信長協奏曲 無料動画配信(続編ドラマ1話~最終回)フル視聴/再放送

国内ドラマ

信長協奏曲(ドラマ)の動画配信を無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『信長協奏曲』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

石井あゆみさんによる人気コミックスを原作としたTVドラマ『信長協奏曲』は、主要キャストをはじめとしたゲストキャストの豪華さと突拍子もない設定が大きな話題となりました。

あの織田信長が現代からタイムスリップした高校生という設定で、この未来から来た少年の影響を受けて天下統一を目指すという斬新なストーリーが展開されていきます。

戦国時代をバックに繰り広げられる青春群像劇にご注目下さい。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

信長協奏曲(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『信長協奏曲』のあらすじ

・信長との出会い

修学旅行で時代村を訪れていた高校生のサブロー。

城下町を模したアトラクションの中、武士や町民に扮したキャスト達が闊歩しているのを横目に好きな女子に告白するが、脈はなさそうだった。

誤魔化しながらその場を逃げ出したサブローだが、仲間に冷やかされているうちに足を滑らせて転んでしまう。

すると、仲間たちの姿が見えなくなり、抜け出そうと高い壁を登っていくが、また落下して気を失ってしまうのだった。

目が覚めると周囲には建物が一切なく、ただ自然の風景が広がっているだけ。

携帯電話も圏外で繋がらずに困っていると、馬に乗った二人の侍がやって来るのを見かけ、サブローは声を掛けてみる。

その二人の顔を見たサブローは驚きを隠せない。

何故なら片方が自分そっくりだったからだ。

そっくりさんは織田信長と名乗ると、「自分の代わりに織田信長として生きてくれないか」と問いかけてきた。

何だかわからないが、これもアトラクションのイベントの一つと疑わないサブローは、迷うことなく安請け合いしてしまう。

そして、二人が立ち去っていくと新たに3人の侍が現れ、サブローは彼等の誘いのまま那古野城へついていくのだった。

 

・タイムスリップしてきたもう一人の人物

那古野城に連れて行かれ、瞬く間に今川家との戦に巻き込まれたサブローは、時代村のアトラクションではなく本当の戦国時代にタイムスリップしてきたことを悟った。

戸惑いながらも、何故こうなったのか、どうしたら戻れるのかと考えていると、そこに来客が訪れることになり、止むを得ず織田信長として対応しなければならなくなる。

訪れて来たのは美濃の蝮と恐れられる斎藤道三。

彼は信長の妻帰蝶の実父でもあり、織田家を潰すわけにはいかないと失礼の無いようサブローにとっての正装、つまりは現代の制服姿で出迎えることにした。

この時代の武士にとっては珍しく滑稽に見えるようで側近たちは不安を隠せなかったが、サブローの姿を見た道山は家臣たちを退出させると、自らも身支度を整えて出直してきた。

何とその姿は制服の警察官で、彼も1972年からタイムスリップしてきたとのことだった。

互いに未来からタイムスリップしてきたことがわかり意気投合するが、サブローがニセ信長だと知った道山は武田家に帰蝶を嫁がせるように命令した。

更に、同時に徳川家康と豊臣秀吉を探しており、彼はただ単に政治的策略の道具として娘を利用しているだけだった。

そんな中、息子である斎藤義龍に謀反を起されてしまう。

道山は劣勢で勝ち目がない戦にも拘わらず迷うことなく援軍を出してきたサブローを、本物の信長と認め、討たれるのだった。

 

・キーは日本史の教科書

京都上洛を目指す今川義元の軍勢が尾張に迫るとの報せを受け、織田家の軍議は紛糾していた。

そんな中、怯えたサブローは密かに城を脱け出し逃走するが、国境の峠近くで落馬して気を失ってしまう。

彼が運ばれた村は今川領で、今川軍は村人に理不尽な要求を突きつけており、見かねたサブローは間に入って食って掛かるが、その場は前田利家が機転を利かして事なきを得た。

だが、村人はサブローが信長であること気づくと拘束して今川軍に明け渡そうと考える。

そこに、駆け付けた家臣たちにサブローは救出され、日本史の教科書に記されている通り桶狭間で奇襲を仕掛けることにするのだった。

村人たちの動向を把握したことで奇襲を成功させ今川義元を討ち果たした織田家とサブロー。

後日、今川の軍門に下っていた徳川家康がその謝罪と共に同盟を申し出てくると、自分が知っている歴史上の偉人を前にサブローははしゃいでしまう。

一方、信長の家臣でありながらも、実は今川義元の間者として暗躍していた木下藤吉郎。

彼は信長初陣の戦で家族が巻き込まれ殺されたことを強く恨んでおり、今川亡き後も何かしら企み続けていた。

そんな事情とは裏腹に表向きでは良い流れが向いてきた織田家では、京都上洛の話が持ち上がるのだった。

 

・竹中半兵衛ともう一人のタイムスリップ者

京都上洛について軍議が開かれる中、現斎藤家当主である龍興の軍師竹中半兵衛が、桶狭間の戦いにおける奇襲に感服したと家臣として志願してきた。

最終的に斎藤家の家臣すべてを寝返らせ織田家に仕えた半兵衛の活躍により、信長ことサブローは美濃の統治を果たす。

そして、いざ京都上洛といったところでサブローは本物の信長と再会するのだった。

再会した信長は明智光秀と名乗っており、サブローへの罪滅ぼしとして天下獲りの為に自分を使ってほしいと申し出てきた。

そんな中、京都上洛において最大のネックとなる近江の浅井家に対し、サブローは政略結婚など企むことに反対すると、同盟を嘆願する為単身で出向くのだった。

浅井長政に土下座までして懇願するも受け入れられず、最終的には妹の市が嫁ぐことになった。

こうして上洛したサブローだったが、天皇に拝謁する作法を知らず本物の信長と入れ替わり、足利義昭を征夷大将軍に無事任命させることに成功した。

しかし、その義昭の目の前で能天気にも天下獲りますと発言して、怒りを買ってしまうのだった。

そして、城へ戻ったサブローの前に現れたのは、軍勢を引き連れた戦国の梟雄と呼ばれた松永久秀。

彼の背中には鬼の刺青があり、それを見たサブローがもしやと思い、話を振ってみると、やはり彼もタイムスリップしていたのだった。

その後、いいとも終了の話などで打ち解けたサブローは義昭の怒りを知り、朝倉義景との同盟を決意する。

一方、暗躍し続けていた藤吉郎は浅井久政に接近すると、信長を裏切るように長政をけしかけるのだった。

朝倉家に向かっていたサブローだが浅井軍に急襲され、同盟前なので朝倉家に助けを乞うことも出来ず、撤退を余儀なくされてしまう。

どうやら藤吉郎の狙いは織田家の殿を務めることで浅井家に寝返ろうという魂胆だったらしいが、最初から藤吉郎を訝しがっていた半兵衛の動きにより企みは頓挫したのだった。

こうして何とか岐阜城へ帰還したサブローだったが、朝倉家の間者であった帰蝶の侍女ゆきに撃たれてしまう。

辛うじて命を取り留めた彼は、目覚めてその事を知ると、ゆきを放逐し最後には許して帰蝶を守るようにお願いするのだった。

 

・裏切りの気配

サブローは領地の民の声に耳を傾け、楽市楽座と関所の撤廃を以って経済を活性化させ、この時の功績で藤吉郎は羽柴秀吉と改名する。

その最中、あの松永は織田家と同盟を結び、楽市楽座のことを聞きつけてやって来た家康は現代のエロ本をサブローから手渡され夢中になっていた。

サブローはこの楽市楽座を全国に広めようと活発に動き出すが、それが仇となり多くの仲間を失うのだった。

落胆し悲しみを乗り越えた彼は、キリスト教の宣教にも寛大に対応するなどしていくが、動き出した甲斐の武田信玄により追い込まれてしまう。

浜松で進軍を止めると言い放った家康は惨敗すると、後に「脱糞オナゴ大名」と称されることになる。

日本史の教科書にあった鉄砲隊の三段撃ちの戦法を思い出したサブローだが間に合わず、困り果てるが信玄が亡くなったことで武田軍が撤退し運よく窮地を切り抜けた。

だが、宣教を許したことで比叡山延暦寺の連中から反旗を翻されてしまう。

それに対し交渉に赴いていた明智光秀こと本物の信長は、秀吉に焚きつけられ焼き討ちしてしまい、その事を知ったサブローは、自らがすべての責任を背負い込み皆に謝罪すると、焼き討ちなど騙し討ちは一切しないようにと呼びかけた。

そんな中、半兵衛は秀吉への疑念を深め、とうとう素性を探ることに着手するのだった。

 

・知られた正体

延暦寺の件について話が終わり、信長の側近である池田恒興は、光秀が忘れていった扇子を見て驚愕すると詰め寄っていく。

すべてを見透かされたと悟った光秀こと本物の信長は、これまでの経緯をすべてを明かすと、激昂する恒興に向かい他言無用と念を押すのだった。

恒興の気持ちの整理がつかないうちに、またもや足利義昭将軍から織田討伐の命が全国に送りつけられ、織田家は窮地に立たされてしまう。

交渉役に任命された明智光秀、羽柴秀吉、池田恒興。

困難な交渉かと思われたが、光秀つまり本物の信長の恫喝(どうかつ)により、この命は撤回される。

しかし、またも裏で暗躍した秀吉により、撤回を翻した義昭は挙兵させられ、大義名分が出来たと迎え撃った織田軍により幕府ごと滅ぼされるのだった。

こうして意気揚々となる織田家だったが、サブローはこのやり方に納得がいかず、憮然とした表情を見せる。

そんな時、彼は朝倉家の新たな間者から命を狙われ、身を呈したゆきに救われるが、とうとう恒興から「偽者はしょせん偽者。城から出て行け!」と言い捨てられてしまう。

実は、光秀とサブローの会話を以前垣間見ていた秀吉も、信長が2人いることに気づいており、これまで色々と策を企ててきていたのだった。

 

・結末

偽物であることが恒興に知られたサブロー。

その時、朝倉が浅井に2万の援軍を送ったと報せが入り、家臣たちは浅井を討ち取ろうと意気込み始める。

だが、浅井長政に対し友情を感じていたサブローは和睦を主張する。

ところが秀吉から強い反発を受けると、サブローは止む無く書状を送るに留め、恒興にはこれの決着(けり)をつけたら去ると伝えた。

すでに何度も裏切りを企んでいた秀吉は、この事が露見するのを恐れていたのだ。

しかし、書状を受け取った長政は和睦を拒否し、サブローの説得にも応じない。

すると、松永は戦国の友情を説くと長政との合戦を進言し、サブローも出陣を決意するのだった。

いざ開戦すると織田軍は瞬く間に朝倉義景を自害に追い込むなど圧倒的な強さを見せ、策略が漏れることを恐れる秀吉の奮闘もあり、長政を追い込んでいく。

小谷城に残された長政は市に別れを告げると腹を切ろうとするが、そこにサブローが姿を現し自害しないように説得を試みる。

でも、武士としての彼の決意は固く、切腹を止められなかったサブローは介錯として泣く泣く首を落とすのだった。

もうすべてに決着(けり)をつけたと考えたサブローは密かに城を後にしようとするが、信長ではないと気づきながらも寄り添ってきた帰蝶から一緒に行くと声を掛けられてしまう。

だが、彼女はサブローの考えすら見透かしており、涙で別れを告げるのだった。

その後、去っていくサブローだが、恒興から呼び止められ「あなたは私の夢を叶えてくれました。戻ってください」と嘆願され、迷ってしまう。

一方、秀吉の素性すべてを掴んだ半兵衛は、光秀に「秀吉は危険です」と報告していた。

すると、光秀こと本物の信長は彼を斬首すると、サブローも秀吉も天下獲りには必要な手駒だと不敵な笑みを浮かべるのだった。

こうして、すべての結末はあの本能寺へと繋がっていく。

『信長協奏曲』の登場人物

・サブロー/織田信長/明智光秀・・・小栗旬

・帰蝶・・・柴咲コウ、平澤宏々路(幼少期)、赤城くれあ(少女期)

・池田恒興・・・向井理、中野魁星(幼少期)

・伝次郎→木下藤吉郎→羽柴秀吉・・・山田孝之

・竹中半兵衛・・・藤木直人

・前田犬千代→前田利家・・・藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)

・ゆき・・・夏帆

・柴田勝家・・・髙嶋政宏

・松平元康→徳川家康・・・濱田岳

・森可成・・・森下能幸

・丹羽長秀・・・阪田マサノブ

・佐々成政・・・阿部進之介

・沢彦・・・でんでん

『信長協奏曲』の主題歌

『足音 ~Be Strong』 Mr.Children

Mr.Children 「足音 〜Be Strong」 MUSIC VIDEO

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『信長協奏曲』の感想

・現代の若者感覚が戦国時代に投影されているところが面白く、秀吉の抱える闇の深さも不気味な怖さが感じられて良かったです。

・史実に合わせながら様々なエピソードや心情を詰め込んでいる脚本の素晴らしさに感動した。

・面白さと緊張感が共存する内容で、終始飽きずに楽しむことが出来た。

・小栗旬さんの演じ分けの見事さと、ゲストキャストの豪華さに感動しました。

・最後の結末を劇場版に委ねる作り方がどうしても気に入らない。

・個人的には山田孝之さんの振り幅の大きさにびっくりさせられた。

・新感覚の時代劇だとしても、もう少し時間の経過を感じさせて欲しかった。

・劇場版は楽しみだけど、ドラマはドラマ、劇場版は劇場版としてきちんと完結させてほしかったです。

『信長協奏曲』のまとめ

漫画原作に多いタイムスリップものである『信長協奏曲』は、何と云ってもゲストキャストを含めた出演者の豪華さが大きな話題となったドラマです。

突拍子もない設定とコミカルなシーンの中にシリアスでダークな部分が潜んでおり、俳優の演技力が試される作品でもありました。

ですが、予想を覆すほど素晴らしい演技で多くの方を魅了し、見どころ満載の内容は強い印象を残してくれます。

コミカルながらも濃密な物語であるドラマ『信長協奏曲』、おススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました