戦場のメリークリスマスの無料動画配信(映画)をフル視聴(1983年)

戦場のメリークリスマス 洋画

戦場のメリークリスマス(1983年)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『戦場のメリークリスマス(1983年)』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『戦場のメリークリスマス(1983年)』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

戦場のメリークリスマス / Merry Christmas, Mr. Lawrence 1983

大島渚監督により、日本、英国、オーストラリア、ニュージーランド合作で制作。

日本では1953年5月28日に公開されました。

ヨノイ大尉として映画にも出演した坂本龍一が映画音楽を担当し、日本人としては初めてのアカデミー賞作曲賞を受賞。

坂本龍一、ビートたけしが起用された現代にも語り継がれる代表作です。

『戦場のメリークリスマス(1983年)』を無料で見る

『戦場のメリークリスマス(1983年)』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『水曜日が消えた(2020年)』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

戦場のメリークリスマス(1983年)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『戦場のメリークリスマス(1983年)』のあらすじ

・日本軍俘虜収容所にて

1942年、日本軍俘虜収容所内で、朝鮮人軍属のカネモトがオランダ兵のデ・ヨンを暴行する事件が起きる。

日本語に堪能な英軍中佐のロレンスを介し、ハラ軍曹はカネモトを大罪として切腹を申し付けるが、収容所所長・ヨノイ大尉はひとまずカネモトへの処罰を延期させる。

・セリアズとの出会い

バビヤダで行われた軍律会議に出席したヨノイ大尉は、日本軍に捕らえられた英国陸軍少佐・セリアズと出会う。

ジャワ島でのゲリラ作戦を行った罪でセリアズの死刑が決まるが、ヨノイ大尉の判断でセリアズは俘虜として収容されることになる。

セリアズを見た瞬間から、ヨノイ大尉の中では、セリアズへの特別な感情が湧きたち始めていた。

『戦場のメリークリスマス(1983年)』のネタバレ

・セリアズを特別視するヨノイ大尉

俘虜収容所に送られたセリアズは衰弱が激しく、ヨノイ大尉は手厚く看護を受けさせる。

リビア戦でセリアズと戦火を共にしたと言うロレンスは、ヨノイ大尉にセリアズのことを聞かれ、「セリアズは兵士の中の兵士」であると賞賛する。

セリアズを特別視するヨノイ大尉の様子を、ハラ軍曹は不審に感じる。

一方、セリアズも自分の体調を気に掛けるヨノイ大尉の態度が気になっていた。

ヨノイ大尉は、次第に高まるセリアズへの思いを抑えようと必死になる。

・カネモトとデ・ヨンの死

延期になっていたカネモトの処罰が決まり、被害者のデ・ヨンの前でカネモトの切腹が行われる。

ショックを受けたデ・ヨンもその場で自殺を図り、ヨノイ大尉はこの騒ぎを鎮めるため、俘虜たちに48時間の外出禁止と断食を命令し、自らも行うことで精神統一を図ろうとする。

一方、セリアズは外出禁止の命を破り、死亡したデ・ヨンのために外へ花を摘みに行く。

・ヨノイ大尉に従わないセリアズ

ヨノイ大尉はセリアズを守ろうとするが、反抗的な態度を取るセリアズ。

そんな中、無線機を収容所内に持ち込んだ濡れ衣を着せられ、セリアズはロレンスとともに処刑されることに。

ハラ軍曹は2人の無実に気づいていたが、乱れだした収容所内を統制させるために、やむなく2人を罪人に仕立て上げようとしていた。

良心に咎められたハラ軍曹は、クリスマスの夜、酔っ払いながら自分をサンタクロースと称し、「メリークリスマス」という言葉と共に、処刑前に牢屋に入れられていたセリアズとロレンスを解放する。

・ヨノイ大尉とヒックスリー俘虜長との衝突と戦争終結

ヒックスリー俘虜長は、ヨノイ大尉のセリアズへの気持ちに気づき、遠回しな言い方でヨノイ大尉を揶揄する。

怒ったヨノイ大尉はヒックスリー俘虜長を殺そうとするが、セリアズは突然ヨノイ大尉に近づきキスをする。

この騒ぎが原因で、ヨノイ大尉は追放されることとなり、新しい大尉就任後、セリアズは首より下を埋められ死に至る。

その後戦争は日本敗戦で終結し、間もなくヨノイ大尉は処刑される。

1946年、クリスマスの夜、明日の処刑を控えたハラ元軍曹のもとにやって来たロレンスは、ハラ元軍曹と共に収容所内で過ごした思い出を懐かしく語り合う。

別れ際、ハラ元軍曹はロレンスに「メリークリスマス。ミスターロレンス」と最後の言葉を伝える。

『戦場のメリークリスマス(1983年)』の登場人物

ジャック・セリアズ英軍少佐 (デヴィッド・ボウイ)

ヨノイ大尉         (坂本龍一)

ハラ・ゲンゴ軍曹      (ビートたけし)

ジョン・ロレンス英軍中佐  (トム・コンティ)

ヒックスリー俘虜長     (ジャック・トンプソン)

カネモト          (ジョニー大倉)

『戦場のメリークリスマス(1983年)』の主題歌

坂本龍一 『MerryChristmas,Mr.Lawrence』

Ryuichi Sakamoto Merry Christmas, Mr Lawrence

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

戦場のメリークリスマス(1983年)の感想・まとめ

『戦場のメリークリスマス(1983年)』の感想
女性20代
女性20代

タイトルから反戦映画なのかと思われますが、反戦というよりも人間とは何かを問われる映画ではないでしょうか。

舞台がジャワの捕虜収容所という劣悪な環境、ヨーロッパ系の捕虜たちにとって日本人の捕虜になるということは誇りを踏みにじられる屈辱的な環境です。

でもこの話の中では捕虜は卑屈になっているところがほぼ感じられません。

第二次世界大戦時の日本軍人を描く外国の映画では日本人はどこか不格好なほど偉そうで無情な卑劣感として描かれることが多いです。

この映画では日本人軍人のハラがコミカルに「メリークリスマス、ミスターロレンス」と酔っ払いながら捕虜のロレンスに声をかけるシーンは本当に可愛らしいです。

いかにも人間的でそのひとときはほっこりとします。

緊張感の中、支配者と被支配者の中に生まれた友情のような親しみ、愛憎にも似たそれがテーマ曲に合わせて流れていきます。

主人公のセリアス演じるデヴィット・ボウイ、彼の弟とのエピソードはこの映画の中では悲しくも美しく描かれていて大島渚監督のイギリス映画へのリスペクトを感じられる映画です。

”その他の感想はここから見れます”
『戦場のメリークリスマス(1983年)』のまとめ

坂本龍一さんの音楽が素晴らしく、見終わった後も音楽の余韻が頭の中に残ります。

戦時中の俘虜収容所内の光景がリアルに描かれ、当時の同性間で生まれる愛情への偏見や、戦争が与える悲劇について、あらためて考える機会を私たちに与えてくれる映画だと感じます。

「世界の北野」の礎になった作品ですね。

「メリークリスマス、ミスターロレンス」と言った、最後のビートたけしさん演じるハラの言葉と表情が、いつまでも胸に残ります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました