メイちゃんの執事 無料動画配信(続編ドラマ再放送~最終話)フル視聴/

国内ドラマ

メイちゃんの執事(ドラマ)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『メイちゃんの執事』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

宮城理子さんによる少女漫画を原作としたTVドラマ『メイちゃんの執事』は、豪華キャストが揃った事で大きな話題を呼びました。

また、原作漫画の累計発行部数が750万部を超えており、舞台化やゲーム化もされるなど大人気作品で、このドラマもメインターゲットである女子小中高生だけでなく幅広い世代から支持されています。

なかでも執事役を演じるイケメン若手俳優が好評で、平均視聴率が14.1%を記録する大ヒット作品となりました。

ひょんなことから人生が一変してしまう少女のシンデレラストーリーをご紹介いたします。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

メイちゃんの執事(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『メイちゃんの執事』のあらすじ

・突然の不幸

うどん屋「しののめ」のひとり娘である東雲メイは、貧しいながらも楽しい日々を送る普通の高校生だが、ある日両親を事故で亡くしてしまう。

突然の不幸に見舞われたメイだったが、親友の仲本夏美の家に世話になりながらも悲しみに耐え、両親の遺したうどん屋「しののめ」の営業を続ける。

そんな時、姿を現したイケメンが「本日からお仕えいたします。メイお嬢様の執事です」と告げるのだった。

 

・お嬢様

メイにそう告げたイケメンは柴田理人。

彼は日本最大の大企業に仕える執事で、亡くなったメイの父親周太郎が大富豪本郷グループ当主の息子で、メイがその正統後継者候補だと説明する。

そして、周太郎が母親ユウと駆け落ちしたのだと話すと、後継者に相応しい淑女になる為に名門聖ルチア女学園への転入を申し出るのだった。

それを聞いたメイは信じられずその申し出を断るが、そんな時自宅を爆破されてしまう。

それは後継者候補となったメイの命を狙う者の仕業で、メイはやむを得ず理人の申し出を受け入れ、聖ルチア女学園へ転入する。

そんな彼女には、運命を左右する学園特有のしきたりが待ち受けているのだった。

『メイちゃんの執事』のネタバレ

・聖ルチア女学園

突然の両親の不幸と共に大富豪の正統後継者候補となってしまった東雲メイ。

彼女が執事の柴田理人に連れられヘリから学園に降りたつと、そこにはお嬢様たちが集まっていた。

そんな彼女たちの目的は、数少ない公式執事資格の最高位であるSランク執事の理人が仕えるお嬢様がどんな人物なのかという事だった。

しかし、理人ともに現れたメイの姿を見て、彼女たちは露骨に嫌な顔を見せる。

この学園には日本有数の名家のお嬢様が集っており、皆、見るからに高貴なお嬢様といった感じなのだが、メイは眼鏡姿で何処から見ても貧相で庶民的だった。

その場に集っていたお嬢様たちは、竜恩寺泉とその執事の木場、華山リカとその執事の青山、夏目不二子とその執事の根津、天羽凛とその執事の四谷、麻々原みるくとその執事の大門、山田多美とその執事の神田の計6組。

彼女たちはメイにこの学園には相応しくないと罵り、更に「二週間以内に姿を消す事になる」と言い放つのだった。

聖ルチア女学園は、次世代を担う淑女を育成するために世界最高水準の教育環境を整えた全寮制の学園で、東京都の約3分の1に相当する広さの敷地内の移動にはすべてヘリを使い、学費は月1億円でどのお嬢様にもイケメンの執事が仕えていた。

このあまりにも現実離れした環境にメイは途方に暮れてしまうのだった。

 

・本郷グループの御曹司

メイは両親の営むうどん屋「しののめ」のひとり娘で、幼馴染の柴田剣人や親友の仲本夏美と楽しい高校生活を送っていたのだが、事故で両親を亡くしたその直後に理人から父親についての話を聞かされていた。

実は父親の周太郎は、日本有数の大企業本郷グループの現当主である本郷金太郎の御曹司で、母親のユウと駆け落ちして家を出ていたらしく、その娘であるメイが正統後継者候補となったとのこと…。

そして、後継者に相応しくなるために淑女教育を受けるように促され、メイは素直に受け容れられなかったが、自宅が爆破されてしまい、周囲への影響を危惧して学園への転入を決意したのだった。

 

・ルチアとの出会い

理人と共に学園内を散策していたメイは、ドーム型の温室を目にすると彼を置き去りにして先にその中に入っていく。

すると、そこに居たのは純白の執事服を纏った忍と車椅子の美しい女性で、彼女はこの学園最高淑女の称号であるルチアを与えられており、学園を統治する絶対権力の持ち主だった。

あまりのルチアの美しさにメイが言葉を失っていると理人が迎えにやって来るが、ルチアと目を合わすと動揺した表情を見せる。

だが、何もなかったように理人はメイを寮に連れていくのだった。

 

・淑女ランク

理人に案内された寮は、この学園には似つかわしくないほどオンボロで、そこは陰(オンブラ)と呼ばれていた。

そこでメイはこの聖ルチア女学園の淑女ランクについて説明を受ける。

この学園では淑女としてのランクが厳格に定められおり、最下級の陰(オンブラ)、その次は中層階級の月(ルナ)で、そこで実力を認められると学園の自治権が得られる最上級の太陽(ソーレ)となるのだった。

そして、そのランクに合わせて寮もグレードアップしていくのだが、どの寮にも割り当てられた室内に執事の部屋があり、常に暮らしを共にするということにメイは驚いてしまう。

更に、想像もしていなかったエステなど理解できない授業の連続に、メイは戸惑い続けるのだった。

そんな時、メイの前に剣人が現れると「この学校には気をつけろ」と警備員に連行されながらも言い残していく。

かつて剣人は、この学園内にある執事養成学校に在籍していたのだった。

 

・嫌がらせ

転入してきたメイには二週間の仮入学期間があり、その期間を無事に終えなければ正式な入学は認められないのだが、メイは様々な嫌がらせを受けてしまう。

メイの身に危険が及ぶような突発的な嫌がらせは理人が守ってくれていたが、彼女はリカと不二子の挑発に乗り、調理実習での料理勝負を受けて立つ。

だが、これはただの料理勝負ではなく、メイの使用する食材は使い物にならないものばかりで、やはりこの勝負自体が嫌がらせそのものだったのだ。

しかも、この調理実習は聖ルチア生の姿を一般市民に公開する恒例行事でもあり、リカたちの応援団で埋め尽くされた会場には、剣人と夏美一家の姿もあった。

そして、勝負は開始されたのだがいつまでも調理しないメイの様子を見て、異変に気づいた剣人は警備員の制止を振り切って壇上へ上がると、腐った食材をリカに投げ付ける。

しかし、そこに現れた理人は剣人を抑えつけて「これはメイ様の戦い」と告げ、去り際にメイに声をかけていく。

その後、得意のうどんを打ち、自らの力でこの嫌がらせによる勝負を制したメイは、仮入学期間を乗り越えて正式に入学を認められるのだった。

 

・掟

正式に入学を認められたメイは理人と共に、学園長ローズの元を訪れていた。

そこで、聖ルチア生の証となる黄金色に輝くベルを手渡されたメイは、あらためてこの学園のしきたりと掟について説明されるのだった。

初めに教えられたのは星(ステラ)について。

今回ローズからベルと一緒に入学祝として緑色の小さな宝石を貰ったメイだが、その宝石こそが星で、学業で優秀な成績を収めるか、もしくは淑女としての振る舞いが素晴らしいと評価された場合に与えられると云う事だった。

そして、最下級の陰(オンブラ)は緑色の星を10個獲得出来れば次の月(ルナ)にランクアップすることが出来、更に青い星を10個獲得すると最上級の太陽(ソーレ)になるとの事で、獲得した星はベルの側面に填めていけるようになっていた。

それを聞いて喜ぶメイだが、ランクが上がれば上がるほど星を獲得するための条件は難易度を増していくと告げられてしまう。

だから、最上級の太陽になれるのは僅か100人程度しかおらず、普段から正しい振る舞いが求められ、日々の精進が必要なのだとも教えられるのだった。

そして、最後にローズが述べたのは最も大切な掟について。

それは、執事との恋愛は絶対禁止と云う事で、くれぐれも忘れないようにと念を押されるのだった。

 

・決闘(デュエロ)

その頃、あの剣人は見習い執事としてリカに仕える事になり、リカや不二子たちにメイの正体について問いただされていた。

だが、メイが本郷グループの後継者候補であることを実兄の理人から拷問に近い脅しをかけられ、口止めされていた剣人は、何も知らないとシラを切りとおすのだった。

そんな時に戻って来たメイと理人。

すると、リカの執事の青山はナイフで理人のジャケットを切り裂いてしまう。

実は、仕えているお嬢様のランクが執事にも反映されており、陰に仕える執事にはジャケットの着用が認められていなかったのだ。

勝ち誇ったような態度を見せるリカに対してメイは特に気にしない様子を見せるが、そこに姿を現したルチアがきっかけで、リカから決闘(デュエロ)を申し込まれてしまう。

この学園の伝統でもあるデュエロは、互いの執事を賭けた決闘で、お嬢様の代理として執事同士が戦うことだった。

その後、デュエロに戸惑うメイの影響もあって理人は苦戦を強いられるも、青山との勝負を制した。

そんな青山はメイの計らいにより、その後リカの執事に復帰することになるのだが、そのお礼として理人の過去について語っていく。

 

・理人の過去とルチアの正体

理人は1年前にもこの学園にいたのだが、その時はどんなお嬢様からの誘いを受けず、誰にも仕えることが無かったとの事だった。

更に、そんな理人が仕えるべき人として選んだのがメイなのだとも告げる。

その事を知ったメイは理人を意識してしまい、避けるように一人で散策しながらあのルチア宮へ向かうと、そこにいたルチアとの会話の中で自分の正直な気持ちを打ち明ける。

そして、メイが「理人がそばにいてくれるから頑張れる気がする」と話すと、ルチアの表情が一変してしまう。

見るからに雰囲気の変わったルチアは本郷家の話を切り出し、そこにやって来た執事の忍は彼女の本名は「本郷詩織」と告げ、彼女も本郷家の正統後継者候補であると打ち明けるのだった。

詩織は、メイの父親周太郎が家を出た後に、当主の本郷金太郎から後継者として養女に迎えられており、その時に理人も執事として仕えていた。

だが、メイが後継者候補として浮上した事により、理人がメイに仕える様になってしまったのだ。

そんな詩織は、メイにハサミを向けるなど敵意を剥き出しにしてくるのだった。

その後、詩織は表面上ではルチアとして学園中のお嬢様から憧れの的でありながら、裏では自身を崇拝する者を利用してメイを陥れようと次々と策を講じていく。

そして、ついにメイは意を決して詩織にデュエロを申し込むのだった。

 

・決着

本郷家の後継者とルチアの称号、そして理人を賭けたデュエロを詩織に申し込んだメイ。

そんな詩織に忠誠を誓う山田多美は、デュエロの前にボーガンで理人を狙い怪我を負わせていた。

その事をメイに隠して理人は忍との闘いに臨むも、やはり怪我のせいで動きに精彩を欠き、窮地に追い込まれてしまう。

すると、詩織はメイに負けを認めるように促すが、メイは「あいつは負けません」と答え、理人が試合前に「メイ様が信じてくれていれば、私は絶対勝ちます。」と約束してくれたと告げる。

そして、「あなたには絶対に柴田理人は渡さない!」と言い放つのだった。

その言葉を聞いた詩織は激昂し、メイに向かいナイフを振り上げると、それに気づいた理人が辛うじて二人の間に割って入るも、忍からの攻撃を背後に受けてしまう。

だが、理人は傷つきながらも「メイ様を傷つけないでください!私のお仕えする・・・私の大切なお嬢様です」と訴えるのだった。

その姿を見て詩織は項垂れたようにナイフを下ろし、反撃した理人も忍を追い詰め負けを認めるように告げる。

そんな忍に代わって詩織は、素直に負けを認めるのだった。

デュエロを制したメイたちはクラスメートと喜びを分かち合うが、ふと、剣人が詩織と忍の姿が見えない事に気づき、メイと理人は二人の後を追って飛び出していく。

すると、そこに忍が姿を現し「もうすべてから解放された。ルチア様を休ませてやってくれ」と告げる。

そこで、メイは詩織の生い立ちについて知る事になる。

詩織は本郷家の養女となるが冷遇されており、その中で唯一の救いが理人の優しさであった。

だが、メイの存在が明らかとなった事で詩織の後継者としての立場が危うくなり、詩織を慮った忍が勝手にメイに対する数々の妨害を講じてきたとの事だった。

そして、すべてを失った詩織は自害しようとしており、忍は彼女の楽になりたいという気持ちを汲み取って、それを止めようとはしていなかった。

しかし、その事を聞いたメイはふざけないでと忍を押しのけて詩織の元へ急ぐ。

メイは、ギリギリのところで詩織の自殺を防ぐと「あなたが今までがんばってくれたから、今の私がいる」と諭し、励ますのだった。

 

・結末

本郷家の正統後継者となったメイは、お披露目式の前日に剣人がSランク執事になる為にイギリス留学へ旅立つことを知る。

しかも、出発日がお披露目式当日ということもあり、今まで何も話してくれなかった事で剣人を責めたてるのだった。

そして、お披露目式にドレス姿で出席したメイは、用意されたウソの生い立ちを綴った原稿を読みだすが、これまでの自分を否定するように思えてきて言葉に詰まってしまう。

そんな時、理人と目が合い彼が頷いたのを見ると、原稿を無視して本当の生い立ちすべてを語るのだった。

そして、語り終えたメイは「ごめんなさい」の一言を残し会場を後にすると、剣人を見送る為に空港へと急ぐ。

だが、いざ剣人を目の前にすると、メイは自分の正直な気持ちをなかなか打ち明けられない。

そんなメイに剣人は「戻ってきてからでいい」と伝え、その二人の気持ちを察した理人は弟が戻って来るまでは自分がメイを支えていくと決意するのだった。

その後、学園では泉がルチアになるなど状況が様変わりする一方で、メイは剣人と手紙のやり取りをするなど順調な関係を続けていた。

そんな様子を見ていた理人は「メイ様が私以外の誰かを見ているのはつらいです」と嫉妬するような言葉をメイに告げ、突然キスをする。

すると、メイは驚いてしまうが、理人は「内緒ですよ。お嬢様と執事の恋愛は禁止ですから」と囁く。

その時、クラスメートがやってきて慌てながらメイは笑顔を見せるが、その姿を理人はただ優しく見守るのだった。

『メイちゃんの執事』の登場人物

・東雲(本郷)メイ・・・榮倉奈々

・柴田理人・・・水嶋ヒロ

・柴田剣人・・・佐藤健

・本郷詩織・・・山田優

・忍・・・向井理

・竜恩寺泉・・・岩佐真悠子

・天羽凛・・・忽那汐里

・竹ノ宮奈央・・・小嶋陽菜

・梅島京子・・・小林きな子

・大地由真・・・臼田あさ美

・水沢聡美・・・ホラン千秋

・火野絵里子・・・山本彩乃

・風間藍・・・石橋菜津美

『メイちゃんの執事』の主題歌

『My SunShine』 ROCK’A’TRENCH

ROCK'A'TRENCH – My SunShine

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『メイちゃんの執事』の感想

・キャストが豪華。特に執事がカッコ良かった。

・漫画原作の実写ドラマは、まったく別物として見なければ駄目だと気づかせてくれた作品。

・漫画的な設定や演出にツッコミどころ満載だが、コメディとして面白く、楽しめた作品。

・メイのまわりの執事たちが個性的でよかった。

・原作漫画が好きなので、ドラマ化されて嬉しかった。

・水嶋ヒロさんがハマりすぎ。

・豪華キャストという以外は、特に何もないただのコメディドラマ。

・小学校時代に大好きだった作品で、良い思い出しかない。

・榮倉奈々さんが原作イメージに合っていない。デカすぎる。

・出演者にお金をかけすぎているせいか、内容がチープだった。

・本当の原作好きな方からは、不評だと思われます。

・ドラマの内容自体は可もなく不可もないといった感じでしたが、最後まで榮倉奈々さん演じるメイが好きになれなかった。

・原作を知らない方には、面白いラブコメだと思います。

・演出と設定がぶっ飛びすぎていて、ついていけなかった。

『メイちゃんの執事』のまとめ

もう12年も前のTVドラマとなる本作品『メイちゃんの執事』ですが、あまりにもキャストが豪華で終始この話題で盛り上がりました。

また、漫画が原作とあって現実離れした設定と派手な演出も印象に残ります。

庶民である主人公がひょんな事をきっかけにお嬢様になっていくというベタなシンデレラストーリーなのですが、迫力のある決闘シーンや主人公の代わり映えに驚いてしまうなど、見どころも満載です。

夢のある物語とイケメンたちの姿に癒されてみてはどうですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました