未成年 無料動画配信(ドラマ再放送~最終回)フル視聴/

国内ドラマ

未成年(ドラマ)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『未成年』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

TBS系列のTVドラマ『未成年』は、TBS野島3部作と云われる野島伸司さんの脚本シリーズの3作目にあたり、若者たちの心情を赤裸々に描いた青春群像劇として大きな反響を呼びました。

主演のいしだ壱成さんを始め、香取慎吾さん、反町隆史さんなど、まだ若手だった彼等の飛躍のきっかけとなった作品でもあります。

青春の最中に起こる様々な心の葛藤が生々しく描かれており、平均視聴率20%を記録し社会的にも注目されました。

同世代の5人を中心とした心の叫びに耳を傾けて下さい。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

未成年(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『未成年』のあらすじ

・出会い

高校3年生の戸川博人は、出来の良い兄にコンプレックスを抱える無気力な少年で、なるべく波風を立てないように過ごす要領の良さを持ち、必要以上の感情を常に抑えていた。

そんな彼が仲良しの同級生田辺順平とゲームセンターで遊んでいると、何か違和感のある少年に出会う。

彼は、室岡仁という名で知的障害者だった。

何となく打ち解けた3人は仲良くなり、ゲームセンターを後にすると不良たちに絡まれてしまう。

すると、そこに現れた暴力団構成員の坂詰五郎に彼等は助けられる。

五郎は博人の中学校時代の友人で、たまたま近くで神谷勤という真面目な少年からカツアゲしていたところだった。

 

・事件

ひょんなことで出会った5人は、次第に仲良くなり互いの悩みを打ち明けるようになっていく。

それぞれが自分自身ではどうすることもできないような悩みで、苦悩する日々を送るにつれ鬱憤が溜まっていき、ふとしたことから5人は大事件を引き起こしてしまう。

未成年でありながら危険な思想を持つ過激派と誤解された彼等には逃げるしかなく、ついには大切な仲間まで失ってしまった。

そして、博人は大勢の前で泣き叫びながら、最後の願いを訴えるのだった。

『未成年』のネタバレ

・戸川博人

東京の私立高校3年生の戸川博人、通称ヒロは、アルバイト先のライブハウスで大学生の新村萌香と出会う。

見た目の可愛らしさよりも、彼女の纏う不思議な雰囲気に惹かれたヒロは一目惚れしてしまい、拾った学生証を大事に持ち歩くのだった。

そんなヒロは厳格な父の元、出来の良い兄の辰巳とよく比較されており、コンプレックスを抱いた彼は何事にも無気力で高校卒業後の進路も決められないでいた。

とにかく、必要以上の感情を表に出さず、要所だけを押さえるような日々を送っていたのだ。

 

・インポとゴロ

ある日、幼馴染でクラスメイトの田辺順平、通称インポとゲームセンターに遊びに行ったヒロは何となく違和感のある同世代らしい少年を見かける。

気になったヒロたちは声をかけ意気投合すると楽しい時間を過ごし、ゲームセンターを後にしようとするが、街の不良たちに絡まれてしまう。

すると、そこに現れた中学校時代の友人である坂詰五郎、通称ゴロに助けられ彼等は難を逃れる。

どうやらゴロは近くで神谷勤という高校生を脅していたらしく、ここで奇妙な5人が揃うのだった。

そんなゴロは暴力団の構成員となっていたが足を洗うことを考えており、野球部のインポは夏の甲子園を目指す最後の大会を間近に控えていた。

 

・室岡仁と神谷勤

ヒロたち3人との奇妙な出会いを果たした室岡仁と神谷勤。

室岡仁は幼い頃に負った頭の怪我を原因とした知的障害者で、風貌の割に優しい性格の彼はデクと呼ばれるようになる。

一方、ゴロに脅されていた神谷勤は有名進学校に通っており、そのまま優等生とからかわれるようにあだ名をつけられるのだった。

 

・抱える悩み

後日、辰巳から萌香が彼女と紹介され、ヒロは驚き動揺していた。

よりによって一目惚れした相手がエリートである兄の恋人だったことで、気持ちの持っていきようがなく、彼は整理をつけられないままだった。

そんな時、萌香が心臓に大きな病を抱えていることを知ってしまう。

一方、クラスメイトの安西加代子に想いを寄せるインポだが、彼女はヒロに好意を抱いており、報われる可能性は低かった。

そんなインポは甲子園へ向けての地方大会に臨むが、ヒロ、ゴロ、デクの仲間たちが見守る中、勝利を目前に痛恨のエラーをしてしまい、サヨナラ負けを喫すると後輩からリンチを受け、心に大きな傷を残す。

デクにしても家では疎まれる存在で、優等生と呼ばれる勤も母親の過干渉と有名女子高に通う田畑瞳への片想いに悩んでいた。

当然やくざ稼業から足を洗おうとしているゴロも上手くいっておらず、5人がそれぞれに大きな悩みを抱えているのだった。

そして、ゴロの元に現れた男がきっかけとなり、彼等は社会を騒がせる重大な事件を引き起こしてしまう。

 

・デクを守る

デクが借金で困っている父親を想って起した銀行員無差別殺人未遂事件。

それは、知的障害者である彼の銀行に行けばお金がもらえるという勘違いから始まり、ゴロから貰ったピストルが本物とは知らずに引き金を引いた結果だった。

銀行員に重傷を負わせてしまったデクは悪気がないのに凶悪犯と決めつけられ、ヒロたちは彼を守ろうとその場を逃げて、とある廃校に立て籠もる。

すると、ヒロの父親から連絡があり、デクの身の保障とこれまで兄弟を比較して育ててきたことへの謝罪の言葉を伝えてきたので、それを信じたヒロが居場所を知らせると警察に包囲されてしまうのだった。

 

・デクの意思と悲しい報せ

父親に裏切られたヒロは再び立て籠もりデクの処遇に対して主張するが、抵抗虚しく全員捕らえられ、デク、ヒロ、勤は逮捕され、萌香たちは自宅へ連れ戻されるも監視下に置かれた。

逮捕されたヒロたち3人は護送されるが、その途中、山道の地滑りに巻き込まれてしまう。

デクと勤は怪我を負い動けないが、ヒロは勤の言葉に後押しされるように横転した護送車から逃げ出すのだった。

その後、病院に搬送された二人だが、勤はそのまま警察病院に入院し、デクは警察での精神鑑定を経て精神病棟に移されていた。

一方、何とか警察の目を掻い潜って自宅に辿り着いたヒロは、貪るように冷蔵庫を漁っており、その姿を目の当たりにした父親は蔑むような言葉を投げかけ、ヒロは裏切られた想いから怒りを露わにする。

しかし、異変に気づいて駆け付けてきた警備担当者に対し、父親はヒロを庇いその場から逃がすのだった。

自宅を後にしたヒロは監視から逃れてきた萌香と合流し、彼女の友人である沙織の自宅に匿ってもらうが、そこに萌香の兄で刑事の武郎が拳銃を手に押しかけて来る。

ヒロを逃がそうと武郎と揉みあいになった萌香は、心臓へ大きな負担がかかり倒れて病院へ運ばれるが、手術の甲斐なくそのまま命を落としてしまう。

その頃、何とか逃げ切ったヒロはデクのいる精神病棟へ向かっていた。

そして、非常ベルを鳴らしたスキに再会したデクをそこから連れ出そうとするが、彼は皆に迷惑を掛けられないと拒み、裁判で裁かれることを望んだ。

デクの意思を知ったヒロは精神病棟を離れると、加代子に連絡して萌香の状況を尋ねるが、そこで彼女の死を伝えられる。

すると、愕然としたヒロは、愛する人を失った絶望から彼女の名を泣き叫ぶのだった。

 

・結末

翌朝、自分の通う高校の屋上に姿を現したヒロ。

彼は警察に取り囲まれながらも、わずかな時間を共に過ごした萌香への想いを支えに、「人間を測るメジャーなんてない…俺のダチを助けてくれ、デクに裁判を!」と懸命にデクの望みを訴えた。

すると、その姿を目の当たりにした生徒たちからヒロの主張に賛同する声があがり始め、連行されていく彼を後押しするように大きくなった声は響き続けるのだった。

その後、加代子をはじめとした高校生たちの署名が集まり、デクは望み通り裁判にて出頭できることになった。

そして裁判当日、被告人席にはヒロ、インポ、ゴロ、勤の姿があり、デクも元気な姿を見せる。

そんな彼等5人は、裁判中にも拘わらず久しぶりの再会を祝して、お尻を突き出しながら「乾杯」と声をあげるのだった。

『未成年』の登場人物

・戸川博人(ヒロ)・・・いしだ壱成

・室岡仁(デク)・・・香取慎吾

・坂詰五郎(ゴロ)・・・反町隆史

・神谷勤(優等生)・・・河相我聞

・田辺順平(インポ)・・・北原雅樹

・新村萌香(モカ)・・・桜井幸子

・安西加代子(カーコ)・・・遠野凪子

・アリサ・・・朝岡実嶺

・田畑瞳・・・浜崎あゆみ

・戸川辰巳・・・谷原章介

・戸川芳史・・・西岡徳馬

『未成年』の主題歌

・オープニングテーマ

『Top of the World』 カーペンターズ

・エンディングテーマ

『I Need To Be In Love』 カーペンターズ

『Desperado』(第8、9話挿入歌)カーペンターズ

『Yesterday Once More』(最終話)カーペンターズ

・挿入歌

『For All We Know』 カーペンターズ

『A Kind of Hush』 カーペンターズ

『Superstar』(第10話)カーペンターズ

『ミサイルマン』 ザ・ハイロウズ

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

https://twitter.com/rs_in_kenwoo/status/1341367533719306240

『未成年』の感想

・根底には重いテーマのあるドラマだったが、最後の未成年の若者らしい明るい姿に清々しさを感じた。

・衝撃的なシーンの連続で今でも強く印象に残っている作品。

・青春真っ只中の若者の気持ちが赤裸々に描かれており、犯罪の重々しさや生々しいシーンも沢山あるが、最後の屋上からの主張こそがこのドラマのすべてで、そこが一番の魅力だったと思う。

・どんな現状に置かれている人にも訴えたい想いが必ずあるはずなので、自分の主張はするべきだと感じさせられた。

・裏切り、失敗や人の弱さを責める、差別するなど、人間の醜さを隠すことなく描かれており、それが当たり前に横行している世の中に疑問を投げかけた作品だと思った。

・社会の汚い部分に一石を投じる作品だと思っていたが、途中から左翼思想が強く押し出されてしまい、少し残念に感じてしまった。

・どんな思想や主張があっても最低限守らなければならない社会のルールがあるのに、それを守らず好き勝手やっていることへの批判がなく、正義のように賛辞を受けていたことに納得がいかなかった。

・野島伸司さんの作品のファンで楽しみにしていたが、偏った主張が美化され過ぎていてガッカリした。

・全体的に緊張感のある良い作品だと思った。

・いつの時代にもある子供と大人との狭間にある気持ちと、自由と社会のルールに板挟みになりながら、もがき続ける姿に共感を覚えた。

・未成年の子供以上大人未満だからこそ感じられる大きな苦悩を描いた世界観に胸が熱くなった。

『未成年』のまとめ

未成年による犯罪を背景に若者たちの心の葛藤を描いた『未成年』は、その衝撃的な内容から大きな反響を呼びました。

いじめ、性描写、暴力、差別など、あらゆる人間の醜さを赤裸々に映しだしており、現在のコンプライアンスでは放送不可能な作品だと思われます。

また、この作品をきっかけに飛躍した俳優さんたちが現在では主役級の活躍を見せており、当時を顧みる貴重な作品のひとつです。

全編においてカーペンターズの楽曲が作品を彩り、まさに青春といった雰囲気を創り出してくれています。

どんな世代の方の心にも残る、美しくも切ない青春群像劇をご堪能下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました