おおかみこどもの雨と雪 無料動画配信(映画)フル視聴/2021金曜ロードショー

邦画

おおかみこどもの雨と雪の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『おおかみこどもの雨と雪』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『おおかみこどもの雨と雪』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

映画「おおかみこどもの雨と雪」予告1
映画「おおかみこどもの雨と雪」予告2

細田守監督が初めて脚本を手掛けた長編オリジナルアニメ作品『おおかみこどもの雨と雪』は、興行収入41億円を記録した大ヒット作品です。

親子をテーマとしたこの物語は、シングルマザーの苦労や心の葛藤などが繊細に描かれており、大きな感動と共感を呼びました。

また、特殊な環境に置かれた子供たちの自立していく姿も心に残ります。

あらためて親子愛について考えさせられる物語をご紹介していきます。

『おおかみこどもの雨と雪』を無料で見る

『おおかみこどもの雨と雪』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『おおかみこどもの雨と雪』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

 

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料でお試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

スタジオジブリ作品

風の谷のナウシカ(1984年)

となりのトトロ(1988年)

魔女の宅急便(1989年)

耳をすませば(1995年)

もののけ姫(1997年)

千と千尋の神隠し(2001年)

猫の恩返し(2002年)

ハウルの動く城(2004年)

ゲド戦記(2006年)

崖の上のポニョ(2008年)

借りぐらしのアリエッティ(2010年)

ジブリ作品を視聴できる配信サービスはTSUTAYA TV/DISCAだけ

ジブリ作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ディズニー』作品

 

 

アナと雪の女王(2013年)

塔の上のラプンツェル(2010年)

トイストーリー1234

ファインディング・ニモ(2012年)

モアナと伝説の海(2016年)

TSUTAYA TV/DISCASでは多数のディズニー作品がお楽しみいただけます。

『ディズニー』作品をお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

おおかみこどもの雨と雪の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『おおかみこどもの雨と雪』のあらすじ

・おおかみおとこ

19歳大学生の花は、講義を終えた時に出席票を出さずに帰ろうとしていた男性に声をかけるが、ここの学生じゃないと言って立ち去っていく。

だが、その男性が転んだ少年に手を差し伸べる姿を見て、花は一緒に勉強しませんかと声をかけるのだった。

そんな二人は大学の講義を一緒に受けるなど親しくなっていき、互いに惹かれ合うと彼は、花に秘密を打ち明ける。

「僕はおおかみおとこだ。」

すでに絶滅したと云われるニホンオオカミの末裔である彼は、その秘密の為に誰とも関わらずにひっそりと生きてきたのだった。

 

・彼の夭逝(ようせい)

秘密を知った花だが彼に対する想いは変わらず、やがて二人の子供を授かった。

そんな花は、子供がおおかみの血を受け継いでいる可能性を考え、病院へは行かずに自分で勉強して、自らの手で二人の子を産んでいたのだった。

その後、慎ましくも4人で幸せに暮らしていた花たちだったが、ある日、彼はいつまで経っても帰ってこなかった。

心配した花が玄関を開けるとそこには大量の買い物袋が残されていて、不安を感じて近所を探し回ると、川の下水道付近でおおかみの姿のまま亡くなっていた彼を見つけてしまう。

しかし、花にはゴミ収集業者に回収されていく彼を見送る事しか出来なかった。

そして、愛する人を失った花は一人で二人の子供を育てていくと決心するが、子供たちはおおかみの血を受け継いでおり、何かの拍子に変身してしまう「おおかみこども」だった。

花たちは、やむを得ず都会を離れ田舎へと移り住むのだった。

『おおかみこどもの雨と雪』のネタバレ

・彼との出会い

東京郊外の国立大学へ通う花は、授業料を奨学金で賄いアルバイトで生計を立てる苦学生だった。

ある夏の日、花はキャンパス内でヨレヨレのTシャツ姿のある男性に目が留まる。

その男性は花と同じ講義に出席して一生懸命ノートを取っていたが、講義が終わると出席票も出さずに教室を出てしまう。

そんな男性に花が声をかけると、彼はここの学生じゃないと答えるのだった。

その男性は「もし、目障りならもう来ないから」と言って出ていき、どうしても気になった花が後を追いかけていくと、転んだ少年に手を差し伸べていた。

その様子を見て何となく好感を持った花は、一緒に勉強しませんかと誘うのだった。

 

・彼の秘密

それから花は彼と一緒に講義を受け、時には図書室で勉強するなどして距離を縮めていく。

そんな花は、生まれた時にコスモスの花が咲いていた事が名前の由来であることや、どんな時も笑顔を絶やさないように父親に言われていたことなどを彼に話し、彼も仕事のことや自分の家族を持つことへの憧れなど話していた。

しかし、花が家族になってあげると話すと、彼は表情を曇らせながら黙ってしまう。

そんな二人は次第に惹かれ合っていき、自然とお互いに欠かせない存在になっていった。

そして、クリスマスが近づいてくると彼は自分の秘密を打ち明ける。

それは、彼が約100年前に絶滅したとされるニホンオオカミの血を受け継ぐ末裔で「おおかみおとこ」だと、その姿を花に見せるのだった。

 

・雪と雨そして彼の死

花はその姿を見ても不思議と怖くなかった。

いや、少しは驚いたかもしれないが花にとっては、彼は彼で、彼を好きな気持ちが変わることはなかった。

すると、彼は両親を亡くしてから誰とも関わらないようにひっそりと暮らしてきた事などもすべて打ち明けるのだった。

そして、二人は結ばれ一緒に暮らすようになると、子供を授かる。

花は、おおかみの血が受け継がれていることが公になると子供と彼が晒されてしまうと考え、自ら勉強してアパートの自室で女の子を無事に産むのだった。

雪の日に生まれたこの子の名前は雪。

そして、翌年にも男の子が生まれ、雨が降っていたので雨と名付けた。

しかし、二人共、見た目には普通の子供だったが、泣いたり怒ったりすると耳や尻尾が出てくるなど、やはりおおかみの血を受け継いでいた。

そんな4人は慎ましくも幸せに静かな暮らしを送っており、彼にとってはずっと望んでいた大切な自分の家族だった。

しかし、ある雨の日にいつまで経っても彼が帰ってこない。

何だか胸騒ぎがした花が玄関を開けると、そこには買い出ししてきた沢山の荷物が置き去りになっていて、慌てて近所を探し回ると、川の下水道付近でおおかみ姿のまま浮かんでいる彼を見つける。

そう彼は、既に亡くなっていた。

花は彼を自分で何とかしたかったが、収集業者がゴミ袋に入れて回収していく姿を、泣きながら見送る事しかできなかった。

 

・決意

悲しみに暮れる間もなく雪と雨の二人を自分一人で育てていくと決意した花。

おおかみこどもである二人を預かってもらえる場所はなく、大学を休学しアルバイトも辞めるしかなかった。

それでも、彼が残してくれた貯金で何とか生計を立てながら、色々な本を読み漁り子育てに奔走していく。

そんな花が、一番困ったのは病気だった。

何かの拍子にはおおかみに変身してしまうので、普通に小児科に行けばいいのかそれとも動物病院なのかと頭を悩ませたのだ。

そんなこともあり、花は二人の子育ての為に人里離れた田舎の古民家への移住を決意するのだった。

 

・田舎暮らしと悩み

最初に役場に顔を出した花は、案内してくれた女性の勧める案件よりも、更に辺鄙な場所にある古民家を選びました。

何故なら、雪と雨がいつ変身するかわからないので、なるべく人と接しないようにと考えていたからでした。

とにかく廃屋のような古民家の修繕をしながら、自給自足を目指し畑に野菜を作ろうとやってみるが、なかなか上手くいきません。

すると、見かねた近所の韮崎のおじいさんが声をかけてくれ、その教えられた通りにやっていくと上手く育ち始めるのだった。

花たちの畑は、雪と雨のおかげで動物たちから襲われる事なく、豊作となった。

そうやって初めての冬を越える頃から子供たちの様子が変わってくる。

自由気ままにおおかみになっていた雪だが、小学校に入ると活発ではあるが野獣的な部分は抑え上手く隠すようになり、雨は元々引っ込み思案だったが学校に馴染めず途中で帰って来たり、休んで山に行ったりとそれぞれが意識して何らかの行動を取るようになってきていた。

一方、花は自給自足の為に田畑の仕事に励み、徐々に村の人達と打ち解け始め、自然観察員の仕事にも就くのだった。

そんなある日、小学校に転校生の草平がやって来て雪は「何か飼っている?獣臭いね」と言われて気にし始める。

雪は何となく草平を避けがちになってしまうが、彼はその事を不思議に思い付きまとってしまう。

すると、雪は煩わしくなり思わず本性を出して、草平に怪我をさせてしまうのだった。

このことで怪我を負った草平だが、雪が自分の母親とクラスメイトから責めたてられるのを見て、これはおおかみにやられた怪我だと雪を庇うが、それ以降、雪は学校を休みがちになってしまう。

しかし、草平は雪を毎日のように見舞い、二人は少しずつ距離を縮めていくのだった。

一方、相変わらず馴染めない雨は、花の職場である新川自然観察の森で保護されているおおかみに興味を抱き始め、少しずつ様子が変わってくる。

そして、10歳になると雨はほとんど学校へは行かずに、毎日のように山へ向かっていった。

そこには、雨が先生と慕うキツネが居て、山に関する様々な事を教えてもらっているうちに、雨は山こそが自分の居るべき場所なのではと思うようになって来ていた。

そんな花は、雨の話から先生が人間ではなくキツネだと知り、雪は山ばかり行ってないで学校へ出てきなさいと説教するのだった。

そんな雪に雨は、「自分はおおかみだから学校へは行かない」と強く主張する。

逆に雪は、人間として生きようと決めており、二人の意見は真っ向からぶつかり合うのだった。

 

・雪と雨の決意~結末

同じようにここまで育ってきた二人だが、自分のこれからを決める分岐点に差し掛かり、意見が分かれた二人はお互いの主張を通そうと、おおかみに変身して大喧嘩をしてしまう。

だが、同じおおかみこどもでも、この頃には雪が雨に勝てる道理はなく、負けた雪は傷だらけになりながらお風呂で泣きじゃくり、雨は山へと去っていった。

しばらくして戻って来た雨は、先生が足を怪我していて余命も僅かだと告げる。

だけど、花にとってはまだ10歳の息子。

花は懸命に「山へは戻らないで」と訴えるが、雨は自分が山を守らなければならないと行ってしまう。

しかし、花は雨を追って山へ探しに入っていくが、誤って崖から滑落してしまうのだった。

ほぼ意識を失いかけ、花は久しぶりに彼の夢を見る。

懐かしく優しい笑顔の彼は、「雨はもう大丈夫、大人になった。だから、自分の世界を見つけたんだよ。」と告げ、そのまま消えてしまうのだった。

目が覚めると花は雨に背負われていて、無事にふもとの里まで降りて来た。

そして、花を優しく降ろすと、おおかみの姿で山へと走り去り、峠道まで来ると花を安心させるように遠吠えを響かせる。

その遠吠えを聞いた花は、雨がこの山でしっかりと生きていってほしいと願いを込めて祈るのだった。

結局、雪と雨が和解することはなかったが、それぞれが自らの生きる道を選び、進んでいく事を決意したのだと花は理解した。

一方、雪はこのまま人間として生きていくと決意していたので、草平に4年生の時に怪我をさせたおおかみは私とあらためて告白した。

草平は「知っていたよ。でもこの秘密を話すつもりはない」と答えてくれたのだった。

年が明け、雪は中学校への進学の為に村を離れた。

そして、花は今までと同じようにこの古民家に残り、時折、山から響く雨の遠吠えを聞くと、静かな笑顔を見せながら幸せに暮らしていくのだった。

『おおかみこどもの雨と雪 』の登場人物

・花・・・宮崎あおい

・彼(おおかみ男)・・・大沢たかお

・雪・・・黒木華、大野百花

・雨・・・西井幸人、加部亜門

・藤井草平・・・平岡拓真

・草平の母・・・林原めぐみ

・韮崎・・・菅原文太

・韮崎のおばさん・・・片岡富枝

・細川・・・中村正

・山岡・・・大木民夫

・田辺先生・・・染谷将太

・天童・・・井上肇

・土肥の奥さん・・・谷村美月

・堀田の奥さん・・・麻生久美子

『おおかみこどもの雨と雪』の主題歌

『おかあさんの唄』 アン・サリー

https://twitter.com/kiraaanpu/status/1396131861479366659

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『おおかみこどもの雨と雪』の感想

・久々に感動に心が震え、綺麗に洗われた感じがした。

・家族愛、特に母の愛が感じられた。

・村の人たちの温かい心と、家族愛に感動した。

・これだけ沢山の感動を貰える作品には、なかなか出会えないと思う。

・言葉が見つからない程、素敵で感動した。

・子育てに疲れた方には是非とも観ていただきたい。

・花さんのような優しくて心が強く、笑顔の絶えないお母さん…尊敬しか出来ない。

・映画を観てここまで感動したのは、生まれて初めて。

・普遍的なテーマをいくつもの視点から捉え、それが同時に進行していて、すごさしか感じなかった。

・観る方の視点によって感動するタイミングや、共感する場面が違う作品だと思う。

・その人のこれまでの人生経験によって捉え方が変わる面白い作品。

・何となく子供の疎外感を強く感じた、だけど、母親の疎外感も感じた。

・とにかく色々と考えさせられた。

・他の人がどう感じたのだろうと興味をもってしまった作品。こんなのは初めてだった。

・考えさせられることが多く、更にその度に泣かされるという味わい深い作品。

『おおかみこどもの雨と雪』のまとめ

この『おおかみこどもの雨と雪』は、いくつかの愛の形を綴った物語で、考えたり、共感したり、時には涙するなど感情を揺さぶられる作品だと感じました。

最初の夭逝(ようせい)された彼と花の切ない別れのシーン。

愛している人との別れなのに、野生動物の姿のままだから自らの手では何もしてあげられないという心の葛藤が描かれており、あの切なさには涙しかありませんでした。

他にもシングルマザーとして生きていく苦労や親子愛、そして子供の自立による別れと云った深い愛が描かれていて、観る方も大きく感情が揺さぶられる事でしょう。

きっと様々な視点で捉えることがこの作品の本質であり、性別も世代も問わずじっくりと味わってもらいたいと思います。

是非一度、あなたの視点でこの作品を評価してみて下さい。

きっと何か大切なものが得られるはずです。

コメント

  1. […] 『おおかみこどもの雨と雪』(2012年) […]

タイトルとURLをコピーしました