僕だけのマドンナ 無料動画配信(ドラマ再放送)フル視聴/  

国内ドラマ

僕だけのマドンナ(ドラマ)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『僕だけのマドンナ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

主演の滝沢秀明さんと長谷川京子さんの掛け合いが話題となったフジテレビの月9ドラマ『僕だけのマドンナ』は、自由奔放で我儘な年上女性に翻弄される純朴な大学生の恋物語です。

絶世の美男美女が描く王道のラブストーリーは、若い女性を中心とした視聴者の心を鷲掴みにしました。

また、作中に流れる楽曲はドラマの世界観を彩り、今も尚愛され続けています。

それでは、簡単なストーリーで振り返っていきましょう。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

 

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

僕だけのマドンナ(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『僕だけのマドンナ』のあらすじ

・キョン

桐光大学建築学科3年生の鈴木恭一は、工務店を経営する埼玉の実家暮らしだが、騒がしく賑やかでデリカシーのない家族にうんざりしており、プライバシーさえ守られないことに我慢が限界に達して都内での一人暮らしを始める。

彼が住むことになったのはちょっと古いアパートのブルックリンハイツ。

ようやくプライバシーを保てると思ったのも束の間、騒がしい隣人たちに悩まされてしまう。

隣室の自称「売れない小説家」の市ヶ谷翔は恭一の母から頼まれたと付きまとい、斜向かい(はすむかい)の大杉一馬は寡黙だが何かと気にかかるようでずっと目を離さないまま。

そして、真向いの松野しずえは小さなバー「エス」を任されているらしく、いつも酒の匂いを漂わせて話に絡んでくる。

こうして念願の一人暮らしを始めたにも拘わらず落ち着かないまま大学生活を送る恭一は、目を見張るほどの美少年でありながら平凡そのもので、恋人だと思っていた今村景子からたった一回のデートしかしていないのに、つまらないと別れを告げられてしまうのだった。

そんなある日、警備員のアルバイトから帰宅すると部屋に見知らぬ女性の姿が…。

その日だけでなく、翌日もまたその翌日も何かと部屋の様子がおかしく、留守中に誰かが勝手に入り込んでいるのは明らかで、恭一はあの女性だと思い隠れて張り込む。

だが、彼女に見つけられると、自分の部屋でコソコソするなと怒られてしまう。

そして、翌日、堂々と待ち伏せしていると現れた彼女は片岡するみと名乗り、向かいのマンションの一室を見張っていると告げる。

そんな彼女は、恭一のことをキョンと呼ぶのだった。

・振り回される恋心

どうやら、かつて好きだった本田義孝を見張っているらしく、ある日、本田に付き合っている女性がいるのがわかったと告げて去っていった。

それから、しばらくするみは部屋を訪れなくなり、何となく恭一は寂しさを感じてしまう。

あくる日、帰宅すると部屋に電気が灯っており、急いで向かうとそこには彼女の姿があり、いなくなる前と同じように冷やし中華が食べたいと我儘を言い、仕方なく恭一は買い出しに出掛けるのだった。

材料を買って帰宅するとするみの姿がなく、隣の市ヶ谷の部屋から騒がしい声が聞こえてくる。

覗くと彼女は恭一の姉と嘘をついてブルックリンハイツの住人たちと打ち解けており、結局、恭一は全員分の冷やし中華を作ることになった。

その間もするみは姉として楽しく騒いでおり、業を煮やした彼は部屋へ連れ帰るが、彼女の顔を見ると怒ることが出来ずそのまま帰してしまうのだった。

だが、そんなするみの自宅も素性も知らない恭一は、尾行を試みるが上手くいかず、モヤモヤしたまま彼女の命令に付き従い本田の身辺を探る。

こうしてするみの立てた滅茶苦茶な作戦に付き合わされ、我儘に振り回されているうちに自分が彼女に惹かれ始めていることに気づくのだった。

・秘密

一方、恭一をフッたはずの景子だったが、何かと様子の変な彼のことが気にかかり、結局は彼とヨリを戻していた。

恭一はというと、夏祭りで本田とその恋人島田理恵を引きはがしてと頼まれた時以来、するみが姿を見せなくなって元気をなくし、バー「エス」に訪れてはしずえに愚痴をこぼし、バイト先の上司である倉本にも相談していた。

そのことは景子にも見抜かれており、最近元気がないのはするみが部屋に来ないからだと指摘されるのだった。

そんな時、本田の会社である『本田&マルディーニ事務所』で夏休み中のオープンデスクに参加していた恭一の前に、突然するみが現れ、バリのお土産を配ると事務所を出ていった。

戸惑う恭一だが、プレゼンに参加する為、事務所の帰りに景子と一緒にネクタイを選びに行く。

その頃、3つ年上だが同級生で同じく本田の会社のプレゼンに参加する友人の中野隆志は、するみと偶然出会い、恭一の為とネクタイを選ぶ彼女が既婚者であることを知るのだった。

・告白と別れ

隆志からその事を教えられた恭一はするみとの関係を絶とうとするが、断ち切れずむしろ想いが強くなっていることに気づき、エスで市ヶ谷たちと飲んでいると酔って愚痴をこぼす。

そんな市ヶ谷は、後日、恭一の様子を伺いに訪ねてきた父親にまで、彼が夫のいる女性を好きになったと伝えてしまう。

帰宅した恭一は父親がいたことに驚くが、それ以上にするみのことを知られたことに戸惑い困り果てるが、意外にも父親は大人の男として成長しているのだと喜んでいた。

一方、夫から離婚届が送られてきて本田に泣きついていたするみだったが、行き先を転々とした挙句、しずえの店エスで働くことになり、そこに訪れた恭一を驚かせる。

その後、振り切れない気持ちを、ついに恭一はするみに打ち明けるのだった。

告白したことを何故か住人たちにまで教えた恭一だが、しずえからするみの返事が「ありがとうキョン」だけだったことを微妙だと指摘されてしまう。

だが、するみ自身も本当は恭一を好きになっており、その事をしずえに指摘されると、自分が彼に相応しくないと素直な気持ちを吐露していた。

後日、どうしても諦めきれない恭一は、自分の大好きな場所であらためてするみに告白するが、彼女から夫の元に戻ることにしたと告げられてしまう。

そうして間もなくするみはエスでの最後の勤務日を迎え、いつもの皆が店に集まり、恭一もその中にいた。

しずえたちが気を利かせて二人だけで帰らせるが、二人きりになっても他愛もない会話ばかりで、別れ際にようやく「今は幸せ?」と尋ねることが出来た恭一は、「うん」と頷かれるとその後の言葉を紡ぐことが出来ず、別れてしまうのだった。

・残された手紙~結末

その頃、市ヶ谷たちは複雑な表情を見せていた。

何故なら、するみが正式に離婚していたことを知っていたからだった。

翌日、恭一と顔を合わせた市ヶ谷と大杉は、悩んだ末にその事実を打ち明け、それを聞いた恭一はするみが居候していた友人の清水萌子の店へ急ぐが彼女には会えず、思い出の公園で落ち込みながら寝そべって空を仰ぐ。

すると、カサカサという音に導かれるように、するみの残したメッセージに気づく。

そこに書いてある指示通りに辿っていくが、相変わらずイタズラ心満載の彼女に振り回され、公園だけでなく観覧車や父親の建てた家にまで向かうが、結局は最初の公園の砂場で手紙を見つける。

しかも、その手紙はビックリ箱の中に入っており、文句を言いながら手紙を読むと、その綴られた内容からするみの気持ちが伝わり、知らず知らずのうちに恭一は涙を流すのだった。

それから、1か月が過ぎ普通の大学生活に戻っていた恭一。

表面上はするみを忘れたように振る舞い、景子との交際を続けていたが、彼女は恭一の気持ちをすでに見透かしていた。

景子は卒業設計を一緒にやろうと約束するが、彼の気持ちを汲み取り、自ら身を引くように別れを告げる。

一方、ブルックリンハイツの面々にも変化が訪れており、しずえは栃木に転勤が決まった倉本との恋が実り、市ヶ谷も恭一とするみの恋物語を書いて小説コンクールに応募するなどしていた。

その中でも一番の変化は寡黙で無口だった大杉で、恭一の勇気のある行動に感化され「しゃべり」に目覚めており、元々しがない俳優だった彼はタレントとしてブレイクし、初の旅グルメ番組を持つまでになっていた。

そして、初めての放送日にエスに集合した恭一を含めた彼等が番組を見ていると、行方の知れなかったするみの姿が映る。

市ヶ谷たちが大杉を責めるが、当然、番組を進行していた彼が気づくはずもなく、恭一は後日そのロケ地へ向かった。

その漁港でするみのことを尋ねると、予想外にあっさりと居場所がわかり、彼はサッカー競技場へ急ぐ。

すると、そこでいくつか露店が出ており、彼女はイカ焼き屋で働いていた。

彼女に促されるように競技場で仕事が終わるのを待つが、薄暗くなってもなかなかやって来ない。

するみは恭一の元へ向かうも矛先を変えて帰ろうとするが、先回りした恭一がこうすると思ったと笑顔で現れる。

その後、手紙を読んだと話す彼に、するみは何で来たのと口にすると「私はキョンに相応しくない」と告げた。

それでも気持ちの変わらない恭一は強く想いを伝えると、二人は緑の芝生の真ん中で抱き合いキスを交わすのだった。

あれからしばらく経ち、しずえは倉本と共に栃木へ発ち、大杉は活躍を続けており、市ヶ谷はブルックリンハイツ恋物語と内容を改訂して小説新人文学賞の奨励賞を受賞し、別居中の娘から祝福されていた。

するみと恭一は相変わらずで、ブルックリンハイツで仲睦まじく過ごしており、今日も恭一は彼女の「冷やし中華が食べたい」という我儘に振り回されるのだった。

『僕だけのマドンナ』の登場人物

・鈴木恭一・・・滝沢秀明

・片岡するみ・・・長谷川京子

・本田義孝・・・緒形直人

・島田理恵・・・小西真奈美

・今村景子・・・島谷ひとみ

・中野隆志・・・小泉孝太郎

・松野しずえ・・・真矢みき

・大杉一馬・・・嶋田久作

・市ヶ谷翔・・・小堺一機

・倉本正太郎・・・森本レオ

・清水萌子・・・松尾れい子

『僕だけのマドンナ』の主題歌

・主題歌

『涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜』 サザンオールスターズ

・挿入歌

『希望の轍』 稲村オーケストラ

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『僕だけのマドンナ』の感想

・年上の女性に振り回されるという役柄が、タッキーに似合っていて何となく母性を擽る魅力に溢れていた。

・美男美女のカップルというだけで見応え抜群です。

・放送当時まだ学生だったけど、再放送があったら間違いなく観るし、これだけ時間が出来ると真っ先に観たい作品だと思った。

・滝沢秀明さんの演技はまだ拙いが、才能の片鱗を感じさせられるほどの存在感だった。

・ドラマなのだけど、少女漫画やアニメようなファンタジーの世界に感じられました。

・ある意味人間らしく、ある意味で現実味がない不思議なドラマで、夢を見ているようでした。

・脚本も展開も王道過ぎて何の変哲もないラブストーリーですが、長谷川京子さんの味のある演技と音楽が世界観を彩ってくれて、心地良さが残るドラマだった。

・俳優さんたちの演技が味わい深く、すぐそばにいるように感じられるほど自然で、知らないうちにドラマの世界に惹きこまれていきました。

・サザンの主題歌にハマっており、随分と懐かしいドラマですが、今でも曲を聞くと、放送が待ち遠しかったことを思い出します。

・あそこまでワガママで奔放な女性はいないと思うが、とても魅力的で羨ましかったのを覚えています。

『僕だけのマドンナ』のまとめ

思わず憧れてしまうほど素敵な恋物語と評判だった『僕だけのマドンナ』は、今も尚再放送を望む声が多い作品です。

18年も前のドラマですが、まったく色褪せることのない名作の一つと云っても過言ではないでしょう。

それほど主人公の二人が素敵で、周りを彩るキャストも味わい深く魅力的でした。

また、主題歌だけではなく挿入歌も愛され続けており、心に残っている方も多いでしょう。

これぞまさに美男美女といった二人が織りなすファンタジーなラブストーリーをお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました