ノーサイドゲーム 無料動画配信(続編ドラマ再放送~最終回)フル視聴/

国内ドラマ

ノーサイド・ゲーム(ドラマ)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『ノーサイドゲーム』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

『ノーサイド・ゲーム』は、半沢直樹シリーズで知られる池井戸潤さんの小説を原作としたTVドラマです。

ラグビーワールドカップ日本大会直前に放送された本作品は、このドラマで初めてラグビーについて知ったなど大きな反響を呼びました。

ラグビーを背景に思わぬ左遷から廃部寸前のチームを任されたサラリーマンの奮闘の物語をご紹介します。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

ノーサイド・ゲーム(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『ノーサイドゲーム』のあらすじ

・途絶えた出世

大手自動車メーカーのトキワ自動車で経営戦略室に勤める君嶋隼人は、幹部候補と呼ばれるほどのエリートだったが、ある企業の買収を巡り常務の滝川の意に背いたことから府中工場の総務部長として左遷されてしまう。

出世の道を絶たれてもサラリーマンの宿命と受け入れ異動先に赴くと、会社のラグビーチームのGMを兼務するように命じられるのだった。

 

・素人による再建

かつて強豪とされたトキワ自動車ラグビーチームのアストロズだったが、近年は低迷しており廃部を検討してもおかしくない状況にあった。

だが、このアストロズは社長自らが立ち上げたチームで思い入れが強く、君嶋は再建を頭に入れて考えなければならなくなる。

そして、知識も経験もない素人の君嶋が、アストロズのメンバーと共に再起に向けて模索しながら奮闘していくのだった。

『ノーサイドゲーム』のネタバレ

・思わぬ展開

大手自動車メーカーのトキワ自動車で出世頭の君嶋隼人。

カザマ商事の買収の件を強行に進めようとする常務の滝川佳一郎に対し、君嶋が異論を唱えると役員会でも彼の意見が認められ一時見送りが決定される。

しかし、君嶋を排除しようと企んだ滝川の手により、府中工場の総務部長としての辞令が下されてしまう。

事実上の左遷に納得のいかない君嶋は、上司の脇坂賢治に不満をぶつけるも覆ることはなかった。

後日、府中工場へ着任した君嶋を社員たちは温かく歓迎するが、ラグビー部に所属する社員たちは好意的な表情とは裏腹に彼の異動に不満を感じていた。

何故なら、君嶋が常務の指示でチームを潰そうとしていると考えていたからだ。

赴任した君嶋はラグビー部のGMも兼任することを伝えられ、ラグビー嫌いで素人の自分が何故と思いながらも、サラリーマンの宿命と君嶋は受け容れるのだった。

その後、本社に出向いた彼は脇坂に廃部にしたい位だと愚痴をこぼすが、そこでラグビー部に社長が特別な思い入れを持っていると知らされる。

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」は、社長自らが立ち上げたチームでかつてはリーグ優勝を果たすなど強豪と言われていた。

だが、近年は低迷しており観客動員数も下降線で、大幅な赤字を抱えるチームは補強もままならない状況にあった。

府中工場の行きつけの店で歓迎会に出席した君嶋は、そこで前任のGM吉原欣二から予算案と次期監督を選任するように頼まれてしまう。

社長の思い入れを知った君嶋だが、年間およそ14億円もの高額な予算に廃部を検討したほうがいいと考えており、大幅に削った予算案を提示する。

吉原を始めアストロズのメンバーは不満をぶつけるが、ワールドカップを控えて盛り上がっているのは関係者だけで、何の利益も上げられていないと君嶋は言い放つのだった。

そんな時、滝川からアストロズの件で呼び出されると、自分の意に沿うような意見書の提出を求められてしまう。

工場に戻った君嶋はアストロズ練習の様子を伺いながら、メンバーの勤務表などに目を通すと佐々一に空白の時間があることに気づく。

上司のミスなどを押し付けられ彼等はサービス残業を強いられていたのだった。

この件を工場長に報告すべきと話す君嶋に佐々とそれを手伝う浜畑譲は、仕事が出来ず迷惑をかけているからと報告を拒む。

その様子から君嶋は彼等が活動停止や廃部を怖れ従っていると感じとり、予算についてあらためて見直すとギリギリまで削減した予算が14億円だったと気づくのだった。

すると、そこに吉原が現れ君嶋はラグビー嫌いについて問われると、大学時代にある人物に嫉妬していたことが原因だと答える。

それでも、君嶋には廃部しか頭に浮かばず、意見書には廃部が妥当と記すのだった。

後日、工場を訪れた社長にアストロズについて問われ、君嶋は「申し訳ありません」と頭を下げながら廃部する方向と答える。

社長はラグビーの試合前の儀式「ハカ」について説明すると、選手たちは命懸けで戦っていると話し「だから私は彼等を応援する」と告げるのだった。

だが、君嶋の意見は変わらなかった。

本社に意見書の提出に訪れた彼は、滝川からあの買収を進めるために排除され、出世の道を絶たれたことを痛感する。

自身の目標と希望を削がれた君嶋は、雨の中練習を続けるアストロズのメンバーに刺激されるように覚悟を決め、追加の意見書を作成した。

翌日、予算案の一部をメンバーに提示するとあまりの厳しい内容に反論されるが、彼はこれがアストロズの置かれている現状だと告げ、危機感の無さを指摘する。

そして、勝ったものが正義だと口にすると「ラグビーは君達の誇りだろう」と尋ねるように話し、今がどん底だと自覚して優勝を目指そうと呼びかけるのだった。

更に、どんな姿になってもあきらめないで力を合わせればチャンスがあると、徹底的にサポートする事を告げると「どうなんだキャプテン」と問いかけ、無言のままの彼等を残し去っていく。

君嶋の覚悟を目の当たりにした浜畑は、あれだけ彼に不満を露わにしていたにも拘わらず「このチームで優勝したい」と声を上げる。

すると、君嶋のいる練習場に姿を現したアストロズのメンバーはプラチナリーグで優勝すると気合を入れて練習を始め、浜畑は静かに頭を下げた。

一方、役員会では新たな意見書が認められ、アストロズは1年間の猶予を与えられるのだった。

 

・新監督

監督選びは難航を極めていた。

あまりにも上手くいかない状況に、君嶋は監督の重要性をアストロズのマネージャーも務める経理の佐倉多英に問いかける。

彼女が企業の社長に例えてきたのを聞くと、彼はその重要性に気づく。

その頃、低迷していた名門校城南大学を大学リーグ3連覇に導いた柴門琢磨が監督を解任され、世間を騒がせていた。

新監督選任を急かされていた君嶋は、新聞記事でその事を知る。

アストロズが勝つために必要なのは勝利を知る監督が不可欠と考えていた彼は、柴門のことが気になり始めるが、どうしても批判がちになってしまう。

何故なら、君嶋がラグビーを嫌いになった原因が大学で同期の柴門だったからだ。

その後も柴門の事が頭から離れない君嶋は、意を決して彼に連絡するが話すら聞いてもらえず断られてしまう。

2年前に行き違いから監督就任を断った経緯があり、それを知った君嶋は、誠心誠意謝るしかないと柴門に手紙を送るのだった。

その手紙を見た柴門は、そこに綴られた気持ちを感じ取ると共に、筆跡から同期の君嶋だと気づく。

そして、20年ぶりに再会した二人は互いの気持ちを明かし、君嶋は頭を下げて自分と選手たちには強い指導者が必要だと頼み込むのだった。

彼の姿勢を目の当たりにした柴門は、一度見せてくれと府中工場を訪れる。

仕事状況や練習の視察を終えた柴門は、置かれている環境の違いを他のプロチームと比較して指摘するも、鍛え方次第では可能性があると告げ、監督を引き受ける条件として全員が認めることを挙げた。

そして、柴門は選手一人ひとりに宛てた手紙を君嶋に託す。

あまりにも的確な内容に皆が驚くなか、チームのエースである浜畑は一人席を外してしまう。

追いかけていった君嶋に、浜畑はチームと自身が感じている限界を見透かされていたと話し、最終的に選手全員が、柴門が勝つために必要だと頭を下げる。

すると、君嶋の呼びかけに応じるように現れた柴門は「今日から俺達は家族だ」と選手に訴えかけるのだった。

ようやく道が定まるかに見えたが、君嶋と柴門の二人は今後の方針について意見を違えてしまう。

現在でもギリギリの予算でこれ以上は無理だと話す君嶋に対して、優勝するには必要な事だと柴門も譲らず、先行きが怪しくなっていく。

学生時代と変わらず身勝手だと話す君嶋は、練習見学に来ていた社長から柴門が城南大学監督時代にOBの影響で自由に使えない予算を補うために、自らスポンサー探しに奔走していたことを聞かされる。

その事を知った彼は、何とかして予算を捻出するために頭を悩まし、大きな決断を下すのだった。

君嶋は昨シーズンまでアストロズの看板選手だった外国人二人のプロ契約を見送ると役員会で報告し、この事は監督就任予定の柴門も了承の上だと告げる。

反発する役員たちに理解を求める君嶋が「我らの目標は優勝です」と宣言すると、社長は彼を指示し、正式に新監督就任が認められるのだった。

 

・新生アストロズ

柴門を監督に迎え始動した新生アストロズ。

相撲部屋に練習に行くなど新監督の改革は進んでいた。

そんな中、低迷する観客動員数に注目していた君嶋は、地域密着することでラグビーに興味を持ってもらい、アストロズファンの獲得を図ろうと考える。

そして、練習以外の時間でアストロズの選手たちに商店街、小学校、病院など、地域ボランティア活動に取り組ませるのだった。

しかし、優勝する為には多くの時間を練習に費やした方が良いと訴える選手たちは、次第にボランティア活動に非協力的になっていく。

すると、君嶋の提案に一理あると考えていたキャプテンの岸和田徹は、選手との板挟みにあいながらも、練習を続け怪我をしてしまう。

この事がきっかけとなり、ボランティア活動に対して君嶋と選手の亀裂は深まるのだった。

一方、地域ボランティア活動と集客活動に思わぬ出費が重なってしまい、予算の追加が余儀なくされていた。

役員会の報告において滝川から厳しい追及を受ける君嶋は、辛辣な言葉に耐えながらも根気強く主張を続け、社長の助言のおかげで何とか承諾を得る。

だが、滝川から更なる圧力をかけられ、彼は危機感を強めるのだった。

入院していた岸和田は、退院直前にボランティア活動の時に勇気と書いてラグビーボールをプレゼントした少年と母親から、このおかげで大きな心臓の手術を乗り越えられたとお礼を言われる。

そして、頑張ってとエールを送られると迎えに来た君嶋に「何倍も大きくなった勇気を貰った」と話し、ボランティア活動が自分の為になるのだと気づいたと告げた。

その後、君嶋と岸和田の言葉に反発していた選手たちも地域ボランティアに前向きになり、再び結束していくのだった。

こうして迎えたプラチナリーグの開幕戦。

スタジアムの正面を見ると観客スタンドは疎ら(まばら)だったが、振り返るとアストロズ側となるスタンドにはおよそ12000人の観客が詰めかけていた。

その様子を目の当たりにした選手たちは驚いて一瞬言葉を失うが、負けられないと力強く覚悟を決める。

君嶋や佐倉たちは、あれだけ伸び悩んでいたファンクラブの人数とチケット購入者が増えてきていたことを知っていたが、あえて選手たちには伝えなかった。

あらためて頑張って来たことが認められ、応援してくれる人達の想いを実感した選手たちは、期待に応えるように初戦を勝利で飾る。

そして、勢いに乗った新生アストロズは開幕から破竹の10連勝を記録するのだった。

 

・暗躍する滝川

連勝を続けていたアストロズは優勝に向けて士気を上げていく。

続く11節から13節まで連勝を伸ばすアストロズとは裏腹に、トキワ自動車本社では滝川が買収を順調に進め暗躍していた。

そんな中、まだ正式契約を前にカザマ商事の買収の件が報道され、君嶋は滝川の狙いが別にあると怪訝な表情を見せ、その話を聞いた社長も疑念を抱き始める。

案の定、滝川は大規模なリストラを考えており、アストロズの選手たちもリストに挙げられるが、君嶋は結果を残せば負けないと鼓舞し続けるのだった。

こうして奮闘し続けたアストロズは、王者サイクロンズとの最終節に優勝をかけて臨む。

 

・ラストチャンス

今季最高の集客数を記録したこの試合には社長を始めとする役員たちも観戦に訪れていた。

気合の入った両チームは激しい攻防を繰り広げるが、徐々にサイクロンズが自力の差を見せつけ点差を広げていく。

アストロズは自慢のフォワードで健闘するも、苦しい展開のまま前半を終える。

後半に入り柴門が控え組の佐々を投入する驚きの采配を見せると、彼の持ち味であるパスにより流れが変わり始め、佐々自身もトライを決めるなど得点差を縮めていくのだった。

しかし、サイクロンズも底力を発揮し4点ビハインドのまま残り時間20分を切ってしまう。

一進一退の攻防が続き残り時間を考えると、勝利にはトライを決めるしかなくなり、アストロズはラストワンプレイに全てを賭ける。

次々とパスが繋がりギリギリでトライを決めたように見えたが、写真判定の結果ノートライと判定され、アストロズは力尽きてしまった。

激戦の末敗れた新生アストロズは、最終順位2位で今季を終えたのだった。

好成績を収めた選手たちだがプラチナリーグ優勝という目標を達成できず、来季のチーム存続とこれからの状況に対して不安を口にする。

君嶋は廃部になることは無いと彼等を勇気づけるが、確信はなかった。

来季の予算に頭を悩ませながら役員会でアストロズの運営について報告する君嶋は、滝川から厳しい言葉を次々と投げかけられるが、ジュニアラグビー教室による子供たちの参加や地域住民との交流を挙げ、そして集客実績の大幅増加など一定の成果を訴える。

それでも、納得しない滝川に対し社長は擁護すると、来季のアストロズの優勝に自らの進退を賭けると言い放つ。

こうしてチーム存続が決定したことを選手たちに報告した君嶋は、柴門と二人きりになると役員会での事情を全て明かし「次がラストチャンス」だと伝えるのだった。

 

・苦難の連続

チームの存続が決まったもののアストロズを取り巻く環境は厳しいままで、GMとしての責任を果たせていないと気持ちが揺らいでいた君嶋は、脇坂から滝川の権力拡大を阻止する為に経営戦略室へ勧誘されると迷ってしまう。

しかし、やり残しがあると覚悟を決め勧誘を断ると、チーム収支の改善の為、日本蹴球協会の体制改革を訴える。

そして、GM会議に出席した君嶋は、改革案を提出し他チームのGMに賛同を求めるが、サイクロンズGM松尾の反発を受けるなど受け入れてもらえず苦悩するのだった。

一方、アストロズのチームとしても危機が迫っており、中心メンバーとして活躍してきた本波寛人が体力の限界を理由に引退を表明。

更に、サイクロンズから浜畑と里村に対して引き抜き話が浮上し、最終的に里村がチームを去ってしまう。

サイクロンズのやり方に腹を立てた君嶋だが、柴門からこういった話はプロである以上付き物だと諭されるのだった。

 

・新たな仲間とレギュラー争い

しかし、去る者だけではなく新たに加わる者もいた。

怪我が原因でラグビー選手として諦めていた七尾圭太が府中工場に異動になり、アストロズのファン感謝祭での紅白戦で目を見張る活躍を見せつけるのだった。

だが、実力者でチームのエース的な存在である浜畑と同じポジションを争う七尾は、若くて華麗なドロップゴールを決めるなど機動力に長けているが、ブランクの影響もありスタミナ面に不安を残していた。

また、里村が抜けたことで佐々などの控え組にもチャンスがあり、こうしてチーム内のレギュラー争いは激化していく。

そして、柴門からレギュラーメンバーの発表が行われると七尾が10番を勝ち取り、浜畑はしばらく目を瞑って自分の気持ちに決着(ケリ)をつけると、託すように「頼んだぞ」と抱きしめながら声をかけるのだった。

一方、トキワ自動車本社ではカザマ商事の買収プロジェクトにおいて、滝川の不正によるコンプライアンス違反が明るみとなり、買収が暗礁に乗り上げ滝川は失脚し関連会社への異動が決まる。

 

・結末

プラチナリーグが開幕し新体制となったアストロズは初戦を圧勝すると、勝利を重ね宿敵サイクロンズとの優勝争いを繰り広げていく。

しかし、君嶋は滝川の後任として常務となった脇坂から追い詰められてしまう。

脇坂はチームの勝敗に関係なくアストロズの予算縮小を突きつけ、あんなお荷物集団を存続させる意味がないと告げてきた。

そして、次の取締役会でアストロズの今後について言及し、最終的には今期の成績に拘わらず廃部にする意向だと言い切るのだった。

リーグ戦終盤を迎えていたアストロズは、最早チームのエースとして存在感を示していた七尾の欠点が露わとなってしまう。

七尾は試合中のラックになると、大怪我した時の事を思い出し怯んで動けなくなるのだった。

その試合自体は辛うじて逃げ切るが、今後に向けて大きな不安を残してしまい、七尾自身も動揺を隠せないでいた。

何とか対策を講じて次戦を迎えるも、スタメンが七尾ではなく浜畑だったことに観客席はどよめく。

しかし、練習中に膝を痛め調子が上がらない浜畑が中心となり、苦しい展開にも怪我を怖れず果敢にタックルを仕掛けてチームを鼓舞し続けると、それに呼応するようにアストロズは勝利を収める。

そんな浜畑の姿を目に焼き付けた七尾は、恐怖に打ち勝とうと居残りで練習を続けていくのだった。

一方、偶然、試合会場で滝川と再会した君嶋は驚きの真実を知る。

それは、府中工場へ左遷したのは滝川ではなく脇坂だという事だった。

脇坂は、自分が覇権を握る為に滝川の買収の件でも裏工作しており、邪魔者となる君嶋をアストロズごと排除しようと企んでいたのだ。

信頼していた上司こそが本当の敵だったと落胆した君嶋は、すべてを柴門に明かすと「今度はオレが守る」と覚悟を決めるのだった。

取締役会に向けて脇坂の裏工作の証拠集めに奔走する君嶋。

サイクロンズとの優勝を賭けた一戦へ向けて奮闘するアストロズ。

こうしてお互いに勝つと誓い合った両者は、運命の日を迎えるのだった。

まずは、君嶋が立ち向かう取締役会。

予定通りアストロズの来季の予算半減が提示され、君嶋は成績向上やこれまでの集客実績などを挙げて反論し、更には日本蹴球協会の運営における問題点を指摘する。

意見を求められた社長も収益だけで判断するのではなく、アストロズの快進撃を伝えながら温かい目で見守ってほしいと訴えるのだった。

だが、日本蹴球協会会長の富永と繋がりのある脇坂はそんな二人を批判し、この件は役員の採決に委ねる事になった。

その時、君嶋の意見に賛同していた協会員から理事会での富永の解任が決まったと連絡が入り、アストロズは何とか危機から脱する。

そして、君嶋は手を緩めず脇坂が滝川を失脚させるために暗躍していた証拠を明かし、完全に脇坂をトキワ自動車から排除するのだった。

その頃、アストロズとサイクロンズは白熱の試合を展開しており、リードを許したまま後半を迎えていた。

反撃を狙った柴門は最後の手段に出た。

七尾と浜畑を同時に出場させるというアストロズの新たなフォーメーションで攻撃に転ずると、残り時間2分だがあと1トライで逆転というところまでサイクロンズを追い詰めていく。

そして、ラストワンプレイに入るとパスを繋ぎ、浜畑が足を引き摺りながらも懸命にゴールに向かうが、かつてのチームメイト里村が阻もうとする。

だが、七尾の姿を目の端に捉えていた浜畑はギリギリまで惹きつけるとパスを送り、七尾がトライを決めるのだった。

見事に逆転勝利を収めたアストロズには熱い歓声が贈られ、選手たちは喜びを分かち合い、負傷した浜畑は七尾に抱きかかえられてグラウンドを後にする。

君嶋は社長とがっちりと握手を交わし選手たちを称えるのだった。

その後、浜畑は引退し新たなアストロズのGMに就任、君嶋は本社の経営戦略室室長とアストロズの部長を兼任する事になった。

ある日、アストロズの練習場に姿を見せた君嶋はラグビーの必要性を語ると、ジュニアアストロズの姿を見ながら「行け!アストロズ」と叫ぶのだった。

『ノーサイドゲーム』の登場人物

・君嶋隼人・・・大泉洋

・君嶋真希・・・松たか子

・君嶋博人・・・市川右近

・君嶋尚人・・・盛永晶月

・島本博・・・西郷輝彦

・滝川桂一郎・・・上川隆也

・柴門琢磨・・・大谷亮平

・七尾圭太・・・眞栄田郷敦

・浜畑譲・・・廣瀬俊朗

・津田三郎・・・渡辺裕之

・鍵原誠・・・松尾諭

・富野賢作・・・佐伯大地

『ノーサイドゲーム』の主題歌

『馬と鹿』 米津玄師

米津玄師 MV「馬と鹿」Uma to Shika

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ノーサイドゲーム』の感想

・とにかく熱いドラマだが、ユーモアもありメリハリを感じられて楽しめた。

・元日本代表選手を俳優として起用しているのが予想以上に素晴らしく、何といっても経験者による迫力のラグビーシーンが胸に熱く残っています。

・逆境に立ち向かう姿に胸を打たれた。

・どんな状況でも真っ向勝負することの大切さを教えられた。

・ラグビーの良さが伝わって来て、大好きなスポーツになった。

・熱い物語に感動した。

・体格ありきでのキャスティングに馴染めず原作の良さを味わえなかった。

・元ラグビー選手の迫力のある佇まいに驚き、圧倒された。

・キャスト全員の気持ちの熱さが伝わってきて、感情が揺さぶられた。

・映像の中の選手たちが活き活きしていて、迫力のあるラグビーシーンを通してラグビーの魅力が充分に伝わってきた。

・現実はそんなに上手くいかないと否定気味だったが、夢を見させてくれる感動ストーリーにいつのまにか惹きこまれていた。

・直向きに頑張り続ける男のカッコよさを感じさせてもらった。

『ノーサイドゲーム』のまとめ

ラグビーを背景に逆境に立ち向かっていく男の姿を描いた本作品『ノーサイド・ゲーム』は、沢山の感動と反響を呼びました。

このドラマで初めてラグビーに興味を持ったという方も多いでしょう。

何といっても元日本代表選手を起用し、全編を通して中心人物として描いているのが特徴で、とても初めての出演作品とは感じられないほど素晴らしい演技だったと思います。

また、ド迫力のラグビーシーンも見どころのひとつです。

ちょっと気が沈みがちになる現状ですが、熱い男たちの姿に元気を分けてもらいませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました