜毎他家の姫達に一晩いくらと貸し出される口惜しく不本意な日々。
自力でその生活から抜け出し江戸城の御台所(綱吉の正室)に仕官します。女に体を売らずに己の才覚で出世を果たし綱吉に対等に渡り合います。側室になることを巧みに回避し、大奥総取締という大奥の最高権力者に登りつめます。綱吉の母桂昌院、側室で松姫の父伝兵衛、大奥から一生出られない男たち。さらに綱吉に絶対の忠誠を誓った女、柳沢吉保など、華麗な大奥という鳥籠の中懸命に生きた男女の見応えある群像劇です。

まとめ

よしながふみによる歴史改変SF漫画『大奥』の実写映像化シリーズのひとつ。

よしながふみは性別を超えた既存の世界の概念を軽く超越する作品を生み出す人なので、一度みるとハマる人もいるかと思います。

また今回の大奥では堺雅人菅と菅野美穂ファンには必見です。

大奥ストーリーは見たことありますでしょうか?

初めての人には分かりやすく。

ドロドロした大奥や昼ドラに求められる、陰謀や野心に関してはもしかしたら物足りないかもしれません。

しかしキャストに好きな女優や俳優がいれば要チェックです。

しかしドロドロストーリーは薄目ですが、キャストに興味があれば、大奥に興味はあるが

あまり、濃いストーリーが苦手な方には入りやすい映画かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました