NEWS

全米に続き日本でも大絶賛!待望の映画化にリピーター続々!興行収入1億円突破!

全米での大ヒットに続き、日本公開が待ち望まれていた中、遂に1月10日に封切られ10日間で興行収入約1億1,700万円、観客動員90,594人(全国90館165スクリーン)を記録しました。SNSでは「観たかったものが全部詰まった最高の大団円!」「バイオレット様さらにキレキレの名言続出でした」「トーマス良かったね」「あの大邸宅をスクリーンで観られること、そして彼等との再会が何よりも最高。」「続編が待ちきれない!」等々絶賛コメントが相次ぎ、テレビシリーズからのファン‟ダウントニアン″が映画館に集結し、終映後はさながらオフ会の様相を見せるなど盛り上がりをみせています。

字幕版とあわせてテレビシリーズより続投のスタッフ&キャストによる吹替版上映も好評で、字幕版&吹替版両方を鑑賞するリピーターも続出しています。

dta_instagram_static_teaser-art_1x1_uk

舞台はテレビシリーズ最終回から2年後の1927年。英国国王夫妻の「ダウントン・アビー訪問」という一大事に、グランサム伯爵家の長女メアリーはかつての執事カーソンと共に、パレードや豪勢な晩餐会の準備にあたる。そんな中、一族やメイドたちのスキャンダル、ロマンス、陰謀が次々と明るみに。メアリーは重要な決断を迫られることになる・・・。

脚本はドラマに引き続きアカデミー賞®脚本賞受賞のジュリアン・フェローズ。キャストはアカデミー賞®受賞のマギー・スミスほかテレビシリーズから引き続きおなじみのヒュー・ボネヴィル、ジム・カーター、ミシェル・ドッカリー、エリザベス・マクガヴァンほかファン待望の顔が勢ぞろい。そして映画版で初登場のアカデミー賞®ノミネートの名女優イメルダ・スタウントン(『ヴェラ・ドレイク』)は、マギー・スミスと丁々発止の傑作場面を見せてくれます。是非スクリーンでお楽しみください。