ナオミとカナコの見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最終回)フル視聴する方法

ナオミとカナコ 国内ドラマ

ナオミとカナコ(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『ナオミとカナコ』の動画はお試し無料期間を利用すればFOD premiumで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『ナオミとカナコ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

『ナオミとカナコ』 #予告動画

奥田英朗さん原作の「ナオミとカナコ」。

DV家庭で育った直美は夫から激しいDVを受けている親友の加奈子が気になります。

直美は離婚を勧めるが、恐怖から逃げられないでいる加奈子を前に、思いがけない計画を思い付く。

完全犯罪とは、真の悪とはなんなのか…。

そして二人の友情の行方も気になるサスペンスドラマです。

ドラマ『ナオミとカナコ』を無料で見る

ドラマ『ナオミとカナコ』は

見放題作品数No1の動画配信サービスFOD premium

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ14日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『ナオミとカナコ』の視聴をする/

今すぐ14間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

ナオミとカナコ(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『ナオミとカナコ』のあらすじ
第1話 「いっそ二人で殺そうか、あんたの旦那…女たちの完全犯罪が始動(視聴率7.9%)

葵百貨店で働く小田直美。

葵美術館への異動を希望しながらも百貨店の得意先に商品を販売する外商部に所属し、多忙な日々を送っていました。

そんな中、直美が楽しみにしているのは大学時代の親友・服部加奈子との再会である。

加奈子は数年の会社勤めを経てエリート銀行員・達郎と結婚しています。

新居にお邪魔した直美は加奈子と達郎を見て複雑な気持ちを抱く。

ある時、葵百貨店が華僑相手に開いた商談会で高級時計が紛失する事件が起き、そのことをきっかけに中国人社長・李朱美と出会う直美。

また、朱美の下で働く従業員の中、達郎に瓜二つの人物が働いていることを知り、驚きます。

その帰り、直美が加奈子の家へ行くと加奈子の顔にあざがあり、壁には穴が開いていました。

DVに気付いた直美は加奈子に離婚を勧めますが、加奈子は「もうしない」という達郎の言葉をあくまで信じています。

直美は自分の父親が母親に暴力を振るっていた過去を話し、加奈子も夫のDVが始まった経緯を直美に伝えました。

その後も加奈子を案じる直美ですが恐怖から離婚を言い出せない加奈子。

そんな折、朱美が時計を返却してくれることに。

直美を気に入った朱美は食事に誘いました。

話の流れから自身の過去と友人のDVの話をすると「そんな男殺してしまいなさい」という朱美。自分を守るためなら正当防衛に当たると言います。

その後さらに暴力を振るわれ続ける加奈子。

直美は加奈子の望みを聞くと、「美味しい水を飲みたい」というものでした。

加奈子はストレスからくる味覚障害のため、水を飲むと激しい苦みを感じると言います。

そんな加奈子を見て直美は「いっそ二人で殺そうかあんたの旦那」と話し…。

第2話「わたし、見つけたよ。あんたの旦那を殺しても捕まらない方法…」(7.7%)

その翌朝。直美は達郎から不妊治療を開始しないかと言われます。

この生活で出産することに恐怖を感じた加奈子は達郎に内緒でピルを飲んでいた。

そんな中、同僚から新しい顧客を引き継ぐことになった直美。

顧客は斉藤順子と言い、夫が行方不明になっていると話します。

警察に行き相談するが、事件性がないと警察も動けないこと、行方不明者は莫大な数がいることを知る。

そして、順子の夫がもう亡くなっていることを知り順子が認知症を患っていることに気付きます。

さらに達郎の仕事のストレス緩和のため新しい顧客を紹介することにした直美。

達郎の店員に対する態度から改めて二面性を目の当たりにする。

その後、直美は達郎が残業のため加奈子の家で食事をすることに。

加奈子は不妊治療を持ち掛けられていることを話します。

そして4日後の結婚記念日にもう一度達郎に暴力を振るうのをやめるよう相談すると言いました。

ある日突然、朱美から呼び出された直美。

林竜輝の部屋を借りるため連帯保証人になってほしいと頼まれる。契約書にサインをし、林に会う直美。

朱美は例の人は殺したのか、捕まらない方法を考えればいいと話し、そのことをきっかけに直美はある計画を思い付く。

その後、結婚記念日に暴力をやめてくださいと達郎に恐る恐る話す加奈子。

「もう絶対にしない」と約束するが、加奈子の発言で再び暴力を振るい、加奈子は直美に助けを求めた。そして、直美は「達郎を殺しても捕まらない方法」を見つけたと話し…

そんな中、林が密入国者であることが発覚し、林は朱美の元をクビになる。

第3話「これって運命だね…今動き出す完全犯罪」(8.7%)

ある日、直美に連れられてチャイナタウンにやってきた加奈子。

そこで達郎にうり二つの中国人・林竜輝を見て驚きます。

直美の計画は達郎を殺害後、達郎のパスポートで林を出国させれば、達郎の死体が見つからない限り、警察は失踪事件として扱うだろうというものでした。

この計画を聞いた加奈子は、戸惑いながらも気持ちが揺れます。

後日、林は200万円と引き換えに、達郎になりすまし、出国することを引き受けました。

その頃、達郎に再び暴力を振るわれた加奈子は、殺害を真剣に考えるようになっていきます。

別の日、直美は顧客・斎藤順子を達郎に紹介するため、達郎とともに順子宅を訪ねる。

認知症を患っている順子は、直美を信頼し、直美の勧めで達郎の銀行に口座を開設することになりました。

新規の顧客獲得を喜ぶ達郎だったが、それは直美の計画の始まりだったのです。

一方、加奈子は、林を達郎になりすますため、林のアパートを訪ね、左利きの林に右手で達郎のサインをさせる特訓を始めました。

直美と加奈子は、達郎殺害を翌週の金曜日と決め、着々と準備に取り掛かります。

第4話「私たち今日から親友で共犯者…」(7.6%)

直美と加奈子が達郎の殺害に向けて着々と準備を進める中、チャイナタウンで不法滞在の中国人たちが警察に連行され、林の身を案じた二人。

朱美に確認するが、林の居場所は知らないという。

加奈子が探し当て、林をホテルにかくまうことにしました。

そして、犯行に向けて達郎の留守中にリハーサルを行う二人。殺害方法はロープによる絞殺。しかし、達郎の遺体を部屋から駐車場に運び出すまでにある問題があることに気付きます。

そのことを確認しながらリハーサルを行う二人。

犯行の前日、直美は達郎と一緒に斉藤順子の家を訪ねました。

直美が順子のパソコンをつかって達郎の口座に1千万円を振り込むためです。

達郎が行ったと見せかけるため、達郎を同伴させることにしたが、達郎に気付かれないかと手が震える直美。

そして、犯行計画当日。

直美が出社すると達郎の姉・服部陽子がいて驚く直美。

さらに上司の浅井は、陽子と共に京都に出張へ行ってほしいと言う。

共同プロジェクトの成功のため、ある芸術家の説得に同行してほしいと話す陽子。

どうしても直美の力が必要だと言われ、困惑する直美だが、怪しまれないよう出張に同行する。

第5話「夫殺したこと驚くほど後悔してない」(7.4%)

その日の夜、急いで出張から戻った加奈子。

直美と加奈子は酔って熟睡している達郎の枕の下にロープを忍ばせ、それぞれのロープの端を握ります。

お互いの顔をみて意志を確認しロープを締め上げようとした途端…!

携帯の着信音が大きな音で鳴り響き、うっすらと目を開ける達郎。

着信は姉・陽子からのものだった。

達郎が両脇にいる2人に気付き、身体が動かなくなる直美。

しかし、加奈子が声をかけ、全体重をかけロープを引っ張ります。

直美も慌ててロープを勢いよく引っ張りました。

こうしてリハーサル通り、達郎を殺害した2人。

翌日、林と会い、ATMで報酬を引き出させました。

達郎が行ったと見せかけるため防犯カメラに自分が映っていることを確認し、操作を行った林。

その翌日、パンケーキ店でランチをとり、その後の対処方法について話し合う直美と加奈子。

月曜日、予想通り、達郎の同僚である山本から加奈子に電話がありました。加奈子は達郎は土曜の昼から「休日出勤」といって家を出たまま戻っていないと伝えます。

そんな中、直美に朱美から「大事な話がある」と電話がかかってきて…。

第6話「お義姉さん、何かに気づいてる」(8.0%)

その後、出社しない達郎の失踪疑惑が浮かび上がります。

達郎のことを本気で知らないと話す顧客・順子にどうにか達郎の存在を語らせたい直美は必死に思い出させようとしますが、順子の記憶は戻りません。

直美は達郎の同僚・山本らに疑われますが、どうにか達郎の存在を思い出した順子。安堵する直美。

一方、加奈子の家には陽子が訪ねてきていました。

昇進も決まっていた達郎が失踪するはずがないと言い切り、疑いの目で加奈子を見つめる陽子。

翌日、加奈子は山本らに林が映っているATMの画像を見せられる。

計画の通り、加奈子は「主人だと思います」と話しました。

そのころ、直美のところへも陽子がやってきます。

達郎が失踪する前日の金曜の夜、加奈子と会っていたかと問いただします。

加奈子はあなたを必要としていたはずと意味深の言葉をなげかけ、迫る陽子。

それから数日後、銀行から達郎の失踪に関する「最終調査報告書」が提示されることになり達郎の実家に呼び出され、緊張する加奈子。

その時、チャイムが鳴り、銀行関係者かと思っていた加奈子だが、そこに立っていたのは陽子でした。

達郎の失踪はありえないと主張する陽子ですが、その後、銀行関係者の確認により達郎が横領したという結論に達します。

同じ頃、直美は朱美の事務所にいました。一流ホテルの営業に同行してほしいと頼まれ、朱美の話を聞いている直美。

そんな時、加奈子から銀行の調査が打ち切りになったとメールが入り、安心した直美は朱美の依頼を引き受けることに。

第7話「どうして警察が…だまされた女」(視聴率6.9%)

達郎の失踪を疑い続ける陽子はマンションの防犯カメラの映像をどうしても確認したいという。

直美と加奈子と共に管理人の坂下を訪ねるが、個人情報のため見せられないと言われ、安堵する。

しかし、諦めきれない陽子は坂下に管理会社に交渉してくれないかと食い下がります。

防犯カメラの保存期間は3週間のため、あと数日で消えるが陽子の追跡ぶりに不安を覚える2人。

加奈子は当分働かない方がいいだろうと考えるが、新しい門出のため仕事が必要と考えた直美は朱美の元へ行き、面接をすることに。朱美の元で働くことになります。

そんな中、陽子は興信所へ行き、所員の三枝に詳細を説明していました。

しかし、三枝から失踪した理由として女性関係などいろんなことが考えられ、あなたの知らない顔があったかもしれないと言われた陽子は言葉を失います。

その後、陽子は達郎の銀行の同僚である山本に電話を掛け、達郎の失踪に疑惑があることを話す。

そんなある日、顧客の順子宅で昼食をごちそうになる直美。

帰ろうとしたところに達郎の同僚・山本がやってきます。

達郎の代わりに順子の担当を引き継いでいるという。

銀行が行っている追加調査について探りを入れると、陽子と自分は達郎の失踪に疑惑を持っており、陽子が興信所を雇ったことを知ります。

第8話「私がバカだった…あなたとの共犯関係はもう終わりよ」(7.3%)

ある時、偶然にも達郎を見かけたと話す陽子。それは再入国した林の姿であった。

銀行が横領事件をもみ消すのを待って、達郎と海外へ逃亡しようとしているのではないかと言われ、戸惑う直美。

達郎を連れてきてと激しく迫る陽子にうろたえていると、朱美が二人の間に入ってきます。

その後、直美の家を訪れた陽子は直美の家に盗聴器を仕掛けました。

一方、加奈子がマンションに戻ると中国へ帰ったはずのスーツ姿の林が。

驚く加奈子に林は「どうしても会いたかった」と微笑む。

そして、自分の名義のパスポートを見せ、今度中国へ行く時は自分と一緒に来てほしいと言われ、加奈子の心は揺れる。

その後、加奈子のマンションへ来た直美。

陽子が抱いている二つの誤解について話しました。

直美と達郎が不倫関係にあり、直美の発案で横領事件を起こしたこと、林を帰国した達郎だと思いこんでいることだと言います。

陽子が林を見つけたら全てお終いだと焦る直美。必死に林を探します。

しかし、林に対し淡い恋心を抱いた加奈子は直美に本当のことを言えず、林をかくまい続けました。

そして、加奈子が、林が日本を出ないと言ったらどうするかと問うと、直美はいなくなってもらうしかないと言い放ちます。

そんな矢先、朱美の協力の元、林の居場所を突き止めた直美が林を訪ねるとそこには加奈子が居て…。

激しい怒りを覚える直美。

第9話「あなたが死ねば、都合がいいの」(7.1%)

林のことで友情が決裂した直美と加奈子。

林はそんな加奈子になんて声を掛けたらよいか戸惑います。

そして、加奈子は林に決定的に別れを告げることに。

その頃、陽子は興信所の三枝と直美の家で違法に盗聴した音声データを分析していました。詳細はわからないままでしたが、林が何者であるか、追求しようとする陽子。

マンションに戻った加奈子は直美の携帯に電話し、留守番電話に謝罪のメッセージを残します。そんな中、突然の吐き気に襲われた加奈子。

一方、直美は加奈子のことが許せず、携帯の連絡先を削除してしまう。

翌日、李商会に出勤した加奈子ですが、体調不良と直美との友情の決裂によるショックで憔悴しきっていました。そんな加奈子に朱美は漢方薬を渡しました。

一方、直美はホテルにいた林を呼び出し、加奈子との関係についてとやかく言うつもりはないが、日本に居てもらうのは困る、中国に帰ってほしいと懇願する。

林は、加奈子が苦しむなら中国へ行ってもいいが、その代わりに加奈子と仲直りしてほしいと直美に手紙を託し、中国へ行くことを約束しました。

その頃、加奈子は産婦人科で妊娠6週に入っていることを告げられていた。

そして、林の航空チケットを購入し成田空港で会う約束をしていた直美と林。

ちょうど陽子と三枝がやってきて、達郎だと思っている陽子が林に抱き着くとパスポートが落ち、林が達郎の替え玉であることがわかる。

直美は林が出国することを諦め、再びホテルでかくまうことに。

その後、防犯カメラの映像等により全てを把握した陽子。

加奈子が死ねば都合がいいと言いますが、しらを切り通す加奈子。

そんな中、直美が一緒に逃げ切ろうと加奈子の元へやってきて…。

最終話「後悔してない‼絶対逃げ切るよ」(6.8%)

友情を取り直し逃げ切ろうとする直美と加奈子の前に刑事・綱島が現れる。

有無を言わせない威圧感で加奈子を警察車両へと乗せる綱島。

その姿を見ているしかない直美。

そんな直美の前に陽子が現れる。

マンションとATMの防犯カメラの映像を証拠として提出したこと、林の存在も突き止めたため、必ず加奈子は自白すると話す陽子。

直美はさらに呆然と立ちすくむ。

直美は朱美の元へ行き、頼れるのは社長しかいないと頼み込む。

そして、全てを打ち明け、助けてほしいと訴えます。

時を同じくして刑事・綱島から事情聴取を受けている加奈子。

黙秘を続けていたが、綱島は2人の友情を利用し、正直に話せば直美にも情状酌量の余地があると持ち掛けてくる。心身ともに疲弊してくる加奈子。

すると加奈子の弁護士だという者が現れ、思いがけず釈放されたのでした。

加奈子は直美と再会を喜び、抱き合った後、朱美の元へ訪れます。

弁護士も朱美の計らいによるものであり、さらに、朱美は2人に上海へ逃げるよう話す。

そんな中、陽子は林のホテルを突き止め、林に会っていた。

そして、直美と加奈子が殺人者であることを明かし、警察に全てを話せば、自分は味方となり林に有利な証言をすることができると持ち掛ける。動揺する林。

警察に行こうとするが、朱美から頼まれ、直美と加奈子の上海行のチケットを持ち羽田空港へ来ていました。

一方、加奈子の携帯にGPSを埋め込んでいた陽子は2人の行く先々を追い回すが、実は朱美に頼まれ加奈子の携帯を持っていたのは林なのでした。

警察により達郎の遺体が発見される中、直美と加奈子は無事、林からチケットを受け取り、搭乗口を潜り抜け…。

ドラマ『ナオミとカナコ』の登場人物

小田直美 (広末涼子)

服部加奈子(内田有紀)

服部達郎 (佐藤隆太)

服部陽子 (吉田 羊)

林 竜輝 (佐藤隆太)

内藤伸吾 (宮川一朗太)

浅井信之 (山路和弘)

手塚快晴 (犬飼貴文)

斉藤順子 (富司純子)

李 朱美 (高畑淳子)

※相関図

(C)フジテレビ

ドラマ『ナオミとカナコ』の主題歌

EXILEAI 『No more』

No more

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ14間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

ナオミとカナコ(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『ナオミとカナコ』の感想
女性20代
女性20代

2016年「ナオミとカナコ」は放送されました。夫の達郎からDVを受けていた加奈子を助けるために直美が達郎を殺害するという話でびっくりしました。

DVを受けていた加奈子を助けようと思ったら、真っ先に警察に訴え保護施設で守ってもらうものだと思っていただけに、直美と加奈子の考えが怖くなりました。

DVを受けている加奈子はなかなか逃げることもできないので、直美が気がついてくれてよかったと思います。

達郎の姉の陽子が達郎と仲が良く2人が相談するくらいの間柄なので素敵だと思いました。

大人になるに従って連絡を取り合わなくなる姉弟は多いと思います。

陽子と達郎が連絡をしているというのは珍しい関係だと感じました。

陽子がとても切れ者で感も鋭くて行動力もあるので追い詰められていく加奈子と直美にとってはとても厄介な相手だったと思いました。

ラストで陽子の不敵な笑みが怖かったです。

陽子も達郎の元恋人がDVを受けていたことを知っているので余計に不気味に感じました。

その他の感想はここから見れます
女性30代
女性30代

5年前「ナオミとカナコ」は放送されました。

夫の達郎を殺害した加奈子と直美の逃亡劇にハラハラしました。

DVを受けていた加奈子が我慢をしなければこんなに大変な事にはならなかったので、加奈子が達郎から逃げる決意を早くしていればと思ってしまいました。

林と出会う前に警察に相談していれば犯罪者にならなかったはずです。

同じ顔の林が達郎と違い優しい人なのが切なかったです。

林ともっと早く出会えたなら、加奈子の人生は変わった気がしました。

達郎の家族は達郎がDVをしていたことを知らなかったようなので、直美と加奈子が捕まると事件が明るみになり大変なことになりそうだと思いました。

達郎を殺害した加奈子と直美は悪いと思いますが、達郎ももっと非難されてもいいと思います。

加奈子が達郎の子供を妊娠してしまい、これから育てていけるのか疑問です。

望まない妊娠ほど辛いものはないと思います。

生まれてくる子供には罪はないので温かく育ててあげてほしいと思いました。

ドラマ『ナオミとカナコ』のまとめ

ナオミとカナコ。サスペンスの要素が満載で終始ドキドキの展開でした。

気になるのは最終的に2人は逃げ切ったのかというところですが、印象的だったのは最後に2人が交わす表情。

そのことが、2人が求めていたものは大きな野望ではなく、何気ない日常と平凡な幸せだったのだと物語っています。

殺人、完全犯罪、このような事態に陥るまでの人の心理についてリアリティを感じるドラマです。

そして、キーパーソンとなる中国人社長・李朱美や執拗に追いかけまわす達郎の姉・陽子といった個性豊かな女優陣の演技にが、かなりドラマを盛り上げています!

重いテーマでありながら、常に次回が気になる展開で面白い作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました