ニッポンノワール 刑事Yの反乱の見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最終回)視聴方法のまとめ

ニッポンノワールー刑事Yの反乱 国内ドラマ

事件の真相がわかっていく度に、まさかこの人が?!と思ってしまうくらい、手の込んだ演出や、内容でした。

ラストの黒幕は、ちょっと忘れかけていた人物でもあって、驚いています。

ニッポンノワールー刑事Yの反乱(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱』のあらすじ
第一話 「笑えねぇ日々の始まり」

森のなかの小さな小屋で目を覚ました遊佐は、ひとつの遺体を目にする。

それは、女性刑事、薫だった。

しかも、遊佐の手には拳銃が握られていて、遊佐が殺したような状況になっている。

だが当の本人はというと、数ヵ月の記憶がなぜか頭から消えてなくなっていた。

当然自分が薫を殺したのかもわからない。

とにかく、自分が疑われないようにと証拠や指紋を消し、その場を去る遊佐。

薫の捜査が始まる。

遊佐は、同期の宮城に犯人だと言われる。

遊佐は宮城の恨みをかっていたからだ。

南武に薫の子ども・碓氷克喜の世話を命じられる。

薫殺害の事件は、かつて薫が追いかけていた『十億円強奪事件』と繋がっているとみられていた。

この事件は警察が関係していると言われていた。

公安の才門は、誰かが遊佐を犯人に仕立てあげようとしていると考えていました。

薫の子どもに、誰も信じるな。死にたくなければと伝える。

遊佐はアリバイのフェイク動画作りを頼む。

そこに犯人らしき人物が写り混んでいた。

克喜は、薫から、避けられていたように思う、薫の顔や、誕生日祝いをした記憶が思いさせないと遊佐に告げる。

薫を失ったことで、一時的に自分の記憶に蓋をしていたからです。

そこで、二人が銃撃を受ける。

撃ったのは、名越で、本城にそそのかされていたからだ。

また、名越は、薫を愛していた。だから、遊佐が憎かったのだ。

名越を殺そうとした遊佐は、克喜に止められる。

薫を殺した犯人は遊佐なのかと克喜に問われた遊佐は、薫を殺した犯人を知りたければ、俺についてこいと伝えた。

第二話 「2つの事件」

遊佐のアパートに本城たちがいて、十億円強奪事件の計画書とその事件で使われた拳銃がないかと探していた。

どうしてあるのかと遊佐に聞かれた本城は、渋々立ち去った。

遊佐の部屋には隠し部屋があり、確かに計画書も拳銃もあ存在していた。

捜査会議では、十億円強奪事件の真犯人が、薫殺人の犯人だということで捜査が始まります。

どうして、本城が遊佐のことを犯人にしたいのか。それは本城の娘が関わっていたからだ。

才門は遊佐に捜査状況を聞く。

薫の仕事部屋のことを才門から聞いた遊佐は、薫が残していた証拠を手に入れる。

それを本城に叩きつけるが、遊佐を殺そうとして、逆に殺されてしまう。

本城の死が大々的に報道されていた。

十億円強奪と薫殺しの犯人として。

しかし、それは、才門によるものだった。

第三話 「容疑者才門」

才門がでっち上げた本城犯人説に意義をたてる遊佐や刑事たち。

南武は表向きは捜査終了として、遊佐たちに捜査続行を命じた。

本城の娘が遊佐のもとを訪れた。

風間岳人という人を調べてほしいと。

調べていくうちに、遊佐が行く喫茶店のマスターの娘・星良を殺した犯人・宝生順平だと判明。

また、十億円強奪事件の犯人が死んでいくところの映像がフェイク動画で、警察に頼まれて作っていたものだとわかります。

遊佐は今までわかった情報を才門に告げ、犯人なのかときいた。

すると、才門の婚約者で喫茶店のマスターの娘・星良は、警察の秘密を暴こうとして殺されていたこと、犯人の宝生は警察の指示で行い、顔も名前も変えたこと、遊佐を犯人にするように本城に伝えたのも黒幕をあぶり出すためだったこと、薫は才門の婚約者の親友で、事件を調べていたことを伝えた。南武が黒幕で克喜の父親ではないかと疑っていた。

第四話 「捜査一課長の嘘」

薫の携帯から、南武からの留守電と才門に送ったメールが見つかります。

南武は、パスポートの偽造をしており、薫殺害時のアリバイはなかった。

江國は警察だが、奥さんが入院中で、南武によって入院費を払わなくてすんでいた。

南武に弱味を握られていたのだ。

また、南武の偽造パスポートを使って、海外渡航していたという嘘にも関わっていた。

遊佐は江國に問いただすが、何もわからなかった。

克喜は南武と会っていた。薫が殺された日に南武と撮った写真を持って。

江國は銃を持ってその場に居合わせた。

才門を待っていたのだ。

しかし、現れたのは、ガスマスクの男で、追いかける遊佐にスマホの画面を見せる。

すると遊佐は気を失ってしまった。

気づいた遊佐は才門の車のなかだった。

才門の仕業だろうと詰め寄ると、警察の極秘プロジェクトの地下組織・ニッポンノワールのせいだと聞かされた。

第五話 「ベルムズ」

薫が死ぬ前に「克喜はあなたの子どもだと」言われたことを思い出します。

10年前に一度関係を持っていた遊佐と薫。克喜はそのときのこどもだった。

だが、事件の記憶は戻らない遊佐。

才門から、星良のことと、ニッポンノワールとの関係を薫が知っていたことを聞かされた遊佐。

南武のアリバイ工作に薫が関わっていたこと、克喜は狙われていることを薫が言っていたと教えられる遊佐。

薫の父親が関係していた。ベルムズと警察との間のことを。

遊佐は薫から、森の小さな小屋で死ぬ前に事件のことを聞いていたことを思い出す。

それは、警察関係者に十億円強奪事件の犯人がいて、未成年を使って奪ったということだ。

しかもその犯人は薫だと。

第六話 「逃亡」

記憶を少しずつ思いだいていた頃、遊佐は殺人容疑で指名手配をされていた。

才門には、記憶喪失自体怪しいと言われてしまうが、記憶が戻るには、あるきっかけがあった。

それは、画像を見ることである。

遊佐は警察病院が事件と関係しているとにらみ、才門と駆けつける。

そこには、ガスマスクをした男がいて、攻防の末克喜のことがわかるというUSBの中の情報を見ようとした遊佐。

そこに現れたのは、南武。

第七話 「極秘地下組織」

警察病院でわかったことは、克喜は薫の父・政明により、人体実験をされていたこと、薫の父もニッポンノワールの一員だったことだ。

ニッポンノワールとは、内務省の巨悪事件を扱うところで、未成年の人格を変えてしまう人格矯正プログラムというものをしていた。その実験に星良もカウンセラーとして関わっていたのである。

また、暴れて薫の手におえなくなっていた克喜もその実験を受けていた。

このことを知ると、遊佐は政明に殺されそうになるが、江國や南武のお陰で、生きたまま捕まることとなった。

納得いかない宮城だったが、彼もまた実験を受けた一人だった。

第八話 「人体実験」

江國から、才門がニッポンノワールの一人だと教わる。

才門は十億円の回収が任務だったが、遊佐を助けたために組織から追われる側となっていた。

遊佐の記憶とUSBの情報で事件の全貌が見えてきた。

克喜を助けに行く遊佐。

そこに居合わせていた宮城が克喜を助けて死ぬ。

マスターが作っていた栄養ドリンクに何かが入っていることに気づいた遊佐は、マスターが黒幕かと聞く。

第九話 「覚醒」

マスターもニッポンノワールに関わっていたことを知った遊佐。

ニッポンノワールは、『マルティメットプログラム』という軍事力向上のための新薬を作っていた。

その新薬が薫に奪われてしまったために、薫は殺されていた。

遊佐は、薫といた小屋でのことを思い出す。

薫に殺されそうになった遊佐は薫を撃ったのだ。

それだけではない。すべての記憶が戻っていた。

黒幕を誘きだした小屋に向かう遊佐。

第十話 「終幕」

本当の記憶は、薫は自殺をしたのだった。

犯人を誘き出すためにはそれしか方法がなかったからだ。

小屋に現れたのは、才門だった。

ニッポンノワールについて話始める才門。

だが、本当の黒幕は才門ではない。

名越だった。

名越は新薬がほしかった。そして、ニッポンノワールがほしかったのだ。

栄養ドリンクの中身は遊佐を新薬から守るためのものでした。

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱』の登場人物

遊佐清春  (賀来賢人)

碓氷薫   (広末涼子)

宮城遼一  (細田善彦)

名越時生  (工藤阿須加)

本城諭   (篠井英介)

南武修介  (北村一輝)

才門要   (井浦新)

碓氷政明  (大和田伸也)

深水喜一  (笹野高史)

※相関図

(c)日本テレビ

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱』の主題歌

サザンオールスターズ『愛はスローにちょっとずつ』

サザンオールスターズ – 愛はスローにちょっとずつ(Full ver.)

ニッポンノワールー刑事Yの反乱(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱』の感想
女性40代
女性40代

どちらかというと、3枚目の役柄のイメージがある賀来賢人さんが、とてもシリアスな役をされていて、とてもカッコよかったです。誰を信じて良いのか、誰が味方なのか。最後まで真意がなかなか見えないドラマでした。いつもドキドキ感があり、息をのむシーンが多かったです。未来にはこういうことが実際に起こりえるのではないか、そう思ってしまいました。

人間の技術は進化を続けて、人体実験が行われるようになり、サイボーグのように強い人間が造られてしまう。そんな未来がくると思うと、怖いですね。内容的には少し難しく感じるところはありましたが、自分の生き方や考え方を考えさせられる部分は大いにありました。このドラマを見ていると、真っすぐに生きて行くのは、難しいことだと思いました。

また、強くて信念を持っていないと、流されてしまうことも良くわかりました。なんとも切ないのは、最後は賀来賢人さん演じる遊佐清春が死んでしまうところです。未来は明るいと思えるような終わり方だと、少しは気持ちがスッキリしたかなと思いました。

その他の感想はここから見れます
女性20代
女性20代

主人公を演じる賀来賢人さんの昔からのファンなので、ドラマに出演する、と聞いた時内容に興味を持ちました。刑事ドラマは以前から気になっては見なくていいかな、と思ってしまうこともありました。しかし、父から一緒に見ようよ、と誘われた時は今でも鮮明に覚えています。

初回では怖いイメージとハラハラするような展開の速さについていけるかどうか不安もありましたが、話が進んでいくうちに不安が払拭され、最終回まで夢中になるぐらい、作品の世界観に魅力を感じました。もし、またいつかきっとドラマだったり映画化されたら間違いなく見に行きたいですし、小説の存在も忘れてはいけないので、試しに読んでみようと思います。

たとえ小説とドラマの内容が違っても飽きることなく読み続けていきたいです。残念ながら連続ドラマが終わってしまいましたが、これだけ作品の虜になるなんて自分自身驚愕しています。そしてもっと賀来賢人の演技を見てみたいです。

女性30代
女性30代

最初にヒロインである広末涼子さん演じる碓氷薫が、清春の隣で死んでいるところからスタートするのは斬新で期待度も高まります。日本にしては責めた作品で海外ドラマっぽいというか韓国ドラマっぽいというか日本にはなかった刑事ドラマの描かれ方が特徴的です。

また、3年A組と同じ世界線で起こっている事なので、双方の登場人物が接触するところが見所でもあります。むしろ3年A組を知らないと理解できない演出もあったので、ファンにはたまらない展開だったはずです。

特撮ヒーローものを大人向けにブラッシュアップした感じのストーリーで、放送中はちょっと戸惑うくらいオーバーな演出や漫画的な展開が多かったけどサスペンス要素がしっかり入っているから、次回が待ち遠しかったです。賀来賢人さん演じる遊佐清春のいつもとは違ったクールな役どころが珍しくて彼の違う一面を観ることができます。黒幕だと思った人が殺されたり殺されそうになったり、どんでん返しの連続で1時間があっという間に経っています。

男性40代
男性40代

遊佐清春はとても頭脳で捜査をするタイプではなく、強引な捜査で犯人逮捕する。刑事として優れているというか、どちらかというと、探偵のほうが合っているような気がします。

そんな遊佐清春の隣には上司だった碓氷薫が死んでいた。遊佐清春は一瞬何が何だかわからなかったと思います。しかも、記憶がない。これは本当に厄介でした。記憶があれば逃亡することもなかったはずです。このドラマの面白いところは、こいつは怪しいと思うと碓氷薫を殺した犯人に見えてしまうのです。公安の才門も味方なのか?敵なのか?登場の仕方が毎回怪しかった。

最終版で遊佐清春の味方とわかったとき心強いと思った瞬間に撃たれてしまった。南武も怪しかったです。口では遊佐清春の味方と言っていたが、行動が本当に怪しくて実は碓氷薫を殺したのは南武かもしれないと思っていました。名越が遊佐清春は碓氷薫を殺していないと、他の刑事は疑心暗鬼の状態であったが、まさかの変貌。

怪しい登場人物が多く頭が混乱しましたが、なんと名越が碓氷薫を殺したのです。名越は遊佐清春と普段通り接していた。まさに天使から悪魔に変貌した強烈な印象でした。

男性50代
男性50代

このドラマに関しては推理ドラマが好きな人にはたまらないドラマだなと感じました。伏線につぐ伏線で誰が犯人なのか読めない展開が延々と続いていくんです。自分は観ていてドラマが始まった時から亡くなっていた広末涼子が演じる碓氷薫、そして賀来賢人が演じる主人公の遊佐清春までも疑ってしまうということになりました。
それほどまでに誰が犯人なのかもそうですが誰が敵味方というのもわからなくなる展開でした。下手したら碓氷薫の息子の克喜までもが犯人候補になりかねないストーリー展開には驚きました。そういった推理ドラマであるのに暴力シーンが多いのもこのドラマの特徴でした。昔の刑事ドラマを思い出すような殴りあい、銃の乱射などバイオレンス的な部分も激しいドラマでした。個人的には南武修介を演じる北村一輝の演技がピカイチでした。味方なのか敵なのかわからない南武という存在を完璧に演じていました。1番、ドラマを盛り上げた存在だったと言い切れます。

男性30代
男性30代

タイトルの意味が最初は分からずに観ていましたが警察組織が絡んだ複雑な陰謀が絡み合っていて回を増すごとに目まぐるしい展開で誰が一番悪いやつなのか、黒幕は一体誰なのか分かりづらい感じになっていて終盤までの黒幕や犯人探しは非常に興味深い内容でした。

黒幕も自分が予想していた人とは違っていて正直驚きがありましたが最後は肉弾戦でほぼ決着をつけようとしていて主人公の男らしいやり方がとてもかっこよく映っている印象がありました。ほぼ毎回誰かしらが犠牲になったり亡くなったりして悲しい場面が数多くあるのはすごく残念だったし別に死ななくてもいいような人は本当にかわいそうな展開に感じられました。

最初観ている時に主人公が作中でずっと暗示をかけられていたなんて全く気付いていなかったので敢えてもう一度見返すとあらゆる場面で主人公の行動が理にかなっていて改めて観るとさらに楽しめる余韻があるようでそういった伏線めいた部分を意識しながら観ていく楽しみ方もありえる作品だと思いました。

男性30代
男性30代

警視庁捜査一課の班長碓氷薫を遊佐清春が殺したかも知れないというところから始まり、清春は捜査一課含む刑事たちに疑いの目で見れらながら薫を殺した犯人を探していくというストーリーでした。

序盤までは単純に主人公の清春を犯人に仕立て上げようとした人物を操作して自ら事件の解決に挑むようなストーリーだと思って見ていたのですが、徐々に話の内容が現実的なところから離れていき、人間の性格を矯正する手術や、人間を兵器として扱えるよな体に手術する裏組織が登場し、その裏組織の企みを清春や少数の刑事と協力者で阻止しようとする話になっていき、漫画チックではあるけど面白いなと思いながら見ていました。

最終的に、その裏組織は改造手術を受けた人物によって壊滅するのですが、その人物が清春と最初から行動を共にしていた名越時生だったというのには驚きました。しかも、身体能力が普通の人間の動きじゃなく、こういう人を量産しようとした裏組織の狙いは結果的に瓦解しましたが、達成されるととんでもないことになってたんだろうなと思いました。

女性40代
女性40代

こんな刑事っているの?と思う、新しい形の刑事ドラマでした。キャストも豪華で演技力がある俳優が多く出演していたこともあり、少しクセのある役も違和感を感じずに見ることが出来ました。

第1話を見た感想は、意味がよくわからなかったというのが、正直な感想でしたが、回を重ねるごとに繋がる謎がスッキリしたり、あいつは怪しいと思ったりしてくると楽しいです。ガスマスクの男、組織、薬、記憶喪失などマンガのようなワードや暴力シーンもあるので、純粋に刑事ドラマが好きな人や、バイオレンスが苦手な人には抵抗があるかもしれません。

毎回エンディングでキャストが何かをしているのですが、声が聞こえないので、すごく気になるんです。だから次の回で、特にその人物を注意深く見たりしてしまうので、エンディングの作りは面白い演出でした。最終回で犯人にたどり着き、平和が訪れたというハッピーエンドからの衝撃のラストが、1番続きが気になる終わり方でした。

続編があるとすれば、私は見たいです。ちなみに、ニッポンノワールの前に放送されていたのが3年A組なのですが、そのキャストが度々出てくるので、3年A組が好きな人にも見てほしいです。

男性30代
男性30代

サスペンス系の犯人探しの作品としては黒幕であろう怪しい人物候補が比較的たくさんいたのでそれを探しながらのストーリー展開は非常に分かりにくく面白く感じられました。

最後は肉弾戦で決着をつけたり銃撃戦だけではなくて時折アクションのような緊迫感のあるやりとりがあったりとアグレッシブな場面もいくつか登場したりするのがテンポがよくて個人的には好感のもてる演出だったように思えました。賀来賢人さんと小さな男の子とのやりとりが男同士の友情みたく意志疎通がだんだんと回を重ねるごとに強くなっているのが美しく感じられました。

刑事役の方々の中では主人公以外の人物としては北村一輝さん演じる刑事が一番印象に残っています。見た目は一見クールそうなビジュアルでしたが誰よりも悪をにくみ自分が信じた道へと捜査を推し進めていくそのリーダーシップがとてもかっこよく感じられました。最後の犯人をとりおさえるところも自分の感情を全面に出しながらの逮捕劇は勢いがあって良かった場面でした。

男性40代
男性40代

このドラマの凄いところは登場人物の全てが犯人に見えてくるという部分です。主人公である遊佐清春から始まりドラマ当初から亡くなっている碓氷薫までもが事件に関与してるんじゃないかと思わされました。誰が犯人なのかがわからないじゃなく誰が犯人でもおかしくないと思わされてしまうドラマだったなというのが感想です。

それほど巧みなストーリーの展開で一瞬たりとも見逃せなかったです。一瞬たりとも見逃せないというのは決して大袈裟ではなく登場人物の瞬間的な表情というのが伏線になっているんです。なのでそこを見逃すとヒントを見逃すことになってしまうんです。このドラマで注目なのがここ最近の刑事ドラマにはないアクションといえば聞こえは良いですがバイオレンス的な要素が多かった部分なんです。

刑事同士の殴り合いから始まり乱闘、暴力が日常茶飯事の状態でした。昔の刑事ドラマを思い出させてくれるドラマだなと感じました。名越を演じる工藤阿須加の動きがキレキレだったのが記憶に残っています。

まとめ

度々現れる恐ろしい描写に、目を瞑りたくなる作品でしたが、見終わった時の爽快感は十分に得られます。

ラストに遊佐は撃たれてしまいますが、犯人は誰なのか、まだ終わっていなかったのかと謎は深まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました