ナイトメアー ビフォア クリスマスの無料動画配信をフル視聴

ナイトメアー ビフォア クリスマス 洋画

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスの無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

The Nightmare Before Christmas (1993) Official Trailer #1 – Animated Movie
クリスマスって何だ (ナイトメアー・ビフォア・クリスマス)

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』はアメリカで1993年に公開されたミュージカルアニメーション映画です。

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』を無料で見る

映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ30日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のあらすじ

ハロウィン・タウンに住んでいる人たちは、人を驚かせる事が大好き。

ハロウィンの当日は町は大盛り上がり。

中でも、ジャックは、人を怖がらせる天才だったが、毎回同じことの繰り返しに飽きてしまっていた。

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のネタバレ

ハロウィンタウンに住んでいる人たちは、人を驚かせる事が大好きです。

ハロウィンの当日は町はみんな大盛り上がり。

中でも、ジャックは、人を怖がらせる天才だったが、毎回同じことの繰り返しに飽きてしまっていた。

ある日、ジャックは森で扉がある木を見つけます。

一つを開けると、ハロウィンタウンとは全く異なるクリスマス・タウンがありました。

ジャックは、初めて見る綺麗な雪景色に感動します。

ジャックは自分たちでクリスマスをやろうと計画します。

そして、クリスマスのことを調べ、勉強する。

そしてみんなクリスマスの事を説明する。

ところが、みんな本当のクリスマスの事をあまり理解してませんでした。

そして、どんどんおかしな方向へと進んでいく。

ジャックは邪悪な嫌われ者のブギーの小鬼3匹に、サンタクロースを誘拐させた。

サンタクロースを監禁して、ジャックはサンタクロースになって、街にプレゼントを配りに出かけた。

しかし、ブギーにジャックのクリスマス計画の事やサンタクロースの事を小鬼達はバラしてしまいます。

ジャックはプレゼントを街中に配っていた。

だが、プレゼントの中身が恐ろしい物ばかりで、みんなは悲鳴をあげる。

ジャックはみんなが喜んでくれていると勘違いします。

そして、偽サンタが出たと怒った人たちに、ジャックは撃ち落される。

自分が間違っていたと気づいたジャックは、サンタロースを解放しようと決める。

だが、サンタクロースはブギーに捕らえられていました。

ジャックはサンタクロースとサリーを救い出す為、ブギーと戦い勝利する。

ジャックはサンタクロースに今までのことを謝ります。

そして、急いで街へ向かったサンタクロースは、街にプレゼントを配る。

全てが元通りになり、平和なクリスマスが戻りました。

ジャックとサリーは、白ものが空から降って来た事に気が付く。

それは、初めて見る雪でした。

空にはソリに乗ったサンタクロースがいて、雪はサンタクロースからのプレゼントだった。

そして、ジャックはサリーの気持ちに気付いた。

ジャックもサリーに思いをを寄せており、二人はキスしました。

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の登場人物

ジャック・スケリントン (クリス・サランドン/市村正親)

サリー          (キャサリン・オハラ/土居裕子)

ショック        (キャサリン・オハラ/土居裕子)

フィンケルスタイン博士 (ウィリアム・ヒッキー/三ツ矢雄/)

町長          (グレン・シャディックス/大平透)

ロック         (ポール・ルーベンス/園岡新太郎)

バレル          (ダニー・エルフマン/松澤重雄)

ブギー          (ケン・ペイジ/小林アトム)

サンディ・クローズ   (エド・アイヴォリー/永江智明)

ピエロ          (ダニー・エルフマン/梅津秀行)

ビヒーマス       (ランディ・クレンショー/梁田清/)

ウェアウルフ      (グレン・ウォルターズ/安西正弘)

クーさん
クーさん

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』はこんな方におすすめです。

・ディズニーが好きな人

・ハロウィン、クリスマスが好きな人

・ミュージカルが好きな人

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ30日間無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の感想
女性20代
女性20代

キャラクターがとても個性的に好きな作品です。

主人公もですが、私は幽霊犬が好きでした。

あのフワフワ飛び回ってるのがたまりません。

ジャックがみんなに喜んでもらおうと考えて、いろいろしていて、なのに、それが裏目に出るところが好きです。

ほんと、ティム・バートンはブラック・ユーモアがうまいなと思います。

この映画が公開されたとき、日本にハロウィンなんて文化はなくて、この映画でそれをしりました。

かぼちゃのお化けや骸骨やら、つぎはぎの人たちなど恐ろしいのに、なんかかわいらしい人たちが出てきて、とても興奮したのを覚えています。

クリスマスってこんなに素敵なものだよってのを実は伝えている作品だし、クリスマス時期に見たくなる作品です。

その他の感想はここから見れます
女性20代
女性20代

もともとキャラクターとして主人公のジャックを知っていたのですが、映画は想像よりビジュアルが不気味で驚きました。

先に映画を知っていたら観ていなかったかもしれません。

しかし実際に観てみると、ジャックはお茶目で可愛らしく、クリスマスにはしゃぐ姿はまるで子どものようでほほ笑ましいです。

死者の町の住人たちもやはり見た目は怖いけれど、よくわからないクリスマスのために楽しそうにプレゼントを用意するところは別の意味でハラハラします。

つっこみがないまま進んで行く展開が本当に面白いです。

歌はどれも素晴らしく、とくにジャックがクリスマスに釘付けになるシーンの歌はこちらまでわくわくしてきます。

敵役のブギーは見た目はすごく良いのですが、中身の正体を知らずに観ると後悔するかもしれません。

とりあえず虫嫌いの人はやめておいたほうが良いでしょう。

女性30代
女性30代

ハロウィン界では誰よりも恐ろしいジャックが今までの繰り返しについて不満を持ってしまいもっと世界を広げようと奮闘しているところが面白いです。

お化けたちも怖くてかわいいのですがクリスマスを見つけたジャックがサニーの止める言葉も聞かずにクリスマスをみんなに広め開催しようとしているのがひやひやしました。

予想していたよりもひどい状況になった時は面白かったです。

クリスマスがここまで怖い思い出になるとは思ってもいませんでした。

ジャックなりの優しさもありつつハロウィンの世界の子たちの勘違いもありつつ良い映画でした。

悪ガキ三人組がサンタをひどい仕打ちにしてしまったことや怖い地下室があって怖かったです。

子供たちも見れる程よい怖さなのでおすすめです。

女性30代
女性30代

クリスマスやハロウィーンをお祝いするお祭りの話で、キャラクター一人一人の表情が豊かで、動きもシュールで物語りにひきこまれます。

ジャックスケリントンは、顔はドクロですが、かっこ良さを感じます。

それは常に自分が一番ハロウィーンタウンで怖い存在であることに自信を持っているからです。

しかし、そんなジャックも毎年のハロウィーンのお祭りに刺激がたりないのではと悩んでしまうのです。

そのすがたには哀愁がただよっていて、慰めてあげたいと感じさせる母性本能をくすぐります。

ゼロはジャックを元気付けようとジャックの側にいて励まそうとする姿がすごくかわいいです。

鼻のランプのようにオレンジ色にひかっていてみていると元気になります。

クリスマスタウンの雪やクリスマスの準備をしている描写も楽しくて歌はウキウキと心弾みます。

女性30代
女性30代

映画『ナイトメアー ビフォア クリスマス』は主人公のジャックが毎年同じホリデイの繰り返しで虚無感を抱き始めてるちょっと寂しいどうしたらいいのかわからないというところから始まっています。
そんな時に、たまたまクリスマスタウンに行って『クリスマスとは何か?』をハロウィンタウンの皆に伝えようと一生懸命になっている姿は子どもが新しい発見をした時のような好奇心の塊のように思えとても可愛く思えます。
また、そんな様子のジャックを心配するサリーはとても柔らかく見守ってくれていて弱々しく思えるが大胆な行動をとるしっかり者でこの2人の恋の行方もとても気になってしまいます。
原作.原案がティム・バートンさんの作品なだけあってなんとも言えない怪しく引き込まれる魅力がありますが、声優さんの声と音楽がその世界観を壊さずにとてもマッチしているのもこの映画の魅力の1つです。
そして、『自分ができることを全力でしたらいい』『自分の得意分野をのばせばいい』と私は映画を見たあとにいつも思います。
ジャックは人をハロウィンに関する驚かせたり、怖がらせたりは天才です。でも、サンタクロースみたいに喜ばせたり笑顔にさせたりは苦手でした。その逆でサンタクロースは人を笑顔にさせる天才でした。なので、それぞれが得意な事をのばしていったらいいんだなぁと思いました。
ハロウィンの時期から12月くらいの時期になると無性にみたくなる映画の1つです。

男性40代
男性40代

ティムバートンらしい独特の世界観が、人形劇風なアニメーションタッチで描かれています。

コロナ禍前までは、毎年、東京ディスにーランドのホーンテッドマンションのキャラクターがナイトメアービフォアクリスマスのキャラクターに様変わりし、行列をなすほど人気を博しています。

ホラーとファンタジーが融合したティムバートンの独特な世界観がキャラクターを通して表現されており、ジャックスケルトンやサリーといったがい骨や死体をモチーフにしたキャラクターたちが、仲間たちと賑やかなタッチで描かれています。

本当にこの奇妙でありながら、ユーモラスがある世界観はティムバートン独自の他に類を見ないアニメーションであり、一見の価値はあります。

女性30代
女性30代

タイトルの通りクリスマス前にぴったりの映画です。『シザーハンズ』や『チャーリーとチョコレート工場』などで有名な監督、ティム・バートンが原案、製作で携わっており、ティム・バートンらしいダークポップな世界観に魅了されます。
死者の町「ハロウィン・タウン」の王様であるジャックは毎年その町で行われるハロウィンに物足りなさを感じ、自らサンタクロースとなることでクリスマスを行うため奮闘します。

しかし結果としてはクリスマスの開催は失敗に終わります。

分不相応な行いは実を結ばないという残酷なストーリーのようにも受け取れますが、人によって得意・不得意があり、自分らしくあることの価値と自分のあるべき居場所を再確認することができる良作です。

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のまとめ

いかがだったでしょうか?ハロウィンに見るべきなのか、クリスマスに見るべきなのか、迷ってしまいますね。キャラクターも映画の世界観もとても素敵な作品になっていると思います。ジャックがみんなを楽しませようと空回りしていく感じが可愛いです。

皆さんも是非、ご覧になってはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました