NEWS

クローリー邸で腕を振るう、名料理長パットモア役のレスリー・ニコルによる、キャラクター紹介ムービーが到着しました!

今回の映画版に登場する貴族、使用人それぞれの主要キャラクター12名の名前と顔、人となりがひと言でぎゅっと凝縮されています。ゴージャスなお屋敷の雰囲気とともに、個性豊かな彼らが繰り広げる最高のアンサンブルに期待が高まる映像となっており、テレビシリーズから数年の時を経て懐かしい面々との再会がうれしい。その他にも魅力的なキャラクター達はいますが、まずはここを押さえて映画版に臨んでください。

なお、この映像は字幕版、吹替版とも本編の前に映画をより楽しむために上映されることが決定しています。

※一部劇場を除く

テレビシリーズからスタッフ、キャストが続投の日本語吹替版の上映も決定している『ダウントン・アビー』の日本公開を記念して、ダウントン・アビーファン=ダウントニアンが集結した日本語吹替版試写会を開催しました。

official

映画上映直後、興奮冷めやらぬ熱気に包まれる中、吹替版声優の三上哲さん(トーマス役)が登壇。三上さんはテレビシリーズが終了してから数年振りに映画版のアフレコ現場へ向かった際、とても懐かしかったと振り返ります。3日間行われたアフレコでは貴族(上階)と使用人(下階)に別々に行われたことを明かし「まさかのアフレコまで!ダウントンならではですね(笑)」と会場を沸かせました。

映画の舞台はテレビシリーズ最終回から2年後の1927年。英国国王夫妻のダウントン・アビー訪問という一大事に、グランサム伯爵家の長女メアリーはかつての執事カーソンに応援をもとめ、共にパレードや豪勢な晩餐会の準備にあたる。ロイヤルファミリーを迎えるこの一大イベントとともに、ロマンス、スキャンダル、陰謀が絡まりあう中、歴史的な一日が始まる・・・。

シリーズを通してキャラクターの成長や変化がみられるのが本作の見所のひとつですが、けっして少なくない個性豊かな登場人物の中でも、高い人気を博しているのが使用人の〝トーマス・バロー“。周囲の人間を陥れようとする性悪な性格でありながら、時折見せる弱さや優しさに人間味がある。「彼は色々ありましたね。(同じ使用人の)オブライエンさんと悪だくみばかりしていたし、彼女にそそのかされてグランサム伯爵の愛犬を隠したかと思うといなくなってしまい焦ったり・・・・。シリーズ後半での注射器を持ち出す、あの頃のトーマスは弱ってましたね。最初はいじわるばかりしていたバクスターさんに助けてもらってね。話していると段々思い出してくる(笑)」と過去のエピソードを振り返ります。

mikamisan

その中でも三上さんが最も印象深かったエピソードについて聞くと「(三女)シビルが亡くなった時、唯一僕に優しくしてくれた、と彼が号泣しているシーン。あそこはトーマスの芝居をみて号泣してしまいました。」と撮影秘話が飛び出した。ゲイであることに悩み続けたトーマスが映画で迎えた新展開については、三上さんが吹き替えを担当しているベネディクト・カンバーバッチ主演の『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』との共通点を挙げつつ、19世紀当時、いかに自身のアイデンティティを持ち続けることが難しかったのか、リアリティのある描写で丁寧に描く本作の現代性について改めて語りました。続編やトーマスのスピンオフ希望を伝えると、「幸せを掴んでほしいけど、やっぱり毒が欲しいですね、二面性のあるくず男でいて欲しい!(笑)」そして、最後にトーマスの声色での締めの挨拶サービスに会場は大興奮の中、イベントは終了しました。

======================

映画『ダウントン・アビー』吹替版試写会トークイベント 

【日時】 1月7日(火)

【場所】 東宝東和試写室

【登壇者】 三上哲さん(トーマス役)/進行役:よしひろまさみちさん

映画『ダウントン・アビー』への準備はこれで完璧!
人物&事件がよくわかる<予習&復習>特別映像が公開。

シーズン6の終了まで全52エピソードに渡る「ダウントン・アビー」は、1912年タイタニック号沈没の翌日から1925年までのイギリス・ヨークシャーにある大邸宅で暮らす人々の生活に歴史上の出来事が織り込まれたヒューマン・ドラマ。娘しかいないクローリー家を守り切るために長女の結婚相手を探すという一大テーマとともに多彩なキャラクターひとりひとりに起こる悲喜こもごも、人生の変化が描かれます。

この度、使用人たちを取りまとめる執事カーソン(ジム・カーター)&家政婦長ヒューズ(フィリス・ローガン)が案内役として、交差する登場人物、さまざまな事件を約10分でおさらいできる特別映像が公開!

「ダウントンの女性たちは簡単に引き下がらない」「バイオレット様はとどめの一言を突き刺します」「平気で人を陥れる卑劣なクソ・・・」等々で人となりや恋愛遍歴をおさらい。「ダウントンでは幸福が不幸を連れてくる」と不穏ながらもきらびやかな屋敷の中で巻き起こる様々な事件や新たな時代の波に向き合い生きる「ダウントン」のつぼを押さえた映像となっており、映画版への期待が高まり本編へスムーズに没入できること請け合いです。

ロイヤルファミリーを迎える一大イベントとともに、どんな展開が待っているのか引き続きご期待ください!

official

日本語吹替版声優の玉野井直樹氏(ロバート役)、一城みゆ希氏(バイオレット役)、甲斐田裕子氏(メアリー役)、三上哲氏(トーマス役)が登壇。映画上映後すぐのトークイベントということもあり、先ほどまで観ていたキャラクターたちの声色での一言挨拶のサービスに会場が沸きました。

映画の舞台はテレビシリーズ最終回から2年後の1927年。英国国王夫妻のダウントン・アビー訪問という一大事に、グランサム伯爵家の長女メアリーはかつての執事カーソンに応援をもとめ、共にパレードや豪勢な晩餐会の準備にあたる。ロイヤルファミリーを迎えるこの一大イベントとともに、ロマンス、スキャンダル、陰謀が絡まりあう中、歴史的な一日が始まる・・・。

玉野井氏は本作および本シリーズの魅力について「なんといっても映像の素晴らしさ。一度観始めたらもう観続けざるを得ない、魅入ってしまいます。それは映像美がすばらしいから。映画のオープニングでもダウントン邸へ向かう途中に屋敷が見えてきた時広がりに…鳥肌が立ちました」と力説。一城氏は「この作品はみんなが主役。20名以上のキャラクターの一人一人がしっかりと描かれている。そして、やっぱり日本語吹替版声優が素晴らしかったわ」とニッコリ。それに三上氏は「テレビシリーズの際に若手声優だった人達が、今ではほかの作品で主演を務めていたり、僕自身も鍛えられた現場でした。」と懐かしそうに回想。甲斐田氏は「すべてがあわさった素晴らしい総合芸術。呼び鈴の効果音ひとつをとってもその曲、音を聞くとすべての記憶を呼び覚ましてくれる、素敵な作品です」と絶賛しました。

talk

本シリーズのみどころ、それぞれが演じたキャラクターについて尋ねると、三上氏は「やはりあのお屋敷(の存在感)が主役かなと思う。もしも映画版の続編があるとしたら、またトーマスに何かがありそうですよね。彼はこれまでさんざん悪さをしているし…このままで終わるはずがないんじゃないかなと(笑)。でも素敵な奴なので大好きです」と本作の新たな展開に含みを持たせると、すかさず一城氏は「今日ここに来ている女性の観客のみなさんは全部あなたのファンなのよ!」とリップサービス。

ドラマシリーズ放送から約3年のブランクがあるが、今回の収録について本シリーズすべての演出を担当した伊達氏の指導にも触れながら、玉野井氏が「キャスト陣の声を一言聞くだけで当時に戻ることができる」と実感を込めると、一城氏は「この作品が私たちの中にいかに入っているというか、収録スタジオの中では私たちがダウントンなんです」と思いを明かします。三上氏も「(貴族の)上階と(使用人たちの)下階は別撮りでした。先の収録した皆の声を聞いただけで『これ!これ!』みたいな感じでした」甲斐田氏は「6年間ずっと一緒にやってきた下地があるからこそのチームワークがあった」と絆を強調しました。

テレビシリーズと劇場版の違いについての話題になると三上氏は「テレビ版は狭いスタジオだったけれど今回はゆったりしたスタジオで収録ができた」と知られざる舞台裏を告白。それに一城氏は「テレビシリーズの時は3本のマイクでやっていて…。こんなゴージャスな作品を狭い中で収録するって…どうよ!?」とぶっちゃける一幕も。

最後に一城氏は「自分たちは声で芝居をしているだけですが、なんといっても『ダウントン・アビー』に出演している方々のゴージャスな素晴らしさが一番の魅力。観客のみなさんには何度も観てほしい。私も日比谷の映画館で観たいと思います!」と劇場公開に向けてアピールしイベントは終了しました。

======================

 映画『ダウントン・アビー』日本最速!吹替版試写会トークイベント 

【開催日】 12月26日(木)

【会場】 東宝東和試写室

【登壇者】  玉野井直樹さん(ロバート役)、一城みゆ希さん(バイオレット役)、甲斐田裕子さん(メアリー役)、三上哲さん(トーマス役)/進行役:今祥枝さん

======================

 

この度、字幕版上映に加え、日本語吹替版の上映が決定致しました!吹替版制作スタッフ・キャストはテレビシリーズより続投しています。

シリーズ、映画版の日本語吹替版の演出を務めた伊達康将氏、マギー・スミス演じる先代グランサム伯爵未亡人・バイオレット役を演じる一城みゆ希さんより本作への絶賛コメントも到着しました。


▼伊達康将氏(「ダウントン・アビー」日本語吹替版・演出)

初めてご覧になる方も十分に楽しめます。テレビシリーズからずっとご覧になっていた方は数倍楽しめると思います。
イギリスに興味のなかった方も、貴族の生活に興味のなかった方も、人間ドラマとして感動することをお約束できると思います。

▼一城みゆ希さん(バイオレット・クローリー役)

大ヒットテレビシリーズ『ダウントン・アビー』、びっくりするようなストーリーの展開!
懐かしいシーンが新しい形で登場して、思わず涙が…。
是非、日本語吹き替え版で私たちに逢いに来て下さい!劇場で皆様をお待ちして居ります!!


 

さらに、映画版キャラクターポスターも一挙公開しました。世界中を虜にしたダウントンの愛すべきキャラクターが一堂に会し圧巻です。

11/22よりムビチケ前売券(カード)が発売スタートいたしました。全国の上映劇場限定の前売特典には、クリスマスプレゼントや御年賀などにもぴったりなラグジュアリーなミニクリアファイル(A5サイズ※数量限定)が付いてきます。

▼詳細はこちら
https://downtonabbey-movie.jp/news/2019/11/15/movieticket/

引き続き、本作の続報にご期待下さい!

1 2